女性の結婚後の働き方は?正社員・パート・アルバイトのメリット

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

既婚女性向けの記事を書いたところ、思いのほか反響を頂き、皆さま結構お悩みを抱えていらっしゃいました。

特に多かったのは、

正社員として働くべきですか?

確かに悩みそうな点ですよね。

雇用形態別(正社員、パート、アルバイト)それぞれのメリットについて解説します!特に「正社員になるかどうか」で迷われている方には正社員で就職する方法を年代別にご紹介致します!!

20代女性へ

特に20代女性は転職を考えた際に、転職エージェントの登録自体が間違っており転職や就職が上手くいかずに予定が狂ってしまった!という方もよく見てきましたのでぜひ注意して頂きたい点です。

注意すべき点はこちら

*ページ内ジャンプ

1.女性の結婚後の働き方|産休・育休

みなさん!!確認させてください。

産休や育休って正社員しかとれない

なんて思っていませんか??

雇用形態を問わず、非正規社員でも「産休・育休」がとれることは労働基準法で定められています。決して正社員だけの特権ではありません。

実際にどう取得するのか?

産休育休、順にご説明しましょう!!

産休について

<産休取得の条件>

妊娠している女性が取得でき、産後休業については取得することが義務付けられています。

よく聞かれるのが、

産休って産後も入るんですか?

という質問です。

<産休とは>

一般的には「産休」と言われていますが、本来は「産前産後休業」と言い 「産休」は略称です。

産前休業について

出産予定日を含めた6週間前から取得することが可能で、双子や三つ子等を出産する場合には14週間前から取得することができます。

産前休業は必ず取得しなければならないわけではなく、希望する方が会社へ申請することで取得できる休業期間です。

産後休業について

産後休業は法律により必ず取得しなければならないことになっています。原則、産後8週間は働くことができません

ただし、6週間を過ぎた後に医師が「働いても支障はない」と認めた業務については、本人の請求により働くことが可能です。

産休を取得することができるのは女性のみで、労働基準法第65条にその権利が定められています。

いかがですか?

意外と知らなかったのではないでしょうか。

私も最初は知りませんでした(笑)と言うのも

産休って「妊娠したら取る休暇の事」と漠然としていましたが、実は産前産後の事で、しかも産後の方が義務づけられていたなんて!!

という印象を受けたものです(笑)

育休について

育休は女性だけではなく、男性も取得することできます。

しかし、産休とは異なり育休取得には条件が課せられている事がほとんどです。具体的な条件は以下の通りです。

<育休取得の条件>

(1)現在働いている会社で既に1年以上働いていること。

(2)子供が1歳になった後も引続き同じ会社で働き続けるつもりでいること。

(3)子供が2歳の誕生日を迎える2日前まで契約更新が終了することが明確でないこと。

具体的に言うと。育休の対象となった子どもが2歳になるまでに

契約が終わらないこと

契約更新の予定があること

2つが揃っている必要があるということです。

(4)育休を取得できない人の条件を満たさないこと。

週2日以下しか働いていない人や、育休の申請から1年以内に雇用契約が終わってしまう人、日雇いのバイトをしている人などは育休を取得することができません。

特に(1)は結婚を機に転職を考えている場合に非常に影響を与えます。

結婚後に転職をしすぐに出産となった場合には「1年以上働いていること」と条件が付くためタイミングが悪いと育休制度を活用できないパターンもあるんです。

結婚を機に転職を考えている方へ

結婚前・結婚後どちらの方がメリットがあるか。という事を具体的に男女別に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【男女必見】結婚前と後、転職する時期はどっちが良いのか。結婚するつもりだが、転職もする予定。世帯年収の算出方法から年金・社保・住民税まで詳しく解説!大切な人生のイベントを上手くクリアしたい!そんな方に、結婚を前提にした転職の進め方・スケジュール・事前に把握しておかなければならない5つのポイントをすべてご紹介!式場探しや結婚式についてもご紹介しています。

2.女性の結婚後の働き方|産休・育休取得実態

全国の企業と25~44歳の女性労働者にアンケートを実施したデータがあります。

非正規社員に対し「産休・育休を実施している企業」は。

パートタイマー約4割

契約社員などフルタイム雇用労働者で3割

というのが今の日本の実態です。

法律で認められている権利ではあるものの、非正規社員にはまだまだ産休・育休の利用が浸透していないのが現状なんです。

というのも、実際に「産休・育休」について正しい知識がないためなんです。

ここ最近は女性の社会進出も増えてきたため、「産休・育休」を取得しやすくなったのもまた事実なので、今後必ず増加していくのは間違いありません

結婚後の働き方で悩まれると思いますが、確実性を取るのであればやはり「正社員」の待遇が安定していると言わざるを得ないのが現状です。

この記事を読んだ方は知識も含め、ぜひ知っている側の人間でいてほしいと思います。

3.女性の結婚後の働き方

パートナーとしっかり話し合い、

「将来的に子供が何人欲しいから、世帯年収はこれくらいないといけないね」

という考え方をしなければなりませんし、希望する子供の数で世帯年収も変わってきます。

<年収目安算出方法>

「二人+α(アルファ)」=「夫・妻+子供

一般的には希望する子供の数で算出します。

子供一人の場合:世帯年収500万以上

子供二人の場合:世帯年収600万以上

子供三人の場合:世帯年収800万以上

既婚女性にとって「働き方」というのは男性以上に重要な要素になってきますよね。近年では「共働き」が当たり前になってきているため、結婚後も仕事をする女性の割合は年々増加傾向にあるんです。

正社員パートアルバイトその他の働き方4つの視点で解説していきます。

関連記事

4.結婚後正社員で働くメリット

最大のメリットは、

収入が安定することです。

収入の額も正社員であれば比較的多く、ボーナスが出る企業であれば更に嬉しいポイントです。

そして、産休や育休が取れる事も大きな魅力ではないでしょうか。

また企業によっては、福利厚生などで、妊娠・出産のタイミングで手当金を得ることのできる企業もあります。(ぜひ調べてみてください!)

産休や育休は年単位での休暇となりますが、

産後も同じ会社に復帰できる

というのは、長い目で見ても安心して働くことができますし、ワークライフバランスの面からも好循環ですよね。

人それぞれにもよりますが「産後も仕事を続ける予定である」「安定した収入を得たい」と考えられている方は、正社員として働くことを強くおすすめします。

正社員のメリットまとめ

◆収入が安定(ボーナスがある)

◆産休・育休が取れる

◆企業によっては手当金有り

◆産後も同じ会社に復帰できるため、職探しの必要なし

関連記事

5.結婚後パートで働くメリット

最大のメリットは

労働時間が正社員に比べて短い

ということです。

既に子供がいて、家事や育児、保育園の送迎等で時間に制限があるからパートにしているという方が多いですよね。

正社員よりもパートの方が時間の都合がつけやすいと言われていますし、実際そうです。

また労働時間は短いけれど正社員に近い雇用のため、ある程度収入の安定も見込む事が出来ます。

最近では、パートの労働時間でも正社員として雇用してくれる企業も多くなってきています。

パートのメリットまとめ

◆労働時間が正社員よりも短い

◆時間の都合がつけやすい

◆ある程度収入の安定が見込める

6.結婚後アルバイトで働くメリット

実はパートと明確な違いはあまりありません。

アルバイトは短期的や臨時雇用と考える企業もあり、パートよりも短期間の雇用の場合もあります。

雇用が短期間であるということは、逆に言うと

アルバイトは短期間・短時間で働ける所が多く、ダブルワークには向いている雇用形態と言えます。

パートと同様にスケジュールが比較的調整しやすい事から、家事や育児との両立もしやすい働き方です。

アルバイトのメリット

◆短期間・短時間で働ける

◆ダブルワークに適している

◆家事や育児の両立がしやすい

7.その他の雇用形態(派遣・専門職・業務委託・在宅ワーク)

正社員・パート・アルバイトの働き方以外にも

派遣・専門職・業務委託・最近では在宅ワークなどがあります。

看護師や介護士、保育士や薬剤師等の特別な資格やIT等の専門の技術があると、正社員やパート、アルバイトでも社会復帰しやすく収入も高い事が多いです。

家事や育児と両立して働くと考えると、なるべく短時間で高収入を得たいものです。

そのためには、資格や技術を身に付けておく必要があり、産休中等に資格を取得して産後の社会復帰に備えるという方も多くいます。

また最近では在宅ワークが注目を集めています。

自宅で気軽にできるため、家事や育児と並行して収入を得ることができるからです。

商品を検品する内職の仕事から、ライティングやデザインの仕事など、その分野は多岐に渡ります。

技術が必要な仕事も多いですが、誰でもすぐに始められる仕事も多いのが在宅ワークの特徴です。

ただし、専門的な知識や勉強する時間を要する必要もあるために正社員やパート、アルバイトのように決まった収入を得ることが難しく収入の安定性で言えばまだまだ低い分野と言えます。

関連記事

8.結婚後正社員を目指す方(必見)

正社員としての働き方を考えられている方向けに、どうすれば正社員として、かつ女性特有の悩み(妊娠・出産など)を解決し良い職場に就職することができるのか。

その簡単な方法をご紹介致します。

特に!!


20代女性は転職エージェントの登録に注意
してください!

転職活動をしようと考えた際に、

大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)を想像しませんでしたか??

実は、それは危険なんです。

<20代女性が転職に失敗するケース>

新卒同様に「リクナビ」や「DODA」など、いわゆる総合型転職エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、転職を決めることができなかった方を見てきました。

そうなると予定が狂ってきますよね。

なぜ20代女性が失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「求めているの人物像」はあるのですが、それが20代女性とは限りません

確かに全体的に若手である20代を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<転職エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。です。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうすると転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが20代女性が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から20代に特化している転職エージェントをご紹介・おすすめしています。

20代特化型エージェントに求人を出している企業は「そもそも20代をとりますよ!」と言って求人を出しています!

もし今まさにこの記事を読んで「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下におすすめする20代特化型の転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

関連記事

9.20代女性転職エージェントおすすめ3選

女性にとって働き方というのは将来を踏まえると非常に悩みどころ満載ですよね。そこで結婚後に転職・就職を検討している方には、私は正社員としての働き方をおすすめしています。

やはり、給与面であったり産休・育休制度の取得安定性(派遣等でももちろん取得は可能です)、ボーナスの有無といろいろな面を見ていくと総合的に正社員がやはり良いです。

正社員であれば将来の設計も立てやすいという点も挙げられます。

さらに20代特化型の転職エージェントは20代の内にしか活用できないので登録しなければもったいないですよ!

1位:『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


<圧倒的なDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

DYM就職についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

DYM就職の口コミ・評判|なぜ選ばれる?

DYMとマイナビエージェント比較!

DYMとリクルートエージェント比較!

2位:『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、海外留学から帰国後、就職浪人、現在公務員かつ公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒、キャリアアップ。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職、未経験職種OKブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

キャリアカウンセリングがまたミソで過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

関連記事

3位:『ウズキャリ』

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方

<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えています!

ブラック企業排除の徹底

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

アドバイス

DYM就職』【第二新卒エージェントneo】と提携企業も異なるため、同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!

3社まで登録するのであれば、上記3つで事足ります!優先順位は上から順番なのでぜひ検討してみてください!

10.30代以上女性転職エージェントおすすめ2選

結婚自体、晩婚化が進んおり20代はもちろんの事、30代以上の転職・就職支援というのも企業側は力を入れてきています

さらに転職エージェントは星の数程ある(大げさですが)と言われておりその差別化は素人目にはなかなか難しいです。

そこで30代以上で私が厳選・おすすめします転職エージェントをご紹介致しますので、まだ登録していない方・今活用している転職エージェントが合わない方などは転職エージェントの見直しも含めて参考にしてみてください!

1位:『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~40代前半

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問

手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。

書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

『ワークポート』は例え30代以上の転職であろうと、未経験OKという点が非常に評価されている点です。

業界を変えたいと考えている方にとっては非常にメリットのある転職エージェントになります!

2位:『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆24歳~49歳まで

◆未経験OK

<イチ押しポイント>

業界・職種別のチーム体制を取っているため専任のキャリアアドバイザーがそれぞれの経験に沿ったアドバイスをしてくれます! 求人の紹介から、応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルで転職をサポート。 面談は平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。求人数が30,000件を超え非常に豊富。

女性の転職と言えば、『パソナキャリア』と言われるほど女性の就職に強い転職エージェントです。女性の方であれば就職率も高いのでおすすめです。

特に女性の場合にはおすすめです。女性エージェントが多く、女性に対しての転職活動サポートの先駆け的な転職エージェントですので、ノウハウ等も豊富です。

関連記事

11.結婚後の働き方まとめと結論

本記事のまとめをしておきます!!

