転職の応募数は?何社受ければ内定が出る?在職中・離職中別

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

今まさに「第二新卒として転職活動をされる」あるいは「これから転職活動をしようと考えている方」がこのページを見てくれたと思っています。こ

のページを見ていただいてよかった!!

みなさんが普段知りえない情報ぶっちゃけで公開しているのでぜひ参考にしてください!

さて今回のテーマは

第二新卒でベストな応募数は?

に絞っていこうと思います。

特に離職中の方はニートになってしまう可能性もあります。

<離職中はニート化に注意>

<第二新卒が転職失敗する原因>

については必見ですので、目次からでも結構ですので読んで頂けると幸いです。

転職活動における平均応募数

転職活動者
転職サイトやエージェントに登録したものの、どれだけ応募したら良いかわかりません。
転職活動者
応募しすぎるのは良くないのですか?

という質問をよく受けます。

たくさん内定がほしいから

内定を取るために母数を増やしたいから

受けたい企業がたくさんあったから

いろいろ聞いてきました。

結論から言って、

安心してください!間違っていませんよ。(いつかの裸芸人みたいですね笑)

ただし「あなた」の状況によっては自分の首を絞めてしまっている可能性がありますので順に解説していきましょう!

一般的にどのくらい応募しているの?

自分も気になりますが、周りの第二新卒希望の方がどの程度応募しているのか気になりますよね。

データからみていきましょう!

<2017年度 第二新卒平均応募数>

*条件:年齢を22歳~25歳/4年生大学卒

22歳 4~5社

23歳 7~8社

24歳 6~7社

25歳 6~7社

*あくまで転職活動時に選考を進めている応募数となります。

最も多いのは。

平均して6~7社程度応募している方

となります。

傾向としては<22歳>が最も少ない応募数となっています。

なぜなのでしょうか。

年齢別の理由

22歳:「入社したてで有休を使いにくい」


23歳:「1年やってきたので多少時間が作れるようになった」


24歳・25歳:

「仕事がある程度わかり、多少の負荷がかかるようになり時間が作れない」という反面「自分の時間を自分で調整できるようになった」

<24歳・25歳>ともなると「負荷がかかる」のと「時間調整できる」という二律背反の回答が多かったです。

もし「あなた」が

え、まだ3社くらいしか応募していないよ!

と言っても焦る必要はありません!

基本的には興味のある企業には応募するスタンスでOKです。そのため人によっては何十社にもなるケースももちろんあります。

しかし、実際に転職活動を進めていて回せる(選考を進められる)数というのは限界があります。

そこを勘違いしてしまうとてんてこ舞いになり、内定獲得が遠ざかる可能性もあるので、在職中・離職中別にそれぞれ詳しく見ていきましょう!!

関連記事

在職中の適正応募数

働きながら転職活動をされている方はこちらです。働きながらの転職活動ってなかなか大変ですよね。

特に土日休みの方は、面接の日は基本平日です。

早退したり、営業の合間に時間を見つけたり、今の会社に嘘をついたり。

私がキャリアアドバイザーとしておすすめしているのは5~6社です。

理由もちゃんとあります。

<その理由>

基本的には、現実的にこなせる応募数だからです。さらに掘り下げると

①企業研究が十分にできる

②履歴書・職務経歴書の対策ができる

③スケジュール管理に余裕がある

これが例えば、10社近くまでいくと早退云々で理由をつけられなくなり今の会社の仕事と、転職活動に追われ、両立できずにどちらも疎かになってしまいがちだからです。

少し具体的に見ていきましょう!

①しっかりと企業研究ができる

5~6社であれば、時間を見つけ「あなた」が受けようとしている企業研究をしっかりこなすことができます。

<企業研究の方法>

(1)転職サイトをチェック

転職サイトで注意すべき6点

*なお、転職サイトはおすすめしていません。その理由は別ページで解説していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

転職サイトをおすすめしない4つの理由

(2)口コミサイトを活用する

(3)転職エージェントに聞く

(1)転職サイトのチェックは素人ではなかなか難しいので、簡単な方法は。

(2)口コミサイトを活用する

(3)転職エージェントに聞く事です。

(2)口コミサイトを活用

口コミサイトでは元従業員がその企業の「年収」「休暇」「残業」などの実態を生の声として反映しており非常に信憑性があります

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

他にも「転職会議」や「VORKERS」という口コミサイトがありますが「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、さらに使いやすいと評判です!

*当サイトからは登録無料です。

(3)転職エージェントに聞く

転職エージェントは企業と直接やり取りをしているために、その企業について良く知っています。そのため内情もよく理解しており、口コミサイトの活用と並行して確認することをおすすめします。

まだ登録されていない方登録はしているが上手く転職活動が進んでいない方は以下の第二新卒特化型の転職エージェントの見直しも兼ねて登録してみてください!


公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

*当サイト限定で2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

公式サイト⇒『DYM就職』書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

②履歴書・職務経歴書の対策ができる

履歴書・職務経歴書を書くのにも、適当に書く人はいないと思います。

仮に10社ともなれば、履歴書・職務経歴書を書くのでさえ一苦労です。自己PRは使いまわせても志望動機だけは使いまわせません。

ましてや時間がない中、転職活動をしようとしているわけですから忙しさにかまけて「誤字・脱字」を引き起こしかねません。

<職務経歴書の書き方>

読ませる自己PRの書き方3つのポイント

志望動機の構成と書き方

特記事項の空欄はNG!使い方で採用率Up

いずれも書類通過率Up術を伝授していますので、「書き方」「見せ方」がわからない方は参考にしてみてください!

③スケジュール管理ができる

5~6社であれば、たとえ面接が入ったとしても週に2~3社程度までです。

転職エージェントを既につけている人ならわかるかもしれませんが、おそらくピチピチのスケジュールになっていないと思います。(もしピチピチのスケジュールになっているならば、そのエージェントは気を付けた方が良いかもしれません)

これが、10社程度までいくと、1日に2社受けないといけなかったりと非常にタイトなスケジュールになってしまいます。

関連記事

離職中の適正応募数

離職中の方で本気で転職活動を考えているのであれば、8~10社の応募数にとどめてください。

たまに「数打てば当たる」戦法で20社近く応募している方もいらっしゃるのですが、逆に内定獲得の道のりが遠ざかります

<離職中の場合>

①企業研究が十分にできる

②履歴書・職務経歴書の対策ができる

③スケジュール管理に余裕がある

*ページ内ジャンプで確認ください。

在職中と基本的な考え方は同じですが、在職中よりも単純に時間が生まれるはずです。そのため1日最大2社面接を行うことも想定している応募数なんです。

20社以上となってくると、企業の取捨選択を余儀なくされ、本来内定を取れたはずの企業をみすみす逃し、かつ履歴書・職務経歴書を書く手間が増え最終的に「やる気」をなくすという負のスパイラルに陥りがちだからです。

実は第二新卒がこのスパイラルに陥り、結果「ニートになった」という方もたくさん私はサポートしてきました。

注意点として以下に解説しますので、必ず目を通してください!

関連記事

離職中はニート化に注意(必見)

在職中であれば嫌々かもしれませんが、まだ仕事をしているためにニートになってしまうという危険性は少ないです。

しかし、離職中の場合で転職活動が長引いていくと上述でも書いた通り。

<負のスパイラル>

①内定が取れない

②また応募しなければいけない

③職務経歴書等、書類選考からスタート

④書類選考で落ちた。面接で落ちた。

この①~④の負のスパイラルが何度か続くとさすがに「モチベーション」が下がります。

第二新卒の場合にはこの負のスパイラルに陥るケースがかなり多いんです。

なぜこの負のスパイラルに陥ってしまうのか。

実は明確な理由があるんです!!

それは第二新卒が転職に失敗する原因でもあります。このまま読み進めてみてください。

関連記事

第二新卒が転職失敗する原因(必見)

第二新卒の方は新卒として入社して間もない方が多いため、どうしても新卒同様に大手総合型転職エージェント(リクルートやマイナビ等)に登録してしまうケースが多いです。

確かに結論から言ってしまうと。

転職エージェントに登録・活用する

ことは必要です。

ここまでは様々なサイトでも書かれています。

但し、注意が必要なんです!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?あるいはしようとしていませんか。

「転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!
MrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 と相談...

第二新卒の応募数まとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<在職中の適正応募数>

5~6社が適正応募数。

①企業研究がしっかりできる

②履歴書・職務経歴書対策もできる

③スケジュール管理ができる

在職中は仕事をしながらのため、適度な応募数がベスト!

<離職中の適正応募数>

8~10社が適正応募数。

在職中と基本的な考え方は同じ!

①企業研究がしっかりできる

②履歴書・職務経歴書対策もできる

③スケジュール管理ができる

<離職中はニート化注意>

①内定が取れない

②また応募しなければいけない

③職務経歴書等、書類選考からスタート

④書類選考で落ちた。面接で落ちた。

負のスパイラルに陥りがち!

<負のスパイラル対策>

新卒同様に大手総合型転職エージェントに登録(リクルートやdoda等)に登録をせず第二新卒特化型転職エージェントに登録をすることで、内定率を上げることができる!!

そもそも負のスパイラルは第二新卒が転職に失敗する原因が関係しており、その最たるものが大手総合型転職エージェントに登録をし転職活動を進めてしまう事!!

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

「転職会議」「VORKERS」よりも「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、さらに使いやすいと評判!

*当サイトからは登録無料です。

<第二新卒特化型転職エージェント>

公式サイト⇒『DYM就職』書類選考なし

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

<とにかく迷ったら!>

公式サイト⇒『DYM就職』内定率96%

に登録しておけば間違いありません!書類選考なしなど他の転職エージェントにはないとき特徴が多く、内定率も96%と脅威的です。

まず登録しておいて損はありません。登録後は面談がありますが、面接に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

いかがでしょうか。

在職中と離職中では転職における応募数というのは変わってきます。単純に費やせる時間が異なるからです。

転職活動は他者といかに差をつけ楽に内定を獲得できるかが非常に重要です。大手総合型転職エージェントに登録をして満足してしまい、ズルズル転職活動が長引いてしまった例を私はたくさん見てきました。

みなさんにはそうなってほしくないと切に願っています。

大手総合型転職エージェントに登録するくらいなら上記で紹介した第二新卒特化型の転職エージェントである3社への登録を検討してみてくださいね!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...
ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする