面接の逆質問で残業・給与を確認する質問7選

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

だいたい面接の最後は、

面接官
最後に何か質問はありますか??

と聞かれますよね。

その場から早く脱したいという思いから

特にありません。

と回答してしまう方が結構いらっしゃいます。

実にもったいないんです!!

「あなた」がその企業にどう見せたいかどう思われたいかで逆質問のパターンにも実は種類があります。

今回は「聞きにくい労働条件を上手く聞き出す逆質問集」をご紹介していきます!!


<パターン別>

【面接逆質問集】面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。面接官に好印象を与えるか悪印象を与えるかの一つの分岐点とも言えます。「あなた」を売り込む絶好のチャンスを掴むための逆質問集です!ぜひ準備し好印象を与え内定を勝ち取りましょう!
【面接逆質問集】面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。自分に自信のある方が、最後の逆質問タイムで最高のアピールをするための「鉄則」と「技」を伝授しています!これで他者と差をつけ「あなた」の採用率Upを目指し内定を勝ち取りましょう!

労働条件を聞き出す逆質問集7選

労働条件ってかなり気になる点というのは間違いないんですが、いかんせん聞きにくい!!

と言うことで、上手に聞き出す逆質問集を紹介します!


仕事の繁忙期はいつ頃ですか??
休日は部署ごとに異なるのでしょうか?
年末年始やGwなど大型連休はどのような勤務になっていますか?
勤務地の希望などを出すことは出来るのでしょうか?
転勤も問題はないのですが、転勤はどのくらいのサイクルであるのでしょうか?
前職では週に約○時間ほど残業をこなしていましたが、御社では平均どれくらいですか?
参考までに、私くらいの年齢での平均年収のモデルケースはありますでしょうか?

「あなた」が個人的に聞きたいことがあれば、もちろん優先して聞いていただいてOkです!

ただ、特に思いつかなかった場合はせっかくのチャンスがもったいないので、上記7選から最低2つは抜粋し備えておいてください!

労働条件を聞く際の注意点

「あなた」が聞きにくいと感じているのは、

面接官
労働条件を聞くなんて、うちの会社に本当は興味ないんじゃないか?

と思われたくないからではないでしょうか。

まさにその通りなんです。

仕事柄、企業側に話を聞くことがあるのですが、まだ採用が決まっていない段階であれこれ聞くことは面接官の心象を悪くするそうです。

特に、残業や休日などの質問をすると、「仕事をやりたくない」というマイナスイメージに受け取られる恐れがあります。

そのため、

<注意点>

例えば、残業時間を聞きたい場合には、ストレートに「残業は週何時間くらいありますか?」と聞くのではなく、

「前職では週に〇時間程残業をしていましたが、、、」

と今までこなしてきたことを説明し前置きを入れましょう!!

たったこれだけかと思うかもしれませんが、たったこれだけの前置きで面接官の捉え方(印象)は全く変わります!!


<合わせて読まれている記事>

MrダービーBoyです。 「サービス残業」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 残業代を支払ずに残業...
ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!

給与を聞く際の注意点

転職するからには、給与Upもしたいというのが第二新卒に限らず転職活動者の意図している所ですよね!

労働条件と同じで細かく給与のことを聞くと、

面接官
仕事よりもお金に関心があるのかな

と捉えられます。

<注意点>

具体的な金額を確認するのではなく、

「同年代の他の社員のモデルケース」「昇給システム」について聞くようにしましょう!!

もし「さらに知りたい」「変な印象を与えたくない」という方は「転職エージェント」あるいは「口コミサイト」を活用して予め応募企業について把握することが重要です!!

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

労働環境は転職エージェントに確認しておく

面接時の逆質問として労働条件や労働環境を聞いてももちろんOKですが、やはりなかなか聞きにくかったりしますよね。

そこで、転職エージェントに登録されている方は専任担当者(エージェント)に予め確認しておく!というのも一つの方法です。

専任担当者(エージェント)は企業の事をよく知っています。実際にどんな労働環境なのかを知っているものです。逆に知らないとあまり信用できない担当者とも言えますが。

実はエージェントというのは「あなた」が転職に成功すると「あなた」の年収の数%を成功報酬(インセンティブ)として貰えます。

そのためブラック企業とわかっていても勧めてくる悪徳エージェントもいるんです。

そこでもし、確認をしてみて「大した回答がないエージェント(担当者)」であればポンコツエージェントの可能性があります。既に面接まで行っている「あなた」の状況ではどうしようもないかもしれませんが。

万が一落ちてしまった場合には。

  • エージェント(担当者)の変更
  • 転職エージェント自体の変更

を検討してみてください。

エージェント(担当者)の変更方法は以下で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒に限らず、中途の方にしろ転職エージェントって転職において非常に重要ですよね...

また転職エージェント自体を変更したいという20代・第二新卒の方は以下の記事を参考にしてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
第二新卒で転職を繰り返す、第二新卒で転職したのにまた退職してしまった。と不安をお持ちの方が大勢います。企業は転職を繰り返した人をどう見るのか?転職を繰り返すことで再就職が難しく不利になるのか?再就職に強い転職エージェントの紹介も交えながら詳しく解説しています。
現役キャリアアドバイザーが転職エージェントの裏側を暴露!!「推薦文の確認方法」や「同じ案件を複数のエージェントに依頼しない」など裏側を交えながら6つの注意点を解説!なぜ第二新卒が転職を失敗するのか?その解決策もご紹介しています!

労働条件を聞き出す逆質問まとめ

それでは本記事のまとめをしておきます!!

<まとめ>

労働条件というのは聞きたいけど聞きにくい!変に聞くと印象を悪くしてしまいます。聞きにくい残業や給与を上手く聞き出す印象を与える事が他者と差をつけるポイントです。

<残業を聞く際の注意点>

ストレートに聞くのではなく、

「前職では週に〇時間程残業をしていましたが」と前置きを付ける事で印象は全くの別物。

<給与を聞く際の注意点>

具体的な金額を聞くのではなく、

◆「同年代の他の社員のモデルケース」

◆昇給システム

について多少間接的に確認する!

残業や給与をさらに詳しく知りたいなら、転職エージェントあるいは口コミサイトを活用する。

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

<転職活動が上手くいかないなら>

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ


<合わせて読まれている記事>

第二新卒として転職活動をしていて最終面接に落ちてしまった。「また1から最終面接まで行くのが面倒」誰もが思う当たり前の事です。最終面接で落ちたのは仕方がないとして、問題は次の行動です!実は登録している転職エージェントの問題かもしれません。まずは転職エージェントの見直しをし、確実に内定を獲得しませんか??
Mrダービーboyです。 転職活動をしている方の大半はホワイト企業へ転職したい!と思われていると思います。私の元に相談に来る方...
第二新卒の短期離職は転職が難しいのか?企業は第二新卒をどう見ているのか。転職市場は今どういう状況にあるのか。という事を解説!!少子高齢化社会の中、企業にとって人材確保は急務なんです。なぜ第二新卒が今注目されているのかを知り、失敗しない転職のために現役のキャリアアドバイザーが企業側の目線からお伝えしています。
第二新卒は何歳くらいまでの事を言うのか?また大学院卒、浪人・留年、卒業後空白期間がある場合には第二新卒として転職できるのか。また「企業に3年勤めろ」というのは今のご時世古いです。第二新卒として転職を成功させるにはどうすれば良いのか。という事を現役キャリアアドバイザーが解説!