転職エージェントの登録は複数いる?何社必要なのか。

MrダービーBoyです。

転職エージェントの登録ってどれくらいすべき?
複数登録する必要ってあるの?

もし私自身、第二新卒・20代で転職を考えていたら上記の様な疑問を持つと思います。社会人になりたてであればなおさらわからないですよね。

幸い現役キャリアアドバイザーなので、この点について皆さんにお伝えできたらと思います。

ごんな疑問を解決

①そもそも転職エージェントの仕事内容は?

②複数登録する必要はあるの?

③失敗しない転職エージェントの選び方は?

転職エージェントの仕事内容

そもそも転職エージェントってどんな事が主な仕事内容なのか。それを理解する事でどの転職エージェントに登録すべきなのか。ということが見えてきます。

転職エージェントを理解しよう

皆さんが想像している転職エージェントとはどんな職業でしょうか。

企業とのやりとりを仲介しているだけ

面接日程や時間の調整

◆書類添削や面接対策

そう思われていませんか。まぁそう思われても仕方ないのですが、、、笑

確かにそうしたこともしています。(どちらかというと、転職エージェントのサポートさんがメインですね)

つまり!!

転職エージェントというのは自社に利益を生み出すために「あなた方」を企業に紹介しているん(売り込んでいる)です。

営業出身の方ならなんとなくイメージできるのではないでしょうか。

厳密に言うと、転職エージェントを取り扱っている企業にもよりますが、営業サイドと転職エージェントを分けている所もあります。(大手R社はそうです)

ただ、転職活動者の方にとってはあまり関係ない部分なので具体的にどんな事をしているかというと。

企業にどんな営業をしているの?

簡単にお伝えすると、企業に対して

1.うちで広告を打ち出しませんか

2.どんな人材を求めていますか

この2点がメインです。

1.については以下の通りです。

1.うちで広告を打ち出しませんか。

<求人を出す企業側からすれば>

①求人を掲載してもらう

②転職活動者が見る

③最終的に採用となる

転職サイト側に報酬を払う

<求人を掲載した側からすれば>

①求人を掲載

②転職活動者が見る

③最終的に採用となった

求人を出す企業から報酬をもらう

企業から「報酬をもらう事」が結果、転職サイト側の「利益」となります。その利益の一部でみなさんが登録し活用している転職サイトやマイページの運営費などに充てているんです。

2.どんな人材を求めていますか

なぜここを聞くのか?というと転職エージェントは求人を出した企業の「理想の人物像」の要望を聞き、それに見合った人材を紹介しているんです。

もちろん転職活動者の意思とマッチングもさせています!

ここでさらに裏側解説!!

転職エージェントが求人を出した企業の「理想の人物像」と転職活動者の意思がマッチングしているとして、、、

<例えば>

A社(求めている人物像)=Aさん(理想の人物像)

その転職活動者がその企業へ採用された場合には「会社として報酬」をもらいます。

さらに言えば、エージェントは「会社の報酬の一部」をインセンティブ(個人の成果報酬)として手当てを受けます。

だから、求人を出した企業に対して「どんな人材を求めているのか」と聞くわけなんです。

みなさんがこの仕事をしていたらどうですか??

たくさんの人を企業にマッチさせてエージェント自身(個人)の報酬を手にしたいですよね。これが企業に対して「理想の人物像」を聞く理由なんです。

そして後述でも解説しますが、実はこのインセンティブ(成果報酬)のせいで、第二新卒が転職を失敗してしまう原因でもあるんです。

<失敗しない転職エージェントの選び方>

と連動している内容なので詳しく後述で解説致します。

関連記事

転職エージェントに複数登録する必要ある?

第二新卒や20代で初めて転職を考えている方は、焦る気持ちから複数のエージェントに登録をしてしまい、最終的に「何がなんだかわからなくなる」「どうしたらいいかわからない」となってしまうケースがあります。

そこで登録してもOKな数を以下にまとめておきます。

<登録してOKな数>

本来は1社で十分。しかし「求人を他にも見てみたい」「エージェントが合わない」などの理由も出てくると思います。

その場合は3社までの登録ならOKです!それ以上の登録は控えてください!

実際に私がキャリアアドバイザーとしておすすめしている転職エージェントは以下の3社です。とりあえずご紹介だけしておきます!

アドバイス

スタメンはこんな感じです。

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。

実は3社にも理由があり、転職活動における内定率が3社登録で75%以上になるというデータがあるからです。

複数登録で失敗しないエージェントの選び方

転職エージェントというのは似たり寄ったりの部分も正直あります。ちゃんと「あなた」に合った転職エージェントを選ばなければ転職は成功しません。

理解しておいて欲しい事

求人を出している企業はお金をかけて転職エージェントに求人を出しています。つまりその企業が求めている人物像をその転職エージェントで確保する事ができるから。ということになります。

極端な例ですが、40代の転職希望者が20代特化型の転職エージェントに登録しても求人は愚か、そもそも採用される土俵に乗っていないということです。

それだけ転職エージェント選びというのは転職活動を行う上で最重要なんです。

実は私は大手総合型エージェント(いわゆるリクルートやdodaなど)は紹介・おすすめしていません。

大手総合型転職エージェントに求人を出している企業は「即戦力」を求めているケースが多く、中途と第二新卒・20代などの若手と比較した時にエージェント側も中途を推しますし、企業側も中途を求めているんです。

社会人になりたての、あるいは2~3年目の若手が即戦力を求められても無理がありますよね?

つまりそもそも「土俵に乗っていない」ということです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から第二新卒・20代に特化している転職エージェントをご紹介・おすすめしています。

第二新卒特化型であれば、ライバル数も激減し、なおかつ転職エージェント側の思惑も関係なくなるんです!!

だって若手を求めている企業が求人を依頼しているわけですから!!

もし今まさにこの記事を読んで、「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下のページで紹介している第二新卒特化型の転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 ど...

中には「ブラック企業の徹底排除」「書類選考なし」など特徴ある転職エージェントが存在しています。あなたに合う転職エージェントが必ず見つかるはずです。

複数登録する必要はないので、まずは1社でもOK、余裕があったり他に求人が見たい、エージェント(担当者)が合わないなどの時には3社まではOKです!いずれも全て第二新卒特化型の転職エージェントへの登録をおすすめします!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒に限らず、中途の方にしろ転職エージェントって転職において非常に重要ですよね...
新卒で入社したけど、ミスマッチを起こしており転職したい。と相談をよく受けます。ミスマッチした原因を理解し、第二新卒として転職をする際にミスマッチのないようにするための方法を解説!早期退職・短期離職でも問題ないのか?二度とミスマッチは起こしたくない。など不安や今の会社に対する不満を解決するために転職を検討される方のためのアドバイスとなっています。
新卒と第二新卒ってどんな違いがあるのか。さらに新卒採用と第二新卒採用の違いについても徹底解説!勘違いしやすい応募枠や「既卒」について。そして「あなた」の状況からどんな就職・転職活動をすれば良いのかという点をプロだからこそ知っている企業の裏側をぶっちゃけながら解説しています!読んで頂ければ納得・理解間違いなしです。