第二新卒に転職サイトをおすすめしない4つの理由!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

第二新卒の方が転職を考えた際にまず思いつくのが「転職サイトの登録」ではないでしょうか

ですが私の元に相談に来る方は。

転職サイトの情報に騙された!
入社してみたが全然違った!

と苦い思いを経験している方が多いです。

当ページでは

◆なぜ第二新卒に転職サイトをおすすめしない?

◆第二新卒はどう転職すれば良いのか?

上記2点をわかりやすく理解できるよう順に説明いたします。

おすすめしない理由①転職サイトの目的

転職サイトを運営している会社は、これからみなさんが転職を行い入社を考えている会社と目的は同じです。

つまり!!

「利益の追究」です。

さらに言うと、「人材紹介業を生業(なりわい)とする営利企業」となります。

サービスで紹介をしているわけではないんです。だから転職サイトは、これから転職を考えている人たちに素晴らしい企業を紹介する事を目的としていません。

目的が違う!!

転職サイトの目的:利益の追究

転職活動者の目的:よりよい企業選び、転職活動のためのツール

ということでそもそも目的自体相違しているんです。

関連記事

おすすめしない理由②転職サイトの裏側

目的はお分かり頂けたかと思います。

そして知っておいて欲しい事があります。

転職サイトの裏側

転職サイト側は「あなた」がブラック企業に入社しようが、その後どうなろうが、知ったこっちゃない!というスタンスです。

さらに言ってしまうと、仮にあなたが転職に失敗し再び転職サイトを使い転職を考えてくれるということは有難い事この上ないんです。

おすすめしない理由③掲載コストが安い

これは業界人しか知り得ない情報で、みなさんには関係ない!と思われるかもしれませんが実は以外と関係があるんです。

例えば。

A社が「Bという転職サイト」に自社(A社)の求人を掲載させ、求人を募りたい!とします。

すると掲載費用はどのくらいかかるかと言うと。

ぶっちゃけ掲載コスト
転職サイトは一般的に1回の掲載50万~70万円程度が相場です。求人を確保したい企業(ここで言うA社)が安価に求人を掲載する一つの媒体という位置づけ。

実はこの「1回の掲載」というのがポイントで、「転職サイト」は1回の掲載、つまり仮に3人応募し3人内定を出したとしても50~70万円の掲載コストで収まります。

これは人材を確保したい企業からするとめちゃくちゃ効率的かつ安価に求人を確保出来ることになります。

それが何か関係があるの?

と思われるかもしれませんが。

「ブラック企業に入社したい!」という方はいませんよね?(笑)

つまりこういう事!

掲載コストが安い=宣伝に使える=業績が悪い企業や人の入れ替えが激しい企業も安価に求人を掲載する事ができる。ということです。

「転職サイト」にある求人は必然的にブラック企業の求人が多くなり、冒頭の様な

転職サイトの情報に騙された!
入社してみたが、全然違った!

という苦い経験をする方が多いんです。

関連記事

おすすめしない理由④自力での転職活動となる

新卒時を少し思い出して頂きたいのですが。

新卒時には「求人サイト(マイナビやリクナビ)」に登録をし就職活動をしたと思います。

自分で求人に応募して、ESを書いて、面接をして。あるいは大学にある就職支援センターを活用した経験があると思います。

それって自力でしたよね?

すんなり内定が出た方はあまり苦労の経験がないかもしれませんが、実際には面倒であったり苦労した方が多いと思います。

だから転職する時にも新卒時同様に転職活動をしなければいけない。と思っている方は非常に多いんです。

転職は新卒時とは異なり、ライバルが中途であったりと様々な経験や実力のある方がいて幅が広くなります。それを自力で勝ち抜ける自信がある方はOKですが。

新卒入社したけどブラック企業だから早期に転職したくて。
入社後ミスマッチがあって転職したいけどなんのスキルもないし。

となったら自信を持てる方ってそうそういないですよね。

だから!!

自力で転職活動をすることになる「転職サイト」を現役キャリアアドバイザーの私がおすすめしていないんです。

じゃあどうすればいいの??

という方は以下を読み進めてください。

第二新卒として転職するには何が必要か、詳しく解説しています。

補足

求人サイトと転職サイトって何が違うの?と思うかもしれませんが、同じです。一般的には新卒時や現在職についていない人には「求人サイト」。転職を考えている人には「転職サイト」という使い分けをしています。

関連記事

第二新卒に転職サイトは必要ない!?

第二新卒として転職活動をスタートしようとした時に、新卒同様に「転職サイト=求人サイト」に登録しようとする方が大勢いらっしゃいます。

新卒時にお世話になった「マイナビ」「リクナビ」などがまさにそうですね。

新卒時には自ら就職活動を実施しなければならないため「求人サイト」への登録が必須でした。

しかし!

第二新卒の場合、自ら「転職サイト」に登録し自らスケジュール調整等をする必要はありません!!

結論から言いますと。

転職サイトではなく転職エージェントに登録をしてください!

それはなんとなく知っています!

という方は注意してください!

もし「doda」「リクルート」など、いわゆる大手総合型転職エージェントに登録して転職を考えていた方、既に登録し進めている方は転職失敗してしまう恐れがあります。

「転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

転職サイトをおすすめしない理由まとめ

それでは当ページのまとめをしておきます。

<おすすめしない4つの理由>

①転職サイトの目的

→利益追求で転職活動者と転職サイト側の目的がそもそも違う。

②転職サイトの裏側

→「あなた」がブラック企業に入ろうが知ったこっちゃない。むしろまた利用して欲しい。

③掲載コストが安い

→ブラック企業でも安価に求人を掲載でき、ブラック企業求人の割合が高い傾向にある。さらに素人はそれを見分けれない。

④自力で転職活動する

→「転職サイト」で応募は出来るが、サポートはない。転職活動において自力での転職活動はハードルが非常に高い。

<第二新卒として転職するには?>

結論から言うと。転職エージェントの登録が必要。その中でも第二新卒特化型の転職エージェントに登録する必要がある!!

「doda」や「リクルート」など大手総合型転職エージェントでは転職に失敗するケースが多い。

<第二新卒おすすめ転職エージェント3選>

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。

とりあえず上記3社は鉄板。登録しておいて間違いです。

いかがでしたでしょうか。

短期離職をしてしまった方も、転職を考えている方も「転職サイト」はハードルが高く、「転職エージェント」を活用する方が良さそうだな。

と思って頂けたら幸いです。

転職エージェントに登録をしておけば、面談がありますが、これから転職において悩みなども出てくると思いますので、エージェント(専任担当)に頼ることもでき強い味方になってくれます。

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
なぜハローワークで転職が難しいのか?初めての転職の場合には特に難しいです。そもそもハローワークは国の運営であり、公務員です。プロではないため、「あなた」が転職に成功しようが失敗しようが知ったこっちゃないんです。その理由も合わせて、どうすれば第二新卒は転職すればいいのか。具体的に解説しています!
第二新卒で転職を繰り返す、第二新卒で転職したのにまた退職してしまった。と不安をお持ちの方が大勢います。企業は転職を繰り返した人をどう見るのか?転職を繰り返すことで再就職が難しく不利になるのか?再就職に強い転職エージェントの紹介も交えながら詳しく解説しています。
退職理由別に例文7選をご紹介!「拘束時間」「人間関係」「病気」「短期間退職」「結婚」「ハラスメント」「今の会社の将来性の不安」。退職理由別ごとに企業への注意点、面接で内定率を上げる方法も紹介!さらに女性の妊娠・出産時の回答対処法も解説。例文も交えているので困った際にはぜひご一読ください!