転職エージェント

DYM就職とマイナビエージェントの違いを比較!使うべきは?

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

今回は大人気転職エージェント比較の第二弾となります。

誰しもがご存知の『マイナビエージェント』と『DYM就職』のどちらを使うべきなのか。あるいは両方使うメリットがあるのか。

DYM就職の評判や口コミは以下のページでまとめております。

DYM就職の評判・口コミ!第二新卒におすすめする理由

転職エージェントは今や転職を考えた場合に必須となってきています。その中でどちらを使うとより転職がしやすくなるのか、キャリアアドバイザーとして様々な視点からメリット・デメリットも含めて比較していきます。

第二新卒・20代がこれから転職を考えられている方はぜひ参考にして頂き、失敗しない転職を目指してください!

リクルートエージェントとDYM就職の比較はこちらの記事でしています。合わせて参考にして下さい。

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較!使うべきは?

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較①求人数

マイナビエージェント

大手総合型転職エージェントの一角とも言われていますが、実は公開求人数はそこまで
多くはありません。

公開求人数:約7,000件以上

非公開求人数:約23,000件以上


DYM就職

一方『DYM就職』は2003年設立の比較的若い会社ですから『マイナビエージェント』に比べると規模感でいえば劣る部分があるのは確かです。

具体的な数字は公表しておりませんが、保有求人は約2,000社以上で、一部上場企業からトップベンチャー企業など『DYM就職』が厳選した求人を取り扱っています。

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較②面談拠点

マイナビエージェント

全国に拠点がありそうですが、実は5拠点しかありません。

面談拠点一覧

  • 東京(2拠点)
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡
  • その他都市は電話面談可能

DYM就職

一方のDYM就職も主要都市に拠点を用意しています。

面談拠点一覧

  • 札幌
  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡

面談拠点数は『マイナビエージェント』と同様ですが、札幌にも拠点があり、主要都市での面談実施が可能なので、より幅広く対応できます。

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較③対象者

マイナビエージェント

対象者

◆20~30代

◆全業種

対象者は20代~30代のビジネスパーソンがターゲット層であり、全業種対応となっています。幅広い業種を扱っており、求人保有数も十分あることから、『リクルートエージェント』と合わせてとりあえず登録し活用する方が多いのが実情です。

ただ、この「とりあえず登録しておく」というのが、実は第二新卒・20代が転職で失敗してしまう原因の一つでもあるんです。


DYM就職

対象者

◆10代・20代

◆第二新卒・フリーター・ニート・中途・専門卒

全業種対応は『マイナビエージェント』と同様ですが、実は『DYM就職』は第二新卒・20代・ニート・フリーターに特化した転職エージェントです。

そのため『マイナビエージェント』と比較すると対象者の幅で言えば劣ってしまいますが、その分『DYM就職』には『マイナビエージェント』に負けないメリットが多数あるんです。

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較④内定率

マイナビエージェント

内定率は公表されていませんが、業界内では約70%前後と言われています。

この情報は業界人しから知らない情報なので、同じような比較記事を書いている方で内定率などを書いていないのは少し怪しいと思ってください。


DYM就職

上述でも記載しましたが、第二新卒・20代・ニート・フリーターに特化しており、その内定率は脅威の96%を誇っています。

なぜ、こんな驚異的な内定率を誇るのか?

『DYM就職』が採用企業側との強いコネクションを形成し、採用企業側に対して「マッチした優秀な人材を今までに紹介してきた実績」が評価されているからなんです。

実は『マイナビエージェント』など大手総合型転職エージェントは、企業側から「求人を掲載してくれ!」と依頼されるのに対して、

『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉し『DYM就職』の信用の元に転職活動者に対して求人を紹介するスタイルをとっているからなんです。

そのため後述でも解説しますが、実は「書類選考なし」いう最大のメリットもあるんです。

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較⑤登録後の内定までの流れ

マイナビエージェント

step
1
WEB登録

step
2
面談

step
3
求人紹介・応募

step
4
書類選考対策

step
5
面接対策

step
6
面接

step
7
内定

登録後は面談を経て「あなた」が目指している求人をマイページ上に紹介され、その中から「あなた」が興味のある、希望する企業へエントリーするという流れになります。


DYM就職

step
1
WEB登録(60秒登録)

step
2
面談(キャリアカウンセリング)

step
3
面接対策

step
4
面接

step
5
内定(96%の安心感)

WEB登録後、面談を実施する所まではどちらも同じですが、その後の流れが全く異なります。

『マイナビエージェント』は「あなた」の希望する求人にエントリーし、書類選考を経て面接へと進む、一般的な流れとなります。

一方『DYM就職』はWEB登録後、面談を実施しますが、通常あるはずの書類選考がなくいきなり面接に行くことができます

またこの面談(キャリアカウンセリング)がミソです。

「あなた」の現状把握、適正・キャリアビジョンなど総合的に判断し「あなた」に合う求人を
『DYM就職』が提案・提示してくれます。

面談というよりもキャリアカウンセリングに近く「将来どうなりたいのか」「どういう働き方をしたいのか」などを『DYM就職』の面談を通じて具体的なイメージを持つことができます。

自己分析も必要ですが、プロに客観的に見てもらう事の方が大切でなおかつ効果的です。

DYM就職とマイナビエージェントの違い比較⑥内定取得期間

マイナビエージェント

一般的な転職活動通り、約3ヵ月程度と言われています。もちろん人によっては1ヵ月程度で終わる方もいますが、現状はばらつきがかなりあります。

転職活動において最も良くない事の一つに、転職活動がズルズルと長引く事が挙げられます。

長引く状態というのは「書類選考が通らない」「転職の意志が薄れてくる」「職務経歴書を書くのが面倒になる」負のスパイラルに陥りやすいからなんです。

既に退職してしまっている方の中で「そのままニートになってしまった」という方が相談に来ることもあるくらい長引く事は避けるべきなんです。


DYM就職

他の転職エージェントと内定取得期間も異なります。書類選考がない時点で通常の転職活動よりも早く内定に辿り着くというのは想像できると思います。

実は最短1週間で内定あるいは入社することができてしまいます。また1週間で内定とならなかった場合でも通常の転職活動よりも早く決まるケースがほとんどです。

約1ヶ月~2ヶ月程度で決まるケースが多いと聞きます。

在職中・離職中にしろ、転職活動というのは短いに越したことはありません。転職活動に掛かる費用などは以下の記事を参考にしてみてください。

退職後の転職活動は注意!内定期間や転職にかかる費用

マイナビエージェントのメリット・デメリット

簡単にマイナビエージェントのメリット・デメリットをまとめておきます。

しっかりとメリット・デメリットを把握することで、「あなた」に合うエージェントを見極めることができます。

マイナビエージェントのメリット

十分な求人保有数と大手総合型転職エージェントの中では優秀な内定率です。

また対象者が20代~30代のビジネスパーソンで、全業種に対応しており、『リクルートエージェント』同様に一度は登録を検討する業界大手の転職エージェントです。

求人をチェックするだけでも登録の価値はあります。

中途採用を考えている30代の年代の方は登録しておいて損はありませんし、さらに大手総合型転職エージェントの中では珍しい第二新卒特化型の『マイナビジョブ20‘s』を運営しています。

そのため、第二新卒であれば『マイナビジョブ20's』、中途採用を考えている30代以上は『マイナビエージェント』と使い分けることができるんです。

マイナビエージェントのデメリット

上述で紹介した「マイナビジョブ20‘s」は第二新卒(22〜25歳前後)に特化してはいるものの、それ以上の年齢(27〜29歳)は対象としていません

そのため、20代後半は「マイナビエージェント」の活用をせざるを得ず、幅が狭くなり、求人数は十分あるものの、その分登録者数も多くなります。

そのため必然的に一つの求人に対するライバル数というのも増加してしまいます

最終的に中途採用枠とバトルすることになり、不利になるケースが往々にしてあります。また『マイナビジョブ20‘s』と『マイナビエージェント』の併用をしないといけないケースもあり面倒になるという点も挙げられます。

さらに、転職エージェントの裏側としてエージェント個人の成果報酬(インセンティブ)が絡むので非常に厄介な点でもあります。

第二新卒・20代が転職で失敗してしまうのが、このデメリットの部分は非常に大きな要因となっているんです。

この点は後述で解説していますので、必見です!

DYM就職のメリット・デメリット

続いてDYM就職のメリット・デメリットをまとめておきます。

こちらもそれといったデメリットもなく、メリットの部分が非常に特徴的で強いので、しっかりとご理解頂ければと思います。

DYM就職のメリット

第二新卒・20代・ニート・フリーター特化型であること。

経歴・学歴不問100%正社員求人!さらに正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート

というのを全て無料で出来ます。登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

さらに最短1週間で内定・入社することができ、第二新卒・20代にとってはメリット多数。

DYM就職のデメリット

20代しか活用ができないという点

求人保有数も一般的な転職エージェントと比較するとそこまで多くはないという点が挙げられます。

また面談拠点は主要都市(札幌・東京・大阪・名古屋・福岡)に用意されていますが、地方の場合には活用しにくいというデメリットもあります。

結局どちらを使うべきか

現役のプロの目から見て、どちらを使うべきかというのは現時点での「あなた」の年齢で使い分けるというのが結論です。

結論

『マイナビエージェント』と『DYM就職』であれば、年齢で使いわけるべき

『マイナビジョブ20‘s』と『DYM就職』であれば『DYM就職』を使うべき

特に第二新卒・20代であれば圧倒的にDYM就職をおすすめします。

ポイント

確かに求人保有数であれば、『マイナビエージェント』と連動している『マイナビジョブ20‘s』が優位に思いますが、『DYM就職』の様な「書類選考なし」「最短1週間で内定・入社」「驚異の内定率96%」という第二新卒・20代にとって非常に有効なメリットがないからです。

また『マイナビジョブ20‘s』は第二新卒特化のため、20代後半(27〜29歳)への対応が弱いのに対して、『DYM就職』は第二新卒を含めた20代すべてをカバーしているのも魅力の一つです。

とにかく第二新卒・20代であれば、20代の内にしか活用できない『DYM就職』を必ず使うべきです

特に現在大手総合型転職エージェント(doda・リクルートエージェント等)に登録し転職活動を開始、あるいは既にされている方は見直しをおすすめします。

最後にそれぞれのエージェントの特徴をまとめておきますので、参考にしてみてください!!

でわ!Mr.ダービーBoyでした。

『DYM就職』(書類選考なし)

DYM就職公式サイト

こんな方におすすめ

  • 20代
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニート
  • 最短で内定が欲しい方
  • 経歴・学歴に自信がない方
  • 書類選考に自信がない方

イチ押しポイント

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

ターゲットユーザーが20代・第二新卒と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

<WEB登録後の内定までの流れ>

※WEB登録後、「カウンセリング」を受けないと求人紹介してくれませんので、その点は注意してください!

『マイナビエージェント』

マイナビ公式サイト

こんな方におすすめ

  • 関東エリアにお住まいの方
  • 20~30代の方
  • 応募書類から面接対策まで親身なサポートを受けたい方

イチ押しポイント

大手総合型転職エージェントである「マイナビ」が運営しているため、公開求人だけでも常時約7,000件、非公開求人が約25,000件と大手ならではの求人数です。

また関東エリアの求人を網羅しており、東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富です。

転職ノウハウなどのコラムもあり、「あなた」の悩みをエージェント共々解決してくれる親身なサポートが人気です!

人気エージェントランキング

【1位】ウズキャリ

特典付き

20代専門かつ内定率86%!最大のメリットは「ブラック企業排除」の徹底!まずは簡単30秒登録へ!

【当サイト限定】登録時「uz20」とキャンペーンコードを入力すると、「Amazonギフト券2,000円分」がもらえるお得な特典付き!

【2位】DYM就職

経歴・学歴不問100%正社員求人!正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定という多彩なメリットを持ち合わせたエージェント!

【3位】第二新卒エージェントneo

正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職・未経験職種OK公務員から民間もOK!ほとんどのスタッフが第二新卒を経験。キャリアカウンセリングでは過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方を踏まえ求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

人気の記事

1

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 どの転職エージェントを使えばいいのかということです。 同じようなお困りごとを第二新 ...

2

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると・・・ 転職くんニート向けの就職エージェントってあるんですか? 空白期間があるから書類選考で落ちちゃうよね?転職ちゃん とい ...

ウズキャリの評判と口コミまとめ!第二新卒・既卒のリアルな声 3

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職くんウズキャリの評判ってどうなんだろう? 20代専門の転職エージェントって言うのは聞いたことがあるんだけど。転職ちゃん 同じような疑問をお持ちの方もいら ...

第二新卒の短期離職は転職が厳しい? 4

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒として転職活動を考えている」あるいは「短期離職してしまったけど再就職大丈夫?」と共通している不安は「第二新卒で短期離職すると転職は厳しくなるのかど ...

退職理由の例文7選!転職面接の伝え方・職務経歴書の書き方 5

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職を考えた時に「どう退職を切り出すか」、そして実際に転職活動を進めていくと「退職理由(あるいは転職理由)をどう職務経歴書に書き、どう面接で伝えればいいのか ...

-転職エージェント

Copyright© 【第二新卒】キャリアアドバイザーが語る!成功する転職論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.