派遣は抵触日で最長3年まで!?塩漬けに注意!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

派遣を考えられている方ならまずはそのルール的な部分を把握しておく必要がありますよね。

最も重要な

「抵触日の考え方」

「あなた」が今後派遣社員を考えているならば

「塩漬けにならないための注意点」を解説していきます!

<20代・第二新卒の方へ>

ちなみに、20代・あるいは第二新卒(23~25歳程度)で正社員を考えられている方は、わざわざ派遣社員から正社員を目指す(正社員登用制度)必要はありません

最初から正社員を目指すことが可能です。ただし、登録する転職エージェント、しかも第二新卒・20代に特化した転職エージェントへの登録が必要ですので、気になる方はぜひその理由と合わせて参考にしてみてくださいね!

派遣法における抵触日の考え方

派遣登録するとき「抵触日」という言葉をよく聞きますが、どういう意味ですか?「派遣社員は同じ職場でずっと働くことはできません」と言われていますが、「更新」すれば働き続けることができるんじゃないんですか?
MrダービーBoy
実は派遣期間の上限は3年という決まりがあるんです。これを「抵触日」といいます。この制度のおかげで派遣社員は安定しないように思われるかもしれませんが、このおかげで守られている面もあって、むしろ派遣という働き方の可能性を広げるものとなっています。「更新」というのは、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月などの、最長3年間の中における契約期間を言い、誤解している方が多いのでしっかり覚えておきましょう!

もう少しわかりやすく「派遣法における考え方」を解説しましょう!!

<そもそも派遣とは>

「臨時的・一時的なものである」

という大原則があります。

派遣社員は「常用雇用労働者(正規社員)の代替役になってはいけない」というのが「派遣法における考え方」なんです。

上記の大原則に基づき、

<派遣法の根本>

「最長3年間という期限を設け、派遣会社が派遣社員に対して安定して働けるようにした制度」

が定められているんです。

ここで良く質問されるのが、

最長3年間というのは本当に安定なの??

3年と言わず、アルバイトのようにずっと働かせてもらう方がよっぽど安定じゃないかな?

その方が派遣社員を守る「安定した制度」のように感じますよね。

ですが!!

<抵触日を設けた理由>

3年間も派遣社員として働かせるような業務を任せるのであれば「正社員として雇いなさい」というのが「抵触日」を設けた本当の理由です。

派遣社員という身分のまま、将来の実権を派遣先が握っている状態が3年以上続くことを「安定」と定義することはできないんです。

つまり、「抵触日」を設けることで、最長3年という縛りに聞こえますが、実は3年も派遣社員として働かせるのであれば、正社員にしなさい!というのが、国の考え方なんです。

では、

その「安定」について派遣法ではどう措置を取っているのか?

次をご覧ください!!

派遣法における「雇用安定措置」

私が今まで様々見てきて、登録型の派遣会社は、期間の定めを設けていることがほとんどです。

ただ派遣会社によっては、単に「人が足りない」ということを理由に、派遣とアルバイトの区別も付いていない派遣先も少なからずあります。

*後述で解説しますが、「塩漬け」にされることも!!

派遣法の考えとしてはしっかり期間を定めて、安定した措置を派遣社員に取らなければいけません。

具体的な雇用安定措置を解説します。

派遣先企業へ直接雇用の依頼をする

派遣会社は、同一の派遣業務に1年以上派遣される見込みがある場合、

派遣会社から派遣先へ直接雇用のお願いをすることができます。

例えばこんな具合です。

「1年以上も派遣社員が必要なら直接雇用した方が良いのでは??」

と派遣先へ申し立てします。

もちろんこれによって派遣会社の売上は下がってしまうのですが、その分、紹介料として派遣先からお金をもらえるため、完全に派遣会社がマイナスとなることはなく、三者間(派遣先・派遣会社・当事者)で利益があるものとなります。

<3者間利益構造>

派遣先:人手不足を解消

派遣会社:紹介料をもらえる

当事者:派遣会社所属ではなく、派遣先所属となる。

*派遣先の福利厚生・給与形態になるということです。

派遣法そのものの大原則が「臨時的・一時的なものである」としており、また多くの派遣社員が正社員化を望んでいるため、申し立てをすることは派遣会社としても「雇用安定措置」対策として「義務」的な位置づけが強いんです!

その他の措置

「雇用安定措置」については派遣社員が働くことを希望しない限り続きます。

つまり、働く気がある人を働かせる義務です。

<その他の措置>

派遣法では、

派遣期間を3年未満に決めてしまうこと

雇止めすること

を禁止しています。

これは派遣会社だけでなく有期雇用として働く契約社員でも同様に、反復された更新で5年を超える場合は労働者の申し込みより無期雇用契約に転換できます。

<雇止めとは>

分かりやすく解説すると、

企業が、派遣社員や契約社員、パートタイマー社員等、有期雇用契約で雇っている労働者を契約期間満了時に契約更新を行わず、契約を終了させる事です。

これにより3年未満に切られると「抵触日」が関係なく正社員への道が閉ざされるという場合が起こり得るんです。相当なブラック企業ですが。

雇い止めは、有期労働契約において生じるものであり、無期労働契約では生じません。 また、契約期間中に労働者を退職させることは、雇い止めとはいわずに解雇と言います。


<合わせて読まれている記事>

無期雇用派遣を検討しているなら、まずはメリット・デメリットを6つずつ紹介しているので実態を理解してください。実はメリット・デメリットは表裏一体なんです。無期雇用派遣も良いですが、特に20代・第二新卒は「正社員」を目指す方が手っ取り早いかもしれません!!それぞれの転職・就職エージェントを合わせてご紹介しています。
【2018年度は無期契約が増える!?】これから契約社員を考えている方、まさに今契約社員の方は必ず知っておかなければならない無期契約への転換制度。そして企業側がどういう対応を取ってくるのか?本当に「あなた」にとって最善の選択となるのかを今一度考えてみてください!メリット・デメリットも含め、無期契約社員に向いている人・向いていない人など徹底解説しています!
【派遣を目指している方必見】最近注目を集めている「無期雇用派遣」ですが、「登録型派遣」との違いをご存知ない方がまだまだ多いです。そこで、「無期雇用派遣とは?」という点から異なる4つのポイントを詳しく、さらに「無期雇用派遣」を目指すために必要な転職サイトなども合わせてご紹介しています。

派遣社員は「塩漬け」に注意!!

「塩漬け」ってなんだ??

って感じですよね(笑)

派遣社員を考えられている方は絶対注意しておいて欲しい点なので、解説します。

<絶対注意>

派遣会社によっては、派遣社員のことを第一に考えていない派遣会社(目先の利益、個人の損得で動く営業)が存在しています。

実は、同じ派遣先の企業でも、部署異動を行えば「抵触日」は0から再スタートになります。

つまり、同じ会社内をぐるぐる回して派遣社員のまま働かせ続けることが可能なんです。

悪徳派遣会社は派遣先と手を組んで派遣社員をそのままの身分に据え置き続ける。

これが言わば「塩漬け」の意味なんです。

こんなの普通知らないですよね。だからこそ知らずに「塩漬け」状態になるんです。

なるほど!!でも、派遣登録時にこんなことまでわからなくないか??

と思われますよね。

だからこそ派遣社員を目指す方は、「信頼度のある」さらに「派遣会社をよく知っている人間が紹介すること」が最も良いんです。

派遣向けエージェントおすすめ3選

以下にご紹介する3選は数ある就職エージェントの中からプロの私が厳選した会社になります。

実は他にも2社(公式サイト⇒ランスタッドの転職支援サービス/公式サイト⇒マイナビエージェントおすすめしている就職エージェントがあるのですが、興味のある方は参考にしてみてください。

【派遣必見】転職サイトが多すぎてお困りの「あなた」!派遣を考えているならば絶対登録すべき5選をプロが厳選し紹介しています。まずは「職種特化型」ではなく「総合人材派遣会社」への登録をし幅を広げてみませんか?そして20代の方には派遣ではなく正社員としての道もご用意していますのでぜひご一読ください。

何社も登録すべきなんですか??

という質問を良く受けます。

実際は1社でも十分です。以下にまとめておきます。

<3社以上は必要ない>

本来は1社で十分ですが、余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOKです!!

どの就職エージェントも当サイトからは「登録無料」なので、私が紹介する3選で正直事足りと思います。

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

1位 『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆20代~40代前半

◆全業種対応

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<ワークポートのイチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

『ワークポート』は幅広い年齢層と未経験OK・スキル無しOKとこれから派遣社員を考えている方にとっては鉄板です。

さらに就職ノウハウも豊富なので、最もおすすめしている就職エージェントです。

登録後は面談が用意されていますが、この面談がまたミソで「あなた」の現状等を把握した上でエージェントが「あなた」に合う求人を紹介してくれたりするので、必ず面談には行くようにしてください!

派遣社員だけでなく、正社員を目指すことも可能です!

2位 『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆24~49歳程度

◆全業種対応

<パソナキャリアのイチ押しポイント>

対象年齢の幅が広い!女性活躍を推進している代表企業であり、「女性の転職と言えばパソナキャリア」と言われている程、女性の就職に強い!応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルサポート!

また登録時に女性エージェントを指定する事も可能!登録後のサイトにはノウハウがぎっしりと詰まっている。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

対象年齢が49歳までと幅広く、なおかつ『パソナキャリア』はパソナグループ全体とし「女性活躍を推進する代表企業」であり、女性向け転職の表彰を何度も受賞しており、実績は折り紙付きです。

また女性特有の悩み(妊娠・出産・育児休暇など)を解決すべく女性エージェントが多いというのも女性にとって魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

派遣社員だけでなく、正社員を目指すことも可能です!

3位 『リクルートスタッフィング』


公式サイト⇒リクルートスタッフィング

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆全年代

◆全業種対応

◆就業する気のある方なら誰でもOK。

<イチ押しポイント>

大手総合型転職エージェントであるリクナビの派遣特化型サイトです。そのため求人数も約10,000件と多く、希望に合う求人を見つけやすいです。

さらにオンライン登録はリクルートスタッフィングの登録会に参加しなくとも家に居ながら本登録完了が可能です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

②求人紹介・応募

③書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

一見転職エージェントとの面談がないため、楽に感じるかもしれません。

キャリアアドバイザーである私からアドバイスさせて頂くと、「あなた」の将来像が自分で見えているのであればOKですが、まだ将来像も不透明で悩んでいるという方には、今後の事を含めてエージェントとの面談を一度してみることをおすすめします。

上述でご紹介した2社は、

1位:公式サイト⇒『ワークポート』

2位:公式サイト⇒『パソナキャリア』

面談(キャリアカウンセリング)が用意されており、なおかつサポート等も充実しているため、特に将来像が不透明な方にはおすすめです。さらに上位2社は正社員求人もありますが、リクルートスタッフィングは基本的に派遣のみとなります。

「あなた」の現状に合う転職エージェントをしっかりと見極めてみてください!


ちなみに、IT系の派遣を考えているなら『リクルートITスタッフィング』がおすすめです。リクルート系列なので、大手人気企業の求人が豊富にあります。

選考の流れ等は全て『リクルートスタッフィング』と同様で、ITの派遣に特化している就職エージェントとなります。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...
【未経験・経験者OK】アパレル・ファッション業界を目指している方の転職を成功させるためには、まず転職エージェントに登録をしなければ始まりません。約50社あるアパレル・ファッション業界の中からプロの私が5選を厳選しました。またとにかくアパレル・ファッション業界に身を投じたい方向けに派遣でもOKな転職サイトをご紹介しています!
【管理部門希望者必見】数少ない転職サイトの中で管理部門において厳選した転職サイト4選を紹介しています。第二新卒だけではなく、どの年代でも当サイトをご覧いただくメリットがあると思います。さらに第二新卒・20代向けの転職エージェントも合わせて現役キャリアアドバイザーだからこそわかる裏側を交えご紹介しています!

第二新卒・20代は正社員を目指す(必見)

派遣社員を目指すというのも一つの働き方ですが、キャリアアドバイザーの私からアドバイスさせて頂きますと、第二新卒・20代は正社員への道を目指した方が良いですし、市場的にも正社員になることが以前ほど難しくないんです。

ただ、それには必要な事がありますが。

冒頭でも書きましたが、

<第二新卒・20代の方へ>

ちなみに、20代・あるいは第二新卒(23~25歳程度)で正社員を考えられている方は、わざわざ派遣社員から正社員を目指す(正社員登用制度)必要はありません

最初から正社員を目指すことが可能です。ただし、登録する転職エージェント、しかも第二新卒・20代に特化した転職エージェントへの登録が必要です。

但し、注意が必要です!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?

「転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 ど...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...

派遣におけるまとめ

とにかくこれから派遣社員を目指している方はこれだけ覚えておいてください。

<覚えておいてほしい事>

①派遣社員には最長3年という期限がある

②「塩漬け」にされる可能性もある

③「雇用安定措置」・その他の措置

<登録して良い数>

本来は1社で十分余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOK!

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方。

<派遣おすすめ転職エージェント3選>

1位:公式サイト⇒『ワークポート』

2位:公式サイト⇒『パソナキャリア』

3位:公式サイト⇒リクルートスタッフィング

*当サイトからは全て登録無料です。

<とにかく迷ったら>

公式サイト⇒『ワークポート』

に登録しておけば間違いないです。

対象年齢・対応業種・サポート体制・求人数とトータルで見た時に最もおすすめすることができます。さらに正社員を目指すことも可能。

<第二新卒・20代の方へ>

20代・あるいは第二新卒(23~25歳程度)で正社員を考えられている方は、わざわざ派遣社員から正社員を目指す(正社員登用制度)必要はありません

最初から正社員を目指すことが可能です。ただし、登録する転職エージェント、しかも第二新卒・20代に特化した転職エージェントへの登録が必要。

<第二新卒・20代転職・就職活動の注意>

第二新卒・20代は新卒時同様に、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録しがちです。しかし、記事内で転職エージェントの裏側をご紹介しましたが、実は大手総合型転職エージェントの活用が第二新卒転職の失敗で最も多い原因の一つです。

そのため、しつこい様ですが第二新卒・20代は「第二新卒・20代特化型転職エージェント」に登録する必要がある。

<第二新卒・20代おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

*当サイトからは登録無料です。

<迷ったらDYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

もし何かあればTwitterのDMでもOKです!気軽にご連絡くださいね!

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ

<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーboyです。 転職活動をしている方の大半はホワイト企業へ転職したい!と思われていると思います。私...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
結婚後の働き方のお悩み多し!正社員、パート、アルバイトとその他の雇用形態別にメリットを解説!「共働き」が主流の現代で、どんな働き方が最も安定するのか?正社員になるための確実な方法と合わせてご紹介!また意外と知らないパートやアルバイトでも「産休・育休」は取得可能という事実についても解説しています!
【男女必見】結婚前と後、転職する時期はどっちが良いのか。結婚するつもりだが、転職もする予定。世帯年収の算出方法から年金・社保・住民税まで詳しく解説!大切な人生のイベントを上手くクリアしたい!そんな方に、結婚を前提にした転職の進め方・スケジュール・事前に把握しておかなければならない5つのポイントをすべてご紹介!式場探しや結婚式についてもご紹介しています。
契約社員とは?収入面・働き方の特徴を解説。さらに派遣社員との違いや、正社員との違いも徹底解説!契約社員を目指すなら絶対登録すべき転職サイト、そして最初から正社員を目指す方向けにも転職サイトをご紹介しています。特に20代・第二新卒は転職失敗してしまうケースが多いので必見です。
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で再就職を考えている方の中には「1年も経たずに転職を決意した!」と言う方が...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒として転職活動を考えている」あるいは「短期離職してしまったけど再就職大丈...