DYM就職とリクルートエージェントの違いを比較!使うべきは?

DYM就職とリクルートエージェントの違いを比較!使うべきは?

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

『リクルートエージェント』は誰しもが知っている大手総合型転職エージェントという位置付けなのに対して、『DYM就職』は聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ではメキメキ力をつけ始めている第二新卒特化型の『DYM就職』と大手総合型転職エージェントである『リクルートエージェント』を現役のプロが徹底比較していきたいと思います。

どちらを使うとより転職がしやすくなるのか、キャリアアドバイザーとして様々な視点から比較していきます。

これから20代あるいは第二新卒として転職を考えられている方はぜひ参考にして頂き、失敗しない転職を目指してください!

DYM就職の評判や口コミは以下のページでまとめていますので、合わせてご覧になってみてください。

DYM就職の評判・口コミ!第二新卒におすすめする理由

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較①求人数

リクルートエージェント

さすが大手総合型転職エージェントということだけあって、

公開求人約33,000件

非公開求人約180,000件

と他の転職エージェントと比較しても圧倒的な保有数を誇っています。


DYM就職

一方でDYM就職は2003年設立の比較的若い会社ですから『リクルートエージェント』に比べると 規模感でいえば劣る部分があるのは確かです。

具体的な数字は公表しておりませんが、保有求人は約2,000社以上で、一部上場企業からトップベンチャー企業など、 『DYM就職』が厳選した求人を取り扱っています。

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較②面談拠点

リクルートエージェント

言わずもがなかもしれませんが、当然全国に拠点を用意しています。

<面談拠点一覧>

北海道・東北・関東・中国・東海・関西・中国・四国・九州

全国に16拠点用意されており、ほぼどこに在住していようと対応できます。


DYM就職

一方のDYM就職も主要都市に拠点を用意しています。

<面談拠点一覧>

札幌・東京・大阪・名古屋・福岡

面談拠点数は多くないものの、主要都市での面談実施が可能な点は魅力的です。

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較③対象者

リクルートエージェント

【対象者】

全年代・全業種

転職活動を考える方にとって、とりあえずで登録する方が多く、転職活動者のおよそ8割が登録しているとも言われています。

ただ、この「とりあえず登録しておく」というのが、実は第二新卒・20代が転職で失敗してしまう原因の一つでもあるんです。

この点について詳しくは以下のページを参考にしてみてください!

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て


DYM就職

【対象者】

10代・20代

第二新卒・フリーター・ニート・中途・専門卒

全業種対応はリクルートエージェントと同様ですが、実はDYM就職は第二新卒・20代・ニート・フリーターに特化した転職エージェントです。

そのため『リクルートエージェント』と比較すると対象者の幅で言えば劣ってしまいますが、その分『DYM就職』には『リクルートエージェント』に負けないメリットが多数あるんです。

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較④内定率

リクルートエージェント

内定率は公表されていませんが、業界内では約60〜70%と言われています。この情報は業界人しから知らない 情報なので、同じような比較記事を書いている方で内定率などを書いていないのは少し怪しいと思ってください。


DYM就職

上述でも記載しましたが、第二新卒・20代・ニート・フリーターに特化しており、その内定率は脅威の96%を誇っています。

なぜ、こんな驚異的な内定率を誇るのか?

『DYM就職』が採用企業側との強いコネクションを形成し、採用企業側に対して「マッチした優秀な人材を今までに紹介してきた実績」が評価されているからなんです。

実は『リクルートエージェント』など大手総合型転職エージェントは、企業側から「求人を掲載してくれ!」と依頼されるのに対して。

『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉し『DYM就職』の信用の元に転職活動者に対して求人を紹介するスタイルをとっているからなんです。

そのため後述でも解説しますが、実は「書類選考なし」という最大のメリットもあるんです。

DYM就職とリクルートエージェントの違い比較⑤登録後の内定までの流れ

リクルートエージェント

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

面談

③求人紹介・応募

書類選考対策

面接対策

面接

⑦内定

登録後は面談を経て、「あなた」が目指している求人をマイページ上に紹介され、その中から「あなた」が興味のある、希望する企業へエントリーするという流れになります。

また大手総合型転職エージェントではありますが、内定までの流れは一般的な他の転職エージェントと同じです。


DYM就職

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

面接対策

面接

⑤内定(96%の安心感)

書類選考がない!

WEB登録後、面談を実施する所まではどちらも同じですが、その後の流れが全く異なります。

『リクルートエージェント』は「あなた」の希望する求人にエントリーし、書類選考を経て面接へと進む一般的な流れとなります。

一方『DYM就職』はWEB登録後、面談を実施しますが、通常あるはずの書類選考がなくいきなり面接に行くことができます

またこの面談(キャリアカウンセリング)がミソです。

「あなた」の現状把握、適正・キャリアビジョンなど総合的に判断し「あなた」に合う求人を『DYM就職』が提案・提示してくれます。

面談というよりもキャリアカウンセリングに近く「将来どうなりたいのか」「どういう働き方をしたいのか」などを『DYM就職』の面談を通じて具体的なイメージを持つことができます。

自己分析も必要ですが、プロに客観的に見てもらう事の方が大切でなおかつ効果的です。

DYM就職とリクルートエージェンの違い比較⑥内定取得期間

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』も一般的な転職活動同様に、約3ヵ月程度と言われています。もちろん人によっては1ヵ月程度で終わる方もいますが、現状はばらつきがかなりあります。

転職活動において最も良くない事の一つに、転職活動がズルズルと長引く事が挙げられます。

長引く状態というのは「書類選考が通らない」「転職の意志が薄れてくる」「職務経歴書を書くのが面倒になる」負のスパイラルに陥りやすいからなんです。

既に退職してしまっている方の中で「そのままニートになってしまった」という方が相談に来ることもあるくらい長引く事は避けるべきなんです。


DYM就職

他の転職エージェントと内定取得期間も異なります。書類選考がない時点で通常の転職活動よりも早く内定に辿り着くというのは想像できると思います。

実は最短1週間で内定あるいは入社することができてしまいます。また1週間で内定とならなかった場合でも通常の転職活動よりも早く決まるケースがほとんどです。

約1ヶ月~2ヶ月程度で決まるケースが多いと聞きます。

在職中・離職中にしろ、転職活動というのは短いに越したことはありません。転職活動に掛かる費用などは以下の記事を参考にしてみてください。

退職後の転職活動は注意!内定期間や転職にかかる費用

リクルートエージェントのメリット・デメリット

リクルートエージェントのメリット

圧倒的な求人保有数全国拠点です。

また対象者が全年代かつ全業種に対応しており、誰しもが一度は登録を検討する業界最大手の転職エージェントです。

求人をチェックするだけでも登録の価値はあります。


リクルートエージェントのデメリット

中途採用を考えている30代以上の年代にとっては登録しておいて損はありません。

しかし、第二新卒・20代が登録をするメリットはあまりありません

求人数は多いものの、その分登録者数が多くなります。そうすると第二新卒・20代でまだ社会に出て間もない場合には中途採用枠とバトルすることになり、不利になるケースが往々にしてあります。

さらに、転職エージェントの裏側としてエージェント個人の成果報酬(インセンティブ)が絡むので非常に厄介な点でもあります。

第二新卒・20代が転職で失敗してしまうのが、このデメリットの部分は非常に大きな要因となっているんです。この点は後述で解説していますので、必見です!

DYM就職のメリット・デメリット

DYM就職のメリット

第二新卒・20代・ニート・フリーター特化型であること。

経歴・学歴不問100%正社員求人!さらに正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート

というのを全て無料で出来ます。登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

さらに最短1週間で内定・入社することができ、第二新卒・20代にとってはメリット多数。


DYM就職のデメリット

20代しか活用ができないという点。求人保有数も一般的な転職エージェントと比較するとそこまで多くはないという点が挙げられます。

また面談拠点は主要都市(札幌・東京・大阪・名古屋・福岡)に用意されていますが、地方の場合には活用しにくいというデメリットもあります。

結局どちらを使うべきか

『リクルートエージェント』と『DYM就職』は、転職活動者の年齢によって使い分けるべき!というのが結論です。

<第二新卒・20代であれば>

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

<30代以上であれば>

公式サイト⇒【リクルートエージェント】

第二新卒・20代であれば、20代の内にしか活用できない『DYM就職』を必ず使うべきです。

特に現在大手総合型転職エージェント(doda・リクルートエージェントなど)に登録し転職活動を開始、あるいは既にされている第二新卒・20代は見直しをおすすめします。

まとめ

『DYM就職』についてご理解頂けたかと思いますが、求人を出している企業は「そもそも第二新卒取りますよ!」と言っているんです。そのため、総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)に登録するくらいなら『DYM就職』に登録する方が圧倒的に有利です。

もし今まさにこの記事を読んで「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方はぜひ一度『DYM就職』で転職活動をスタートしてみてください!

DYM就職

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする