新卒の転職で失敗しない5つの方法

MrダービーBoyです。

新卒入社した方で「もう辞めたい」「今の会社で続けられる気がしない」という方のために転職で失敗しないための方法を解説していきます!

という私も実は新卒で入社し半年程度で転職を経験し今のキャリアアドバイザーとしての職に就いております。

失敗しないための方法を5つ、さらに失敗してしまう原因も合わせて解説した上で、登録すべき第二新卒向けの転職エージェントをご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください!

転職で失敗しないための5つの方法

これからご紹介する5つの方法は実際に私がキャリアアドバイザーとして新卒、つまり第二新卒として転職を考えている方に実践して頂いている内容になります。

<5つの方法>

①自己分析・市場価値を把握する

②転職スケジュールと金銭の把握

③退職理由をポジティブ変換

④読ませる職務経歴書を書く

⑤転職エージェントを活用する(重要)

主に上記5つを抑えておいてください。特に最も重要になってくるのが「⑤転職エージェントを活用する」ということです。

転職において必須とも言えますが、新卒で転職を考えている方が最も失敗してしまう原因の一つでもありますので、詳しくは後述の<新卒の転職活動前の注意点(必見)>をご覧ください。

それでは順に解説していきます。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で再就職を考えている方の中には「1年も経たずに転職を決意した!」と言う方が...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...

失敗しない方法①自己分析・市場価値を把握

まず一番最初に実施して頂きたいのは「自己分析」です。これは新卒時の就職活動でも実施したかと思います。ですが、一度社会人となっているので改めて実施してみてください。

<自己分析の方法>

<STEP1>過去の経験を綴る=自分史の作成

<STEP2>過去の経験を掘り下げる=頑張った経験等

<STEP3>過去の経験から長所・短所を見つける

<STEP4>やりたい事を洗い出してみる

<STEP5>上記を踏まえ自己PRを考える

社会人となり、友人や家族に自分の強み等を教えてもらう事が難しくなったと思います。そこで転職においては様々なツールが存在しています。

<あなたの強みを知りたい方>

大手リクナビが運営しているサイトです。

当サイトからは登録無料ですが、リクナビの転職エージェントの活用は不要です!!後述でも解説しますが、登録し、以下のツールを使うのみで十分です!

面倒だという方は後述で紹介する第二新卒特化型転職エージェントの活用で「あなた」の強みを含めキャリアカウンセリングを実施してもらえますので、そちらでもOKです!

<あなたの市場価値診断>

同じようなキャリアを持つ人がどんな職種に就き、どの程度年収をもらっているかなどを把握するツールです。

こちらも当サイトからは登録無料なので、診断用に活用してみてください!

上述と被りますが「こんなの面倒だ」という方は第二新卒特化型転職エージェントへの登録・活用で、エージェントとキャリアカウンセリングを実施してもOKです!

あくまで上記2つは客観的に分析するためのツールとお考え下さい。

失敗しない方法②スケジュールと金銭の把握

転職活動もスケジュールを組み立てる事が必要です。

<具体的なスケジュール>

1.スタートとゴール(初出勤日)を決める

2.会社選び、応募、退職日や内定

3.退職後は引き継ぎや有給消化

しっかりとスタートからゴールまでのスケジュールを決めておくことで転職活動にメリハリが出て、進めやすくなります。

人によってペースは異なりますが、転職活動を始めてから約1~3カ月程度を目処にスケジュールを組むのが一般的となります。

短い人だと1ヶ月もあれば決まってしまうケースも十分あり得ます。という私も1ヶ月で転職を成功させ退職や引継ぎ等で焦りました。

そのためスケジュールはある程度決めておいた方が「退職」や「引継ぎ」で慌ただしくなくなりますので、余裕を持っておきましょう!

「内定が出るまでの期間」や「退職時の貯金額」「失業保険の注意点」などは以下の記事でまとめておりますので、参考にしてみてください!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 どうやら記事が丸パクリされているようですが、上手く拡散されてみなさんに伝わればいいなぁと思...

<合わせて読まれている記事>

第二新卒で退職すると入社間もなく後ろめたさがあるものです。上司への転職の切り出しもしにくいですよね。そこで、上手く上司に伝えるタイミングや切り出し方、引き止められた場合の対処法などを解説しています!伝え方がいまいちピンと来ていない方はご参考までにご一読ください!またこれから転職活動をスタートされる方向けに第二新卒特化型のおすすめ転職エージェントをご紹介しています。
退職を上司に切り出すのは誰でも嫌です。上司に切り出す前の段階でしっかりと準備を万全の状態で臨んでください!円満退職を目指し、退職しましょう!たった4つの注意点を意識しておけば意外とあっさり退職できてしまいます。これから転職活動をスタートする方、あるいは既に始められている第二新卒向けに第二新卒特化型の転職エージェントをあわせてご紹介しています!
退職から転職までサポートしてくれる転職サイトもご紹介!退職を同僚に言うのは、実は上司へ伝えてからが無難って知ってましたか?円満退社の秘訣でもあります。また家族への切り出し方で、特に配偶者がいる方は注意が必要です!万が一反対された場合の対処術も伝授していますので参考にしてみてください!

失敗しない方法③退職理由をポジティブ変換

転職活動を進めていくと、書類選考、面接が始まっていきます。第二新卒の場合に限らずですが、面接で退職理由(転職理由)について聞かれることがほとんどです。

前の職場に不満や納得のいかないことがあるから転職を選んだことは面接官も分かっています。

しかし、それをそのまま伝えるのでは印象としてよくありません。不平不満ばかりを並べると、

面接官
入社してから何か気に食わない事があればすぐに辞めてしまうのでは?

と採用企業側に不信感を与えかねません。

そのためネガティブな退職理由をポジティブな転職理由にすり替えることで面接官の印象をグッと上げることができます。

退職理由別(拘束時間・人間関係・短期間退職等)を以下にまとめておりますので、ぜひご活用ください!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職を考えた時に「どう退職を切り出すか」、そして実際に転職活動を進めていくと「退職...

失敗しない方法④読ませる職務経歴書を書く

面接、そして職務経歴書ではとにかく「一貫性」が重要です。結局「軸」がブレていると採用企業側に見抜かれるために不採用となるケースは多々あります。

そこで職務経歴書では他者と差をつけ採用企業側に「読ませる」事を重視し書類通過率を上げつつ、「この人に会ってみたい」とまずは思わせなければなりません。

面接をしてそこに「一貫性」があれば「あなた」の印象はグッと上がり内定に繋がる可能性が非常に高いです。

職務経歴書において重要なポイントは以下の3点です。

<職務経歴書で重要なポイント>

①志望動機

②自己PR

③特記事項の使い方

①、②はなんとなくわかると思いますが、実はあまり差がつかないポイントでもあります。そこで、最も差をつけることができるのが、普段書く事がないと思われがちですが「特記事項欄」なんです。

この使い方一つで「読ませる職務経歴書」を書く事ができます。

それぞれの書き方については以下を参考にしてみてください!ちなみに新卒が第二新卒として転職を考えた場合に「書類選考なしで面接」まで行くことができる第二新卒特化型転職エージェントがあります。

後述でも紹介しますので、職務経歴書に自信がない方は必見です!


<志望動機の書き方>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で転職活動をしていて、実際に選考が進み始めると出てくる悩みが、 ...

<自己PRの書き方>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 志望動機とは異なり、自己PRの場合は複数で選考が進んでいっても使いまわしが可能です...

<特記事項の使い方>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職活動者には必ずと言っていいほど「履歴書」と「職務経歴書」の提出が求められます。...

失敗しない方法⑤転職エージェントを活用する

最も重要と言っても過言ではない点です。

今の時代、昔に比べて転職自体はしやすくなりました。ですが、それと合わせて転職エージェントというのも増えてきています。

みなさんがご存知なのは大手総合型転職エージェントと呼ばれる「リクルート」「DODA」等ではないでしょうか。

新卒時には「求人サイト=転職サイト」に登録をし、就職活動をされたと思います。私もそうです。

しかし、新卒で転職を考えた場合には「求人サイト=転職サイト」は不要です。必要なのは「転職エージェント」になります。

新卒同様に転職活動をしてはダメだ!ということです。

実は新卒時の就職活動よりも第二新卒としての転職活動の方が圧倒的に有利なんです。

それが「プロの力」を借りることができるということです。

正直言って、転職エージェントの登録は転職活動をする上でMUSTだと考えておいてください。

<活用する理由>

1.非公開求人を多数扱っている

2.「あなた」を推薦してもらえる

3.プロのアドバイス・指導を受けることができる

「あなた」のスケジュール管理はもちろんの事、職務経歴書の書き方なども丁寧に指導してくれます。

「転職エージェント」の登録が必要ということはなんとなくわかって頂けたかと思いますが、この「転職エージェント」が転職で失敗する原因でもあると上述で書きました。

<勘違いしないで欲しい事>

「転職エージェント」の登録は必要。しかし誤った転職エージェントの登録が失敗に繋がる

そのため、登録すべき転職エージェントに登録する必要がある。

ということです。

しかし、素人目には判断が難しいと思いますので、新卒転職を経験し現在プロのキャリアアドバイザーとなった私が、新卒が転職で失敗する原因について以下に詳しく裏側も交えて解説します

その上で登録すべきおすすめ転職エージェントをご紹介致します。


<合わせて読まれている記事>

登録に迷ってしまいがちな転職サイトと転職エージェントを徹底比較。メリット・デメリットやプロだからこそ知っているそれぞれの裏側やぶっちゃけを詳細に分かりやすく解説しています。どちらを活用すべきなのか、この記事で一目瞭然です。年代別に必要な転職エージェントも合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

新卒は転職エージェント選びで決まる

この記事を読んでいる時点で、少なからず転職をお考えだと思います。転職を考えた時にまず思い浮かぶのが、転職エージェントへの登録だと思います。

新卒の就活との大きな違いは転職はプロの力を借りることができる。という点で、なおかつ内定までの期間が割と短いということです。

結論から言って転職エージェントへの登録は必須です。

ここまでは様々なサイトでも書かれていますよね。

但し、注意が必要です!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?あるいはしようとしていませんか。

「新卒 転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 ど...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 ニートの方の就職支援をしていると、 という質問を受けると同時に、 ...

新卒の転職で失敗しないためのまとめ

本記事のまとめをしておきます!

<失敗しないための5つの方法>

①自己分析・市場価値を把握する

②転職スケジュールと金銭の把握

③退職理由をポジティブ変換

④読ませる職務経歴書を書く

⑤転職エージェントを活用する(重要)

<第二新卒特化型転職エージェントのメリット>

第二新卒特化型にある企業の求人は、企業が第二新卒特化型転職エージェントに求人を依頼しているから。

つまり、そもそも第二新卒を取りますよ!と言っている。上述でも書きましたが、総合型転職エージェントは中途やその他があるためにライバル数が多くななるので第二新卒特化型転職エージェントが圧倒的有利なんです!

さらに20代しか活用できないという点もある。

<第二新卒おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。

特にDYM就職書類選考もなく進めるため圧倒的に有利!!迷ったら登録しておいて損はないです。

<登録に迷ったら>

◆公式サイト⇒『DYM就職』

に登録しておけば間違いありません。登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

いかがでしたでしょうか。

新卒が転職を考える上というのは短期離職がほとんです。確かに一昔前は「3年は勤めろ」と言われていましたが、今のご時世そんなことはありません。

むしろ「早く決断し新たなフィールドで活躍する」方が当たり前になってきています。

実は私も新卒で短期離職でした。当時は「第二新卒ってなに?」くらいの知識しかありませんでした。転職をして初めて「あ、自分って第二新卒だったんだ」と思ったくらいです。

このサイトを立ち上げたのも私の様な方が大勢いらっしゃると思ったからです。他サイトでは紹介されていない裏側もぶっちゃけでお伝えしていますので参考にはなると思います。

でわ。MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 初めての転職で不安も多いと思います。 当ページでは「わからな...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 キャリアアドバイザーの仕事をしていると、 という方がいらっしゃいます...
新卒入社したが、ミスマッチがあり早期退職・短期離職となった方、なりそうな方のために再就職・転職する方法をご紹介!早期退職・短期離職は不利になるのかどうかという点にも焦点を当て徹底解説!私も早期退職した身で今は現役キャリアアドバイザーです。当時とプロの視点を交えながら成功の道をアドバイスしています!