経理・管理職の転職エージェントおすすめ4選!転職成功の全て

経理・管理職の転職エージェントおすすめ4選!転職成功の全て

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

管理職の仕事を目指したい!!

経理の経験があるから活かしたい!!

という方がご覧になっていると思います。

そこで経理管理職において登録をおすすめしている全年代対象の転職エージェントを厳選し5選ご紹介していきたいと思います!

また経理・管理職というのは専門性の高い職種になります。

転職エージェント選びを間違えてしまうと、「あなた」の希望する条件でなかったりしてしまう可能性もありますので、慎重に選びましょう!

失敗を避けるためにも、知っておくべき事前知識選ぶポイント採用率Up術も合わせて解説していきます。

経理・管理職の転職で失敗しないための事前知識

「転職の成功」というのは「転職をした」ではありません。

よく勘違いされてしまいがちですが。

本当の成功というのは「あなたに合う企業へ転職した」です。

転職はぶっちゃけ誰でも出来ます。

だからこそ、「あなたに合う企業」を追求しましょう!

では失敗しないための事前知識をお伝えしておきます。

4つの事前知識

①活躍したい分野を明確にしておく

②アウトソーシングは増加傾向

③主計担当が人気の職歴

④自分が働きたい業務が出来るか

それぞれ具体的に解説していきます。

①活躍したい分野を明確にしておく

転職においては共通で大切なことです。

どんな分野で活躍したいのか?

なぜそのフィールドを目指すのか?

ここが明確でなければ、面接官を納得させることは出来ません。

例えば経理職の場合。

・出納業務

・会計業務

・税務業務

・キャッシュフローの把握

会社の「お金」に関する仕事がメインで、業務内容も多岐に渡り、会社の中核を成している部門ですよね。

経理の仕事は非常に専門性が高く、キャリアを積むにつれて、深い知識や豊富な実務経験が求められます

その分野においてマスター(スペシャリスト)していなければ、会社にとって必要な人材とは言えないケースも往々にしてあります。

「あなた」がどの分野でキャリアを積みたいのか、あるいは転職先の企業でどんなことが出来るのか・したいのかを明確にしておきましょう!

予め明確にしておくことで、これから登録する転職エージェントのエージェント(専任担当)に対しても伝えることが出来、スムーズに転職活動を進めることが出来ます!

②アウトソーシングは増加傾向

近年、大企業に関わらず中小企業でも人材不足の背景から、業務負担を軽減するためにアウトソーシングするケースが増えています。

私なんかよりみなさんの方が詳しいかもしれませんね。

団塊世代の経験豊富な人材が定年退職し、さらに人件費削減の背景から新卒採用の縮小など様々な要因が挙げられます。

事前知識として理解しておくことで、転職先の企業が抱えている問題なども先読みしておくことが出来ます。

また、経理として転職もOKですが、経理専門のアウトソーシング会社へ転職する事も視野として入れておくと良いと思います。

③主計担当が人気の職歴

2019年現在、経理の転職市場では「主計の担当経験者」が人気です。

市場が求めているということは、給与などの待遇面、「あなた」の希望に合う条件が提示される可能性が高まります。

経験したことがある方はぜひ検討して頂きたいと思います。

④自分が働きたい業務が出来るか

経理・管理職というのは、転職先の企業規模によって大きく変わってきます。

大企業であれば従業員が多く役割が細分化されているので高い専門性(スペシャリスト)が身に付きますし。

逆に中小企業などでは様々な業務を任されるので幅広い知識(ゼネラリスト)を身に付けることが出来るといった特徴もあります。

そのため、予め転職先の規模を把握しておくことは絶対です。

せっかく経験を活かしたいのに全く活かせない。

学びたいのに学べない。

なんて事がないようにしてください。

経理・管理職の転職エージェントを選ぶ4つのポイント

今や転職は当たり前となっており、転職エージェントのCMも毎日のように見かけると思います。

実際転職エージェントを使うことで、在職中でも転職活動が出来るのでぜひ利用して頂きたいです。

但し、転職エージェントは数が多すぎて素人目には「どこに登録すれば良いのか」がわかりませんよね。

そこで、経理・管理職の転職エージェントを選ぶ4つのポイントをお伝え致します!

4つのポイント

①経理・管理職の転職に強いこと

②求人の質が高いこと

③サポート体制が優秀なこと

④キャリアアドバイザーのレベルが高いこと(専門性あり)

それぞれ少し具体的に解説していきます。

①経理・管理職の転職に強いこと

よく勘違いされがちですが。

大手総合型転職エージェントに登録すれば大丈夫でしょ!

と思われているケースが多いです。

確かに手堅い選択と言えます。

しかし、大手総合型転職エージェントにこだわらなくても経理・管理専門の転職エージェントを利用する事でよりよい条件の求人にたどり着く事は出来ます

まさに経理・管理特化型の転職エージェントです。

まずは転職エージェント=大手総合型転職エージェント(リクルートやdodaなど)というような認識を改めてみてください。

②求人の質が高いこと

上述とも少し被ります。

経理・管理職の転職に強い(特化)ということは求人が限定されています。

そのため、企業を紹介する側の転職エージェントも企業審査など非常に厳しいケースが多いです。

変な企業(例えばブラック企業体質など)を紹介し離職されてしまう事で、転職エージェント側としては評判を落とすことになりますからね。

つまり、特化型の転職エージェントを利用する事で必然的に求人の質を担保する事が出来るんです。

③サポート体制が優秀なこと

転職活動を進める上では非常に重要です。

転職エージェントに登録する事で、基本的には無料で様々なサービスを受けることが出来ます。

例えば。

・自己分析ツール

・模擬面接

・書類添削

・給与の交渉

・キャリア相談

etc…

特に初めて転職をされる方は絶対的に転職エージェントを利用すべきです。

右も左もわからない方にとってこれほど力強い味方はいません。

サービスは各社異なるので、後述で紹介する転職エージェントを参考に「あなた」に合うエージェントを検討してみてください!

④キャリアアドバイザーのレベルが高いこと(専門性あり)

キャリアアドバイザーのレベルというのは素人目には判断が難しいと思います。

当然、エージェント(専任担当)の人間性など総合的に見てレベル(質)というのは見分けることは出来ると思います。

あれ?なんかこいつやだな。

と思ったら合わないエージェントだと思ってほぼ間違いないです。

人間なので合う・合わないは絶対的にありますからね。

担当者の変更方法等は以下のページを参考にしてみてください!

転職エージェントの変更方法と変更基準

ですが、その点は度外視した時に重要になるのが、特に経理・管理職の場合。

専門性が高いですよね。

つまり、エージェント(専任担当)も専門性が高くなければ同じ土俵にいない。ということです。

だからこそ、特化型の転職エージェントへの登録というのは非常に大切なことなんです。

ちなみに私はR社ですが、専門性の高いエージェントは少ないです(笑)

というのも職種の幅が広すぎるため、専門性は浅い。というジレンマを抱えているからです。

転職エージェントの使い方は以下のページを参考にしてみてください!

転職エージェントの5つの使い方!注意点をプロが全て解説!

経理・管理部門おすすめ転職エージェント4選

とにかく経理・管理部門で仕事をしていきたいという方は以下の転職エージェントをおすすめ致します。

全年代対象の転職エージェントとなっているので、ご安心ください。

基本的に特化している転職エージェントというのは、企業側と提携しており、その企業も「経理・管理部門志望の方を採用しますよ!」と求人を出しているので、採用率も転職活動のしやすさも別格なんです。

何社も登録すべきなんですか??

という質問を良く受けます。

実際は1社でも十分です。以下にまとめます。

<3社以上は必要ない>

本来は1社で十分ですが、余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOKです!!

どの就職エージェントも当サイトからは「登録無料」なので、私が紹介する転職エージェントで正直事足りると思います。

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

1位 『ジャスネットキャリア』


公式サイト⇒【ジャスネットスタッフ】

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆20代・30代・40代・50代

◆会計、税務、経理・財務分野

<イチ押しポイント>

対象年齢がほぼ全年代対象であり、経理関係に特化している派遣紹介会社です。過去に経理などの経験がある方はすぐにでも就職先が見つかることで非常に評価されています。

経理関係では業界大手となるため、求人数も豊富です。

<登録の内定までの流れ>

WEB登録

*登録後、サイト上でのプロフィール登録を完了しなければ求人の紹介・応募ができませんのでご注意ください!

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

内定

日常的な経理の仕事から扱っているため、未経験だとしても職に従事することができます。

主に営業サポート(PCでの受発注業務など)や総務部(備品の発注など)、経理関係(営業の旅費精算の管理など)がメインであります。

その中でも経理関係であれば旅費精算など一度覚えてしまえば単調な仕事なので比較的従事しやすいです!

経理関係の派遣であれば【ジャスネットスタッフ】が最も大手で求人も多いためおすすめします!

公式サイト⇒【ジャスネットスタッフ】

2位 『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆20代~40代前半

◆全業種対応

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<ワークポートのイチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

『ワークポート』は幅広い年齢層と未経験OK・スキル無しOKとこれから経理・管理部門の仕事を考えている方にとっては鉄板です。

さらに就職ノウハウも豊富なので、最もおすすめしている就職エージェントです。

登録後は面談が用意されていますが、この面談がまたミソで「あなた」の現状等を把握した上でエージェントが「あなた」に合う求人を紹介してくれたりするので、必ず面談には行くようにしてください!

公式サイト⇒『ワークポート』

3位 『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆24~49歳程度

◆全業種対応

<パソナキャリアのイチ押しポイント>

対象年齢の幅が広い!女性活躍を推進している代表企業であり、「女性の転職と言えばパソナキャリア」と言われている程、女性の就職に強い!応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルサポート!

また登録時に女性エージェントを指定する事も可能!登録後のサイトにはノウハウがぎっしりと詰まっている。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

対象年齢が49歳までと幅広く、なおかつ『パソナキャリア』はパソナグループ全体として「女性活躍を推進する代表企業」であり、女性向け転職の表彰を何度も受賞しており、実績は折り紙付きです。

また女性特有の悩み(妊娠・出産・育児休暇など)を解決すべく女性エージェントが多いというのも女性にとって魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

公式サイト⇒『パソナキャリア』

4位 『MS-Japan』

公式サイト⇒MS-Japan

*当サイトからは登録無料す。


【対象者】

◆20代~40代

◆「弁護士」「公認会計士」「税理士」「税理士科目合格」「弁理士」「USCPA」「社会保険労務士」「経理・財務業務経験者」「人事・総務業務経験者」「法務業務経験者」「経営企画経験者」「会計事務所・監査法人・税理士法人での業務経験者」「法律事務所での業務経験者」

<MS-JAPANのイチ押しポイント>

管理部門における転職で活用したい転職エージェント1位にも選ばれています。年齢の幅も広くターゲットユーザーも多岐に渡ります。

エージェント自体も管理部門に精通しておりサポートが安心です。有名企業との提携も多く提携しています。

年収1,000万円以上の求人特集があるのも魅力です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

④内定

関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関まで、とにかく幅広く「あなた」のニーズに応えることができます。

以前の会社で少しでも管理部門の経験がある方、または有資格者にはおすすめしている転職エージェントです。

4位の理由は、これから経理・管理部門を目指したい未経験者には少し難しい転職エージェントとなるからです。

公式サイト⇒MS-Japan


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 最近では、転職を考えていらっしゃる方も正社員ではなく「派遣社員」で生計を立...
【IT・Web業界への転職】第二新卒・20代が新たなスタートを踏み出すのにIT・Web業界を目指す方は大勢いらっしゃいます。そこで経験者 ・未経験者・派遣・ゲーム業界・エンジニア・クリエイター特化などそれぞれの目的別にご紹介しています。「あなた」の状況に合わせて転職エージェントを選んでみてください!特徴やイチ押しポイントも合わせて解説しています!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 学歴・経歴に自信がある方もない方もそのままハイキャリアを積んでいきたい20...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 女性に限らずですが、アパレル業界経験者や、ファッション業界に興味をお持ちの方もいら...

まとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<転職エージェント登録数>

本来は1社で十分ですが、余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOKです!!

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

<経理・管理部門おすすめ転職エージェント5選>

1位:公式サイト⇒【ジャスネットスタッフ】

2位:公式サイト⇒『ワークポート』

3位:公式サイト⇒『パソナキャリア』

4位:公式サイト⇒MS-Japan

*当サイトからは登録無料です。

<経理部門を目指すなら>

公式サイト⇒【ジャスネットスタッフ】

<管理部門を目指すなら>

公式サイト⇒MS-Japan

<未経験・職種未定なら>

公式サイト⇒『ワークポート』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

いかがでしょうか。

経理・管理部門を目指して転職を検討するなら上記4選で間違いなく転職活動を上手く進めることができます。

もしどれに登録すればいいか迷ったら、もし何かお困りごとがあればTwitterのDMでもOKです!

気軽にご連絡くださいね!

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ

<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で再就職を考えている方の中には「1年も経たずに転職を決意した!」と言う方が...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒として転職活動を考えている」あるいは「短期離職してしまったけど再就職大丈...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする