転職エージェントの選び方!比較は不要で見分け方が重要!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

転職エージェントの選び方というのは転職活動者にとって最重要項目でもあります!

「転職エージェントの選び方を間違える=転職失敗」に繋がりますので、当ページで失敗しない転職エージェント選びができるようその全てを解説していきます。

こんな疑問を解決

①転職エージェントの種類は?

②なぜ一人で転職は難しいのか?

③自分に合う転職エージェントの選び方

④優秀なエージェントの見分け方は?

⑤優秀なエージェントを選ぶためには?

「転職エージェントの選び方=会社選び」から「優秀なエージェントの見分け方」まで、当ページをご一読頂ければ、理解した上で選択できると思います。

転職エージェントの種類と比較

転職エージェントと言えど、厳密には大きく2つに分けることができます。

<転職エージェントの種類>

【総合型エージェント】

業界・職種を横断して大量の案件を扱う総合型エージェントは、ほぼ100%大手であり、キャリアアドバイザーと営業が分かれていることがほとんど。

⇒リクルートエージェント/マイナビエージェント/DODA/Indeedなど

【専門特化型エージェント】

専門特化型エージェントは、限られた業界や職種、年代、地域などに特化して、専門的なサポートを行っているのが特徴。

ちなみに転職エージェントや就職エージェントと呼ばれていますが、同義です。「あなた」の状況によって使い分けているだけです。

◆転職希望者=転職エージェント

◆既卒やニート・フリーターが就職を目指す=就職エージェント

という具合です。

関連記事

総合型エージェントのメリット・デメリット

メリット
「求人数を膨大に保有しているので多くの求人を紹介してもらえる可能性があること」や「今の業界以外の新しい可能性を紹介してもらえること」などが挙げられます。

デメリット
「業界特有の事情や知識には疎い場合があること」などが挙げられます。またエージェント(担当者)が多く、社内での異動も多くエージェント一人当たりの専門性が低いという点もあります。

専門特化エージェントのメリット・デメリット

メリット

キャリアアドバイザーにも業界出身者が多く、業界特有の事情を考慮した面接対策や情報提供をしてくれるのがメリットです。

さらに一人一人の専門性が高く、年齢も若い傾向にあり親身にサポートしてくれます。

デメリット

総合型エージェントに比べて求人案件数が少ないという点が挙げられます。

また地方出身者などは登録対象外となってしまう可能性もあります。

転職エージェントなしでは転職は厳しい

転職活動をするに当たって転職エージェントを使わずに転職するのは限りなく難しい事です。

<なぜ一人では難しい??>

「スケジュール管理」「企業への応募」「企業調査」「書類作成」「面接対策」「入社後の交渉」と全て一人でやらなければなりません。在職中だとすると時間も限られてきますので、相当厳しいと思います。

それが!!

<転職エージェントだと??>

全て無料でサポートしてくれます。特に「書類作成の添削」や「面接対策」「入社後の交渉」は転職活動者にとって非常にありがたい部分です。

転職エージェントは使わない方がいい!と書かれているサイトを見ることがありますが、現役キャリアアドバイザーから言わせてもらうと、

逆に使わない理由がない!です。

そこで大切なのが!

「あなた」に合った転職エージェントを選ぶことが最重要となってきます。

そして!!

どれだけ腕の良いキャリアアドバイザーに担当してもらえるか。

がポイントになってきます!

冒頭でも書いた通り、転職活動において転職エージェントの選び方・専任担当の腕というのが非常に重要になってきます。

一人で転職は難しいですが、プロの力を借りるにしても見極めなければならないということです!

転職エージェントの選び方=会社選び

さてここでは「転職エージェント=会社選び」について解説していきます!

これは圧倒的に答えがあります。

「転職活動者の属性」です。

「あなた」に置き換え当てはめてください。

<まずは属性チェック>

①年齢が25歳まで⇒「第二新卒」

②年齢が25~29歳まで⇒「20代・若手」

②年齢が30歳以上⇒「中途」

たったこれだけです。

これだけですが、この属性チェックだけで「あなた」が選ぶべき「転職エージェント=会社選び」は答えがでます。

<転職エージェント選びの答え>

【①~②の属性の方】

第二新卒・20代特化型エージェントに登録すべきです。

【③の属性の方】

大手総合型エージェントへ登録すべきです。

これにはちゃんとした理由があります。

特に【①~②の属性の方】は間違えて登録しがちですので、注意です!

↓以下に詳しく解説↓

<第二新卒・20代が転職失敗するケース>

新卒同様に「リクナビ」や「DODA」など、いわゆる総合型求人サイト総合型エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、そのままニートになってしまった。という方も私は見てきました。

なぜ転職に失敗してしまうかというと、大手総合型エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなりますもちろん求人を出している企業はある程度「求めている人物像」はあるのですが、それが第二新卒・20代とは限りません

確かに若手人材不足という背景から第二新卒・20代を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。なんです。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒・20代が総合型エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

第二新卒・20代は元から第二新卒に特化しているエージェントをご紹介・おすすめしています。

第二新卒・20代特化型であれば、ライバル数も激減し、なおかつエージェント側の思惑も関係なくなるんです!!

もし今まさにこの記事を読んで、「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下のページでご紹介する第二新卒・20代特化型の転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

優秀なエージェントの見分け方6つのポイント

優秀なエージェントを見分けるには6つのポイントがあります。

実際に私自身がエージェント(キャリアアドバイザー)なので、その全てのポイントをお伝え致します。

6つのポイント

①「あなた」に合うかどうか

②レスポンスが早いか

③高い専門知識があるか

④適正な求人を紹介してくれるか

⑤応募予定の企業の情報を持っているか

⑥書類・面接対策をしっかりしてくれるか

それぞれ具体的に解説します。

①「あなた」に合うかどうか

エージェントも「人」です。

誰とでも合う!という人を除けば、性格や態度、電話での対応などから一通り判断できると思います。

まずは専任で付いたエージェントが「あなた」に合いそうかどうかというのを見極めてみてください!

②レスポンスが早いか

企業との日程調整、質問に対する返答など、とにかくレスポンスが早いかどうかというのはそのエージェントの技量を図る非常に重要な要素です。

レスポンスが遅いと、せっかく「あなた」が進めたいと思っていてもなかなか進展しない!というジレンマに陥ります。

時間が無駄になりますので、そんな時は担当者を変更してしまうのが得策です。

関連記事

③高い専門知識があるか

経験の長い人であれば、あらゆる業界や職種に精通しているでしょうが、そこまでに至らない人でも、特化している分野があるはずです。

業界ならではの事情はもちろん、「この職種は今この業界で求められているから、年収が高めに出る」など、市場を踏まえた知識を持っています。

もし「あなた」が業界を決めているのであれば業界特化型エージェントに登録する事がおすすめです。

ITであればIT特化型。

アパレルであればアパレル特化型。

経理であれば経理特化型。

専門特化型のエージェントというのは業界に精通している場合がほとんどなので、高い専門知識を有しています。

各業界特化型転職エージェント

④適正な求人を紹介してくれる

エージェントとの面談時に、必ず「あなた」の希望や要望を伝えることになります。

関係ない求人を紹介されたり紹介求人数が少ない(手札が少ない)場合には注意が必要です。

新人エージェントか、あるいはポンコツエージェントで企業からの信頼が無いパターンのどちらかです。

もちろん「あなた」のために厳選して求人を紹介してくれるケースもありますが、「あなた」がそう感じなかったら担当者変更でもOKです。

⑤応募予定の企業の情報を持っているか

応募する会社の人事担当者やマネージメント層と信頼関係があり、趣味や性格などの情報も知っているエージェントは非常に優秀です。

「情報を持っている=そのエージェントが推した転職活動者は信頼され、内定に至るケースが高い」からです。

絶対受かりたいんです。何かアドバイスや情報ありますか?

と聞いてみてください。

普通のエージェントなら持っている情報を教えてくれるはずです。

⑥書類・面接対策をしっかりしてくれるか

履歴書・職務経歴書の書き方、さらには面接対策としてリハーサルを実施してくれるかどうかというのも優秀なエージェントを見分ける上で大切です。

自己PR欄は親身に接してくれるエージェントであれば的確にアドバイスしてくれます。

志望動機であれば、上述と少し被りますが、情報を持っていれば「その企業の心に刺さる」フレーズなども教えてくれます。

関連記事

エージェントには好かれる方が有利!?

「あなた」がエージェントを選ぶように、エージェントも同じ「人間」です。ぶっちゃけ好き嫌いというのはあります(笑)

「単純にどこにも受かりそうにない経歴の応募者」だけでなく、性格や態度、振る舞いが無礼な転職者はエージェントに嫌われます。

するとどうなるか。

転職エージェントに嫌われる = 良い案件を紹介してもらいにくくなる

という「あなた」にとってデメリットが生じてしまいます。

そうならないためにも、最低限社会人としての付き合いを心がけてください!!

アドバイス

「良い転職活動者=やる気があり採用されそう」と思われるためには、「あなた」がエージェントを選ぶ際のポイントと同様に「レスポンス」には気を付けてください!

特に選考が進んでくるとエージェントは日程調整等の都合を付けなければならないため、電話やメールでのやり取りが増えます。

そのため、電話は出られない事があるにしてもメール等は「なるべく早く返信する」様にしてください!

これだけでだいぶエージェントの「あなた」に対する心象や印象が変わります!

例えば、日程調整しているのに「連絡がない=やる気がない=求人を紹介する気になれない」という様にエージェント側も思いますので注意です!!

優秀なエージェントを選ぶために

転職エージェントに登録したからと言って、必ず優秀なエージェントが担当に付くとは限りません。

この点について言えば、正直「運」です。

なので、人生の掛かっている転職において、ポンコツエージェントは避けたい!(笑)

そんなことは当たり前のことで、可能な限り運要素を回避する必要があります。

運要素の回避策

優秀なエージェントに当たるためには少し面倒かもしれませんが、出来る限り多くの転職エージェントに登録することが必要となります。

但し、登録したとしても3社までです!!

本来は1社で十分です。求人をたくさん見てみたいという方は数社(それでも3社まで)登録してもOKですが、自分に合わなければエージェントを変更してもらった方が得策です。

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

登録しすぎると逆に「あなた」がエージェントに対してレスポンスが悪くなり「転職する気が無い」と思われる傾向に陥ってしまうケースが多いからです。

とにかく転職エージェントをどこに登録すればいいか迷っている方<転職エージェントの選び方=会社選び>で「あなた」の属性をチェックし、プロの私が厳選したおすすめ転職エージェントへの登録を検討してみてください!

転職エージェントに登録をすると、連絡がきて転職エージェントとの面談、あるいは電話でのやりとりを行うことになると思います。

例えば、1社目で面談に行き、「この人は良さそう」と思ってもそこで決めてしまうのは少し早い決断かもしれません。

登録してから面談に行くのは面倒かもしれませんが、転職エージェントによって面談の内容も異なりますので、面談を通して気づく事も多いと思います。

転職活動において転職エージェントとの面談は重要ですので、本気で転職を考えているのであれば「登録→面談」は必ず実施するようにしてくださいね!

関連記事

まとめ

当ページでの解説は以上となります。

初めて転職活動をされる方も、2度目の方でも、いずれにしろ転職エージェントの選び方、そしてエージェントの見分け方というのは「あなた」の転職を左右し、最終的には将来のキャリア形成にも影響を与える非常に重要な選択であるということが少しでもお分かり頂ければ幸いです。

少しでも転職活動の参考になれば当ページを書いた甲斐があります。陰ながら応援しています!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
公務員から民間への切り替えを検討しているが、転職できる年齢はどのくらいなのか。何歳くらいまでに転職を決断するべきなのか。年齢による転職成功率は異なります。早ければ早いに越したことはありませんが、当然迷って当たり前です。迷ったら一人で悩まずプロに相談することで転職すべきか客観的に把握する事ができます!現役キャリアアドバイザーだから知っている情報をご提供!