看護師が向いてない人の特徴9選!転職や退職でお悩みの方へ

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

看護師に向いてないと思うんです。
続けるべきでしょうか。

看護師という職業は、一般の民間企業に比べて少し特殊な世界ですよね。

その分、なかなか相談する相手もいなかったり。悩みの多い職業です。

こんな疑問を解決

①看護師に向いてない人の特徴は?

②看護師に向いてない人は転職すべきか?

→3つの選択肢から見極めよう!

③看護師自体を続けるべきか?退職?

主に上記3点について解説していきたいと思います。

看護師に向いてない人の特徴9選

向いてない人の特徴は主に9つあります。

①血が苦手な人

②自己管理能力が低い人

③責任感のない人

④人間に興味がない人

⑤非協力的な人

⑥思いやりのない人

⑦積極性がない人

⑧学ぶ意欲がない人

⑨潔癖症な人

少し具体的に解説します。

向いてない特徴①血が苦手な人

普段血に慣れていない男性の看護師さんに多い傾向があるのですが、採血が行えないという人も中にはいます。

点滴のルート確保時や傷の処置、あるいは救急で運ばれてきた重傷者の処置においても、看護師という職業上、血を見る機会が多いです。

血が苦手な方にとっては向いてない特徴の一つです。

向いてない特徴②自己管理能力が低い人

看護師というのは「患者さんの状態を管理する人」とも言えますよね。

管理する側の人間がそもそも自分の管理が出来ていなければ看護師としては向いてないです。

例えば。

約束が守れない。

体調管理が苦手。

遅刻癖がある。

看護師は患者さんと最も近い距離にいます。風邪をうつさないように細心の注意を払うことはもちろんの事、その他自分を自制できる人でなければ続かないとも言えるんです。

向いてない特徴③責任感のない人

看護師の仕事はそれだけ「やりがい」を感じる人も多いですが、それには責任が伴ってきます。

患者さんに対して発した発言や行為は極論「あなた」の責任になります。

もちろん新人は先輩看護師に付いて教えてもらうことから始まりますが、それでも患者さんから見れば皆同じ「看護師」です。

新人であろうと、ベテランであろうと看護師は常に責任も共に背負って仕事をすることになります。

命に関わる事例が出てくることもあります。

責任感のない人は看護師には向いてないと言えます。

向いてない特徴④人間に興味がない

看護師の仕事は言わずもがな「人 対 人」となります。

人間に興味がない。というのは圧倒的に看護師に向いてないと言えます。

例えば。

居酒屋の様なサービス業であれば「その場限り」で切り抜けることができますが、看護師の場合には、担当した患者さんと「長期的」にお付き合いすることになるケースが多いです。

時には相談されることもあり、親身な対応が求められます。

人間に興味がない人というのは患者さんに対して上の空であったり、時には医療ミスの引き金となる可能性もあり、向いてないと言えます。

向いてない特徴⑤非協力な人

看護の仕事だけではなく、病院の仕事はスタッフ間の協力で成り立っています。

非協力的な場合、万が一自分が困った時に誰も助けてくれなくなる可能性もあります。

そうなると孤立していき、看護師としての仕事がしにくくなる事が考えられるため、結果的に向いてないと言えるんです。

向いてない特徴⑥思いやりのない人

「非協力的な人」と少し被る点もありますが、職場の医療関係者や患者さんに対して思いやりを持って接する事ができない人は看護師に向いてないと言えます。

男女差別の撤廃を背景に「看護婦」から「看護師」と名称が変わりしばらく経ちましたが、まだまだ女性優位(約9割)の職業です。

女性社会の中で女性同士の付き合いを悪くしないように、助け合い、思いやりを持って接する事が求められる職業でもあるんです。

向いてない特徴⑦積極性がない人

看護師の仕事は非常に幅が広く、実際に現場に入らないと覚えられない事もたくさんあります。

新人看護師のうちはもちろんの事、経験を積んでいる中堅・ベテラン看護師さんも積極的に行動し自分の技術や知識を伸ばす姿勢が求められます。

医療機器もどんどん最新技術が取り入れられ、新たな技術や知識を得るためには積極性は非常に重要なんです。

あまり自ら進んで行動する事が苦手な人にとっては苦痛となり、向いてないと言えるかもしれません。

向いてない特徴⑧学ぶ意欲がない人

看護師の仕事は、やはり幅が広いので常に学ぶ意欲が必要になってきます。

先輩看護師が教えてくれる事ももちろんありますが、自ら学ぶ姿勢がなければ成長できない職場とも言えます。

新技術や機器の導入で勉強会などもあるため、学ぶ意欲がない人にとっては苦痛となってしまいます。

向いてない特徴⑨潔癖症な人

潔癖症にとっては非常に苦痛な職場となります。

というのも。

入院病棟に勤めていれば、必ず排泄介助があります。

例えば。

患者さんのおむつを触ったり、替えたり、便がついたお尻を拭いたり、時には患者さんのお尻の穴に指を入れ摘便(てきべん)することもあります。

嘔吐物の処理も日常茶飯事です。

汚いから処理できない、触れないなんて事は言ってられる状況ではないんです。

そのため潔癖症の人にとっても、汚物が苦手な人にとっても向いてないと言えます。

看護師に向いてない人は転職すべきなのか?

冒頭の様に、

看護師に向いてないと思うんです。

そう思われている方も多いと思います。

当然、先輩看護師から

あなた、看護師に向いてないわよ。

なんて言われた経験がある方もいらっしゃると思います。

向いてないなら転職すべきなのか?

ここで分かれ道があります。

3つの選択肢

(1)看護師が好きで続けたい→継続

(2)職場環境を変えたい→転職

(3)看護師自体を辞めたい→退職&民間企業へ転職

「あなた」がどう思うか、どう考えているかも重要ですが主に3つの選択肢があります。

(1)看護師が好きで続けたい!→継続

仮に看護師に向いてないとしても「せっかく国家資格を取って看護師になった」という人もいれば「震災の時に看護師になることを決意した」というエピソードを持っている人もいると思います。

看護師に向いてないと言え、看護師の仕事が好きであれば「向いてない部分」は自分で克服する事もできます。

また看護師のあるあるですが、一度は「向いてないかも」と誰しもが考え、それを乗り越えていく、いわば登竜門みたいなものとも言えます。

いずれにしろ、看護師が好きであれば、もう少し続けてみる!という選択肢を選んでもOKだと思います!

(2)職場環境を変えたい→転職

向いてないと感じるのは、もしかすると職場環境の問題も考えられるんです。

<気付いて欲しい事>

人間関係が苦痛、夜勤が嫌だ、待遇が悪い!など職場環境の問題から「向いてない」と繋げてしまい、向いてないわけではないのに勘違いしてしまう

結果的に看護師自体を辞めてしまった。という方の転職サポートも私は行ってきました。

職場環境を変えるために転職をすることでガラッと世界が変わるケースは非常に多いです。

まずは転職エージェントに相談をしてみてください!

向いている・向いていない以前に「あなた」の希望の職場を紹介してくれます!相談するなら以下の看護師向け転職エージェントをおすすめします!


看護師向けおすすめ転職エージェント3選

1位:ジョブデポ


公式サイト⇒【ジョブデポ看護師】

当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆登録たったの60秒

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆圧倒的な求人数:8万件以上

◆国内No1の還元率:最大40万のお祝い金

→転職成功時にもらえます!

◆厚生労働省認可で安心

◆希望条件を専任へ伝えるだけでOK

他の転職エージェントにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、 他社が広告費に充てる部分を「お祝い金」として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。

利用者数も約2万人以上おり、実績・信頼度ともに非常に高い看護師向けの転職エージェントです。

まず登録しておいて間違いない転職エージェントになりますので、自身を持っておすすめできます。

2位:ナース人材バンク

ナース人材バンク

公式サイト⇒ナース人材バンク

*当サイトから登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆登録たったの60秒

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆専任が各地域ごとにいる

◆東証一部上場の安心企業が運営

◆年間利用者:10万人以上

年間利用者数が10万人以上と国内最大手の「看護師向け転職エージェント」になります。

全国に展開しており、専任の担当者が各地域ごとにいるので安心して転職活動を実施する事ができます。

ただ、お祝い金制度はないためトータルで見た際には【ジョブデポ看護師】に軍配が上がるといった感じです。

とは言え、転職エージェントはそれぞれ保有している求人が異なるのでナース人材バンク同時に登録する事をおすすめしています。

3位:ナースJJ


公式サイト⇒看護師転職サイト『ナースJJ』

*当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

◆登録たったの60秒

◆全国展開しておりどこからでもOK

◆非公開求人多数

最大35万のお祝い金

→転職成功時にもらえます

◆職場の内部情報豊富

【ジョブデポ看護師】同様に転職成功時にお祝い金(転職支援金と呼んでいます)がもらえる制度を準備しています。

年間8.6万人の利用者がおり「職場の内部情報」から見学、面接のセッティング、年収交渉と全てを当然ながら完全無料で行ってくれます。

(3)看護師自体を辞めたい→退職&民間企業へ転職

もう「看護師は嫌だ」「一般企業を考えたい」という方は思い切って方向転換しても良いと思います。

結局のところ、看護師の人材不足は深刻ですが、日本全体で見てもそもそも人材が不足しており就職・転職市場は今非常に盛んです。

「看護師から民間企業への転職」自体、とても簡単に出来てしまうのが今の世の中です。

看護師の肩書を捨てる必要はありません。資格ですから。

せっかく資格を取得したのにもったいないかなぁ

日本人のもったいない精神が出てしまうかもしれませんが(笑)

例えば「医療系の企業に転職する」という選択肢だってあり、看護師だけにとらわれるのではなく広く転職と考えれば自ずと道が開けてきます。

看護師になってみたけど自分には向いてない

というのは一つの答えです。

「実際働いてみないとわからない」ということは「仕事」をする上ではつきものです。

何年もかけ「看護師資格」を取得したと思うので、もちろんしっかりと自分の中で「どうするか」は決めなければなりませんが、「働き方を変えたい」という方は一度民間企業への転職というのも検討してみても良いかもしれません。

関連記事

「あなた」の年齢によって登録すべき転職エージェントは異なります。「あなた」に当てはまるケースから選んでみてください。

特徴やポイントを詳しく解説していますので、参考にしてみてください!

【20代】おすすめ転職エージェント12選

【30代】おすすめ転職エージェント5選

看護師向いてない人のまとめ

いかがでしたでしょうか。

看護師という職業は向き不向きが非常にわかりやすい仕事でもあります。

とにかく迷ったら。

3つの選択肢

(1)看護師が好きで、続けたい→継続

(2)職場環境を変えたい→転職

(3)看護師自体を辞めたい→退職&民間企業へ転職

ここに立ち返ってみてください。

看護師は立派な仕事です。

なるべくは看護師という仕事を続けて頂きたいと思いますが、職場環境を変えることでガラッと変わることもあります!

そんな時は(2)転職をおすすめです!

「あなた」の状況に合わせて考えてみてください!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

【ニート必見】社会復帰したい!今のままではヤバい!ニートの共通認識です。なぜ以前就職・転職に失敗したのか?登録を間違っている方が多いんです。現役のプロが本気で社会復帰を目指しているニート・フリーター向けにニート特化型転職エージェントをご紹介。案外簡単に正社員として社会復帰できますよ!
ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
周りの看護師はどんな退職理由で辞めたのか。実際の声を本音と建前でランキング。さらに、転職をすべきなのか。転職するなら「看護師→看護師」あるいは「看護師→一般企業」どちらに進むべきなのか。現状打破を考えている看護師が転職するならどうすれば良いか。転職エージェントも交えながら現役アドバイザーが解説しています。
新人看護師は理想と現実のギャップがあり、転職を考えてしまう方も大勢います。「看護師1年目でも転職できるのか?」「不利になってしまうのか?」「避けるべき職場は?」「看護師自体を辞めたいが」という内容を具体的に解説。「看護師から看護師」「看護師から民間企業」への転職方法も転職エージェントを交えご紹介しています。
結婚後の働き方のお悩み多し!正社員、パート、アルバイトとその他の雇用形態別にメリットを解説!「共働き」が主流の現代で、どんな働き方が最も安定するのか?正社員になるための確実な方法と合わせてご紹介!また意外と知らないパートやアルバイトでも「産休・育休」は取得可能という事実についても解説しています!
出産や育児など将来のことを考えると、どういう目線で企業選びをすればいいのか? ワークライフバランスの視点から、企業選びとその判断方法、さらに既婚率や産休・育休の取得率の指標も交え解説しています。企業選びと同時に働き方についても考えなければなりません。まだ検討中の方向けに年代別でオススメの転職エージェントもご紹介しています!
年代別に女性のための転職エージェントをプロが5つ厳選しました。女性ならではの悩み(結婚・出産・育児休暇など)や不安を親身に相談にのってくれるエージェントです。20代女性にとっては転職エージェントへの登録自体間違えているケースが多いので、間違えない選び方や転職エージェントそれぞれのメリットを徹底解説しています。