第二新卒の短期離職は転職が厳しい?

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

「第二新卒として転職活動を考えている」あるいは短期離職してしまったけど再就職大丈夫?」と共通している不安は第二新卒で短期離職すると転職は厳しくなるのかどうか」という点だと思います。

これから第二新卒として転職活動をされる方短期離職してしまって不安な方が第二新卒として転職活動に失敗しないようアドバイスを含め解説していきます。

最後には転職を成功させるための第二新卒特化型の転職エージェントをプロの私が厳選しご紹介しますので、ぜひ活用してみてください!

第二新卒の転職は難しい!?

トライアスロンの水泳は難しい

第二新卒の転職というのは実は現在非常に盛んです。みなさんの周りにも。

  • 大企業からの転職を考えている
  • ブラック企業から抜け出したい
  • ホワイト企業へ転職したい
  • 職種を変えたい
  • 会社とのミスマッチがある

などなど。

たくさんいらっしゃいませんか?

少し前までは、入社した企業にその全てを捧げるといった愛社精神が評価されていたのも事実ですし、美化されていました。

でもね、今の時代は違うんです。

個人のスキルが上昇した社会では、企業はそのスキルを求め転職活動者に期待しています。

少子高齢化が急速に進んでいる日本では、スキルある人材の確保こそ、企業の発展に繋がると考えているんです。

その中でも。

第二新卒の採用に力を入れているのをご存知の方は少ないように見受けられます。

結論から言ってしまうと。

実際に企業は第二新卒を求めており、第二新卒としての転職は難しくありません。

ですが!!

第二新卒自身が転職を難しくしてしまう事は多々あるんです。

<つまり>

企業は第二新卒を求めている!

しかし!!

第二新卒自身が転職活動を間違えているために企業と上手くマッチングできていない!

というのが現状なんです。

よく他のサイトでは「第二新卒は転職が難しい・厳しい」とだけ書かれています。おそらく第二新卒の転職事情を把握していないのでしょう。

実際に私は企業からも、第二新卒として転職活動をしている方のどちらからも話を聞いており、第二新卒の転職事情を把握しているのでリアルです。

さて。

第二新卒として転職することが難しくない。ということはわかったけど、短期離職となるとまた話は別なのでは??

と思う方もいると思います。

以下を読み進めてみてください。

関連記事

第二新卒の短期離職は転職できる?

新たな仕事を指し示す看板

転職というのは新たな仕事への挑戦でもあります。短期離職をしてしまうと、選考で不利になるのではないか。と当然不安になると思います。

1年未満で辞めると不利?再就職するたった一つの方法

しかし!!

第二新卒の内定率は実は転職活動さえ間違えていなければ非常に高いんです!

みなさん自身のスキルを過小評価されていませんか。

あなた
文系を出て、特に技術もないしなぁ
あなた
理系を出たものの、役立つ専門性かなぁ

など。

それはあくまで個人的主観ということを認識してください。

企業はこう考えています。

第二新卒ということは。

まず第一に、就職を一度している!

つまり!!

最初に入社した会社で何百人、何千人という中で勝ち抜いてきた人材。

その時点で評価されているんですよ。

企業は人を雇うのに何百万というお金をかけます。でも第二新卒という時点で、第二新卒を採用する企業からすると、そこの負担を省くことになるんですよ。

いわば、すでに良い人材を抱えている・面接しているということになるんです。

だからこそ、第二新卒は今非常に注目されています。しかも短期離職OK!!

短期離職でも企業が受け入れるのにはいくつか理由があります。

<短期離職OKな理由>

  • 入社後間もないため染まっていない
  • 一通りのマナーを1社目で受けている
  • 中途よりも採用コストが安い
  • 若手で「新たな風」としての期待

ということが主に挙げられます。

結論を言ってしまうと。

「新卒入社して3ヶ月で退職してしまった」「転職を繰り返してしまい短期離職してしまった」としても転職はできる!

ということです。

アドバイス

むしろ、現役キャリアアドバイザーからアドバイスさせて頂くと、第二新卒として転職を考えているならば早めに転職活動を開始するに越したことはありません

と言うのも、これからご紹介する第二新卒特化型の転職エージェントもそうですが20代の内にしか活用できないという制限もあります。

ここまできて、みなさんに理解して頂きたいのは2つだけです。

  1. 第二新卒としての転職は難しくない
  2. 短期離職(1年未満)でも転職はできる

では。

転職活動で失敗しないためにはどうすれば良いのか?

というのは失敗してしまう原因がわかればそれを回避すれば良いんです。

以下を読み進めてみてください。

関連記事

短期離職で転職を失敗する理由

キャリアアドバイザーとして相談やサポートをしていると。

なぜ大手総合型転職エージェントを使っているのに転職できないのか??

こんな質問を良く受けます。

<第二新卒が転職に失敗するケース>

新卒同様に「リクルート」や「マイナビ」など、いわゆる総合型転職サイト・エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、そのままニートになってしまった。という方を私は見てきました。

なぜ第二新卒が失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(リクルートやマイナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「希望の人材」がいるのですが、それが第二新卒とは限りません

上述でも書いた通り、確かに第二新卒を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。です。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から第二新卒に特化している転職エージェントをご紹介・おすすめしています。

第二新卒特化型であれば、ライバル数も激減し、なおかつエージェント側の思惑も関係なくなるんです!!

もし今まさにこの記事を読んで、「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下におすすめする第二新卒特化型の転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

関連記事

短期離職に強い!おすすめ転職エージェント3選

ここまでで。

  1. 第二新卒としての転職は難しくない
  2. 短期離職(1年未満)でも転職はできる
  3. 転職で失敗しないためには第二新卒特化型の転職エージェントに登録する必要がある

ということをお分かり頂けたかと思います。

第二新卒として転職をするのであれば、第二新卒特化型の転職エージェントを使わない手はありません。

だって「第二新卒特化型」なんですから。

以下にご紹介する転職エージェントは本当におすすめですので、大手総合型転職エージェント(リクルートやマイナビ等)に登録しようとしていた方は一度検討しなおしてみてください!

1位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料。また当サイト限定で、Amazonギフト券(2,000円分)がもらえます。本人確認の電話が来たら「uz20」とキャンペーンコードをお伝え頂ければ3週間以内にゲットできますので、お得です!


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方


<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えた充実の転職エージェントです!

ブラック企業排除の徹底が最大の魅力!

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

「とにかくブラック企業はもう嫌だ!」という方は登録しておいて間違いない転職エージェントの一つです!

2位:『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒DYM就職

*当サイトからは登録無料です。


<脅威のDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

ターゲットユーザーが「20代・第二新卒」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

DYM就職についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

DYM就職の口コミ・評判|なぜ選ばれる?

DYMとマイナビエージェント比較!

DYMとリクルートエージェント比較!

3位:『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒、キャリアアップ。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職、未経験職種OKブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

キャリアカウンセリングがまたミソで過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

第二新卒エージェントneoの口コミ・評判

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

アドバイス

『DYM就職』『ウズキャリ』と提携企業も異なるため同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!


公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒『DYM就職』書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

他の第二新卒特化型の転職エージェントも見てみたいという方は以下のページでご紹介していますので、参考にしてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

関連記事

第二新卒の短期離職まとめ

第二新卒の転職は難しいわけではありません。難しくしているのは第二新卒自身なんです。短期離職していようと転職にはなんの問題もありません。

今の転職市場はみなさんを待ち望んでいます。さらに第二新卒に対して企業が力を入れていることもあり、完全に追い風となっており、中途などに比べると圧倒的に第二新卒の内定率が高いんです!

<短期離職に強い転職エージェント>

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒『DYM就職』書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

求人が異なるので、出来れば上記3社を同時登録がおすすめ

<とにかく迷ったら>

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒『DYM就職』書類選考なし

に登録をしておけば間違いなしです。

登録後は面談があり、面談に行かなければ求人紹介されませんので、本気で再就職・転職を考えているならばおすすめです!!

新卒時にお世話になった「リクルート」や「マイナビ」も悪いとは言いませんが、総合型転職エージェントゆえに、求人数の多さに魅力はありますが、第二新卒に完全に特化しているわけではありません。

第二新卒特化型転職エージェントは20代でしか活用できない転職エージェントです。圧倒的に内定率も変わってくるので悩んでいる方、転職したい第二新卒の方はぜひ登録をおすすめします!


<合わせて読まれている記事>

アルバイトをしていたら第二新卒ではなくなるの?など見分けがつきにくい条件を丁寧に解説。さらに第二新卒の採用の実態・裏側を説明し、「あなた」の状況に合わせた転職方法をご紹介!新卒と異なりエージェントを活用できる第二新卒ですが、選び方を間違えると後戻りできなくなります。現役アドバイザーが裏側を全て暴露していますので、必ずタメになります!
新卒で会社を辞めたいなら辞めてもOK。その前に一度本当に辞めるべきか確認してみてください。その上で転職をする・しないに関わらず転職エージェントに相談してみてください!実際に当時私が活用しキャリアアドバイザーとなった転職エージェントですので自信を持ってご紹介できます。プロとなってからも改めて相談して良かったと思える転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください!
なぜハローワークで転職が難しいのか?初めての転職の場合には特に難しいです。そもそもハローワークは国の運営であり、公務員です。プロではないため、「あなた」が転職に成功しようが失敗しようが知ったこっちゃないんです。その理由も合わせて、どうすれば第二新卒は転職すればいいのか。具体的に解説しています!
【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
残業が多すぎる、休日出勤なんて聞いてない!と不満があり、退職・転職を考える新卒は非常に多いです。「一般的な残業時間」そして「サービス残業になっていないか」「辞める前に取るべき行動」「ミスマッチがない成功する転職方法」を現役キャリアアドバイザーがどこよりも詳しく解説しています!退職理由別に例文を解説しているページも合わせて紹介しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする