公務員から民間へ転職し後悔する10の理由!迷ったらプロに相談

MrダービーBoyです。

サラリーマンが転職する事が一般的になってきた現代、公務員から民間企業へ転職を検討している方も年々増えてきました。

こんな疑問を解決

①公務員の民間企業へのイメージ

②民間へ転職して後悔する10の理由

③民間企業へ転職する前に現実を知る

④転職すべきか相談するには??

→迷っていたらどうすればいいのか。

上記の内容に沿って現役キャリアアドバイザーが解説します!

特に公務員から民間への転職を迷っている方は④で一歩前に踏む出せると思います。

公務員の民間企業へのイメージ

現在、公務員の方は民間企業に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。

このイメージ、、、意外と現実とは違う可能性もあるんです。

こんなイメージをされていませんか??

Aさん
仕事にやりがいがありそうだなぁ
Bさん
実力でキャリアアップができる
Cさん
会社の看板を背負い責任感を持って仕事ができそう
Dさん
仲間と高めあって仕事をしてみたい

他にも様々なイメージをお持ちだと思います。

今公務員の方は民間企業への多少の憧れや、公務員に対しての不満等を抱えているからこそ転職したいと思いますよね。

ですが!!

公務員から民間企業へ転職をして後悔した。という方も当然いらっしゃいます。

私がキャリアアドバイザーとして実際に相談に来た方で多かった後悔の理由を抜粋しましたので、現在民間企業への転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

後悔する理由①企業風土が合わない

民間企業からみると、役所の組織風土はかなり独特です。少しお堅いイメージがあると思います。

公務員から民間企業へ転職した際には、職場の雰囲気というのはガラッと変わるので戸惑うことも多いです。

後悔する理由②勤務時間が長い

公務員と言えど、残業があることはあると思いますが、それでも割と勤務条件には恵まれているケースが多いです。

そのため、残業時間が多い(拘束時間が長い)などを感じやすく公務員のままの方が良かったのでは。と後悔する方も少なくはありません。

また転職した企業がブラック企業だった場合には残業時間が支払われずに「サービス残業」となることもあり、転職失敗というリスクもあります。

関連記事

後悔する理由③完全週休二日制ではない

転職した企業にもよりますが「完全週休二日制」ではない可能性もあります。

例えば、「第三土曜日は出勤」としている企業もあったりします。その点は公務員と異なり、転職先によっては休日の少なさに順応出来ずに後悔してしまうということも起こり得ます。

ちなみに!!

週休二日制とは

「月に1回以上、週2日のお休みがある」ということです。

例えば。

「日曜日が固定休日だとした場合、1ヵ月の内、第2週の水曜に休みが1回ある」

といったニュアンスなんです。

その以外の週は日曜日の固定休日のみということです。

完全週休二日制とは

「毎週2日のお休みがある」ということです。

例えば。

「毎週土曜日、日曜日が休み」といったニュアンスです。

どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

もう一点アドバイスですが。

完全週休二日制でも、土曜日・日曜日が固定休日とは限りませんので土日固定休日かどうかはちゃんと企業に確認してくださいね!

後悔する理由④仕事についていけない

一般的に公務員が民間企業へ転職すれば仕事内容は大幅に変わります。

例えば!

経理、物品調達、施設管理などでも、1年度の支出予算に縛られながら仕事をする公務員に対して。

民間企業で営業職に転職した場合には、予算が決められ、達成か未達か。それによって仕事に対しての「焦り」という気持ちが生じやすくなります。

そのため、仕事内容になじむことができず苦労するケースも多く見てきました。すると転職を繰り返すという負の連鎖に陥ってしまう傾向にあるんです。

関連記事

後悔する理由⑤スキルを活かしづらい

一般的な行政事務のスキルやノウハウを民間企業で活かせる事は少ないです。

公務員の仕事は、一部の専門職や分野がはっきりしている省庁などを除いて、3~5年程度で部署のローテーションをするのが一般的です。

そのため公務員の場合には個人として突出したスキルを磨く環境があまりないとも言えます。

また民間企業のように【適材適所】の考え方があまりなく専門性の低さという観点から多少敬遠されがちな点は民間への転職において不利になってしまう傾向があります。

とは言え、公務員から民間企業へ転職する事は案外簡単に出来ますので心配しなくても大丈夫です!

関連記事

公務員から民間企業へ転職を決意した。あるいは転職活動を行ってみようと考えている方はぜひ以下の記事を参考にしてください!

公務員から民間へ転職するのに強い転職エージェントをご紹介しています!

【公務員必見】民間企業への転職を考えている方向けに「転職活動の流れ」そして民間企業への転職を確実に成功させる方法を20代・30代以上別でご紹介しています!新卒で就活を経験していない方は特に転職エージェントの登録を間違えやすいので、しっかりと公務員から民間企業へ転職できるエージェントを5選紹介しています!

後悔する理由⑥職場が遠くなる

特に国家公務員は官舎が充実しているため、無理にマイホームから通うことを選択しなければ長時間通勤を避けられます。

また市役所や区役所勤務の場合には、基本的には自分の所在地からそう遠くはないケースが多いですよね。

例えば、元々千葉県民なら千葉市役所を応募するというのが一般的です。そのため地元から離れることもなく、職場が極端に遠くなるというケースは少ないんです。

しかし!!

民間企業は、寮や社宅が用意されている会社を除き、それほど通勤時間に配慮しません。

通勤時間に1~1.5時間程度かかっている人は意外と多いです。特に今の日本は首都圏内に企業が集中しており、地方出身者の場合には通勤が苦痛と感じる方も多く、精神的・体力的に消耗してしまう場合があります。

後悔する理由⑦転勤がある

地方公務員の中で転居を伴う異動が頻繁にある人はかなり少数派です。

しかし!!

民間企業へ転職する場合には、「転勤可否」の要項が基本的には付いて回ります。

上記の<職場が遠くなる>とも少し被る内容ですが、日本企業は首都集中型となっており地方出身者にとっては、転職することにより転居が伴うケースも少なくありません

地元を離れることに問題がなければ、大きな問題ではないかもしれませんが、転居は考えたくないという方にとっては大きな問題となる可能性もあります。

転居は考えたくない人
転居は考えたくないが、転職はしたいという方は、なるべく金融・保険・MRなど全国転勤が常態化している企業は避けるべきです。

後悔する理由⑧収入面の変化

公務員の給与は一流大企業と比べれば低いですが、地方企業や中小企業よりは一般的には同等あるいは少し高い水準です。

とくに地方の場合には転職により収入が減る可能性は大いにあります。

そして何より公務員の最大の魅力は身分と収入の安定性です。

民間企業の場合は、超大企業でも重大な不祥事が発覚すれば経営危機に陥り大幅な給与カット、場合によってはリストラによる退職勧奨が行われます。

最近では超大企業の倒産や民事再生もニュースになるくらいです。以前の様に「大企業だから安定」という考えは今や危険なんです。

ポイント
公務員から民間への転職により「収入減・身分の安定」を失ってしまうリスクも念頭に入れておかなければなりません。

関連記事

後悔する理由⑨退職金・年金が少ない

公務員はご存知の通り、退職金制度・年金は非常に手厚いです。

しかし!!

民間企業で公務員並みの退職金制度のある会社はごく一部です。また年金も今のご時世もらえるかどうかもわからない時代です。

民間企業でもそうですが、基本的に退職金制度というのは勤続年数が長ければ長いほど退職時の退職金は多くなります。

公務員から民間企業へ若くして転職した場合には、500万~1000万単位で退職金が減る可能性も実はあるんです。

ポイント
公務員から民間企業へ転職する事で、手厚い退職金制度・年金受給額が減少してしまう可能性がある!

後悔する理由⑩福利厚生が充実していない

公務員の福利厚生制度は民間大企業に準ずるレベルで整備されています。

特に皆さんが注視されるのが社宅・家賃補助制度だと思います。

民間へ転職すれば、福利厚生の水準が下がる可能性も十分にあります。

マイホームを購入する場合にはそこまで大きな問題ではないかもしれませんが、割り切って定年まで公務員で完備された社宅や官舎に住めば住宅コストをかなり抑えられますが、民間の場合は社宅がないケースも珍しくありません。

また家賃補助と言っても全額でるケースは稀ですので、そうした福利厚生面からも今の水準より下がってしまう可能性があるということは覚悟しておかなければなりません。

民間企業に転職する前に現実を知る

冒頭で公務員の方が抱く民間企業へのイメージを簡単に記載しました。

逆に公務員を辞めたいという理由では。

<辞めたい理由>

1位 仕事がつまらない

2位 給料が低い

3位 残業が多い

となっています。

みなさんも理解はされていると思いますが改めて苦言を呈するとするならば、民間企業へ転職できたからといって解決できるとは限りません

確かに民間企業では、

Aさん
仕事にやりがいがありそうだなぁ

Bさん
実力でキャリアアップができる

Cさん
会社の看板を背負い責任感を持って仕事ができそう

Dさん
仲間と高めあって仕事をしてみたい

公務員に比べて、これらを実現しやすいのは事実です。

ですが、中にはブラック企業があり「残業代が支払われない」なんて事もあります。

入った企業によっては、ルーティンの仕事ばかりで、公務員と変化がなく、ましてや給与まで下がったとなっては本末転倒ですよね。

そうならないためにも、もう一度真剣に考えてみてください。

民間へ転職すべきか相談するには?

公務員から民間企業へ転職をするということは今と環境が大きく変わる可能性があるという点は十分にご理解頂けたかと思います。

そして、同時に。

転職すべきかわからなくなった

と悩まれたと思います。

もちろん家族があったり、一人では決められません。ましてや周りの友人などからは「もったいない」などと言われることもあると思います。

迷っているならば

結局一人で決断する。ということはなかなか難しいですよね。

そこでアドバイスの様なご提案です。

迷っているならば「プロに相談する」ことが最も得策です。

転職するにしても、しないにしても一度「あなた」の状況を客観的に把握してもらい、プロの意見を聞いてみることで道が開けることもあります。

そして重要なのは1点

普通の転職エージェントでは事務的な面談になりがちです。しかも転職する事を前提にして話が進んでいってしまう可能性があります。

そのため面談ではなく「キャリアカウンセリング」のある転職エージェントに相談する事を強くおすすめします!

結果として転職をすることになってもそのままその転職エージェントを活用する事ができますし、転職をしないと決断しても相談が無料で出来るので「あなた」にとってはメリットしかありません!

カウンセリング付きエージェント

<20代の方>

3社まで登録するのであれば、上記3つで事足ります!優先順位は上から順番なのでぜひ検討してみてください!

<30代の方>

*当サイトからは登録無料です。

それぞれのエージェントの特徴を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

【公務員必見】民間企業への転職を考えている方向けに「転職活動の流れ」そして民間企業への転職を確実に成功させる方法を20代・30代以上別でご紹介しています!新卒で就活を経験していない方は特に転職エージェントの登録を間違えやすいので、しっかりと公務員から民間企業へ転職できるエージェントを5選紹介しています!

最終的に「転職をする!」と決めても転職エージェントに登録することがまず必要不可欠です。

但し、やみくもに転職エージェントに登録をしていては意味がありませんし、それでは転職に失敗してしまいます。

転職エージェントの登録で最も重要なことは「あなた」に合っている転職エージェントに登録をすることです。

ここで言う、公務員から民間企業へ転職を希望している方に合う転職エージェントへの登録が必要で、迷っていたら相談できる!ということです。

当記事が少しでも参考になっていれば幸いです。

でわ!MrダービーBoyでした。

MeetsAgent

公式サイト⇒ 『DYM就職』


<合わせて読まれている記事>

第二新卒の未経験でのエンジニアとしての需要があるのか?未経験からどうやってエンジニアに転職すれば良いのか?転職方法の選択肢は2つ用意されています!「エンジニアを目指しつつもエンジニア以外も検討し転職活動をしたい方」「真っ直ぐエンジニアとして転職したい方」それぞれ「あなた」に適した選択肢があり、その両方を具体的に現役プロが解説しています。転職エージェント2選、さらにプログラミングスクール4選と参考書にしてみてください!
プログラマー、あるいはプログラマー以外も転職で検討している第二新卒のために、それぞれの転職方法を具体的に解説!プログラマーのメリット・デメリットに加え、プログラマーとしての働き方、さらにプログラマーの需要や将来性も解説!転職方法の違いで選択肢が異なり、転職エージェント、そしてプログラミングスクールを紹介し「あなた」に適したパターンを徹底アドバイスしています!
既卒で3年以内の方必見!知りたい情報を正確に解説!「既卒」とは?対象者は?」「新卒採用はいつまで?」「そもそも対象になるのか?」「既卒の空白期間を事例で解決」「正社員になるための就活の始め方」を具体的にプロだからこそ知っている企業やエージェントの裏側もぶっちゃけながら解説しています!読んで頂ければ就活の始め方さえ間違わなければ正社員になれる事がお分かり頂けると思います。
【既卒就活の始め方】既卒の就職活動において「新卒採用枠」「中途採用枠」があります。それを考える前にまずは「既卒の就活の始め方」を理解しておきましょう!何事も最初が肝心です。就活の始め方を3ステップ(①新卒同様はNG②登録すべきエージェント③エージェント面談)を順にわかりやすくなおかつエージェントの裏側等も交えながら丁寧に解説しています!
【決定版】既卒と第二新卒はどちらが有利なのか。両者の違いやメリット・デメリットを徹底比較!また両者はそれぞれいつからいつまでが対象なのか。企業側の基準を裏側をぶっちゃけながら詳しく解説!既卒で就職活動をスタートする方、第二新卒として転職活動をスタートする方どちらにも役立つ情報を現役プロが洗いざらい紹介・解説しています!最後にはエージェントの選び方も合わせて解説しています。