既婚女性にとって結婚後の働き方というのは今後を左右する大きな選択の一つであると思います。

そんな中、正社員・パート・アルバイト・その他の雇用形態を比較した時にキャリアアドバイザーの私からおすすめするのは「正社員としての働き方」です。

<なぜ正社員がいいのか?>

◆収入が最も安定する

◆産休・育休取得が最もしやすい

◆産後も復帰することができる

「共働き」が当たり前の現代では「正社員」になり職を持っているということは世帯として非常に安定します。

産休・育休の面からも、パートやアルバイトなどの雇用形態では取得できるが手続きや条件が面倒なのが現状です。

もちろん世帯により考え方は様々ではあると思いますが、迷われているのであれば「正社員としての働き方」をおすすめします。

<パートのメリット>

◆労働時間が正社員よりも短い

◆時間の都合がつけやすい

◆収入もある程度安定する

<アルバイトのメリット>

◆短期間・短時間で働ける

◆ダブルワークに向いている

◆家事や育児の両立がしやすい

<その他の雇用形態>

◆専門職は資格取得までの時間・労力などが必要で0からスタートはなかなかハードルが高い。

◆在宅ワークは自宅ででき、気軽に行う事ができるが、その反面まだまだ収入の安定性という側面では低い分野

◆派遣は雇用形態も様々で「塩漬け」にされる可能性もある。

派遣は抵触日で最長3年?塩漬けに注意

<産休について>

産前産後があり、産後は法律で取得必須となっている。また非正規雇用であろうと取得する義務がある。

産後8週間は働く事ができない。

<育休について>

正社員以外の非正規雇用の場合、育休取得の条件が4つあり、条件を満たしていなければ取得することができない。

その点を踏まえると正社員での働き方の方が将来的にも安定しておりワークライフバランスの面からも好循環であると言える。

<20代女性転職前の注意>

20代女性は新卒時同様に、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録しがち。

しかし、記事内で転職エージェントの裏側をご紹介しましたが、実は大手総合型転職エージェントの活用が第二新卒転職の失敗で最も多い原因の一つ

そのため、20代女性は「20代特化型転職エージェント」に登録する必要がある。

<年代別おすすめ転職エージェント>

【20代女性向け】

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

公式サイト⇒『ウズキャリ』

【30代以上女性向け】

公式サイト⇒『ワークポート

公式サイト⇒『パソナキャリア』

『パソナキャリア』特に女性におすすめ!

*ご紹介している転職エージェントは当サイトからは全て登録無料です。

上記で紹介している転職エージェントはいずれも登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

もし結婚後の働き方でお悩み事やお困りごとがあれば私でもご相談にのりますので、気軽にコメント、TwitterのDMくださいね!!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

求人票でよく見かける「正社員登用制度あり」における以外と知らない落とし穴を詳しく解説!さらにメリットとデメリットも解説しています!また「正社員登用制度有り」の求人を探すなら絶対登録しておくべき転職エージェント3選も合わせてご紹介!プロの目線から洗いざらいご紹介しています!また20代は「正社員登用制度」を活用せずとも最初から正社員を目指す方法もご紹介しています。
「第二新卒女性のための転職エージェント5選」「キャリアアップを目指す女性のためのエージェント2選」をご紹介!DODAやリクナビ等に登録を考えられていた方は「ちょっと待ってください!」新卒同様の考え方では転職に失敗してしまう可能性が高いです!その点も踏まえて、第二新卒女性が転職前に注意しなければならない点も合わせてご紹介しています!
転職前に何をすればいいのか?「転職すべきか7項目でチェック」「金銭的な把握」「転職エージェント選び」など5つのやるべき項目を具体的に解説!短期離職やブラック企業が嫌だ!など様々な事情があると思いますが、それを解決するための行動を注意点も合わせて現役アドバイザーが詳しく解説しています!
MrダービーBoyです。 誰しもがブラック企業よりもホワイト企業への転職を希望しますよね! 自分の希望する企業がホワイト...