既卒のフリーターが正社員になるたった一つの方法

MrダービーBoyです。

既卒が今さら正社員なんてなれるわけない。

なんて思っていませんか??

それはネットの情報を鵜呑みにしてしまっている可能性があります!

そもそも「既卒」と「フリーター」というのは近い意味合いもあるんです。そこで正社員になる方法と合わせて「あなた」の現在の状況を今一度当記事で整理してみてください!

【既卒就活の始め方】既卒の就職活動において「新卒採用枠」「中途採用枠」があります。それを考える前にまずは「既卒の就活の始め方」を理解しておきましょう!何事も最初が肝心です。就活の始め方を3ステップ(①新卒同様はNG②登録すべきエージェント③エージェント面談)を順にわかりやすくなおかつエージェントの裏側等も交えながら丁寧に解説しています!

現役キャリアアドバイザーだからこそ、実際に既卒のフリーターをサポートしている実践も交え、正社員になる方法をご紹介していきます!

読む内容は満載ですが、必ず「あなた」のためになります!

既卒・フリーターの就職活動(状況・年齢別)

いかに「既卒」と「フリーター」が曖昧かということが良くわかって頂けたかと思います。

よく自分の状況が分からず、誤った就職エージェントの登録や、誤った就職活動をしてしまうので、今一度「あなた」の状況を把握してみてください!

<状況・年齢別 就職活動>

◆正社員の経験がない=「既卒フリーター」=「未経験枠」

◆正社員の経験があり現在、28~29歳程度=「フリーター」=「中途採用枠」

正社員の経験があり現在、22~27歳程度=「第二新卒枠」

それぞれの就職活動について順に見ていきましょう!!


<合わせて読まれている記事>

【既卒就活の始め方】既卒の就職活動において「新卒採用枠」「中途採用枠」があります。それを考える前にまずは「既卒の就活の始め方」を理解しておきましょう!何事も最初が肝心です。就活の始め方を3ステップ(①新卒同様はNG②登録すべきエージェント③エージェント面談)を順にわかりやすくなおかつエージェントの裏側等も交えながら丁寧に解説しています!
新卒入社したが、ミスマッチがあり早期退職・短期離職となった方、なりそうな方のために再就職・転職する方法をご紹介!早期退職・短期離職は不利になるのかどうかという点にも焦点を当て徹底解説!私も早期退職した身で今は現役キャリアアドバイザーです。当時とプロの視点を交えながら成功の道をアドバイスしています!
新卒入社したが「もう辞めたい」という方向けに第二新卒として転職で失敗しないための方法を解説!私も新卒で転職経験者ですが、今やキャリアアドバイザーとしてサポートする側です。なぜ新卒の転職で失敗する人がいるのかということを現役のプロが転職エージェントの裏側も交えながら詳しく解説しています!ご覧頂ければ転職成功も待ったなしです!

既卒フリーターの就職活動(未経験)

学校卒業後、一度も正社員としての経験がない方は「既卒」と「フリーター」どちらにも該当します。

そこで「既卒フリーター」と呼ばれることがあります。

基本的には「未経験・職歴なし」として就職活動をスタートさせることになります。

<未経験者・職歴なし枠>

未経験者・職歴なし枠での採用の場合、30歳未満という年齢制限を課している場合もあれば、特に年齢制限を課していない場合もあり、卒業してから4年目以降の人はこちらでの就職活動が主となります。

企業によってこの部分は大きく差があるので、チェックが必要です!

ただ30歳を超えてからの就職は20代に比べて非常に難易度が高くなるという特徴があります。

つまり企業は30歳を超えた人を「未経験・職歴なし」というよりもニート・フリーターという目線で見るケースが多いからなんです。

フリーターの就職活動(28~29歳)

一度は正社員としての経験がある。つまり「職歴がある」ということになります。

ですが、事情は様々あると思いますが、現在はパートやアルバイトで生計を立てているという状況の方だと思います。

とは言え「このままではまずい」と一念発起して正社員を目指す方は大勢いますので、ご安心ください!

<中途採用枠>

28~29歳、つまり30歳手前の場合には「第二新卒枠」というのは既に使えないケースが多いです。

そこで「中途採用枠」としての応募がメインになってくると思います。

「中途採用枠」というのは一般的に社会人経験(職歴あり)がある方を対象にしているので、ここで言う「フリーター」の方は対象になります。

今さら「中途採用枠」で正社員は難しいのでは?

と思われるかもしれませんが、問題ありません。

「中途採用枠」の求人の中にも実は「未経験歓迎」「経歴不問」といった形で出されている事が多く、今はフリーターでも、正社員として就職意思があれば応募も出来ますし、内定も出ます。

但し、既卒特化型エージェントへの登録が必須となりますので、後述でおすすめしているエージェントへの登録を参考にしてみてください!

第二新卒枠での就職活動(27歳未満)

一度は正社員としての経験がありなおかつ年齢が22~27歳程度の場合には「第二新卒枠」として就職活動を進めることができます。

<第二新卒枠の場合>

「第二新卒枠」で既卒者も応募可能となっている場合がほとんどです。決して「第二新卒枠」が転職の時にしか使えないというわけではありませんので、注意してください。

第二新卒自体が入社1年目から3年目の人を対象している場合が多いので、基本的には3年以内(25歳程度)なんですが、実は「第二新卒枠の年齢」を企業側は伸ばしている傾向にあるんです。

具体的には1~5年以内(27歳程度)まで伸びています。

日本国内での深刻な「人材不足」を背景に企業側は「若手人材の確保」が命題になっているからなんです。

とは言え、既卒の場合は卒業後から年数がたつほどに不利になってくる要素だけが増えてくるので、「第二新卒枠」だとしてもとにかく早めの行動が必要になります。


<合わせて読まれている記事>

【決定版】既卒と第二新卒はどちらが有利なのか。両者の違いやメリット・デメリットを徹底比較!また両者はそれぞれいつからいつまでが対象なのか。企業側の基準を裏側をぶっちゃけながら詳しく解説!既卒で就職活動をスタートする方、第二新卒として転職活動をスタートする方どちらにも役立つ情報を現役プロが洗いざらい紹介・解説しています!最後にはエージェントの選び方も合わせて解説しています。
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 キャリアアドバイザーの仕事をしていると、 という方がいらっしゃいます...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...

既卒フリーターが正社員になる方法

さていよいよ本題ですが、既卒が改めて就職活動をスタートしようと考えた時にどのように始めれば良いかということを現役キャリアアドバイザーが解説します。

「未経験・職歴なし枠」だろうと「中途採用枠」「第二新卒枠」であろうと正社員へなるための就職活動の始め方(入口)は同じです。

結論から言ってしまうと。

就職エージェントに登録・活用する

ことです。

ここまでは様々なサイトでも書かれていますよね。

但し、注意が必要です!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型就職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?

「既卒 就職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが就職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

就職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った就職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

・既卒なら既卒特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型就職エージェントでは就職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする就職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

既卒向けに特化型エージェントを年代別にご紹介!20代であれば必ず登録しておきたい2社。30代以上なら登録必須の1社を特徴やイチ押しポイントを交えながら解説!さらに実際に現役プロとして既卒をサポートしている実践をアドバイスとして裏側も交え徹底解説しています。どこよりも詳しく、どこよりもおすすめするエージェントになりますので、ぜひ参考にしてみてください!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...

まとめ

「既卒で今更正社員になんて・・・」ということはありません。

すがる思いで「リクルート」や「doda」など大手総合型エージェントに登録をしてしまいがちで、確かに求人数は多いですが、その分登録者数も多く必然的にライバルが多くなるということです。

わざわざ茨の道を進むのではなく、既卒特化型就職エージェントに登録してしっかりとサポートしてもらうことが正社員への一番の近道です。

「あなた」の正社員への始めの一歩に当ページがなっていればいいなと思います。

陰ながら応援していますので、頑張ってみてください!!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

【決定版】既卒と第二新卒はどちらが有利なのか。両者の違いやメリット・デメリットを徹底比較!また両者はそれぞれいつからいつまでが対象なのか。企業側の基準を裏側をぶっちゃけながら詳しく解説!既卒で就職活動をスタートする方、第二新卒として転職活動をスタートする方どちらにも役立つ情報を現役プロが洗いざらい紹介・解説しています!最後にはエージェントの選び方も合わせて解説しています。
【未経験・職歴なし既卒必見】正社員になることは難しく厳しいのか?現役プロが正社員になることは実は簡単で、求人の探し方と就職する方法を実践経験をそのままアドバイス!ハローワークのデメリット、求人サイト不要、就職エージェントは既卒特化必須など既卒向けの内容を裏側も交えどこよりも詳しく解説しています!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
現役アドバイザーのMrダービーboyです。 転職活動をしている方の大半はホワイト企業へ転職したい!と思われていると思います。私...

MeetsAgent


▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】チェック!