第二新卒エージェントneoの評判・口コミ!おすすめする理由

第二新卒エージェントneoの評判・口コミ!おすすめする理由

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

最近では第二新卒・20代の転職活動者が急速に増えてきているのをご存知でしょうか。というのも以前までは「3年は勤めろ」と言われていたのに対して、今の時代は「決断は早く、新たなフィールドを目指すべき」という考え方にシフトしてきたからと言えます。

さらに以前までは転職エージェントの数というのは大手総合型転職エージェントに代表されるような「リクルートエージェント」「doda」等がメインだったのに対して、最近では第二新卒・20代特化型の転職エージェントが台頭してきました。

それだけ採用企業側が第二新卒・20代という若手人員を求めているということの裏返しでもあります。

第二新卒・20代で転職成功者を輩出している【第二新卒エージェントneo】をおすすめする理由を交えながら現役キャリアアドバイザーが解説していきます!

▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】をチェック!

第二新卒エージェントneoの特徴

【対象者】

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職サポート。

<おすすめポイント>

◆登録完了まで約30秒

◆経歴・学歴不問

◆短期離職、未経験職種OK

◆正社員求人100%

◆ブラック企業排除

◆スタッフ全員第二新卒

◆丁寧なキャリアカウンセリング

◆入社後サポート(入社前研修等)

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約30秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

書類選考対策(書類添削)

面接対策

面接

内定後アフターフォロー付き

では具体的に解説していきたいと思います!!

第二新卒エージェントneoおすすめ①経歴・学歴不問

よく転職を検討される方の中には「経歴」「学歴」を気にしてなかなか一歩を踏み出せないという第二新卒・20代の方が非常に多いです。

『第二新卒エージェントneo』であればその心配は必要ありません!

たとえ「学歴」に自信がなかったとしても問題なく求人を紹介してくれる上に、第二新卒・20代では「経歴」も誇れるものがあまりないと思います。

その点も度外視して転職支援をしてくれるので非常に心強く、転職の一歩を踏み出しやすい転職エージェントと言えます!

第二新卒エージェントneoおすすめ②短期離職・未経験OK

第二新卒という時点で、基本的には「3年以内に離職している」ということになります。

短期で辞めても転職はできますか?

私もよく相談されるのですが、以前は少し白い目で見られていましたが冒頭でも書いた通り、今の時代は短期離職でも全然問題ありません!

少子高齢化に伴い採用企業側は「若手の人材確保」が命題になっているんです。

『第二新卒エージェントneo』はそうした第二新卒・20代の転職をターゲットにしています。

逆を言えば『第二新卒エージェントneo』に求人を依頼している約10,000社の企業が第二新卒・20代である「あなた」を求めているとも言えます。

短期離職をされていて、新たな業界へフィールドを変えたいという方には『第二新卒エージェンneo』は非常におすすめできる転職エージェントです!

▷短期離職・未経験OK!【第二新卒エージェントneo】

<合わせて読まれている記事>

第二新卒は何歳まで?年齢制限は?院卒・浪人・留年別に解説!

1年未満で辞めると不利?再就職するたった一つの方法

第二新卒エージェントneoおすすめ③ブラック企業排除

以前は、あるいは今もかもしれませんがブラック企業で働いていると感じているのであれば、それはブラック企業である可能性が高いです。

私が最も『第二新卒エージェントneo』でおすすめしたいポイントが「ブラック企業排除」です。

なぜブラック企業排除ができているのか??

<ブラック企業排除活動>

◆企業訪問(社員の勤務状況・職場環境をチェック)

◆教育体制・離職率・福利厚生・社会保険などのチェック

第二新卒エージェントneoおすすめ③ブラック企業排除

これらの活動を実施することによって、ブラック企業かどうかということをプロ集団が判断し、それによって振り分けられた優良企業のみを扱っており、みなさんに優良企業求人として紹介しているんです。

さらに言わずもがなですが、正社員求人100%なのでその点も安心材料の一つです。

そのため素人では見極めが難しいブラック企業の判断というのを予め回避することができるんです。

「次はブラック企業は勘弁」という第二新卒・20代にとっては非常にメリットになる点なので最もおすすめしている点です!

▷ブラック企業排除!【第二新卒エージェントneo】

<合わせて読まれている記事>

転職前にブラック企業を診断!ホワイト企業へ転職する方法

ホワイト企業の見分け方と特徴13選

ホワイト企業の見つけ方6選!探し方一つで転職は成功する!

第二新卒エージェントneoおすすめ④キャリアカウンセリング

第二新卒エージェントneoおすすめ④キャリアカウンセリング

『第二新卒エージェントneo』に登録後は面談へと進んでいきます。

この面談がまたミソなんです!内容がとても充実しており非常に丁寧と評判なんです。

<面談内容>

初回面談は最大2時間。

「あなた」の過去、現在、未来を伺い、一緒にキャリアプランを立ててくれます。

また、過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動からその方の性格や考え方をヒアリングし、 そこを踏まえた求人の紹介をしてくれるんです。

若い世代、特に第二新卒というのは社会人になってから日も浅く、将来の事(キャリア形成)と言われてもピンとこない方が多いと思います。

そんな時にプロのアドバイスとなおかつ『第二新卒エージェントneo』はスタッフ全員が元第二新卒なので気持ちも理解してくれるんです。

転職活動を実際にするべきなのかどうかという点も相談に乗ってくれるのでまずは一度相談してみることをおすすめします!

第二新卒エージェントneoおすすめ⑤入社後サポート

第二新卒エージェントneoおすすめ⑤入社後サポート

『第二新卒エージェントneo』で転職をし内定を獲得後には内定後のサポートも徹底されています。

こうしたアフターフォローの徹底によって厳選してきた提携企業だからこそブラック企業排除も徹底できているんです!

特に第二新卒の場合には「社会人マナー」「ビジネスマナー」というのに多少の不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

「あなた」が必要と感じたならばぜひエージェントにお伝えください!入社前研修も行っているため、そうした不安材料を解決してくれますよ!

他者から見た第二新卒エージェントneo

実際に私がいくつもの転職エージェントから聞いたリアルをご紹介します。

<マイナビエージェント>

マイナビジョブ20‘sという第二新卒特化型の支援サイトを運営しているが『第二新卒エージェントneo』のキャリアカウンセリング術は評価している。

<リクルートエージェント>

求人数が多いため『第二新卒エージェントneo』のようにブラック企業排除活動というのはそこまでできていない。

転職活動者へのそうしたパフォーマンスは劣ると感じている。

<doda>

第二新卒・20代に特化しているという点では既に劣っているが、幅広い業界、求人数の扱いは勝っていると自負している。

『第二新卒エージェントneo』の入社後のアフターフォローなど第二新卒・20代へのサポートは手厚いと感じている。

<パソナキャリア>

女性の転職と言えば『パソナキャリア』と言われるほどブランドがあるが、第二新卒・20代に関して言えば、特化出来ていないため劣っている。

またブラック企業の排除活動というのは取り入れていきたいと感じるほど魅力のあるサポートであると感じる。

大手総合型転職エージェントから見た『第二新卒エージェントneo』というのは第二新卒・20代の転職市場において一目置きつつも脅威的に感じているというのが評判です。

一般的に転職活動をする際には転職エージェントを2~3社程度で進めると転職成功率が上がると言われています。

そのため、第二新卒・20代の転職活動者もとりあえず大手総合型転職エージェントに登録をし転職活動を進めているという現状もあります。

そんな中で、大手総合型転職エージェントが口を揃えて言うのが、第二新卒・20代において言えば「第二新卒エージェントneoで内定が決まった」というケースが多く、言葉は悪いですが売上を逃している部分が大きいと聞きます。

それだけ『第二新卒エージェントneo』が第二新卒・20代の転職に関して実績があるという裏付けにもなります。

ちなみに。

何社も登録すべきなんですか??

という質問を良く受けます。

実際は1社でも十分です。以下にまとめます。

<3社以上は必要ない>

本来は1社で十分ですが、余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOKです!!

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

第二新卒・20代の転職活動のために、『第二新卒エージェントneo』以外におすすめできる転職エージェントをご紹介していますので、参考にしてみてください。

第二新卒おすすめ転職エージェント12選!ランキングでわかる!

第二新卒エージェントneo評判・口コミまとめ

いかがでしたでしょうか。

第二新卒エージェントneoについて理解は深まったでしょうか。

大手総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

そのため同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。確かに第二新卒を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。なんです。

つまり中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうすると転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から第二新卒に特化している転職エージェントである【第二新卒エージェントneo】をご紹介・おすすめしています。

【第二新卒エージェントneo】についてご理解頂けたかと思いますが、求人を出している企業は「そもそも第二新卒取りますよ!」と言っているんです。そのため、総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)に登録するくらいなら【第二新卒エージェントneo】に登録する方が圧倒的に有利です。

もし今まさにこの記事を読んで「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方はぜひ一度【第二新卒エージェントneo】で転職活動をスタートしてみてください!

<合わせて読まれている記事>

DYM就職の評判・口コミ!第二新卒におすすめする理由

DYM就職とリクルートエージェントの違いを比較!使うべきは?

DYM就職とマイナビエージェントの違いを比較!使うべきは?

ウズキャリの評判と口コミまとめ!第二新卒・既卒のリアルな声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする