面接で好印象・悪印象の質問8選!現役プロが聞いたリアル

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

面接の最後には

面接官
最後に何か質問はありますか?

と聞かれますよね。

特にありません。

と回答する方が非常に多く、

もったいないです!!

ただ、面接で質問するにも何を質問すれば良いかというのがわからないという方が大勢いらっしゃいます。

実は、逆質問する際には「あなた」がアピールしたいことによって変えなければなりません。

パターン別で紹介していますので、参考にしてみてください!


<パターン別>

【面接逆質問集】面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。自分に自信のある方が、最後の逆質問タイムで最高のアピールをするための「鉄則」と「技」を伝授しています!これで他者と差をつけ「あなた」の採用率Upを目指し内定を勝ち取りましょう!
【面接逆質問集】面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。面接官に好印象を与えるか悪印象を与えるかの一つの分岐点とも言えます。「あなた」を売り込む絶好のチャンスを掴むための逆質問集です!ぜひ準備し好印象を与え内定を勝ち取りましょう!
【面接逆質問集】労働条件を聞き出すのって非常に難しいですよね。でも聞きたいですよね!面接の最後には「最後に何か質問はありますか?」と聞かれます。そのタイミングがチャンスです。とはいえ、上手く聞き出さなければ悪印象を与えてしまいます。聞き出す注意点も交えながら紹介しています。

面接官に聞いた好印象だった質問8選

私は仕事柄、様々な企業様とやり取りをさせて頂いており、面接官といえど、人事担当や役員クラスの方からお話しを伺う機会があります。

面接時に「おっ!!」と思った質問を聞いてみたので、質問内容面接官の印象も合わせて紹介いたします!!


どのようなスキルを今後身につければ、御社での仕事に役立ちますか?

スキルアップへの強い意欲と弊社で働きたいという気持ちが感じられて好印象だった。

(IT関係会社 役員/55歳)


御社は新たな事業展開を考えられているそうですが、その事業に参画させて頂くにはどうすれば良いでしょうか?

新たな事業展開を考えている事をしっかりと把握しており、弊社で働く意欲が感じられた。

さらに、自分がその事業に参画し「即戦力になります」というアピールがあり自信に満ち溢れており期待が持てた。(専門商社/30歳)


社員の意識向上に特別なテーマで運動を実施していますか?

社員のやる気を高めようという行動を全社的に取り組んでいた時だったので、弊社の状況を良く理解しており、逆に試された感じがし「おっ!!」と印象に残った。

(保険会社 役員/59歳)


面接官の方々が仕事をしていて嬉しかったことを教えてもらえませんか?

弊社で働くことの喜びを共有したいという思いの表れだと感じた。また弊社に対して前向きに考えているんだということが伝わった。(メーカー/36歳)


御社の今後の海外での営業戦略についてご教示ください

採用後の自分自身の役割について、今から取り組もうという姿勢が伺うことができ、

また弊社の状況を把握し、即戦力になりたいという意欲が感じられた。(総合商社/40歳)


私はインテリアコーディネーターの資格を持っていますが、頑張り次第では営業へもチャレンジさせてもらえますか?

自分のこれまでの頑張りもアピールしつつ、目指したい目標をしっかり持っていて、そのための努力をしていると感じられた。(ハウスメーカー 役員/47歳)


在宅復帰についての取り組みと課題について教えてください

法人の方向性の核心に触れており、知識と理想がなければ出てこない質問であったため。

(医療・福祉関連/39歳)


御社では女性の方は何人位勤めていらっしゃいますか?また、その年齢層を教えてください

弊社ではグループの親会社も含めて女性社員が多く、「女性に優しい会社」として世間にアピールしているので、そのことを踏まえた上でより詳細な質問をしてきたことに感心と意欲を感じた。(人材関係/36歳)


これらの質問から見えてくるのは、やはり採用企業側は、

<採用企業側の印象に残るには>

「あなた」自身を把握できているのか

うちの会社に入りたいのか=意欲

「前向きさ」や「やる気」があるのか。

という部分に「おっ!!」と感じるようです。

簡単に言うと、企業側を「どう持ち上げるか」ということも一つのポイントになります。

面接官に聞いた悪印象だった質問8選

好印象とは裏腹に、面接官に「え??」と思わせてしまい悪印象を与えてしまった質問をご紹介します!

みなさんも注意してくださいね!


いつから働けば良いですか?

面接の段階なのに、さも採用されるのが当然といった態度だったため印象が良くなかった。(サービス業/35歳)


御社でやりたいことがありますが、すぐに取り掛かれますか?

やりたいことの具体的内容もなく、自己主張が強いと感じ、協調性がないなと感じた。

(専門商社/45歳)


有休休暇は好きな時に自由に取れますか?

入社前からやる気を疑う質問だった。休みが気になるのはわかるが、入社する前からそんな感じでは先が思いやられるので、まずは働く意欲を見せてほしかった。

(不動産関係/50歳)


長期休暇は取れますか?

仕事内容よりも休暇についての取得が容易かとの質問には、仕事に対する考え方の甘さと仕事に対する姿勢を疑った(人材/34歳)


福利厚生はどうなっていますか?例えば、ホテルチェーンの割引適用など社員はされますか?

自分が受けられる待遇にしか興味がない印象を受けた。(ホテル関係 役員/48歳)


昇給に関して、定期的な昇給ベースは平均どれ位でしょうか?

営業という職種上、実力主義(結果)ですべて判断されることを面接内で説明したが、全く理解していないと感じられた。(建築関係/42歳)


給与はどのようにきめられるのですか?評価基準等を教えてください

実務レベルの評価はすぐにできないため、おおよその経験で決定しているが、給与面ばかりを重視されても、やる気や誠実さが全く伝わってこず弊社に対する入社意欲が感じられなくなってしまった。(設計会社/37歳)


キャリアが豊富にあるので、それに相応しいポジションを約束してくれるか?

過去にこだわっている印象が強く、仕事を学ぼうという姿勢ではないと感じた。

また図々しさも感じ、弊社を見下しているような印象を持った(食品関係/40歳)


どの企業にも共通しているのがわかると思いますが、

<悪印象になるのは>

自分の事しか考えていない=協調性欠如

図々しさ=謙虚さがない

給与や休暇にしか興味がない

給与面や休暇については、誰しもが聞いておきたいポイントであるのは間違いないですが、

聞き方一つで悪印象となってしまう

と言う事を今一度理解しておきましょう!!


<合わせて読まれている記事>

MrダービーBoyです。 「サービス残業」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 残業代を支払ずに残業...

面接で好印象を残すには事前把握が必須

とは言え、一般の方が応募企業を知るためにはなかなかハードルが高いと言えます。

事前に企業を調べる方法は大きく分けて3つの方法があります。

<企業を調べる方法>

①企業のホームページを確認

②口コミサイトで確認

③転職エージェントに聞く

「①ホームページ」では従業員数や年商、仕事内容などをある程度把握することができます。ですが、内情についてはあまり知ることが出来ません。

そこで、「②口コミサイト」で確認することをおすすめします。口コミサイトでは元従業員の生の声が反映しており、普通では知り得ない内情を知ることができます。

「有給が取得しやすい」「ボーナスが実はでない」なんて事も記載されています。

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

「③転職エージェント」に聞くというのも非常に効果的です。転職エージェントというのは実際に企業とやり取りをしているので、外部から見た内情を良く知っています。

現在登録されている転職エージェントがあると思うので聞いてみることをおすすめします。

現在転職活動が上手くいっていないという第二新卒・20代の方は少し確認があります。

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?

「転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!
【ニート必見】社会復帰したい!今のままではヤバい!ニートの共通認識です。なぜ以前就職・転職に失敗したのか?登録を間違っている方が多いんです。現役のプロが本気で社会復帰を目指しているニート・フリーター向けにニート特化型転職エージェントをご紹介。案外簡単に正社員として社会復帰できますよ!

面接で好印象・悪印象となるまとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<好印象を与え印象を残す>

「あなた」自身を把握できているのか

うちの会社に入りたいのか=意欲

「前向きさ」や「やる気」があるのか。

<悪印象になるのは>

自分の事しか考えていない=協調性欠如

図々しさ=謙虚さがない

給与や休暇にしか興味がない

<好印象を残すには企業を事前に調べる>

①企業のホームページを確認

②口コミサイトで確認

③転職エージェントに聞く

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいのでおすすめです!

<第二新卒・20代転職活動の注意>

第二新卒・20代は新卒時同様に、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録しがちです。しかし、記事内で転職エージェントの裏側をご紹介しましたが、実は大手総合型転職エージェントの活用が第二新卒転職の失敗で最も多い原因の一つです。

そのため、第二新卒・20代は「第二新卒・20代特化型転職エージェント」に登録する必要があります。

<内定が出ない第二新卒・20代おすすめ転職エージェント>

転職活動が上手くいっていない第二新卒向けに、成功させるための転職エージェントをご紹介!大手総合型転職エージェント(リクナビやDODA等)に登録をしていたなら一旦転職エージェントを見直すべきです。

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

<迷ったらDYM就職>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

いかがでしたでしょうか。

面接の質問一つでせっかく好印象だったのに最後の最後で悪印象にズッコケてしまうのが面接の恐ろしいところでもあります。

この記事を読んでいただいたみなさんにはそうなってほしくないと切に願っています。

「え??」と思わせるのではなく「おっ!!」と思わせるような質問の参考になれば幸いです。

何か相談等ありましたらTwitterのDMでもOKです!気軽にご連絡くださいね!

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ

<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!
一次面接の特徴やよくされる質問12選を含め、一次面接で落ちる2つの理由、突破する3つのポイントを現役プロが解説。面接時にどのポイントを見ているか、落ちないためのアドバイス付き!20代は転職エージェントの登録自体間違っている可能性も!また面接の最後の質問で困った経験は?たった一言で高評価まで持っていける魔法の言葉を伝授!
実際に企業に聞いた内容を元に最終面接を突破するための方法をご紹介!最終面接は普通に落ちます。落ちないための逆質問集ではパターン別(やる気を見せる、労働条件を聞き出す、好印象)に分けご紹介しています。さらに最終面接に落ちた場合の今後の転職活動について、確実に内定を取る方法をご紹介していますので、必見です。
第二新卒として転職活動をしていて最終面接に落ちてしまった。「また1から最終面接まで行くのが面倒」誰もが思う当たり前の事です。最終面接で落ちたのは仕方がないとして、問題は次の行動です!実は登録している転職エージェントの問題かもしれません。まずは転職エージェントの見直しをし、確実に内定を獲得しませんか??