既卒とフリーターの違い!生涯賃金で差が付く事実を知ろう!

既卒とフリーターの違い!生涯賃金で差が付く事実を知ろう!

現役アドバイザーのMrダービーboyです。

そもそも「既卒」と「フリーター」の違いって何?自分は一体どの属性に入るのか?

分かっているつもりでも漠然としている方が多いと思います。そこで、違いをはっきりさせておきましょう!

また既卒として本気で正社員を目指しているのであれば、以下のページを必ず参考にしてみてください。

既卒の就活の始め方とやり方!正社員就職への第一歩

では早速違いについて解説していきましょう!!

既卒とフリーターの違いとは?

既卒とフリーターでは一体何が違うのでしょうか。

まずは「既卒」と「フリーター」の定義について簡単に理解しておく必要があります。では「既卒」から見ていきましょう!!

既卒とは?

「既卒」とは「どんな意味」で「どんな方が対象となっているのか」ということを明確にしておきましょう!

<既卒の簡単な理解>

「既卒」とは「学校(中・高・大・専門)を卒業したが一度も正社員として就職をしたことがない人」の事を指しています。

少し具体的な例を出しておきますので、「あなた」が該当しているか確認してみてください。

  • 新卒で就活したが内定が出なかった
  • 希望の企業に内定がもらえず就活浪人
  • 公務員試験に全落ちしその後卒業
  • 留学をしており、1年以上遅れている
  • 企業に入る気がなく卒業し、ダラダラ過ごしていたが一念発起

主に上記の例が該当者として多いパターンです。実際私がサポートした方の中でも事例が多かったです。

つまり、まとめてしまうと以下の様に言うことが出来ます。

一度も正社員として就職したことがない=「未経験・職歴なし」

ちなみに既卒として扱ってもらえるのがいつまでなのか?という点については以下のページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください!

既卒扱いはいつまで?年齢制限で違う応募方法をプロが解説!

また「既卒」の方の中にはそのままニートになってしまった!という方が数多くいらっしゃいます。もし「あなた」がそうであるならば以下のページを必ず参考にしてください。

ニートおすすめ転職エージェント10選!正社員就職の全て!

フリーターとは?

続いて「フリーター」はどんな定義をしているのか見ていきましょう!実は具体的な定義というのはないのですが、一般的には以下の意味として位置づけられています。

<フリーターの簡単な理解>

「パート・アルバイトとして働く若年者」を指します。

若年者というのも曖昧で特に年齢は定められていません。30代程度という認識が一般的です。

30代という年齢も一般的なものであって、仮に50代でアルバイトをしていたとしても「フリーター」という位置づけになります。

つまりまとめてしまうと以下の様に言うことが出来ます。

「生計を立てているかどうか」。さらに言うと「お金を稼いでいるかどうか」。またこれによって「ニートとフリーターの違い」という点もわかると思います。

よくニートとフリーターを勘違いしている方もいらっしゃるので、ついでに解説しましたが、これで明確になったかと思います。

既卒とフリーターの違いまとめ

既卒とフリーターの定義については概ねご理解頂けたと思います。

主な違いについて改めてまとめておきます。

既卒とフリーターの違い!正社員になるたった一つの方法

ですが、実は1点疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

「例えば卒業後、就職せずにアルバイトとして働いていたら「既卒」?

それとも「フリーター」?

結論から言ってしまうと、この場合は「既卒」でもあり「フリーター」でもあると言う事ができます。そもそも既卒とフリーターは両立する概念なんです。

そこで勘違いしないで頂きたい点があります。

<勘違いしないで欲しいこと>

卒業後に就職せずアルバイトをしていたら「既卒」「フリーター」のどちらにも該当する。

一度でも就職した人が、その後離職しパート・アルバイトとして働いていれば、その人は「フリーター」ではあるが「既卒」ではない。

例えば。

①新卒で入社

②1年以内に離職

③離職後はアルバイトを1年

④正社員を目指す(今この段階)

という方は1~3年以内(ないしは1~5年)の「第二新卒」ということになります。

もし「あなた」が上記の例の様に「第二新卒」であるならば、以下のページを参考にしてみてください。

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

第二新卒おすすめ転職エージェント12選!ランキングでわかる!

既卒・フリーターと正社員の生涯賃金の差

さて、このまま「あなた」が正社員として就職をせずにいた場合、正社員と比べてどの程度生涯賃金に差が付くのかということを解説しておきます。

一般的に以下の様に言われています。

<正社員の生涯賃金>

約3億円

*月収20~40万での試算

<フリーターの生涯賃金>

5千万~6千万円

*月収12~15万での試算

するとざっくりですが、生涯賃金は約2億5千万円程度の差が開きます。当然正社員の場合にはボーナスや昇給などがあるので一概には言えませんが。

この差をどう捉えるかというのは人それぞれだと思います。「一生独身でいいや」という方もいれば「正社員にはなりたくないし」という方もいるはずですから。

ですが、正社員になることでお金に対して多少の余裕が生まれるというのは事実ですし、将来結婚や子供を考えた場合にはフリーターでは厳しいかもしれません。

少なくとも私はキャリアアドバイザーの立場として正社員になることを勧めている内の一人です。というよりも「現状を打破し正社員になりたい」という方のサポートをしているだけで大したことはしていませんが(笑)

何か夢がありフリーターを選んでいる方もいると思うので完全に否定する事は出来ませんが、特に何も考えずにフリーターをしている方は正社員という道を一度検討してみるのも良いのでは?と個人的には思います。

もし一念発起するのであれば、ぜひ以下のページを参考に既卒として就活を始めてみてください。

既卒の就活の始め方とやり方!正社員就職への第一歩

でわMrダービーBoyでした。

MeetsAgent


▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】をチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする