就活がうまくいかない既卒は就職エージェントを見直す必要がある

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

既卒でさらに就活が上手くいっていないとなるとただでさえ焦っているのに、追い打ちをかけるように焦りが増してしまいますよね。

余計内定が遠のいてしまいますので、

まずは一度リセットしてみませんか?

というのが当記事の主旨です。

<上手くいっていない既卒の方へ>

実は新卒時に就職活動をしたよりも圧倒的に楽に就職活動ができます。

さらに書類選考なしで面接まで辿り着く方法があります

「書く事がない」「書類選考が通る気がしない」という方は書類選考をすっ飛ばして就職・再就職を目指してください。さらに「正社員内定率96%」という最大のおまけ付きです。

ただし、登録する就職エージェント、つまり既卒に特化した就職エージェントへの登録が必要ですので、気になる方はぜひその理由と合わせて参考にしてみてくださいね!

まずは順に解説していきますので、理解頂き、納得した上で当記事を信用頂ければと思います。

就活がうまくいかない理由

もし、既に就職エージェントに登録をしており、「就職活動が上手くいっていない方」「諦めてしまった方」はまず「就職エージェントの見直し」から始めなければなりません

私が「既卒・職歴なし」の方にまず聞く質問はこうです。

過去を含めて何かしらの就職エージェントに登録されていますか?

なぜこんな質問をするのかというと、「既卒・職歴なし」の方の中には以前に就職あるいは再就職を考えていたという方が実はかなりいらっしゃいます

しかし、この記事を読んでいるということは残念ながら上手くいかなかった方だと思います。私の元に相談に来る方がそうだからです。

様々な状況の方がいらっしゃいます。

◆新卒で就活をしたが内定が出なかった=「再就職活動」

◆希望の企業に内定がもらえず就活浪人=「再就職活動」

◆公務員試験全落ちしその後卒業=「公務員を諦め就職活動」

◆企業に入る気がなく卒業しダラダラと過ごしていたが一念発起=「就職活動」

など。

上記はあくまで一例です。場合によっては私の経験上、公務員を目指していた方が自ら「既卒」になったという方もいらっしゃいます。

実は「既卒・職歴なし」が就職あるいは再就職を考えた際に、ネットの情報を鵜呑みにしてしまい誤った就職エージェントに登録をしているというケースが散見されました。(という私もネットで解説していますが)

また「とりあえず」「なんとなく」登録したというケースも往々にしてあります。そこで間違っている就職エージェントを具体的に挙げていきます。

<誤って登録しているケース>

◆『マイナビエージェント』

◆『リクルートエージェント』

◆『doda』

◆『indeed』

◆『Type』

◆『エン・ジャパン』

◆『アデコ』

◆『キャリタス就活エージェント』

◆『いい就職.com』

*あくまで「既卒・職歴なし」向けという視点です。

列挙しましたが、大所はこんな感じです。

もし「既卒・職歴なし」の方で上記に当てはまるという方は登録している就職エージェントがそもそも間違えています

最も多いのがやはり『マイナビエージェント』と『リクルートエージェント』『doda』への登録です。

大手総合型エージェントですから「なんとなく」「とりあえず」で登録しがちNo1です。そして「既卒・職歴なし」にとって最も登録してはいけない就職エージェントでもあります。

上記で紹介している就職エージェントになぜ登録してはいけないのか?

その理由は以下の通りです。

<登録してはいけない4つの理由>

①既卒が対象ではない

②既卒向け求人が少ない

③既卒の就職に関するノウハウがない

④登録したとしても、中途などがライバルとなり不利

主に上記4つの理由が挙げられます。

過去には就職活動で失敗してしまったという方がかなりいらっしゃいますが、実は上記4つの理由も大きな要因となっています。

 


<公務員試験全落ちした方>

公務員試験に落ちた既卒が民間に就職するたった1つの方法

<新卒時の就職活動に失敗した方>

就職に失敗したらやり直せる?その後が分かれ道!

<就活失敗しニートとなってしまった方>

就活失敗した新卒ニートが正社員になる方法

 

就職エージェントを見直し再登録

上述で解説した通り、就活がうまくいっていない方はそもそも登録している就職エージェントが間違っている可能性が非常に高いです。

そこで、就職エージェントの見直しが終わったら、次は改めて就職エージェントに登録し直す必要があります。

結論から言って、「既卒・職歴なし」の方が就職あるいは再就職を考えた時には一人の力では不可能だと思っておいてください。

よく『転職サイト』と『就職エージェント』はどちらを使うべきですか?という質問も受けますが、以下の記事で徹底比較しています。

転職サイトと転職エージェントの違いを比較!使うべきは?

 

結論から言って「就職エージェント」です。

<簡単に言うと>

「転職サイト」=自力で就職活動を行う

「就職エージェント」=プロの力を借り、書類添削、面接対策、スケジュール管理を任せることができる。

という違いがあるため、「既卒・職歴なし」の方には特に「就職エージェント」の登録・活用は必須と言えます。

*ちなみに当サイトでは、「既卒・職歴なし」向けには「就職エージェント」、転職を考えている方向けには「転職エージェント」と使い分けをしていますが、どちらも同義です。

 

ですが、上述で解説した通り、誤った「就職エージェント」に登録をしては結局就職・再就職が上手くいきません。

 

そこでなぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型就職エージェントでは就職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする就職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

既卒向けエージェントおすすめ6選!未経験・職歴なしでもOK!

就活浪人向け就職エージェントおすすめ3選

既卒向けエージェント登録後

登録後の流れを簡単に説明しておきます。

まず登録後はエージェントから連絡がきます。(ここまでは仮に他の就職エージェントに登録しても面談があるところは同じように一度連絡がくるのが一般的です)

エージェントから連絡が来たら、面談日程の調整を行います。調整後は実際に面談に行き、キャリアカウンセリングを受けてください。

 

とにかく何でもいいです。「あなた」が疑問に思っている事や不安な事、将来のキャリア形成も含めて相談してみてください!

 

その後は求人を紹介してくれたりと本格的に就活がスタートしていきます!

とにかく就活がうまくいっていない方はまずは就職エージェントの見直しと再登録を検討して改めて仕切りなおしてみてください!

 

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

既卒で卒業3年以内は新卒採用?空白期間対策もプロが解説!

就活浪人は新卒扱いになるのか?就職する方法をプロが解説!

転職前にブラック企業を診断!ホワイト企業へ転職する方法

公務員試験に落ちた既卒が民間に就職するたった1つの方法

ニートの面接対処法!空白期間の回答は?状況別に例文付き

退職理由の例文7選!転職面接の伝え方・職務経歴書の書き方

職務経歴書の「特記事項欄」の空欄はNG??採用率Upの術を伝授!

 

MeetsAgent


▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】をチェック!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする