看護師1年目で転職できる?看護師を辞めたい人もOK!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

「せっかく憧れの看護師になれたのに」

「想像していた以上に大変で人間関係も苦痛で」

と悩みを抱えている新人看護師さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな疑問を解決

①看護師1年目の給与ってどのくらい?

②看護師1年目で転職できるの?

③看護師1年目で転職は不利?

④看護師1年目で転職する方法は?

看護師から看護師へ転職*

⑤看護師はもう嫌だ!という方へ

看護師から民間企業へ転職*

*ページ内ジャンプ

看護師1年目で転職を考えた方が悩みそうな点を順に解説していきます。

①看護師1年目の給与ってどのくらい?

ぶっちゃけ看護師1年目ではどのくらいもらっているのか。

以下の図をご覧ください。

平均基本給与額平均税込給与総額※
高卒+3年過程198,777円262,013円
大卒205,859円269,788円

※平均税込給与総額=通勤手当、家族手当、住宅手当、夜勤手当(8回で計算)、当直手当を含んだ額

※引用元:日本看護協会

年収に換算すると平均年収は350万円~400万円程度と言われています。(地域や病院によっても変化します)

確かに看護師は初任給こそ高いものの、昇給カーブは緩やかで昇給しにくいという現実もあり、実際に退職した人、辞めたいと思っている人ともに退職・転職理由として挙げやすい項目です。

<実際の平均年収>

実際、看護師の平均年収は労働者全体の平均に比べ高い傾向にあり、20~24歳が400万円前後で、40歳を過ぎたあたりからは500万円を超えます。

しかし!!

人手不足による激務やサービス残業もあり、仕事量の割には給料が安いと感じている人が多いというのが現実です。

よく私が相談を受けていて看護師さんが悩んでいるのが

仕事自体は好きだけど、勤務時間や労働環境への不満がある

ということです。

せっかく資格をとって憧れの看護師になれたのに。

そう思い悩んでしまうのも当然の事かもしれません。

②看護師1年目で転職できるの?

結論から言いますと。

1年目でも転職はできます。

3年くらい働いた方が良いんじゃないの??

と思われるかと思いますが、そんなことはありません。

その理由は大きく2つあります。

1年目で転職できる理由①資格

非常にシンプルですが「資格」を持っているからです。有資格者というのは需要が高いんです。

1年目で転職できる理由②人材不足

確かに少し前の時代には「3年は働いた方が良い」と思われていたのも事実ですが、現代と以前(ここ20~30年)ではそもそも人口の推移自体異なります。

現代は超少子高齢化社会に突入しており、さらに働かない若者やニートというカテゴリが増え、全国的に深刻な人材不足に陥っています。

その中で、看護師というのは「激務」や「夜勤」「仕事量の割に給与が低い」という現実や印象から多少敬遠されがちで慢性的に不足が加速しているんです。

そのため、病院などは看護師自体を求めており「1年目の転職」であろうと人材を求めているという背景があるんです。

以上の様な理由からも看護師1年目で転職することはできます。

そこで気になるのが。

1年目で転職することは不利になってしまうのか?

という点だと思います。

次を読み進めてください。

③看護師1年目で転職は不利?

求人によっては「臨床経験(現場経験)3年以上」の方しか応募できないなど条件が付いているケースもあります。

結論から言ってしまうと。

不利というよりは転職先に困ることはないですが、選択肢が減ったり、難易度が少し上がる可能性があります。

その理由は主に3つ挙げられます。

<難易度が高くなる理由>

(1)1年で辞めた事への不信感を持たれる

(2)年度の途中で受け入れが難しい

(3)スキル重視で見られる

具体的に詳しく見ていきましょう!

(1)1年で辞めた事への不信感を持たれる

今の時代は転職自体が当たり前なので、気にする方は少ないかもしれません。

ですが、社会に出れば様々な年代の人たちがいます。

言葉は悪いですが、当然昔の考えで「3年勤めるのが当たり前」という考えの方もいるわけです。

しかもそういう人が面接をしていたりするんですよね。

面接などではほぼ必ず理由を聞かれますし「うちで採用してもまたすぐに辞めそう」などと考えられてしまうケースもあります。

年配者に対しては1年目で辞めることはマイナスの評価を与えやすいです。

とは言え。

転職に対する考え方は変化してきています。

「3年は勤めろ」って言葉はもはや死語になりつつあります。だからこそこの言葉を鵜呑みにしていると出遅れてしまう可能性があるんですよ。

転職が盛んになったおかげで、最近では転職がしやすい環境が整っています。それはつまり、転職活動者も増加している!という事なんですよ。

(2)年度の途中で受け入れが難しい

1年目の看護師さんは、少し実務経験があったとしても、転職をした場合には結局1から教育が必要なケースがほとんどです。

そんな中で、普通の新人のように4月から入るわけではなく、年度の途中では現場が教育などを受け入れる準備ができていない状態となっている場合がほとんどで、なかなか受け入れてくれないという可能性もあります。

受け入れ態勢が万全ではない。

ということです。

また転職が出来たとしても現場が忙しい状況では「あなた」に対する教育なども行き届かず苦労してしまう場合も考えられます。

おすすめとしては次の4月あるいは9月に合わせて転職し、新人と同時に働き始めたほうが「あなた」の気も楽かもしれません。

(3)スキル重視で見られる

一般的な病院での看護師であれば、それなりに人数がいるため1年目の転職でスキル重視で見られるケースは少ないです。

しかし!!

美容クリニックなど、少人数で仕事をしているところは新人を育てる余裕がなかったり、経験豊富な方しか採用しないケースがあります。

また、訪問看護など看護師として個人個人に高いスキルと経験が必須な仕事への転職も難しいと考えておきましょう。

④1年目の転職で避けるべき職場

1年目で転職出来たとしても「あなた」が結局苦労してしまい、また転職を考えてしまっては元も子もありませんよね。

そこで、1年目の看護師でなるべく避けるべき職場を以下にご紹介しておきます。

1年目でおすすめしない職場

<リハビリテーション病棟>

看護技術が身につきにくく、将来的に転職するときに苦労する。


<介護施設・訪問介護>

1人で状況判断しなければならない状況が多く、スキル・経験不足である1年目では苦労とストレスが溜まりやすい。


<クリニック(美容等>

看護師の人数が少ないため、即戦力を求められるため高いスキルを必要とし、また先輩看護師に指導してもらえないケースも多い。

⑤看護師1年目で転職するには?

「看護師から看護師」へ転職するにしても「看護師から民間企業」へ転職するにしても、結論から言ってしまうと。

「転職エージェント」への登録・活用

が必要となります。

転職活動をするに当たって転職エージェントを使わずに転職するのは限りなく難しい事です。

<なぜ一人では難しい??>

「スケジュール管理」「企業への応募」「企業調査」「書類作成」「面接対策」「入社後の交渉」と全て一人でやらなければなりません。在職中だとすると時間も限られてきますので、相当厳しいと思います。

それが!!

<転職エージェントだと??>

全て無料でサポートしてくれます。特に「書類作成の添削」や「面接対策」「入社後の交渉」は転職活動者にとって非常にありがたい部分です。

転職エージェントは使わない方がいい!と書かれているサイトを見ることがありますが、現役キャリアアドバイザーから言わせてもらうと、

逆に使わない理由がない!です。

そして、あなたが転職を決めた場合は、あなたの悩みを解消するような転職先を教えてくれ全力でサポートしてくれます。

転職に悩んだ時の相談相手としては最もおすすめです。

そして大切なのが!!

「あなた」に合った転職エージェントを選ぶことが最重要となってきます。

とは言え、看護師1年目の転職でどの転職エージェントが良いかなんて言うのはわからないと思います。

そこで、以下に厳選した看護師向け転職エージェントをご紹介していきます。

⑥看護師1年目で転職相談すべきエージェント3選

「看護師から看護師」への転職を検討するのであれば、やはり「看護師特化型の転職エージェント」に登録すべきです。

その中でも私が厳選した看護師向け転職エージェントを以下に特徴等を交えご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

1位:ジョブデポ


公式サイト⇒【ジョブデポ看護師】

当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆登録たったの60秒

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆圧倒的な求人数:8万件以上

◆国内No1の還元率:最大40万のお祝い金

→転職成功時にもらえます!

◆厚生労働省認可で安心

◆希望条件を専任へ伝えるだけでOK

他の転職エージェントにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、 他社が広告費に充てる部分を「お祝い金」として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。

利用者数も約2万人以上おり、実績・信頼度ともに非常に高い看護師向けの転職エージェントです。

まず登録しておいて間違いない転職エージェントになりますので、自身を持っておすすめできます。

2位:ナース人材バンク


公式サイト⇒ナース人材バンク

*当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆登録たったの60秒

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆専任が各地域ごとにいる

◆東証一部上場の安心企業が運営

◆年間利用者:10万人以上

年間利用者数が10万人以上と国内最大手の「看護師向け転職エージェント」になります。

全国に展開しており、専任の担当者が各地域ごとにいるので安心して転職活動を実施する事ができます。

ただ、お祝い金制度はないためトータルで見た際には【ジョブデポ看護師】に軍配が上がるといった感じです。

とは言え、転職エージェントはそれぞれ保有している求人が異なるので、ナース人材バンクも同時に登録する事をおすすめしています。

3位:ナースジョブ


公式サイト⇒ナースジョブ

*当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆利用満足度96.8%

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆看護師・准看護師・保健師・助産師と幅広い

◆非公開求人多数

コンサルタントが採用担当者(企業側)と普段から頻繁にコンタクトを取っている為、質と鮮度の高い非公開求人を案内・紹介してくれます。

そのため、利用満足度96,8%の実績を持ち、地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディーに転職をサポートしてくれます!

⑦看護師を辞めたい人が転職するには

もう「看護師は嫌だ」「一般企業を考えたい」という方は思い切って方向転換しても良いと思います。

結局のところ、看護師の人材不足は深刻ですが、日本全体で見てもそもそも人材が不足しており就職・転職市場は今非常に盛んです。

「看護師から民間企業への転職」自体、とても簡単に出来てしまうのが今の世の中です。

看護師の肩書を捨てる必要はありません。資格ですから。

せっかく取得した資格なのにもったいないかなぁ

日本人のもったいない精神が出てしまうかもしれませんが(笑)

例えば「医療系の企業に転職する」という選択肢だってあり、看護師だけにとらわれるのではなく広く転職と考えれば自ずと道が開けてきます。

看護師になってみたけど自分には合わなかった

というのは一つの答えです。

「実際働いてみないとわからない」ということは「仕事」をする上ではつきものです。

何年もかけ「看護師資格」を取得したと思うので、もちろんしっかりと自分の中で「どうするか」は決めなければなりませんが、「働き方を変えたい」という方は一度民間企業への転職というのも検討してみても良いかもしれません。

関連記事

「あなた」の年齢によって登録すべき転職エージェントは異なります。「あなた」に当てはまるケースから選んでみてください。

特徴やポイントを詳しく解説していますので、参考にしてみてください!

【20代】おすすめ転職エージェント12選

【30代】おすすめ転職エージェント5選

⑧看護師1年目で転職できる?まとめ

当ページのまとめをしておきます。

<看護師1年目で転職できる?>

転職は問題なく可能。

看護師は有資格者であり、なおかつ慢性的な人材不足が背景にあるから。

<1年目の転職は不利になる?>

不利というよりは難易度が高くなる場合がある。

(1)1年で辞めた事への不信感を持たれる

(2)年度の途中で受け入れが難しい

(3)スキル重視で見られる

<1年目の転職でおすすめできない職場>

◆リハビリテーション病棟

◆介護施設・訪問介護

◆クリニック

<看護師から看護師へ転職なら>

1位:【ジョブデポ看護師】

2位:ナース人材バンク

3位:ナースジョブ

迷ったら上位2つを登録しておけば間違いない!

<看護師から民間企業へ転職するなら>

年齢を考えて「あなた」に合う転職エージェントに登録する必要がある。

【20代】おすすめ転職エージェント12選

【30代】おすすめ転職エージェント5選

上記で紹介している転職エージェントは厳選しているので、必ず「あなた」に合う転職エージェントが見つかります。

いかがでしたでしょうか。

看護師1年目で転職を考えてしまう新人看護師さんは非常に多くいらっしゃいます。

というのも想像していた華やかなイメージとのギャップが大きいからなんです。

当ページでご紹介させて頂いた転職エージェントも踏まえながら「あなた」が後悔しない選択をして頂ければと思います。

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
周りの看護師はどんな退職理由で辞めたのか。実際の声を本音と建前でランキング。さらに、転職をすべきなのか。転職するなら「看護師→看護師」あるいは「看護師→一般企業」どちらに進むべきなのか。現状打破を考えている看護師が転職するならどうすれば良いか。転職エージェントも交えながら現役アドバイザーが解説しています。
出産や育児など将来のことを考えると、どういう目線で企業選びをすればいいのか? ワークライフバランスの視点から、企業選びとその判断方法、さらに既婚率や産休・育休の取得率の指標も交え解説しています。企業選びと同時に働き方についても考えなければなりません。まだ検討中の方向けに年代別でオススメの転職エージェントもご紹介しています!
結婚後の働き方のお悩み多し!正社員、パート、アルバイトとその他の雇用形態別にメリットを解説!「共働き」が主流の現代で、どんな働き方が最も安定するのか?正社員になるための確実な方法と合わせてご紹介!また意外と知らないパートやアルバイトでも「産休・育休」は取得可能という事実についても解説しています!
【男女必見】結婚前と後、転職する時期はどっちが良いのか。結婚するつもりだが、転職もする予定。世帯年収の算出方法から年金・社保・住民税まで詳しく解説!大切な人生のイベントを上手くクリアしたい!そんな方に、結婚を前提にした転職の進め方・スケジュール・事前に把握しておかなければならない5つのポイントをすべてご紹介!式場探しや結婚式についてもご紹介しています。
【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!