「既卒・職歴なし」が職務経歴書を書かないで就職する方法

MrダービーBoyです。

既卒で職歴がないので、そもそも職務経歴書に書ける内容がありません。

と言った相談は非常に多いです。

「職務経歴書」というハードルがあり、そもそも書類選考に通らなければ面接まで辿り着けないのも事実です。

ですが、書類選考が既にパスされた状態で「はい、早速面接です!」という状況になれるとしたら魅力的ではありませんか。

意外と皆さん知らないだけで、案外既卒の就職活動は楽だということを解説していきます。

既卒の「職歴なし」では正社員は無理?

「職歴なし・未経験」と言われてしまうと、

「今さら正社員として就職なんてできるのか」

と思われる方もいらっしゃると思います。

私がサポートしていて多かったのが、以下の様な負の連鎖を招いてしまうというケースです。

<既卒における負の連鎖>

①既卒になってしまった

②職歴がない

③職務経歴書に書く事がない

④書類選考が通らない

⑤面接まで辿り着かない

⑥就職を諦める

サポートしていた「既卒」の方はこの負のスパイラルに陥ってしまい、最終的にニート・フリーターになってしまったという方が大勢いらっしゃるんです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

【未経験・職歴なし既卒必見】正社員になることは難しく厳しいのか?現役プロが正社員になることは実は簡単で、求人の探し方と就職する方法を実践経験をそのままアドバイス!ハローワークのデメリット、求人サイト不要、就職エージェントは既卒特化必須など既卒向けの内容を裏側も交えどこよりも詳しく解説しています!
「既卒」とは何で、「既卒」扱いはいつまでされるのか。他では詳しく書かれていない「既卒」の年齢別での応募方法について徹底解説!「あなた」の年齢だと「新卒採用」なのか「未経験・職歴なし」なのか。逆に「第二新卒」「中途採用」との違いは何なのか。活用できるのかどうかなどプロだからこそ知っているぶっちゃけも交えながら丁寧に解説・アドバイスしています!
就職に失敗し途方に暮れてしまっている新卒の方必見です。諦めるにはまだ早いです!一発逆転狙いましょう!そのまま就職自体を諦めてしまってはニート生活が長くなってしまう可能性もあります。就職失敗した方のために、新たに就職活動を再開し、さらに確実に正社員として就職する方法を現役キャリアアドバイザーが裏側も交えながら解説・ご紹介しています!

職歴なしの既卒は職務経歴書を書かないで就職する

そもそも書類選考がなく、いきなり「面接」までいければそんなに楽な事はないですよね。だって、あとは面接(3回程度)をクリアすれば内定が出るわけですから。

職歴のない既卒の一番のハードルは書類選考、つまり職務経歴書で落とされてしまい面接すらできない。ということです。

発想の転換というか、書類選考を通すことを考えるのではなく、最初から書類選考がなければ良いのではないか。

こう聞くと、半信半疑かもしれませんが興味を持って頂けませんか。

というのも私がキャリアアドバイザーとして実践で職歴のない既卒の方にお伝えしている事そのものなんですが(笑)

その方法は実際にあります。そして非常に簡単でびっくりされるかもしれませんね。

「書類選考なしの就職エージェントに登録する」

これだけです。

その存在自体知らなかった方もいらっしゃると思います。

ということで以下に紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください!意外にもあっという間に就職が決まるということが多いです。

書類選考なしの就職エージェント2選

大手総合型エージェント(リクルートやdoda等)に登録するくらいなら断然以下のエージェントの方が可能性があります。騙すつもりはありませんが、騙されたと思ってぜひ一歩踏み出してみてください!

『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

10代・20代

第二新卒・フリーター・ニート・中途・専門卒

<内定確実のDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

内定率96%で書類選考までパスすることができて、なぜこんなサポートと実績があるかというと、『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉をし紹介するスタイルをとっているからなんです。

知らなかった方も多いのではないでしょうか。

ターゲットユーザーが「既卒」と対象の幅を絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種どれも問題なく紹介してくれます。

経歴・学歴も不問で、なおかつ「書く事がなく困ってしまう職務経歴書」ですが、書類選考がなく面接からスタートできるというのは最大のメリットです。

また早く就職を決めたいという方にも嬉しい「最短1週間で内定・入社」というのも一発逆転を狙う事ができるため焦る気持ちにもありがたいメリットです。

登録後は面談を受け「あなた」の希望職種などをお伝え頂くだけで、求人を紹介してくれます。正直登録してしまえば、そこまで苦労する事はありません。

なので、まずは登録をし面談を受けてみてください!

関連記事

『JAIC(ジェイック)』

公式サイト⇒JAIC(ジェイック)

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒

<JAICのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率80.3%書類選考なしで面接まで可能!

ビジネスマナー・履歴書・職務経歴書の書き方の講座が用意されている。営業職から、エンジニア職、事務職まで多職種紹介可能 ・未経験OK

正社員支援実績14,882名 ・厚生労働省認定 職業紹介優良事業者で「NEWS ZERO」や「ガイアの夜明け」などマスコミに紹介されています!

JAIC(ジェイック)の就職サポートの内容/登録後の流れ

『DYM就職』同様に「書類選考なし」というのが最大のメリットです。そして、就職支援講座などニートやフリーターにも優しい制度が完備されているというのも特徴の一つです!

アドバイス
『DYM就職』と提携企業も異なるため、JAIC(ジェイック)同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!


<合わせて読まれている記事>

既卒向けに特化型エージェントを年代別にご紹介!20代であれば必ず登録しておきたい2社。30代以上なら登録必須の1社を特徴やイチ押しポイントを交えながら解説!さらに実際に現役プロとして既卒をサポートしている実践をアドバイスとして裏側も交え徹底解説しています。どこよりも詳しく、どこよりもおすすめするエージェントになりますので、ぜひ参考にしてみてください!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...

職歴なし既卒でエージェント登録後

まず登録後はエージェントから連絡がきます。(ここまでは仮に他の就職エージェントに登録しても面談があるところは同じように一度連絡がくるのが一般的です)

エージェントから連絡が来たら、面談日程の調整を行います。調整後は実際に面談に行き、キャリアカウンセリングを受けてください。

実は『DYM就職』JAIC(ジェイック)は、ただ単に既卒に強いからという理由もありますが、どちらも面談という名のキャリアカウンセリングに近い内容を実施してくれるからなんです。

<他エージェントとの簡単比較>

<他のエージェント>

他の就職エージェント(特に大手総合型エージェント)は面談が非常に事務的で、例えば「希望年収は?」「希望職種は?」「勤務地は?」と簡易的な内容がほとんどで、「適正」などを判断し紹介してくれないケースが往々にしてあります。登録し実際に面談をした方は、思い当たる節もあるのではないでしょうか。


<DYM就職とJAIC>

しかし『DYM就職』JAIC(ジェイック)は例えば、「就職で失敗した新卒」「第二新卒での転職」「フリーター・ニートの就職支援」もちろん「既卒・職歴なし」など悩み多き方や「途方に暮れている方」に対して親身に相談に乗り、共にキャリア形成を考えてくれます。

例えば、過去から遡ってあなたの適正を見極めてくれたり、「あなた」の希望する求人ももちろんですが、逆に「あなた」に合う求人を紹介してくれます。

とにかく何でもいいです。「あなた」が疑問に思っている事や不安な事、将来のキャリア形成も含めて相談してみてください!

理想で言えば、『DYM就職』JAIC(ジェイック)持っている求人が異なるのでどちらも登録し求人の幅を広げることをおすすめします!

どちらかで絞って行きたいという方は、

をおすすめします。

どちらも登録し就職活動を勧めたい方は、

へと歩みを進めてみてください。


<合わせて読まれている記事>

新卒入社したが、ミスマッチがあり早期退職・短期離職となった方、なりそうな方のために再就職・転職する方法をご紹介!早期退職・短期離職は不利になるのかどうかという点にも焦点を当て徹底解説!私も早期退職した身で今は現役キャリアアドバイザーです。当時とプロの視点を交えながら成功の道をアドバイスしています!
新卒で会社を辞めたいなら辞めてもOK。その前に一度本当に辞めるべきか確認してみてください。その上で転職をする・しないに関わらず転職エージェントに相談してみてください!実際に当時私が活用しキャリアアドバイザーとなった転職エージェントですので自信を持ってご紹介できます。プロとなってからも改めて相談して良かったと思える転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職を考えている場合には必ずと言って良いほど「転職エージェント」の話が出てきます。...

職務経歴書を書かないで就職するまとめ

さて「職務経歴書を書かないで就職する=書類選考なし」で正社員となる方法、そしてエージェントの選び方で大きく変わってしまうということをご理解頂けていると嬉しいです。

簡単に当記事のまとめをしておきます。

<就職エージェントを見直す>

間違えて登録している既卒の方が多く、就職・再就職がうまくいかない大きな原因の一つ。

そもそも「既卒・職歴なし」には「職歴がない」ので、書類選考はハードルが高い。

そのため最初から書類選考がパスしている状態であれば非常に有利かつ楽に就職活動をスタートする事ができる!

<誤って登録しているケース>

◆『マイナビエージェント』

◆『リクルートエージェント』

◆『DODA』

◆『indeed』

◆『Type』

◆『エン・ジャパン』

◆『アデコ』

◆『キャリタス就活エージェント』

◆『いい就職.com』

*あくまで既卒向け視点です。

上記に登録している既卒は注意。見直し必須!

<書類選考なしのおすすめ就職エージェント>

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

公式サイト⇒JAIC(ジェイック)
*当サイトからは登録無料です。

特にDYM就職書類選考もなく進めるため圧倒的に有利!!迷ったら登録しておいて損はないです。

<迷ったらDYM就職 メリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング・求人紹介

既卒特化のエージェントのため、就職に関するノウハウが豊富


<合わせて読まれている記事>

既卒で3年以内の方必見!知りたい情報を正確に解説!「既卒」とは?対象者は?」「新卒採用はいつまで?」「そもそも対象になるのか?」「既卒の空白期間を事例で解決」「正社員になるための就活の始め方」を具体的にプロだからこそ知っている企業やエージェントの裏側もぶっちゃけながら解説しています!読んで頂ければ就活の始め方さえ間違わなければ正社員になれる事がお分かり頂けると思います。
既卒における新卒採用枠ってどうなの?そんな疑問にメリット・デメリットで比較!「新卒採用」に適している人の事例も交えながら「新卒採用枠」での就職活動の始め方も合わせて丁寧に解説しています!実際に私が聞いた企業の「既卒 新卒採用」に対する見方もぶっちゃけでお伝えしていますので、参考になること間違いなしです!とにかく読んで頂ければ全てわかります!
既卒における中途採用ってどうなの?中途採用枠についてよくご存知ない方が多いです。既卒というのは「未経験・職歴なし」の事を指します。メリット・デメリットについてしっかり理解頂き、新卒採用枠(22~25歳、院卒は27歳まで)第二新卒枠(22~27歳、院卒は29歳まで)それに属さない28歳~30歳前後の既卒・フリーターがどのように就職活動をスタートすれば良いのか、就活前の注意点も合わせプロが解説しています!参考になること間違いなしです!
【決定版】既卒と第二新卒はどちらが有利なのか。両者の違いやメリット・デメリットを徹底比較!また両者はそれぞれいつからいつまでが対象なのか。企業側の基準を裏側をぶっちゃけながら詳しく解説!既卒で就職活動をスタートする方、第二新卒として転職活動をスタートする方どちらにも役立つ情報を現役プロが洗いざらい紹介・解説しています!最後にはエージェントの選び方も合わせて解説しています。
【既卒就活の始め方】既卒の就職活動において「新卒採用枠」「中途採用枠」があります。それを考える前にまずは「既卒の就活の始め方」を理解しておきましょう!何事も最初が肝心です。就活の始め方を3ステップ(①新卒同様はNG②登録すべきエージェント③エージェント面談)を順にわかりやすくなおかつエージェントの裏側等も交えながら丁寧に解説しています!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
「ニートをやめたい」そんな切な思いをお持ちの方の相談をよく受けます。大勢の方が登録すべき就職エージェントを間違えています。そこで、登録してはいけない就職エージェントを実名を挙げながら、その理由も合わせて詳しく解説!そしてニート特化型おすすめエージェントをご紹介。メリットや活用方法を解説しています。