ワークライフバランス重視で女性が転職!企業選びと判断基準

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

よく私が既婚女性の転職活動者から相談を受けるのが、

将来、出産や育児のことを考えるとどういう目線で企業選びをすればいいですか?

ということです。

女性は「妊娠・出産」とライフスタイルの変化が男性よりも大きく異なります。

「どういう企業を選ぶか」

という問題は将来の夫婦間にとっても非常に大きな要素となりますよね。

女性特有の悩みや問題に焦点を当て、どういう目線で企業選びをすれば良いか解説していきます!

また年代別に転職を考えた際に登録すべき転職エージェントも合わせてご紹介していますので将来に向け転職を考えている方はぜひ参考に!!

ワークライフバランスとは?

MrダービーBoy
ワークライフバランスってなんだと思いますか?

なんとなくわかるけど、説明しろと言われると、、、

仕事6割、私生活4割くらいのバランス?

なんかゆとりある感じがする

なんとな〜くイメージはあるんだけど、ピンとこない! という方が大半です。

<ワークライフバランスとは>

「仕事と私生活の好循環」

私生活の充実で仕事が上手く進み

仕事が上手く進むことで私生活も潤う

これだけ抑えておけば大丈夫です!

「現代社会=ストレス社会」と言われている中、各企業は女性進出という世間の波に合わせる形でワークライフバランスを意識した取り組みを積極的に取り入れています。

その一つが、産休・育休制度であったりします。

以前までは女性の社会進出は目立っておらず、

女性は「家を守る」という風潮がありました。

(もちろん各家庭で考え方はよりけりですが)

嬉しいことに近年では女性の社会進出も増えてきて、女性の働き方を支援する企業も増加しているためさらにワークライフバランスを意識する企業が軒並み増えているんです!

ワークライフバランスの判断方法

既婚女性が転職を考え企業選びをするに当たり

ワークライフバランスが取りやすい会社なのかどうか

というのは重要なポイントの一つです。

◆判断するためのポイント

◆判断する方法

順に解説していきます!

判断する3つのポイント

<判断する3つのポイント>

既婚率

産休・育休の取得率

復帰率

を確認してください!

特に「既婚率」は重要です。

つまり既婚者がいるということは。

その会社に入社してから結婚しているか

結婚してからその会社に入社している

どちらかになり、既婚女性を受け入れているということになりますので、極端に悪い環境ではない可能性が高いです。

詳しくは後述で順に解説しています!

判断する方法

<判断する方法>

①転職エージェントを通じて<判断する3つのポイント>を確認する

②面接時に<判断する3つのポイント>を確認する

上記2つの方法を、転職エージェント側に投げかけてもOKですし、もちろん面接で直接聞いてもOKです。

そんなことを聞くからと採用を見送るということはありませんし、もしそれが理由で不採用ということであれば、入社しなくて良かった!と思ってください。

女性に対して整備されていない会社の可能性大です。

既婚率の確認方法と指標

一番簡単に確認する方法は、やはり転職エージェントに直接聞く事です。

<既婚率の確認方法>

結婚している女性はどれくらいいますか?
女性社員の内、何割程度いらっしゃいますか?

完全に全てわかるとまではいかないまでも、ある程度の指標はわかります。そこで確認した指標を元に以下と照らし合わせてみてください!

既婚率 指標>

約30〜40%程度が目安です。

上述でも書きましたが特に「既婚率」、つまり既婚者がいるということは、

その会社に入社してから結婚しているか

結婚してからその会社に入社している

どちらかになり、既婚女性を受け入れているということになりますので、極端に悪い環境ではない可能性が高いです。

産休・育休取得率の確認方法と指標

<産休・育休取得率の確認方法>

産休や育休を取られた方はいらっしゃいますか?

こちらも一番簡単に確認するのは、転職エージェントに聞く事です。

もちろん、応募先の人事担当に聞いてもOKですが、聞きにくいという事もありますので、転職エージェントに聞く事をおすすめします。

<産休・育休の取得率 指標>

産休:100%

育休:70%程度

特に産休については産後、退職される方も中にはいらっしゃいますので100%です。

重要なのは次の「復帰率」となります。

復帰率の確認方法と指標

ワークライフバランスの取りやすい企業かどうかというのは、実はこの復帰率が非常に重要になってきます。

一見、産休・育休取得率の方が重要そうに見えますが、現在の企業では産休・育休制度取得はかなり推進されており、あまり比較基準にならなくなっています。

そこで、今のご時世ではこの「復帰率」が最もワークライフバランスの取りやすい企業かどうかを判断する基準、指標となっています。

<復帰率の確認方法>

実際に産休や育休を取得された方で、復帰された方はどの程度いらっしゃいますか?

<復帰率 指標>

60%以上が目安です。

100%がもちろん希望ですが、産後退職する方ももちろん多くいらっしゃいます。

ただ、現代は「共働き」が主流ですので産後、復帰を考える女性が多く、その内の半数以上が復帰している会社は女性が働きやすい職場と言えます。

関連記事

20代女性ワークライフバランス重視で転職おすすめエージェント3選

女性にとって働き方というのは将来を踏まえると非常に悩みどころ満載ですよね。そこで結婚していようがしていまいが、私は正社員としての働き方をおすすめしています。

やはり、給与面であったり産休・育休制度の取得安定性(派遣等でももちろん取得は可能です)、ボーナスの有無といろいろな面を見ていくと総合的に正社員がやはり良いです。

そこでどうすれば正社員として、かつ女性特有の悩み(妊娠・出産など)を解決し良い職場に就職することができるのか。

ワークライフバランスを重視して女性が転職を考えるのであればプロの私が厳選した転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ登録を検討してみてください!

1位:『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


<圧倒的なDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

DYM就職についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

DYM就職の口コミ・評判|なぜ選ばれる?

DYMとマイナビエージェント比較!

DYMとリクルートエージェント比較!

2位:『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、海外留学から帰国後、就職浪人、現在公務員かつ公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒、キャリアアップ。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職、未経験職種OKブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

キャリアカウンセリングがまたミソで過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

関連記事

3位:『ウズキャリ』

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方

<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えています!

ブラック企業排除の徹底

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

アドバイス

『DYM就職』【第二新卒エージェントneo】と提携企業も異なるため、同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!

3社まで登録するのであれば、上記3つで事足ります!優先順位は上から順番なのでぜひ検討してみてください!

30代女性ワークライフバランス重視で転職おすすめエージェント5

30代以上の場合には上記で紹介している転職エージェントが使えません。だからといって転職ができないというわけではないのでご安心ください。

30代以上で私が厳選・おすすめします転職エージェントをご紹介致しますので、まだ登録していない方・今活用している転職エージェントが合わない方などは転職エージェントの見直しも含めて参考にしてみてください!

1位:『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~40代前半

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問

手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。

書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

『ワークポート』は例え30代以上の転職であろうと、未経験OKという点が非常に評価されている点です。

業界を変えたいと考えている方にとっては非常にメリットのある転職エージェントになります!

2位:『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆24歳~49歳まで

◆未経験OK

<イチ押しポイント>

業界・職種別のチーム体制を取っているため専任のキャリアアドバイザーがそれぞれの経験に沿ったアドバイスをしてくれます! 求人の紹介から、応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルで転職をサポート。 面談は平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。求人数が30,000件を超え非常に豊富。

女性の転職と言えば、『パソナキャリア』と言われるほど女性の就職に強い転職エージェントです。女性の方であれば就職率も高いのでおすすめです。

特に女性の場合にはおすすめです。女性エージェントが多く、女性に対しての転職活動サポートの先駆け的な転職エージェントですので、ノウハウ等も豊富です。

3位:『DODA』

公式サイト⇒『DODA』

*当サイトからは登録無料です。


<DODAイチ押しポイント>

対象年齢から対象地域まで全対象となっていまが、社会人経験がある方が対象。転職からキャリアアップ転職までほぼ全てカバーされており、業界最大手の総合型エージェントです。

また転職支援(年収査定・あなたの市場価値・キャリアタイプ診断など)の独自ツールが豊富で登録後はその全てを無料で活用する事ができます。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

業界最大手で『リクルートエージェント』と双璧をなしています。その中でも独自ツールの充実性から『DODA』に軍配が上がります。

4位:『リクルートエージェント』

公式サイト⇒『リクルートエージェント』

*当サイトからは登録無料です。


<イチ押しポイント>

言わずもがなですが、最も認知度の高い業界最大手の総合型エージェントです。

もちろん対象年齢から対象地域まで全対象となっていまが、社会人経験がある方が対象

非公開求人数は常時約10万件以上を誇り、見つからない職種・業界がない程です。

誰しもが知っているために、一度は登録をしてしまう転職エージェントです。

しかし注意点としては、エージェント数も多く、社内での異動も多いため専門性の高いエージェントが少ないという点が否めません。

なぜこんなことを知っているか。というと(笑)

求人のチェックなどで活用する分には非常に効果的ではありますので、登録していない方は登録をしておいて損はありません!

5位:『マイナビエージェント』


公式サイト⇒マイナビエージェント

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~30代

◆社会人経験がある方

<イチ押しポイント>

リクルートエージェント・DODAに次いで認知度が高い転職エージェントです。

首都圏から関西まで求人を網羅しており、特に関東県内には強いパイプを持っています。

書類添削・面接対策はもちろんの事、業界的には3位の位置づけで、非常にエージェント一人一人の能力が高く、親身なサポートが売りです!

関連記事

ワークライフバランス重視で転職するまとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<まとめ>

ワークライフバランスを取りやすいかは3つのポイントで判断する事ができす!

<3つのポイント>

①既婚率

⇒指標は30~40%。

②産休・育休取得率

⇒産休:100% 育休:70%

③復帰率

⇒指標は60%以上

<指標の確認方法>

一番簡単なのは転職エージェントに聞く事!企業と直接やり取りしているため内情などを詳しく把握している!!

<ワークライフバランスを意識する>

正社員としての働き方が最も良い。産休・育休制度やその後の復帰を考えた時に一番容易かつ安定を得る事が可能!

但し、働き方は様々なため以下の記事で働き方別のメリットを参考にしてみてください!!

結婚後の女性の働き方|正社員・パート・アルバイト

<第二新卒・20代転職前の注意>

第二新卒・20代は新卒時同様に、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に登録しがち。しかし、記事内で転職エージェントの裏側をご紹介しましたが、実は大手総合型転職エージェントの活用が第二新卒転職の失敗で最も多い原因の一つ

そのため、第二新卒は「第二新卒・20代特化型転職エージェント」に登録する必要がある。

<年代別おすすめ転職エージェント>

【20代女性向け】

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

公式サイト⇒『ウズキャリ』

【30代以上女性向け】

公式サイト⇒『ワークポート

公式サイト⇒『パソナキャリア』

公式サイト⇒『DODA』

公式サイト⇒『リクルートエージェント』

公式サイト⇒マイナビエージェント

『パソナキャリア』特に女性におすすめ!

*ご紹介している転職エージェントは当サイトからは全て登録無料です。

上記で紹介している転職エージェントはいずれも登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

<困ったら>

何かお困りごとや相談等がございましたらコメントでもTwitterのDMでもOKです。私に連絡ください!働き方や就職アドバイスさせて頂きます!

いかがでしたでしょうか。

既婚女性にとって、企業選びというのは今後の夫婦の将来、自分の将来と男性よりも慎重になりがちですよね。

でもね、それでいいんです。慎重で!

私もそうですが、男性は働くしかない!(笑)

逆に言うと単純明快です。

その点、女性は妊娠・出産、はたまた産後と男性に比べライフスタイルの変化が大きいです。

将来を見据えた企業選びを心がけてください!何かあれば気軽にご連絡ください!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
Mrダービーboyです。 転職活動をしている方の大半はホワイト企業へ転職したい!と思われていると思います。私の元に相談に来る方...
退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
【30代女性ニート必見】30代になってしまって将来が不安すぎる。「現状打破したい!でも就職なんて今更」と思われている方は必見です!30代ニートに特化した就職エージェントへの登録が必要ですが、正社員あるいは派遣社員として社会復帰を目指す事が可能です!さらになぜ今まで就職ができなかったのか、その理由も合わせてご紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする