面接一覧

スポンサーリンク

面接当日に気を付ける15のチェックポイント

【面接前日に読んで欲しい】「会社に到着するまで」「面接室に入室〜席に着くまで」「面接中」「退室」と全15のチェックポイントを網羅!面接で印象をUpさせるコツもアドバイスしながら現役キャリアアドバイザーが丁寧に解説!当日ドタバタしないようこれを読んでおけば失敗しないです!

看護師1年目で転職できる?看護師を辞めたい人もOK!

新人看護師は理想と現実のギャップがあり、転職を考えてしまう方も大勢います。「看護師1年目でも転職できるのか?」「不利になってしまうのか?」「避けるべき職場は?」「看護師自体を辞めたいが」という内容を具体的に解説。「看護師から看護師」「看護師から民間企業」への転職方法も転職エージェントを交えご紹介しています。

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!

転職エージェントの登録は複数いる?何社必要なのか。

第二新卒・20代として初めて転職活動をする際に転職エージェントが出てくると思います。「登録は複数すべきなのか?」「適正登録数と内定率の関係性」「失敗しない転職エージェントの選び方」「第二新卒・20代が登録すべき転職エージェント」について裏側やぶっちゃけを交えながら現役キャリアアドバイザーが詳しく解説しています!必ず参考になること間違いなしです!

第二新卒が中小から大手企業へ転職するには?現役プロが実践解説

現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!

第二新卒が未経験でエンジニアに転職する2つの方法

第二新卒の未経験でのエンジニアとしての需要があるのか?未経験からどうやってエンジニアに転職すれば良いのか?転職方法の選択肢は2つ用意されています!「エンジニアを目指しつつもエンジニア以外も検討し転職活動をしたい方」「真っ直ぐエンジニアとして転職したい方」それぞれ「あなた」に適した選択肢があり、その両方を具体的に現役プロが解説しています。転職エージェント2選、さらにプログラミングスクール4選と参考書にしてみてください!

第二新卒が未経験でプログラマーに転職する2つの方法

プログラマー、あるいはプログラマー以外も転職で検討している第二新卒のために、それぞれの転職方法を具体的に解説!プログラマーのメリット・デメリットに加え、プログラマーとしての働き方、さらにプログラマーの需要や将来性も解説!転職方法の違いで選択肢が異なり、転職エージェント、そしてプログラミングスクールを紹介し「あなた」に適したパターンを徹底アドバイスしています!

第二新卒は積極採用で大手を狙う方法!

第二新卒として転職を考えており、大企業も検討しているという方のためにプロが解説。大企業への転職は難しいのか?ましてや短期離職では無理なのか?なぜ企業は第二新卒を積極採用しているのか?第二新卒として大企業への転職に関わらず、中小企業への転職をする際に必ず注意しておかなければならない点も企業やエージェントの裏側も交えながら他サイトでは書かれていないぶっちゃけも紹介しています。

既卒向けエージェントおすすめ5選!未経験・職歴なしでもOK!

既卒向けに特化型エージェントを年代別にご紹介!20代であれば必ず登録しておきたい2社。30代以上なら登録必須の1社を特徴やイチ押しポイントを交えながら解説!さらに実際に現役プロとして既卒をサポートしている実践をアドバイスとして裏側も交え徹底解説しています。どこよりも詳しく、どこよりもおすすめするエージェントになりますので、ぜひ参考にしてみてください!

20代キャリアアップの転職サイトおすすめ2選

2社でOK!20代・第二新卒でキャリアアップ転職を考えている方向けに登録をおすすめする転職サイトをご紹介しています。直近年収500万以上で600万以上の求人を検討しており、今より年収を上げたい方は求人をチェックする上では欠かせない転職サイトになります。また何社も登録すべきか迷われている方のためにプロが転職エージェントと合わせて適正登録数もご紹介。