公務員から民間企業へのおすすめ転職エージェント5選

MrダービーBoyです。

公務員をしている友人から

友人
公務員から民間企業に転職ってできるかな?

という相談を受けました。私の今までの経験上、公務員から民間企業への転職を希望される方は意外と大勢いらっしゃいます。

友人同様に、公務員から民間企業への転職を希望されている方もいらっしゃると思いますので、確実に転職を成功させる方法失敗しない転職エージェントの選び方も含めて解説していきます!

こんな疑問を解決

①公務員から民間への転職の流れ

②転職活動前の注意点

③20代はどの転職エージェントが良い?

④30代はどの転職エージェントが良い?

公務員から民間への転職の流れ

社会人になって最初から公務員の方は、周りが新卒などで経験している就活経験はあまりない方が多かったです。

そもそも公務員の場合、公務員試験があるので就活をしている暇はない、、、といったところでしょうか。

さて、公務員の方も転職の流れは「既卒」「第二新卒」「中途」と同じ流れとなります。おすすめの転職エージェントも合わせてご紹介しながら解説していきます!

転職エージェントの登録

新卒時に就活経験がある方はご存知だと思いますが、最初から民間企業への就職を考えていた方は「求人サイト」いわゆるマイナビやリクナビに登録をして、興味のある企業に応募していたと思います。

<一般的な新卒の就職活動>

「求人サイト(リクナビやマイナビ)に登録し、自ら応募し、ESを書いて、SPIやWEBテストを受けて書類選考を通過して、面接して・・・」

あるいは大学の就職支援センターを活用したりします。

ですが、注意が必要です!

上記はあくまで新卒時の就職活動です。

「求人サイト」と「転職エージェント」の違いについてよくわかっておらず、本来転職エージェントに登録しなければならないのに、「求人サイト」に登録し自ら転職活動をしようとして、結果失敗する。という方を何人もサポートしてきました。

注意して欲しい事

既に公務員を経験しており、民間企業への転職を考えている方は「求人サイト」への登録ではなく「転職エージェント」の登録が必要だ!ということです。

<両者の簡単な違い>

◆求人サイト=自力で就職・転職活動

◆転職エージェント=プロの力を借りる

求人サイトと転職エージェントの違いを比較!使うべきは?

余談ですが。

求人サイト=転職サイトであり、転職エージェント=就職エージェントでもあります。要は「あなた」の状況に合わせて使い分けているだけなので、気になっていた方はこれで解決ですね!

早速登録・相談したい方

後述で詳しく特徴などは解説していますので、合わせて参考にしてみてください!

<20代の方は以下3社>

優先順位は上から順番なのでぜひ検討してみてください!

⇒20代おすすめエージェントの特徴へ飛ぶ

<30代以上の方>

⇒30代おすすめエージェントの特徴へ飛ぶ

求人を探し、応募する

上記で紹介した転職エージェントに登録をすれば、求人票を探すことももちろんできますが、そもそも転職エージェントが「あなた」の要望を聞き紹介してくれるので、わざわざ自分で求人票に注意しながら探す必要がなくなります。

ここが求人サイトと転職エージェントの大きな違いの一つでもあります!

関連記事

書類選考・筆記試験・面接

企業によっては、筆記試験(SPIなど)があります。また面接の回数というのも企業によって変わります。

第二新卒や中途採用の場合では平均2~3回程度です。

書類選考なしで面接に行くなら

『DYM就職』に登録し転職活動を始めれば、そもそも書類選考なしで面接まで行くことができるので、負担もかなり軽減されます。

関連記事

他の転職エージェントをご活用の方は、以下に職務経歴書の書き方についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!

職務経歴書|志望動機の書き方

職務経歴書|自己PRの書き方

職務経歴書|特記事項の空欄はNG!

内定

ここまできたら内定ですのでいうことなし!

と思いきや。

ブラック企業かホワイト企業かというのを内定までに見極められなければなりません。

「入社します」と回答する前にしっかりチェックしておきましょう!

関連記事

公務員から民間転職前の注意点(必見)

退職し転職決断した方には、転職活動をする前に必ず注意しておいて欲しい事があります。

最も内定率に響く点なので、当記事を読んで頂いた方はぜひ注意し転職活動を進めてください。

キャリアアドバイザーとして転職支援をしていると、

なぜ大手総合型転職エージェントを使っているのに転職できないのか??

こんな質問を良く受けます。

特に20代・第二新卒の方は注意!

<20代・第二新卒が転職に失敗するケース>

新卒同様に「リクナビ」や「DODA」など、いわゆる総合型転職エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、そのままニートになってしまった。という方も私は見てきました。

なぜ20代・第二新卒が失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「求めている人材」がいるのですが、それが20代・第二新卒とは限りません

確かに若手を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。なんです。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうすると転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが20代・第二新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から20代・第二新卒に特化している転職エージェントをご紹介・おすすめしています。

20代・第二新卒特化型転職エージェントに求人を出している企業は「そもそも第二新卒取りますよ!」と言っているんです。

そのため、総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録するくらいなら20代・第二新卒に特化している転職エージェントに登録する方が圧倒的に有利です。

もし今まさにこの記事を読んで、「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下におすすめす転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

関連記事

20代公務員から民間へ!転職エージェント3選

転職活動をしている方もこれからの方も基本的には一人での転職は不可能に近いです。ほとんどの方が何等かの転職エージェントに登録をし転職活動をスタートします。

上述で20代・二新卒が大手総合型転職エージェント(リクナビやDODA等)に登録することの危険性についてはご理解頂けたかと思います。

以下に紹介する転職エージェントはブラック企業排除に努めており求人を厳選しているので非常に安心感・安定感があります。

『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


<圧倒的なDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

DYM就職についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

DYM就職の口コミ・評判|なぜ選ばれる?

DYMとマイナビエージェント比較!

DYMとリクルートエージェント比較!

『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトから登録無料です。


<対象者>

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、海外留学から帰国後、就職浪人、現在公務員かつ公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒、キャリアアップ。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職、未経験職種OKブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

キャリアカウンセリングがまたミソで過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

関連記事

『ウズキャリ』

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方

<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えています!

ブラック企業排除の徹底

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

公務員から民間企業への転職を考えている20代であればブラック企業を回避する事ができ、就職までのスピード感もあるので人気の転職エージェントの一つです!

アドバイス

『DYM就職』【第二新卒エージェントneo】と提携企業も異なるため、同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!

3社まで登録するのであれば、上記3つで事足ります!優先順位は上から順番なのでぜひ検討してみてください!

各業種おすすめ転職エージェント

30代公務員から民間へ!転職エージェント2選

30代以上の場合には残念ながら20代・第二新卒特化型転職エージェントへの活用は出来ません。とは言え、転職ができないというわけではありません。

公務員からの転職の実績があり、なおかつ転職成功率が高い転職エージェントをご紹介致します。

何に登録すればいいか困っていたという方はぜひ登録し転職活動を進めてみてください!!

『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~40代前半

◆既卒、中途、第二新卒、社会人経験なし

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

公務員にとってありがたいのは、未経験OK・スキル無しOK!という点ではないでしょうか。30代以上であれば間違いなく登録しておいて損はない転職エージェントです。

『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆24歳~49歳まで

<イチ押しポイント>

業界・職種別のチーム体制を取っているため専任のキャリアアドバイザーがそれぞれの経験に沿ったアドバイスをしてくれます! 求人の紹介から、応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルで転職をサポート。 面談は平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。求人数が30,000件を超え非常に豊富。

女性の転職と言えば、『パソナキャリア』と言われるほど女性の就職に強い転職エージェントです。女性の方であれば就職率も高いのでおすすめです。

特に女性の場合にはおすすめです。女性エージェントが多く、女性に対しての転職活動サポートの先駆け的な転職エージェントですので、ノウハウ等も豊富です。

関連記事

公務員からの転職まとめ

それでは本記事のまとめをしておきます!!

<転職の流れ>

①転職エージェントに登録する

②求人を探し応募する

③書類選考・筆記試験・面接

④内定

という一般的な転職活動の流れと同じ。

但し公務員の場合には、企業に勤めた経験がないため転職エージェントはしっかりと選定しなければならない。

自ら求人に応募していくよりも、転職エージェントと面談を通して「求人を紹介してもらう」方が無難である。

<20代・第二新卒転職前の注意>

20代は新卒時同様に、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録しがちです。実は大手総合型転職エージェントの活用が20代転職の失敗で最も多い原因の一つ

そのため、20代は「第二新卒特化型転職エージェント」に登録する必要があります。

<20代おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。

特に『DYM就職』書類選考なしで面接まで行く事ができるため非常に有利です。いずれの転職エージェントも登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてくださいね!

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

<30代おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒『ワークポート』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

基本的には『ワークポート』がおすすめ。但し、女性の場合には『パソナキャリア』がおすすめ。

現在公務員の方、いかがでしたでしょうか。

公務員から民間企業へ転職したいとなると、

周囲
え~せっかく公務員なのにもったいない!

と耳にタコができるほど言われませんか?

周囲は「あなた」の気も知らないで「公務員=最初の試験が大変だけど、その後は安定」という側面しか見ていません。

公務員は立派な仕事であると私は思います。

それでも「あなた」が転職を考えているということは何かしら自分の中で理由があるということです。

転職に迷っていれば、ご紹介した転職エージェントにまずは相談してみるのが最初の一歩だと思います!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

新卒時に就活をせずに卒業した人必見!「このままではヤバい」と思い一念発起したは良いものの「就活の始め方」「そもそも自分は新卒なのか」など実際に私が実践でサポートしている同じ境遇の方がどういう悩みを持っているかを具体的に、さらに企業やエージェントの裏側を交えながら徹底解説しています!お読み頂ければ理解し、何が必要なのか見えてくると思います。失敗せず最短距離で内定を勝ち取り正社員として就職し一発逆転をしましょう!
現役キャリアアドバイザーが実践している方法をご紹介。就活したことがない既卒でも失敗せず、正社員として就職するための方法を詳しく解説!他サイトでは書かれていない「そもそも既卒は新卒採用になるのか?中途?第二新卒なのか?」という年齢別で応募が異なる点も企業の裏側なども交えながら説明していますので、必ずタメになると思います。
「既卒」とは何で、「既卒」扱いはいつまでされるのか。他では詳しく書かれていない「既卒」の年齢別での応募方法について徹底解説!「あなた」の年齢だと「新卒採用」なのか「未経験・職歴なし」なのか。逆に「第二新卒」「中途採用」との違いは何なのか。活用できるのかどうかなどプロだからこそ知っているぶっちゃけも交えながら丁寧に解説・アドバイスしています!
既卒で3年以内の方必見!知りたい情報を正確に解説!「既卒」とは?対象者は?」「新卒採用はいつまで?」「そもそも対象になるのか?」「既卒の空白期間を事例で解決」「正社員になるための就活の始め方」を具体的にプロだからこそ知っている企業やエージェントの裏側もぶっちゃけながら解説しています!読んで頂ければ就活の始め方さえ間違わなければ正社員になれる事がお分かり頂けると思います。
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!