面接の逆質問で強みをアピールする質問7選

現役アドバイザーのMr.ダービーBoyです。

面接の最後には必ず、

面接官
最後に何か質問はありますか?

と聞かれるはずです。

特にありません。

という回答は実にもったいないんです。

待ってました!!と言わんばかりに逆質問をしてください!

「あなた」を売り込む絶好のチャンスです!

「あなた」がその企業にどう見せたいかどう思われたいかで逆質問のパターンにも実は種類があります。

今回は「あなた」の強みをアピールするための逆質問集をご紹介していきます!


<パターン別>

【面接逆質問集】面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。面接官に好印象を与えるか悪印象を与えるかの一つの分岐点とも言えます。「あなた」を売り込む絶好のチャンスを掴むための逆質問集です!ぜひ準備し好印象を与え内定を勝ち取りましょう!
【面接逆質問集】労働条件を聞き出すのって非常に難しいですよね。でも聞きたいですよね!面接の最後には「最後に何か質問はありますか?」と聞かれます。そのタイミングがチャンスです。とはいえ、上手く聞き出さなければ悪印象を与えてしまいます。聞き出す注意点も交えながら紹介しています。

強みをアピールする逆質問集7選

とにかく「あなた」の強みをアピールしていきたい!!

自分に自信のある方は参考にしてみてください!


体力には自信がありますが、勤務時間について教えてください
誰とでも親しくなる自信がありますが、配属予定先の雰囲気を教えてください
〇〇の資格を持っていますが、御社の事業で活かすことは可能ですか?
前職では営業として〇〇の実績を残しましたが、御社でも通用しますか?
粘り強い性格ですが、どのような資質やスキルが必要ですか?
今まで〇〇のキャリアを積んできました。御社でこのキャリアを活かすために何が足りないか教えてください
責任感が強いと自負してますが、責任感のある仕事に就くことはできますか?

「あなた」が個人的に聞きたいことがあれば、もちろん優先して聞いていただいてOkです!

ただ、特に思いつかなかった場合はせっかくのチャンスがもったいないので、上記7選から最低2つは抜粋し備えておいてください!

強みをアピールする鉄則と技で好印象!

「あなた」の強みをアピールする上で、面接官に好印象を与えるための鉄則と技を伝授いたします!

<逆質問の鉄則>

「協調性」「責任感」「積極性」の3つをアピール!!

「あなた」の強みとして、面接官が気になっているのは、上記3つの点と言われています。

ありきたりですが、会社にとって重要なポイントとなるからなんです。

それを効果的に逆質問でアピールするためには、

<効果的に逆質問する技>

「誰とでも親しくなれる自信がありますが・・・」と前置きを入れる!

実績は具体的な数字も混ぜる!

上記の例で言うと、

ただ単に、

配属予定先の雰囲気を教えてください

と逆質問するのと、

誰とでも親しくなる自信がありますが、配属予定先の雰囲気を教えてください

と前置きを入れるのとでは、

面接官の心象、印象の残り方が全く違います!!

また、実績に自信がある場合には必ず具体的な数字や資格を出して、「御社で役立てたい」という思いを質問に込めることも効果的です。

悪印象にならないための注意!

逆質問をする際に注意する点を解説します!

<逆質問の注意点>

決して自慢げな態度で、強みや実績をひけらかさない!

逆質問でせっかくのチャンスが来たからと、

「アピールをしなければ」と焦るあまりに、自慢げな態度でこれまでの実績をひけらかすのは悪印象に繋がります。

上述の技でも伝授しましたが、

「○○が得意です」と言うのではなく、

「○○を活かしたいのですが」というふうに、前置きをする言葉を選びながら、謙虚な気持ちで逆質問をしましょう!

面接というのは、「あなた」の思うようには進まないものです。

唯一「あなた」が得意な話題に持っていけるのが「最後の逆質問タイム」です。

長所に触れてもらえなかったときに、最後の質問に絡めてアピールしてください!

【ここで差がつく】好印象・悪印象を与える質問というのは実は紙一重!でもその部分で一番差がついてしまうんです!プロの私が直接企業に聞いた、好印象・悪印象だった質問をご紹介していますので、面接前の対策として一読ください!転職活動が上手くいっていない第二新卒向けに成功させるための転職エージェントも合わせてご紹介しています!

逆質問でお困りの方へ

「強み」をアピールはしたいけど、

本当にこの逆質問を用意していっていいのかな?

と不安になられる方もいらっしゃると思います。

そんな時は「転職エージェント」あるいは「口コミサイト」を活用して予め応募企業について履くすることが重要です!!

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

面接前には転職エージェントに確認する

この記事を読んでいる時点で、何かしらの転職エージェントに登録していると思います。

むしろ、大半がそうだと思います。

そこで、面接前には必ず専任のエージェント(担当者)にどんな点に気を付ければ良いかということを確認しておいてください!

エージェント(担当者)というのは企業ともつながりがあります。「その企業がどんな人を好むのか」あるいは「人事担当者の特徴」「お偉いさんの好む回答」など知っている場合があります。

効果的な逆質問を教えてくれることもあります!

もし、確認をしてみて「大した回答がないエージェント(担当者)」であればポンコツエージェントの可能性があります。既に最終面接まで行っている「あなた」の状況ではどうしようもないかもしれませんが。

万が一落ちてしまった場合には。

  • エージェント(担当者)の変更
  • 転職エージェント自体の変更

を検討してみてください。

エージェント(担当者)の変更方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒に限らず、中途の方にしろ転職エージェントって転職において非常に重要ですよね...

また転職エージェント自体を変更したいという20代・第二新卒の方は以下の記事を参考にしてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!


<合わせて読まれている記事>

第二新卒で転職を繰り返す、第二新卒で転職したのにまた退職してしまった。と不安をお持ちの方が大勢います。企業は転職を繰り返した人をどう見るのか?転職を繰り返すことで再就職が難しく不利になるのか?再就職に強い転職エージェントの紹介も交えながら詳しく解説しています。
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。

強みをアピールする逆質問まとめ

それでは本記事のまとめをしておきます!!

<まとめ>

面接での逆質問は印象に残す方法としては鉄板!「特にありません」という回答だけは避けておきたい!唯一「あなた」から質問できるチャンス!!

<好印象を与える鉄則>

「協調性」「責任感」「積極性」の3つをアピール!

<効果的に逆質問する技>

「誰とでも親しくなれる自信がありますが・・・」と前置きを入れる!

実績は具体的な数字も混ぜる!

<悪印象となる逆質問に注意>

決して自慢げな態度で、強みや実績をひけらかさない!

<逆質問で困ったら>

「この質問聞いても大丈夫か?」と思ったなら、転職エージェントあるいは口コミサイトで予め企業を調べておく!!

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

<転職活動が上手くいかないなら>

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

でわ!Mr.ダービーBoyでしたヽ(´ー`)

<合わせて読まれている記事>

退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!
一次面接の特徴やよくされる質問12選を含め、一次面接で落ちる2つの理由、突破する3つのポイントを現役プロが解説。面接時にどのポイントを見ているか、落ちないためのアドバイス付き!20代は転職エージェントの登録自体間違っている可能性も!また面接の最後の質問で困った経験は?たった一言で高評価まで持っていける魔法の言葉を伝授!
実際に企業に聞いた内容を元に最終面接を突破するための方法をご紹介!最終面接は普通に落ちます。落ちないための逆質問集ではパターン別(やる気を見せる、労働条件を聞き出す、好印象)に分けご紹介しています。さらに最終面接に落ちた場合の今後の転職活動について、確実に内定を取る方法をご紹介していますので、必見です。
第二新卒として転職活動をしていて最終面接に落ちてしまった。「また1から最終面接まで行くのが面倒」誰もが思う当たり前の事です。最終面接で落ちたのは仕方がないとして、問題は次の行動です!実は登録している転職エージェントの問題かもしれません。まずは転職エージェントの見直しをし、確実に内定を獲得しませんか??