新卒入社し3ヶ月以内で転職する方法をプロが実践解説!

MrダービーBoyです。

新卒で入社し、3ヶ月以内に退職・転職を考えている方のために現役プロが解説していきます。

「今の会社は退職したい。でも転職して同じ様になるのは絶対に嫌だ」

そう思うのは当然で、なおかつ現在ブラック企業と思われる会社に勤めていたら早く抜け出したいですよね。

実は3ヶ月以内に絞って記事を書くくらい同じ境遇の方は多いです。安心してください!

3ヶ月以内に転職を考えている、既に退職してしまっている方はぜひ3ヶ月以内に転職を成功させる方法を紹介しますので、参考にしてみてください!

3ヶ月以内の転職は多い?? 

「3年以内」ならなんとかなくイメージはつくのに「3ヶ月以内」となると全く想像できないですよね。業界内では「超早期退職、超短期離職」と言ったりします。

実は私も新卒で大手ハウスメーカーに入社、約3ヶ月の研修を終え配属されてから1年以内に転職をしているんです。

その後今の職に就き、就職・転職のプロとなった私が、同じ境遇の人に失敗しないで頂きたいと思いネットを介しお伝えさせてもらっています。

脱線しましたが、3ヶ月以内の転職は実は多く、その理由は主に以下の通りです。

<3ヶ月以内転職が多い理由>

◆そもそも希望の企業ではない=とりあえず入社

◆入社して気付くブラック企業の予感

◆研修の段階で企業とのミスマッチがある

など。

これ以外にも様々あると思います。転職理由、退職理由は人の数ほどありますので!

ちょうど「3ヶ月」というのは一般的な企業の研修期間です。1ヶ月のところもあったりしますが、社員教育が行き届かないケースが多かったりして「実践から慣れろ」という風潮で、ブラック企業臭がどうしてもチラついてしまいます。

3ヶ月以内の転職が周りの目や、世間体などを気にしてしまい、後ろ向きになる必要は全くありません。

よく周りの目を気にしてしまい、なかなか一歩が踏み出せないという方をサポートしている時に、言うことがあります。

「あなた」の人生を周りの人が決めますか?

退職もそうですが、転職においても私の様なキャリアアドバイザーの存在価値はアドバイスや転職成功の知恵をお貸しする事です。

ですが最終的に一歩踏み出し行動するのは「あなた」なんです。

今一度以下で自分に問いただしてみてください。


<合わせて読まれている記事>

第二新卒は何歳くらいまでの事を言うのか?また大学院卒、浪人・留年、卒業後空白期間がある場合には第二新卒として転職できるのか。また「企業に3年勤めろ」というのは今のご時世古いです。第二新卒として転職を成功させるにはどうすれば良いのか。という事を現役キャリアアドバイザーが解説!

辞める前に転職すべきか確認する

せっかく新卒で入社した会社です。本当に転職すべきなのか。今一度考えてみましょう。

以下のポイントで「YES・NO」で自分に問いただしてみて下さい。

<チェックしよう!>

1.今の自分の立場に満足しているのか。

2.年収に満足しているのか。

3.周囲とうまくできているのか。

4.出世したい人は出世ができそうなのか。

5.今の会社に将来性があるのか。

6.これからも続けられそうなのか。

7.その仕事が好きなのか。

7つのポイントの内、何個「YES」がありましたか?

<YESの数>

・0~2個 転職すべきです

・3~4個 転職をおすすめします

・5~7個 もう少し留まっても良いかもしれません。

上記はあくまで指標ですので他にも自分で思い当たる点は全て洗い出してみてください。

また今の業界ではなく、未経験職種への挑戦をしたい方は強い意志を持っていれば転職をおすすめします。

理由は明確で、未経験職種の場合は早いに越したことはないからです。

特に第二新卒・20代は基本的に未経験職種への挑戦になるケースが多いです。これが30代を超えた、いわゆる中途採用枠の場合には「仕事に染まっている」可能性があると企業側は捉えがちです。

30代を超えたから遅いというわけではないのですが、30代で未経験職種よりも20代で未経験職種の方が企業側は好んで採用するケースが多いです。


<合わせて読まれている記事>

新卒で会社を辞めたいなら辞めてもOK。その前に一度本当に辞めるべきか確認してみてください。その上で転職をする・しないに関わらず転職エージェントに相談してみてください!実際に当時私が活用しキャリアアドバイザーとなった転職エージェントですので自信を持ってご紹介できます。プロとなってからも改めて相談して良かったと思える転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください!

3ヶ月以内の転職は不利?厳しい?

きっとこんな事を考えていませんか??

3ヶ月以内に退職したらどこも取ってくれない
3ヶ月程度で退職し転職なんて印象が悪すぎる

あるいはこんな方も。

今の会社は無理。続けられないから退職したい。でも次の会社でもまた同じ様な感じだったらどうしよう。

と不安になりますよね。

上記はあくまで一例ですが、3ヶ月以内に転職を考えている方には共通している部分だと思います。

きっとその背景には「ブラック企業」というワードもありそうですね。

興味のある方は、転職前に今いる会社がブラック企業かどうかというのを一度チェックしてみてください!

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!

さて、3ヶ月以内の転職が不利なのか?無理なのか?という事に対してですが。

結論から言って、3ヶ月以内の転職は不利でも無理でもありません!

その理由もきちんとあります。

よく他のサイトでは「第二新卒は転職が難しい・厳しい」とだけ書かれています。おそらく第二新卒の転職事情を把握していないのでしょう。

実際に私が企業から聞いている話と第二新卒として転職活動をしている方の両方から第二新卒の転職事情を把握しているのでリアルです。

背景・企業視点(ぶっちゃけ)の2本立てで解説していきます。

<3ヶ月以内の転職でも問題ない理由・背景>

少子高齢化が進んでいる日本では深刻な「人材不足」が起きているということはなんとなくお分かりだと思います。

そのため、採用企業側はこぞって「若手人材の確保」に乗り出しています。若手人材の確保こそ企業の発展に繋がると考えており、命題となっているんです。

その中でも「新卒入社後3年以内に退職し転職を考えている第二新卒」の採用に力を入れているのをご存知の方は少ないように見受けられます。

上記はあくまで就職・転職活動における背景と捉えることができますよね。では実際に企業側が3ヶ月以内に転職する方をどういう視点で見ているのか解説していきます。

<企業側の視点・ぶっちゃけ>

「3ヶ月以内に転職を考える」ということは、まず第一に、就職を一度している!ということなんです。

つまり、最初に入社した会社で何百人、何千人という中で勝ち抜いてきた人材

その時点で評価されているんです。

企業は人を雇うのに何百万というお金をかけます。でも第二新卒という時点で、第二新卒を採用する企業からすると、そこの負担を省くことになるんですよ。

いわば、すでに良い人材を抱えている・面接しているということになるんです。だからこそ、第二新卒は今非常に注目されています。しかも超短期離職・超早期退職OK!!

超短期離職・超早期退職でOKなのにもいくつか理由がありますが、

<短期離職OKな理由>

◆第二新卒は入社後間もないため染まっていない

◆社会人として一通りのマナー等を1社目で受けている

◆中途よりも採用コストが安い

◆若手で「新たな風」としての期待

ということが主に企業側が「3年以内に転職を考えている方」を採用する上でメリットとして挙げられます。

そのため第二新卒の内定率は実は転職活動さえ間違えていなければ非常に高いんです!

みなさん自身のスキルを過小評価されていませんか。

文系を出て、特に技術もないしなぁ
理系を出たものの、役立つ専門性かなぁ

などあると思いますが、それはあくまで個人的主観ということを認識してください。

むしろ、現役キャリアアドバイザーからアドバイスさせて頂くと、第二新卒として転職を考えているならば早めに転職活動を開始するに越したことはありません。

と言うのも、これからご紹介する転職活動を成功させる方法もそうですが20代の内にしか活用できないという制限もあるんです。

しっかりと以下にステップごとに方法をご紹介していきますので、本気で転職を考えている方も、転職を少しでも検討している方はぜひプロの私が実践している方法を参考にしてみてください!


<合わせて読まれている記事>

第二新卒の短期離職は転職が難しいのか?企業は第二新卒をどう見ているのか。転職市場は今どういう状況にあるのか。という事を解説!!少子高齢化社会の中、企業にとって人材確保は急務なんです。なぜ第二新卒が今注目されているのかを知り、失敗しない転職のために現役のキャリアアドバイザーが企業側の目線からお伝えしています。
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。

新卒が3ヶ月以内に転職を成功させるには

さて、当記事を読んで頂き、その中で転職をしたい!あるいは前向きに進めていきたいという方は以下の方法を必ず実践してください。

ちなみに「3ヶ月以内に転職」を考えている方を基本的には「第二新卒」として扱うことが一般的です。

<第二新卒の簡単な理解>

正確には「学校卒業後、一度でも正社員として就職したことがあり、1~3年(あるいは5年)以内に転職を考えている人」を指します。

*1~5年以内なのも上述で解説した通り、人材不足の背景から応募枠を伸ばしている傾向にあるからなんです。但し企業によります。その点は以下に紹介していくステップを踏んで頂ければ解決できますので、ご安心ください。

改めて転職活動をスタートしようと考えた時にどのように始めれば良いかということを現役キャリアアドバイザーが解説します。

3ヶ月以内の転職であろうと、既に退職している方の就職活動であろうと始め方(入口)は同じです。

何度か触れていますが、転職活動を成功させるも、失敗してしまうのも始め方が間違っていると内定が出るものも出ません。

結論から言ってしまうと。

転職エージェントに登録・活用する

ことです。

ここまでは様々なサイトでも書かれていますよね。

但し、注意が必要です!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?あるいはしようとしていませんか。

「新卒 転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

まとめ

新卒で入社したにも関わらず、3ヶ月以内で転職を考える方は非常に多いです。それも就活時のミスマッチが大きな原因とも言えます。

という私も1年以内に転職し、今のキャリアアドバイザーとしての職についています。

一つ言えるのは「長くいる気がないのであれば、早めに新たなフィールドへ行く」という選択をして欲しいということです。

今の時代、転職は当たり前です。3ヶ月以内の転職だからと言って企業はそこまで気にしません。むしろ若手を求めていますから。

いずれにしても転職を考えるのであれば、まずは転職エージェントに登録をしてみてください。必ず第二新卒特化型の転職エージェントに登録してくださいね!!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!
【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!
新卒で入社したけど、ミスマッチを起こしており転職したい。と相談をよく受けます。ミスマッチした原因を理解し、第二新卒として転職をする際にミスマッチのないようにするための方法を解説!早期退職・短期離職でも問題ないのか?二度とミスマッチは起こしたくない。など不安や今の会社に対する不満を解決するために転職を検討される方のためのアドバイスとなっています。
実はまだある前職調査。第二新卒で早期退職だと前職を調べられるの?実際に前職調査されている割合や 実施されるケース、さらに普通は知りえない調査内容を解説!前職調査の有無を確認する方法と合わせて、第二新卒が転職をする場合に確実に成功させる方法を転職サイト含めご紹介!!
新卒入社したが「もう辞めたい」という方向けに第二新卒として転職で失敗しないための方法を解説!私も新卒で転職経験者ですが、今やキャリアアドバイザーとしてサポートする側です。なぜ新卒の転職で失敗する人がいるのかということを現役のプロが転職エージェントの裏側も交えながら詳しく解説しています!ご覧頂ければ転職成功も待ったなしです!

MeetsAgent


▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】をチェック!