IT・Web業界に強い転職エージェントおすすめ10選!未経験・派遣もOK

IT・Web業界に強い転職エージェントおすすめ10選!未経験・派遣もOK

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

今後さらに躍進していくであろう「IT・Web業界」は今現在、転職市場において最大の売り手市場になっています。

それは2019年現在でも変わることはありません。

本気でIT・Web業界への転職を検討している方のために、その全てを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

順にお読み頂ければ理解が深まると思います。IT・Web特化型転職エージェントをすぐにでも知りたい方は目次より飛んでください。

IT・Web業界は転職市場で最大の売り手市場

IT・Web業界は転職市場で最大の売り手市場

冒頭でもお伝えしていますが、IT・Web業界は2019年現在、転職市場において最大の売り手市場となっています。

その背景としては以下の要因があります。

<売り手市場の背景>

専門性が高い故に、慢性的な人材不足で、企業側としてもとにかく優秀な人材が欲しいと競合している。

現代は転職したい人が山ほどいて、誰でもいつでも転職できる状況にありますよね。

そのため、営業を求めている企業などには人が割と集まりやすい傾向にあります。

ですが、専門性が高い「IT・Web業界」となると一つハードルが上がります。

つまり、「専門性が高い上に、人としてしっかりしている人」

みなさんもなんとなくわかると思いますが、仕事が出来ても業務態度や社会人として出来ていなければ企業としては採用しません。

これが現在IT・Web業界が最大の売り手市場となっている大きな要因です。

そして実はこの売り手市場の背景には皆さんにとって嬉しいこともあります。

それはIT・Web業界への転職は「高収入案件が多い」ということです。

よくこんな情報に騙されている人がいます。それこそ相談を受けるのですが。

「人が集まらないから高収入を謳っているんじゃないですか?」

「ほぼブラック企業なんじゃないですか?」

確かにIT・Web業界は多忙です。私の付き合いのある企業さんも非常に忙しいです。

しかし「人が集まらないから高収入を謳っているわけではなくそれに見合った人材に適した給与を与えている」というのが実態です。

専門性が高いのですから、高収入というのもなんとなく頷けるのではないでしょうか。

これからIT・Web業界への転職を検討している人にとってはその点を履き違えないで頂きたいと思います。

IT・Web業界への転職を成功させるポイント

IT・Web業界への転職を成功させるポイント

IT・Web業界に限らずですが、皆さんに勘違いしないで頂きたいことがあります。

それは。

「転職の成功」というのは「転職をした」ではありません。

本当の成功というのは「あなたに合う企業へ転職した」です。

転職はぶっちゃけ誰でも出来ます。

だからこそ、「あなたに合う企業」を追求しましょう!

では失敗しないための成功のポイントをお伝えしておきます。

3つのポイント

①活躍したい分野を明確にする

②自分が働きたい業務があるか

③キャリアプランを明確にする

それぞれ具体的に解説していきます。

①活躍したい分野を明確にする

IT・Web業界と言えどその職種は多岐に渡ります。

・エンジニア

・プログラマー

etc…

どの分野で活躍したいのか?

どの分野なら活躍出来るのか?

ということを予め明確にしておくことでスムーズに転職活動する事が出来ますし、結果としてそれが面接などでも重要になってきます。

しっかりと「あなた」自身を見極めてみてください。

②自分が働きたい業務があるか

「転職をして自分のやりたいことが出来ない」ということは結果的に「転職失敗」です。

業界で言うと「ミスマッチ」なんて言ったりもします。

そうならないためにも「あなた」の働きたい業務が出来る企業を選定する必要があります。

もちろん自分で調べることも出来るかもしれません。

ですが、その企業の体質や内情までは知り得ないですよね。

つまり一人の力では難しいです。

だからこそ、転職エージェントが必須になってきます。この点については後述でも詳しく解説していますので、このまま読み進めて頂けると幸いです。

③キャリアプランを明確にする

IT・Web業界は変化の激しい業界です。

1つの企業で定年まで勤めあげるということはかなり珍しい業界でもあり、少し特異体質的な部分があります。

そのため、IT・Web業界へ転職をする以上は、事前に「あなた」自身のキャリアプランを明確にしておくことが大切です。

・5年後にはこうなっていたい

・10年後にはこうなっていない

転職をきっかけに少し自分と向き合う時間を作ってみてください。

IT・Web業界への転職は特化型エージェントが必須

IT・Web業界への転職は特化型エージェントが必須

さて、転職を考えた時に真っ先に思いつくのが、何かしらの「転職サイトやエージェント」だと思います。

決して間違っていません。

ですが、IT・Web業界へ転職をするのであれば、転職エージェントが必須です。

さらに言うと、IT・Web業界特化型の転職エージェントが必須です。

これにも理由があります。

通常、例えばリクルートなどの転職エージェントのエージェント(専任担当)は、確かに優秀な人材も多くです。

ですが、専門性という点には欠けます。

一方、特化型転職エージェントというのは言葉の通り「特化」しています。

IT・Web業界であれば「IT・Web業界に精通したエージェント」が多数在籍しています。そのため、エージェント個人の専門性が高いのです。

特徴の違い

◆通常の転職エージェント⇒扱い業界・業種が多いので「広く浅く」

◆特化型転職エージェント⇒扱い業界・業種が少ないので「狭く深く」

これでお分かりだと思います。

これからIT・Web業界へ転職を検討している方は特化型転職エージェントに登録する必要があるということです。

ではどの特化型転職エージェントに登録すれば良いのか??

「IT・Web業界」に限って言えど転職エージェントはかなりの数存在します。そこで私が絶対に登録しておいて間違いのない「IT・Web業界」特化の転職エージェントを「あなた」の状況に合わせてご紹介していきたいと思います。

IT・Web業界おすすめ転職エージェント5選

冒頭でも書きましたが、IT・Web業界というのはこれからさらに進化、躍進していく業界であるのは周知の事と思います。

そこでIT・Web業界への転職を考えている方向けに現役のキャリアアドバイザーが厳選した転職エージェントをご紹介していきたいと思います。

「あなた」に適した転職エージェントに登録しなければ転職は上手くいきませんので「あなた」が目指しているIT・Web業界別で検討してみてください!

1位:レバテックキャリア

レバテックキャリア

公式サイト⇒レバテックキャリア

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~30代

◆IT/Web系エンジニア、クリエイター経験者

<対象エリア>

◆関東・関西中心

<求人数>

◆4,000件以上

<イチ押しポイント>

エンジニア、クリエイターに特化した転職エージェント。キャリアアドバイザーが業界経験者で話が通じるため、質の高いコンサルタントは業界内でも評判がよく4,000件以上の求人には年収500~800万円以上の高給与求人も用意されています。

職務経歴書の添削模擬面談で事前準備を徹底サポート

ベンチャー企業や制作会社、メーカー専任担当など業種は幅が広く、サイバーエージェントやチームラボといった有名企業も過去には実績としてあります。

さらに最近では「GungHo」や「dwango」「DMM.com」など有名どころの求人も抑えておりIT・Web業界への転職を検討する上ではかなりおすすめできます。

「Photoshop」や「Illustrator」といったソフト別、プログラム言語別でも求人が分類されているので、業界経験者であればスムーズな転職が可能です!

採用企業の方針、社風、採用ポイントをキャリアアドバイザーが詳しく教えてくれるという点も非常に評判が良い理由の一つです。

まずか30秒で登録も完了し、事前に「これまでの経歴」の記入を済ませておくことで(所要時間1~2分)「非公開求人」を優先的に紹介してもらえるなどのメリットが多数あります。

2位:マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

公式サイト⇒マイナビエージェントIT

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~30代

<対象エリア>

◆関東圏・関西圏

<取引者数>

◆15,000社以上

<イチ押しポイント>

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビが運営するIT・Web業界特化型の転職エージェント。大手だからこその太いパイプを持っており、求人数はIT・Web業界最大級の約20,000件以上保有

職務経歴書・面接対策はもちろん、面談を通して一人ひとりに適した求人の紹介もしてくれます!

業界大手のマイナビが運営しているIT特化型の転職エージェントです。

マイナビが運営している事もあり求人数は圧倒的に多いです。

専門性を求められるIT・Web業界の中では、マイナビエージェントITは未経験や経験が浅くともチャレンジ可能な案件を多数保有しているため限定して職種を選択せず幅広く見たいという方には非常におすすめです。

「あなた」が求めている求人を必ず見つけることができ、面談時にエージェントが適正を判断してくれますので、職種に困っている方はぜひ登録をおすすめします!

3位:ワークポート(未経験OK)

ワークポート

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~40代前半

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

ワークポート

元々はIT・インターネット業界専門で紹介を行っていましたが、2014年に総合型へと幅を広げています。

そのため、『ワークポート』は未経験でも、スキルに自信がなくとも親身なサポートが非常に好評です。

登録時の入力も全エージェントで一番簡単で、特に職務経歴書をアップロードする必要もなく、氏名・生年月日・連絡先と、経験業務をプルダウンで選ぶだけで面談をしてもらえますので、転職の準備ができてない方も気軽な気持ちで利用できます

登録後に来る電話は事務的ですが、実際に会うキャリアアドイバイザーは非常に熱心な方が多いので安心して面談にいきましょう。

4位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

公式サイト⇒JACリクルートメント

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

・全年代対象

・キャリアアップを検討している方

<イチ押しポイント>

求人数は約15,000件と多く、職種もほとんど対応しているので見つからない求人はないほどです。

また業界・職種に特化したコンサルタント(エージェント)が約650名在籍しており、その質の高さも評判です。

人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

国内のみならず外資系企業・英語・海外などにも強く現在では、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インド、英国で転職支援サービスをしています。

そのため、海外の転職事情や情報に詳しいです。

今あるスキルを活かして、キャリアアップを検討したい!という方にはもってこいの転職エージェントになります。

5位:BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH

公式サイト⇒【BIZREACH(ビズリーチ)】

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

・年収500万円以上

・レジュメ登録が必須

<イチ押しポイント>

会員だけに人気の求人やおすすめ求人を紹介してくれます。

登録も簡単で、すぐに利用する事が可能です!

会員数80,000名以上、 掲載求人数5,900件以上であり、ヘッドハンター520以上在籍しており国内最大級の実力・実績を持っています。

ビズリーチはハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制の転職サイトです。

今やCMを多く打ち出しているので、知らない人はいないかもしれませんね。

2009年にサービスを開始されてからの飛躍は目覚ましいものがあります。

対象となるのはハイクラス人材で、高いスキルやマネジメント能力を持つ人材をヘッドハンティングしたいと考えている企業へ紹介してもらうことになりますので、今より年収を上げたい!という方は絶対に登録をしておきたい所です!

未経験からIT・Web業界への転職エージェント4選

以前はIT・Web業界と関係のない職種に就いていたが、転職を機にIT・Web業界を新たに目指したいという方におすすめの転職エージェントです!

以下にご紹介している4社はどれも未経験からITスキルを身に付け、なおかつ転職支援をしてくれる支援サービスです。

いきなり求人を紹介されて「入社したは良いものの全く仕事についていけない」というミスマッチを事前に防ぐことができますので安心です!

1位:ネットビジョンアカデミー(NVA)


ネットビジョンアカデミー(NVA)

公式サイト⇒ネットビジョンアカデミー(NVA)


<NVAイチ押しポイント>

①完全無料

②対象年齢は30歳まで

③職歴・学歴一切不問

④未経験OK!1ヶ月で資格取得

未経験から正社員のITインフラエンジニアとして就業できるよう1からサポートしてくれます!さらに 1ヶ月間のネットワークエンジニア養成研修を経て、就職活動までその全てを完全無料でサポートしてくれます!

1ヶ月で資格取得をし、2ヶ月目には就職!というスピード感が非常に人気のポイントでもあります。

今後需要がなくなることのない資格のため「資格をもって就職したい!」「高い年収で就職したい!」という方におすすめです。

2位:TECH BOOST(テックブースト)


TECH BOOST(テックブースト)

公式サイト⇒Tech Boost


<TECH BOOSTイチ押しポイント>

①未経験OK!就職・転職支援付き!

②3ヶ月でエンジニアになれるカリキュラム

③対象年齢が30代までと幅広い

④オンライン可・対面指導可

【Tech Boost】は完全無料ではありません。

無料カウンセリングを受けて、実際に「あなた」に合うかどうかという、受講するかどうかということを決めることができます!

実際カウンセリングを受けた方の評価は非常によく、

「オーダーメイドで自分に合う受講ができる」

「プログラミング学習で0からアプリを作れる」

「オンラインでも対面でも質問が可能!」

などを挙げています。

業界の最新技術なども丁寧に教えてくれるので、完全無料ではありませんが、手に職をつけるという点では非常に優秀なプログラミングスクールの一つです!

3位:WebCampPro 転職保障付き


WEBCAMP
公式サイト⇒【WebCampPRO】

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20歳~30歳

未経験者・キャリアアップ転職希望の方

<WebCamProイチ押しポイント>

未経験OKで、転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールもあります。

さらに転職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職を求めている方にとっては一から学び直すことができるので転職後に困ることなく即戦力として活躍する事ができます。

また『WebCampPro』の売りとして受講における「継続率」「修了率」そして転職保障付きの「転職率」によって、受講者満足度も90%と非常にメリットがあります。

*受講後の転職成功率はなんと98%です!!

未経験・初心者の方でも3カ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身に付けることができる「転職・就職保証型プログラミング教室・スクール」です。

受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は “全額返金 ですので、ご安心ください。

本気で一からIT・Web業界に飛び込もうと考えているならば、ぜひ受講を検討してみてください!転職保障がついているので、転職できないということはないですよ!!

4位:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCampGATE

公式サイト⇒CodeCamp


<CodeCampイチ押しポイント>

①未経験OK!

②マンツーマン指導

③就職成功で受講料全額キャッシュバック!

④対象年齢は30歳未満(社会人経験要)

いつでもどこでもビデオ通話によるオンライン受講でき、なおかつスキルを習得した上でさらに就職・転職成功で受講料が全額キャッシュバックされると言うのは非常にありがたい点です!学習期間は約2ヶ月間で、実質0円でほぼ完全無料に近いとも言えます。

但し、社会人経験が必要というのが応募要項としてあり、過去に一度でも社会人経験があるニート・フリーターは問題ないですが、一度も社会人経験がない方は受講できないというデメリットがあるんです。

他のプログラミングスクールに比べて価格が安く、なおかつ就職・転職成功でキャッシュバックという最大のメリットがありますが、その反面、社会人経験が応募要項としてデメリットでありますので、「あなた」に照らし合わせてみてください!

派遣でIT・Web業界への転職するなら

正社員ではなく、派遣社員として考えている方。さらにその中でもIT・Web業界を考えている方のために1社ご紹介します。

IT業界で派遣と言えば鉄板ですので、ぜひ検討してみてください!

『リクルートスタッフィングIT』

公式サイト⇒リクルートITスタッフィング

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆全年代

<イチ押しポイント>

大手人材紹介会社の「リクルート」が運営しているため、派遣求人が常時約3,000件と非常に豊富です。

IT系専門のジョブコーディネーターが「あなた」に合う求人を紹介してくれる上に、派遣社員のメリットを活かした働き方の提案もしてくれます。

なんといっても最大の売りは4つのサポート体制です。

①社会保険加入

②一定条件を満たせば有給取得

③選べるスキルアップ研修

④キャリア相談が無料

大手リクルートの運営というだけあって、派遣社員についてのサポート体制も充実しており、なおかつIT特化型派遣というのは『リクルートITスタッフィングが圧倒的にその地位を確立しています。

派遣社員なおかつIT業界を検討している方は登録必須と言っても過言ではないです!ぜひ検討してみてください!

IT・Web業界特化型転職エージェントを利用する際の注意点

IT・Web業界特化型転職エージェントを利用する際の注意点

特化型転職エージェントへの登録が大切だ!ということはお分かり頂けたかと思います。

続いて、転職エージェントを利用する際の注意点を把握しておきましょう!

つの注意点

①転職エージェントを複数登録する

②エージェントは変更できる

③嘘の申告はしない

④同じ求人に他の転職エージェントから応募しない

⑤すぐにでも転職したい意思を伝える

ではそれぞれ具体的に解説していきます。

①転職エージェントを複数登録する

転職エージェントはそれぞれ独占した案件を保有している事が多々あります。

そのため、「あなた」が応募できる求人を多く確保するためにも転職エージェントは複数登録する事をおすすめします。

実際何社登録すれば良いのか?

ここがポイントです。

結論から言ってしまうと、複数登録すると言っても3社までです。

よく5社も6社も登録し相談にいらっしゃる方がいますが、共通している事があります。

それは、転職エージェントに登録しすぎて「訳が分からなくなっている」「エージェントとの関係が薄い」ということです。

自分で自分の首を絞めてしまう事にもなりかねず、結果として転職が上手くいかなくなってしまいます。

実は3社にも理由があり、転職活動における内定率が3社登録で75%以上になるというデータがあるからです。

さらに詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてみてください!

転職エージェントの登録は複数いる?何社必要なのか。

むやみやたらに登録するのではなく、この3社は「あなた」に合う3社でなければ意味がありません。当ページで転職エージェントをご紹介していますので、ぜひ特徴などを見ながら検討してみてください!

②エージェントは変更できる

実は意外と知らない方が多いです。

エージェント(専任担当)は変更する事が出来ます。

実際「人対人」になるのが転職です。人同士なので当然エージェント(専任担当)とウマが合わない。ということもあります。

その場合には即座にエージェント(専任担当)を変更してください。

変更方法等は以下のページで詳しく解説しています。メールでも変更できるので参考にしてみてください。

転職エージェントの変更方法と変更基準

③嘘の申告はしない

エージェント(専任担当)に対して嘘の申告は絶対にしないでください

特にIT・Web業界の様に「専門性」が求められている場合には尚更です。

エージェント(専任担当)は「あなた」の経歴やスキルなどを企業側に伝える役割も担っています。

そこで嘘があると信用問題にもなり、求人を紹介してくれなくなることもあります。

また虚偽報告をし、実際にエージェント(専任担当)と面談を実施した際に嘘がバレる可能性がかなり高いです。

なぜなら、エージェント(専任担当)自身も専門性が高いので、会話の内容で見抜かれてしまうんです。

④同じ求人に他の転職エージェントから応募しない

「その企業に絶対行きたいから、いろんな転職エージェントから応募してしまう」ということもあるあるです。

気持ちはわかります。

ですが、「1つの求人に対しては1つの転職エージェントから応募する」ということを徹底してください。

応募した企業からすると、「この人いろんな所から応募しているな」「数打てば当たる作戦か」と心象を悪くしかねません。

どうしてもその企業へトライしたい!という場合には、応募するタイミングをズラすことで回避する事ができますので、詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

転職エージェントの5つの使い方!注意点をプロが全て解説!

⑤すぐにでも転職したい意思を伝える

エージェント(専任担当)の裏側をお伝えします。

エージェント(専任担当)は「あなた」が転職を決めたことで「成果報酬=インセンティブ」が入る仕組みになっています。

ほぼどの転職エージェントでもそうです。一部その制度がない転職エージェントもありますが。

少し具体例を出してみましょう!

<Aさん>

「まだ転職するか決めていない」

「とりあえず登録してみました」

<Bさん>

「すぐにでも転職したい」

「こういう企業にチャレンジしたいからこんな求人ないですか?」

エージェント(専任担当)の目線に立ってみてください。

どっちが早く自分の「成果報酬=インセンティブ」に結びつきそうですか。

答えは<Bさん>ですよね。

そういう<Bさん>の様な転職希望者にはエージェント(専任担当)はより一層本気で取り掛かります。

エージェント(専任担当)の裏側を知っておくことで「あなた」がうまく転職できるようにエージェント(専任担当)を「転がす」感覚で活用してみてください!

とは言え、転職エージェントに登録をしてゆっくりと転職先を決めていくことも全然問題ありません

ですが、その場合には以下の事を守ってください。

「2週間に1回はエージェントと連絡を取る」

なぜかと言うと、転職エージェントでは登録者をデータベースで管理しています。そして連絡頻度や転職意思の強さによってランク付けされている事が一般的です。

そのため、2週間に1回は連絡を取っていないと「あなたに転職意思がない」と判断される、あるいはデータベースでのランクが下になり、求人情報等がストップしてしまいます。

それでは元も子もないので、しっかりと徹底してくださいね!

IT・Web業界への転職まとめ

IT・Web業界へ転職をするために必要な特化型転職エージェントは以下の通りです。

<IT・Web業界おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒レバテックキャリア

公式サイト⇒マイナビエージェントIT

公式サイト⇒『ワークポート』未経験OK

公式サイト⇒JACリクルートメント

公式サイト⇒【BIZREACH(ビズリーチ)】

<未経験からIT・Web業界への転職>

公式サイト⇒ネットビジョンアカデミー(NVA)

公式サイト⇒Tech Boost

公式サイト⇒【WebCampPRO】

公式サイト⇒CodeCamp

<派遣でIT・Web業界への転職>

公式サイト⇒リクルートITスタッフィング

全10社に加え、IT・Web業界への転職を成功させるポイントや、特化型転職エージェントを利用する際の注意点をご紹介してきました。

少しでも当ページをご覧頂いた方のためになればと思います。

でわ!Mrダービーboyでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする