第二新卒はハローワークで転職が難しい3つの理由!転職するには?

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

第二新卒として転職を考えた際に「ハローワーク」を思い浮かべた方もいるのではないでしょうか。

こんな疑問を解決

①ハローワークで転職が難しい理由

②第二新卒が転職するには?

③なぜ大手総合型転職エージェントは危険?

*必見です!知っておいて欲しい!

*ページ内ジャンプ

上記2点について、解説していきたいと思います。

なぜ第二新卒はハローワークで転職が難しい?

実はハローワークでは転職が難しい理由が3つあります。

<ハローワークで転職が難しい3つの理由>

①国の運営であること

②担当者がプロではない

③求人の質

それぞれ具体的に解説します。

ハロワで転職が難しい理由①国の運営であること

「国の運営だったんだ!」

と初めて知った方もいるかもしれませんね。

「国の運営である」ということはハローワークに従事している人は「公務員」ということになります。

公務員ってどんなイメージですか?

お堅いイメージもあるかもしれませんが、ここでは公務員の給与が問題となります。

公務員の給料って皆さんの税金でまかなわれていますよね。

なおかつ公務員というのは「仕事の出来高」によって給与が変わるものではありません

言葉は悪いですが、仕事を頑張ろうが、手を抜こうが関係ない。と言えます。

何が言いたいかと言うと。

つまりこういうこと!

第二新卒として初めて転職するために、仕事を探そうとハローワークに足を運びます。そこで担当者と面談等を行い求人の紹介をされます。

ハローワークには確かに*様々なサポートがありますが、その本質は「求職者に求人を紹介すること」です。

求人を紹介した後は正直言って「あなた」が採用されようが不採用になろうが「知ったこっちゃない」「関係ない」という点が第二新卒がハローワークで転職が難しい理由の一つなんです。

<*様々なサポート内容>

◆求人の紹介

◆相談窓口における相談

◆自己分析サポート

◆職業訓練に関する相談

◆履歴書の書き方サポート

◆面接対策

◆紹介状の発行 など

現実はこうです。

求人は紹介されたが、その後は特にサポートもなかった。
紹介された求人に応募したが、結果ダメだった。落ちたと伝えると「あなた」に問題があると言われた。

上記は私の元に相談に来た方の例の一部ですが、「公務員」であり、なおかつ「仕事の出来高」に関係なく給与がもらえるので、親身な対応とは程遠いのが現実なんです。

ハロワで転職が難しい理由②担当者がプロでない

少し上述と被りますが、ハローワークの担当者というのはあくまで公務員です。

転職に関してある程度の知識はありますが、決してプロではありません。ましてや「〇〇の業界に強い・よく知っている」という人はほとんどいません。

それもそのはずですね。

「求人を紹介する事」が基本的な業務になるわけですから。

さらに!!

ハローワークでは窓口相談はできますが、専任の担当者が付くわけではありません

あなた
以前窓口相談時に〇〇さんに話しましたよ?
窓口担当者
え?そうなんですか?もう一度お話し頂けませんか?

という様なやりとりも割と日常茶飯事です。

二度手間になったり、窓口担当者によって対応もまちまちで「あなた」自身がせっかく前向きに進めようと思っていても、専任で担当者が付かないので、連絡の行き違いがあったりと不満に思う点が多く出てくるケースもかなりあります。

転職市場の状況や、裏側を理解していないので「コアな質問」をしても大した回答は返ってこない事が大半です。

例えば。

ブラック企業ではないのか?
残業時間はどのくらいなのか?
有給消化率は?産休・育休取得率は?

など、その企業の内情などは皆無に等しいと思っていてください。

ハロワで転職が難しい理由③求人の質

ハローワークは誰でも利用する事がメリットであるため「人材を求めている企業」も求人を出しています。

そのため、求人数で言えば日本国内において最も多いと言えます。

しかし、「求人数」というメリットの反面、「求人の質」についてはデメリットがあります。

それは、最終的に転職が出来たとしても「ブラック企業に当たる可能性が高い」ということです。

つまりこういうこと!

ハローワークは求人数が最も多く、中にはホワイト企業の求人もあるが、ブラック企業の求人はそれ以上に多くなる傾向にある。

なぜなら、誰でも無料で求人を出すことができるため人の回転の速いブラック企業は特に好む傾向にあるから。

さらに、基本的に「求人は全て受け入れる体制」であるために「求人の厳選」は全くされておらず、厳選できる人もいない。

というよりも求人の厳選はハローワークの仕事ではなく、あくまで受け入れた求人の中から「あなた」に紹介するだけなんです。

ましてや新卒入社した会社がブラック企業で「もう二度とブラック企業は嫌だ」と考えている第二新卒にとってハローワークの求人は危険です。

窓口相談時に「あなた」の希望年収や勤務地などは確認されますが、決して「あなた」の適正を見極めて求人を紹介するわけではありません

ハローワークの求人の紹介はそれこそ「希望年収」「勤務地」が合いそうな企業を紹介するだけ!ということを肝に銘じておいてください!

関連記事

第二新卒がハローワークを使わず転職するには?

結論から言いますと。

第二新卒が転職を目指すには「転職エージェント」の登録・活用が必須となります。

ここまでは様々なサイトでも書かれている事かもしれません。

ちゃんとした理由があります。

第二新卒が転職を考える上で最も重要と言っても過言ではない点です。

<転職エージェントを活用する理由>

1.非公開求人を多数扱っている(求人厳選)

2.「あなた」を推薦してもらえる

3.プロのアドバイス・指導を受けることができる

4.専任担当者が付き二人三脚

5.求人が厳選されている

「あなた」のスケジュール管理はもちろんの事、職務経歴書の書き方なども丁寧に指導してくれます。

さらに!!

<エージェント側のぶっちゃけ>

ハローワークと異なり、専任担当(エージェント=個人)にはインセンティブ(成果報酬)制度があります。

さらに裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。となっています。

つまり「あなた」が応募した企業に採用されれば、エージェント側にはインセンティブ(成果報酬)が入るわけです。

そのため、ハローワークの様に「採用されようが不採用になろうが」ということはなく、本気で採用に向けサポートしてくれます。

でも数が多すぎてどの就職エージェントに登録すれば良いかわからない。

当然だと思います。

転職エージェントだけで実は何千社と存在しているんです。

転職エージェントと聞いて、

大手総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)を想像しませんでしたか??

第二新卒は実はそれは危険です。

大手総合型転職エージェントが危険な理由

<①ターゲットユーザーが多岐に渡る>

なぜ第二新卒が転職に失敗してしまうかというと、大手総合型就職エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「求めている人物像」はあるのですが、それが第二新卒とは限りません


<②エージェントの成果報酬>

インセンティブ(成果報酬)が転職活動者の何%かは上述でお伝えしましたね。

第二新卒と中途採用はどちらが年収が高いですか?

普通に考えて中途の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒が総合型就職エージェントで就職・転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、大手総合型転職エージェントではなく元から第二新卒に特化している転職エージェントに登録すべきなんです!

以下に厳選した第二新卒特化型転職エージェントをご紹介致します。

関連記事

さらに他の転職エージェントも知りたい方は以下の記事にランキング形式で12社厳選していますので、参考にしてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

ハローワークで転職が厳しいまとめ

当ページのまとめをしておきます!

<ハローワークで転職が難しい3つの理由>

①国の運営であること

②担当者がプロではない

③求人の質

「あなた」が採用がされまいが知ったこっちゃないというスタンスがハローワークでの転職を難しくしている。

<第二新卒が転職するには>

ハローワークではなく転職エージェントを使う!それも第二新卒特化型の転職エージェントでなければいけない!

大手総合型転職エージェント(リクナビやDODAなど)の登録はNG!転職失敗の大きな原因となる。

<第二新卒おすすめ転職エージェント>

公式サイト⇒『DYM就職』

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

公式サイト⇒『ウズキャリ』

おすすめ上位3社です。同時に登録する事で求人を確保する事ができるので同時登録を推奨しています。

いかがでしたでしょうか。

第二新卒がハローワークで転職が難しい理由はお分かり頂けたでしょうか。

ハローワークを活用するくらいなら転職エージェントを活用すべきですが、間違えた登録は命取りになります。

当ページを最後までご覧頂いた方はもう間違えた登録はしないと思います!既に大手総合型転職エージェントに登録されている方は見直してみてください!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
【ニート必見】社会復帰したい!今のままではヤバい!ニートの共通認識です。なぜ以前就職・転職に失敗したのか?登録を間違っている方が多いんです。現役のプロが本気で社会復帰を目指しているニート・フリーター向けにニート特化型転職エージェントをご紹介。案外簡単に正社員として社会復帰できますよ!
求人数や求人の質、サポート体制、担当者のレベルなど全9項目を徹底比較&解説!就職・転職を考えている方が結局どちらを使うべきなのか?現役キャリアアドバイザーだから知っている裏側も交えながら、さらに「あなた」の状況(第二新卒・ニート・フリーター・公務員)に応じた転職エージェントの紹介もしています!
【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!
第二新卒の短期離職は転職が難しいのか?企業は第二新卒をどう見ているのか。転職市場は今どういう状況にあるのか。という事を解説!!少子高齢化社会の中、企業にとって人材確保は急務なんです。なぜ第二新卒が今注目されているのかを知り、失敗しない転職のために現役のキャリアアドバイザーが企業側の目線からお伝えしています。
入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!