職務経歴書の自己PRが書けないなら書かないで転職する方法

ど〜も〜MrダービーBoyです( *´艸`)

志望動機とは異なり、自己PRの場合は複数で選考が進んでいっても使いまわしが可能です。

その分、しっかりとした自己PRを作っておきたいですよね!

自己PRは書き方次第で書類通過率も変わってきます!

どう採用企業側に読ませるか

この記事通りにすれば

間違いなく読まれる自己PRを書くことができますよ!

ですが!!私の所に相談に来る方は違います。

自己PRが書けません。書かないとダメですか?

普通のキャリアアドバイザーなら間違いなく、「書いてください!」と言うでしょう。ですが、無理に書く必要はありません。

どうしても自分に自信がない、あるいは書く内容がない。という第二新卒が書かないで転職する方法だってあります。

◆自己PRを書かないで転職する方法

◆読ませる自己PRの書き方

書く方・書かない方に分けてご紹介していきます!!

自己PRを書かないで転職する方法

自己PRを書かなくてもOKなのは第二新卒の特権です。30代以上の中途採用となると、ある程度社会人経験があるので「どんな事をしてきたのか」「経歴は?」とMUSTで聞かれます。

第二新卒の場合には、新卒で入社してから間もないので企業側もそこまで経歴などが無い事はわかっています。それでも第二新卒を採用しようとしているのは、第二新卒を採用する事での企業のメリットが多分にあるからなんです。

だからこそ、第二新卒特化型転職エージェントに登録しなければなりません。だって20代の内にしか活用できないんですから、もったいないですよ。

①登録する転職エージェントを間違えている

②書類選考が第二新卒転職のハードルを上げる

これを解決すれば圧倒的に転職を成功させる可能性が上がります!!

そしてめちゃくちゃ簡単です!以下の転職エージェントを活用するだけでOKです!

『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒DYM就職

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

10代・20代

第二新卒・フリーター・ニート・中途・専門卒

<異端児DYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人さらに正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!というのを全て無料で出来るからです!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

面接対策

面接

⑤内定

面接前にしっかりと面接予定企業の対策までしてくれるのでとても安心です!最短1週間で内定がでます!!

内定率96%で書類選考までパスすることができて、なぜこんなサポートと実績があるかというと、『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉をし紹介するスタイルをとっているからなんです。

知らなかった方も多いのではないでしょうか。

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、特に20代の転職にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

書類選考を最初から突破した状態で転職活動を進める事ができるので、中途採用枠とバトル必要もありませんし、『DYM就職』に求人を出している企業は「そもそも第二新卒を取りますよ!」と言っているので内定率も脅威の96%なんです!!


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 ど...
志望動機って書くのが面倒じゃないですか?書かないで転職する方法もあります。第二新卒の場合、新卒時に使っていた職務経歴書をいじったり、サイトからパクったりしてしまう事が多いです。それなら書かない方がまだ良いです。書類選考自体をパスした状態で転職活動できればそれが最適です。その方法をご紹介しています!

自己PRを書くならば自己分析

上記で紹介した『DYM就職』であれば特に書く必要はないのですが、もちろんそれ以外の転職エージェントを活用される方もいらっしゃると思います。

私はただ単に転職エージェントを勧めるだけが仕事ではなく、就職支援が仕事ですのでしっかり解説していきます(笑)

自己PRって新卒時にも就職活動をしていて書きましたよね?

その時を少し思い出してみてください。

まず最初に自己分析を行いませんでしたか?

企業に対して「あなた」を売り込むわけですからまずは「あなた」自身を知る必要があります。

ということで、第二新卒の方は以下の手順で「あなた」を把握してください!!

<「あなた」を把握する手順>

<手順1>新卒時に考えた自己PRを見る

*残っていなければ飛ばしてOKです!

<手順2>友人・知人に「あなた」がどんな人間か聞く(他己分析)

*社会人で忙しいかもしれませんので、こちらも可能な限りでOKです。

<手順3>自己分析を実施する

手順3の自己分析の方法は以下にまとめてあります。

<自己分析の方法>

<STEP1>過去の経験を綴る=自分史の作成

<STEP2>過去の経験を掘り下げる=頑張った経験等

<STEP3>過去の経験から長所・短所を見つける

<STEP4>やりたいことを洗い出してみる

<STEP5>それらを踏まえて自己PRを考える

ここまで行えれば、自己PRはいくらでも書くことができると思いますよ!

以上を踏まえて、次の自己PRの書き方>へ進んでください!


<合わせて読まれている記事>

【転職成功したい方必見】転職活動において、「なんであいつは内定をもらえるんだ?」「どうして私は、、、」という方が大勢いらっしゃいます。なぜその彼・彼女が内定をもらっているのか、それはたった7つの特徴だけなんです!それを抑えて「あなた」も転職成功者側にまわりませんか?その方法を伝授しています。

書類通過する自己PRの書き方

よく他のサイトを見ていると「フレッシュさ」や「熱意」をアピールしましょう!!

と書かれています。

が!!!それは面接時のことであって、「フレッシュさ」を

どうやって文で表現するんや!ってなりますよね(笑)

よくそれらを鵜呑みにして書いてしまって

また書類でダメだった、面接まで辿り着かないよ。

と悩まれるカスタマー様がいらっしゃいます。

ちゃんとポイントを抑えれば必ず通過率はUpします。

自己PRを書く上ではたった3つのポイントを抑えるだけでOKです。

<3つのポイント>

1.アピール内容(強みなど)の根拠を示す

2.得意分野・成功体験を伝える

3.キャリアビジョンを明確にする

上記の3つのポイントを自己PR欄に順に書くだけでOKです。

それぞれ解説していきます!

またこれ以外にも書類通過率をUpさせる方法があります。

それはみなさんが普段書く事のない「特記事項欄」です。

<読ませ方>

最初から自己PRを読ませようとするから難しいんです。企業がまず最初にみる(名前等を除いて)のは「学歴」ももちろんですが

「特記事項欄」なんです。

特記事項なんて使った事ない。という方がほとんどかもしれませんね。

ですが、特記事項というのは「あなた」が企業側に伝えなければならないこと。例えば「持病がある」など。

必ず企業側は目を通します。

そこで特記事項の活用方法が他者と差をつける非常に効果的な方法なんです。

「特記事項の使い方」について詳しくは以下の記事で解説していますので、気になる方はぜひ参考にし「読ませる職務経歴書」を完成させてみてください!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職活動者には必ずと言っていいほど「履歴書」と「職務経歴書」の提出が求められます。...

自己PRはアピール内容の根拠を示す

アピール内容というのは、具体的に

「あなたの強み」を書くようにしてください!

採用企業側は、「あなた」が求める人物像なのかを判断する際に「あなたの強み」が会社で活かせるかどうかを見極めています。

私が添削している際にありがちなのが、、、

<ありがちでNGな表現>

「人の話を良く聞き応対します」

「コミュニケーション能力に自信があります」

「打たれ強いです」

「努力を惜しみません」

などなど。

結論から言うとNGです。

なぜNGなのか??

これはあまりに

抽象的かつ典型的な表現だからです。

さらに採用企業側も見慣れている文です。

そこで、なぜ強いのか?を具体的に根拠を示してあげます

<具体的な例文>

「人の話をよく聞き応対します」を例にとってみましょう!!

私は人の話を良く聞き応対します。
相手の話し方や態度、性格やその人の(1)背景まで意識し、相手が何を言いたいのかを読み取りながら受け答えをします。
そのため、(2)友人・知人からよく相談をされることも多く、また(3)初対面の人ともこの強みのおかげで、すぐに打ち解けることができます。
学生時代にはサークル内で、同期や後輩の意見や要望を聞き取り、年代による齟齬をなくすべく(4)調整役を任されていました。

このように記述することで、

<例文のポイント>

<強み>

◆「人の話を良く聞き応対する事ができる」

<強みに対する根拠>

(1)相手の背景なども意識する

(2)友人・知人からよく相談される

(3)初対面でもすぐ打ち解ける事ができる

(4)サークル内で調整役としての実績

を示すことができ、具体的かつ説得力のある文にすることができるんです。

つまり、第二新卒の方には「抽象的かつ典型的」ではなく「具体的かつ説得力」を意識して書くようにして頂きたいです。

自己PRは成功体験・得意分野を伝える

1年未満で辞めてしまった方には前職での成功体験などはないかもしれませんね。

さらには、

3年未満で辞めたけど前職での成功体験なんてないしなぁ

と第二新卒の方にはあまり「成功体験」がない!と言うことが往々にしてあります。

ですが!!!

勘違いしてほしくないのは、

別に前職だけについて書く必要はない

と言うことです。

人生において「あなた」が過去にした成功体験を書いてもOKです。

さらに逃げ道として、本当になければ得意分野を書けばOKです!

前職について書く方は以下の注意点を守ってください!

<前職について書く場合の注意点>

1.「多くの経験」「深い知識を得た」などはNG

*第二新卒なのに不自然で突っ込まれます。

2.「謙虚さ」と「簡潔さ」で書く

*「わずか数年で仕事を覚えられるとは思っていませんが~」と謙虚さを出してください。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒として転職活動を考えている」あるいは「短期離職してしまったけど再就職大丈...

自己PRはキャリアビジョンを明確にする

第二新卒は企業によっては、新卒同様の扱いを受けることもあります。

採用企業側として、「あなた」がどんなキャリアビジョンを描いているのかという点は非常に重要な要素です。

明確なキャリアビジョンを持っている方はそれを素直にまっすぐに書いてください!!

<キャリアビジョンが見えない方>

その会社に入って何をしたいか

将来どんな「あなた」を目指しているか

どういう貢献をしたいか

例えば、

「○○の業務に携わり、△△△と協業し、~の商品開発をしたい」というように具体的に書いてみてください!!

さらに企業調査を実施することで、自ずとそこで働いている「あなた」を想像させると思いますよ!

<企業調査の方法>

①インターネットで調べる

②転職エージェントに聞く

③口コミサイトを見る

<おすすめの口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料です。

他にも「転職会議」「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいと評判です!

特に口コミサイトは、以前その企業で働いていた方の生の声が反映されているために嘘の情報が少なく、リアルです。

自己PRを書く場合のおすすめ転職エージェント

自己PRを書く場合でも第二新卒で転職を考えるのであれば第二新卒特化型転職エージェントに登録をおすすめします。

第二新卒特化型転職エージェントは、いわば企業が第二新卒特化型転職エージェントに対して求人を出しているため「第二新卒とりますよ!!」と言っているので活用しない手はありません。

その中でも私が厳選した転職エージェントをご紹介致します!!

『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職サポート。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問!短期離職、未経験職種OK、ブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

求人の紹介もキャリアカウンセリング後に行ってくれます。このキャリアカウンセリングがまたミソ!!

過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、さらに将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

<内定までの流れ>

WEB登録(約30秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

書類選考対策

面接対策

面接

内定後アフターフォロー付き

対象年齢は18歳~28歳まで!というのが一見デメリットに感じられるかもしれませんが、幅広いサポートでカバーされています!

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒に限らず、中途の方にしろ転職エージェントって転職において非常に重要ですよね...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職を考えている場合には必ずと言って良いほど「転職エージェント」の話が出てきます。...

転職成功のためのまとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<まとめ>

第二新卒が転職を失敗する原因は書類選考からスタート!という概念があるから。なおかつ総合型転職エージェントに登録をし、中途採用枠とバトルしてしまうから!

そうならないために書類選考をすっ飛ばし、面接から転職活動をスタートさせる。

そのためには、第二新卒特化型転職エージェントを活用する必要があり、さらに書類選考をパスできる転職エージェントが必要である。

<自己PRを書かない場合>

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

に登録をすればすべて解決できる!登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

*当サイトからは登録無料です。

<『DYM就職』のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

<自己PRを書く場合>

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

に登録をすれば転職成功率が他サイトよりも高い上に第二新卒特化型のため安心!!こちらも登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

*当サイトからは登録無料です。

書類通過する自己PRの書き方>

①アピール内容の根拠を示す

②成功体験・得意分野を伝える

③キャリアビジョンを明確にする

<困ったら>

何かお困りごとや相談等がございましたらコメントでもTwitterのDMでもOKです。私に気軽にご連絡ください!就職アドバイスさせて頂きます!

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ

<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
現役アドバイザーのMrダービーboyです。 転職活動をしている方の大半はホワイト企業へ転職したい!と思われていると思います。私...