ニート・フリーターはリクルートエージェントを使える?使えない場合は?

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

よく私の元に相談にくるニート・フリーターの方で、

リクルートエージェントは利用できますか?

と質問されることがあります。

こんな疑問を解決

①リクルートエージェントは利用できるのか?

②リクルートエージェントはおすすめできない!?

③ニート・フリーターの就職エージェントの選び方は?

④ニート・フリーターにおすすめの就職エージェントは?

早見表はこちら*

*ページ内ジャンプ

不安や疑問があると思いますので、当ページで全て解決できるようどこよりも詳しく解説していきます!

1.ニート・フリーターはリクルートエージェントを利用できる?

まずは「リクルートエージェント」の対象者などを具体的に見ていきましょう!

リクルートエージェントの全て

<対象者>

全年代・全業種

*社会人経験がある方が対象


<求人数>

公開求人約33,000件

非公開求人約180,000件


<面談拠点>

北海道・東北・関東・中国・東海・関西・中国・四国・九州

全国に16拠点用意されており、ほぼどこに在住していようと対応できます。


<内定率>

内定率は公表されていませんが、業界内では約60〜70%と言われています。

ザっとこんな感じです。

結論から言いますと。

ニートであろうとフリーターであろうと既卒であろうと「社会人経験」があれば誰でも登録・利用する事が可能です。

ただし、ニート・フリーターの方には「リクルートエージェント」の利用はおすすめしていません。

なぜか??

以下を読み進めてください。

2.ニート・フリーターにリクルートエージェントはおすすめできない

誰でも登録できるという点から、就職・転職活動者のおよそ8割(複数登録含む)が登録・利用している業界最大手の総合型エージェントと言っても過言ではありません。

当然、ニート・フリーターの方の中にも。

今リクルートエージェントに登録していて・・・
リクルートエージェントの利用も考えていて・・・

という方がいるのが自然なくらいです。

しかし、ニート・フリーターが就職を考えた時に最も登録をしてはいけない就職エージェントの一つでもあるんです。

<誤って登録しているケース>

◆『マイナビエージェント』

◆『リクルートエージェント』

◆『DODA』

◆『indeed』

◆『Type』

◆『エン・ジャパン』

◆『アデコ』

◆『キャリタス就活エージェント』

◆『いい就職.com』

など。

いわゆる総合型就職エージェント(DODAやType等)に登録して就職しようとするから断念してしまうニートが本当に多いんです!

なぜ大手総合型エージェントを使っているのに就職できないのか??

答えは非常にシンプルです。

ニートフリーター向けの就職エージェントではないからです。

確かに『マイナビエージェント』や『リクルートエージェント』『DODA』『ビズリーチ』などは求人数も豊富です。

就職エージェントの求人について理解するとさらにわかりやすいですが、

<求人のカラクリ>

例えば、Aという企業が「リクルート」に求人を出したとします。A企業はどんな人材を求めているかというと転職をしたい人(中途)です。この大前提にあるのは、職歴がちゃんとある人です。

厳しいようですが、ニートは求めていません。

大手総合型エージェントに求人を出している企業はそもそもの対象者が「ニート」ではない。ということです。

大手総合型エージェントは求人数も多く、内定を取れるイメージがあるかもしれません。

ここを勘違いしてしまい「内定なんて取れる気しない」となりニートが正社員としての就職を諦めてしまうケースを幾度となく見てきました。

さらに大手総合型エージェントはニートの就職に対してのノウハウがありません。そのため、正社員ではなく派遣社員や契約社員を勧められるパターンがかなり多いです。

さらにこんな裏側があります。

そもそも大手総合型就職エージェントというのはターゲットユーザーが多岐に渡ります

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「求めている人材」があるのですが、それがニート・フリーターとは限りません

確かに深刻な人材不足の背景からニート・フリーターを採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は就職活動者の年収の何%か。です。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれがニート・フリーターがが総合型エージェントで就職を失敗する大きな要因なんです。

おすすめできない理由まとめ

①ニートが対象ではない

②ニート向け求人がない

③ニートの就職に関するノウハウがない

④登録したとしても、中途などがライバルとなり不利

そのためニートやフリーターには「リクルートエージェント」はおすすめできないんです!!

じゃあ、どうすればいいのか?

次を読み進めてください。

3.ニート・フリーター就職エージェントの選び方

先にお伝えしておきますが、ニート・フリーターが正社員として、あるいは就職を考えた時に「一人の力では難しい」です。

なので、就職エージェントに登録・利用する事は正解です。

ですが!!

上記の誤っている就職エージェントに登録していた、検討を考えていたという方は登録している・しようとしている就職エージェントがそもそも間違えています

もちろん、エージェント(担当者)の裏側も含めてです。

最も多いのがやはり『マイナビエージェント』と『リクルートエージェント』『DODA』への登録です。

大手総合型エージェントですから「なんとなく」「とりあえず」で登録しがちNo1です。

ではニート・フリーターはどう選べばいいのか?

選ぶポイント

①ニート・フリーター特化型であること

②未経験でもOKであること

③年代別で登録すべきエージェントは異なる

主に上記3点がニート・フリーターが就職エージェントを選ぶ際のポイントとなります。

ニート・フリーターの方は、元からニート・フリーターに特化している就職エージェントをご紹介・おすすめしています。

ニート・フリーター特化型であれば、中途はいませんので、ライバル数も激減し、なおかつエージェント側の思惑(成果報酬)も関係なくなるんです!!

さらにニート・フリーター特化型エージェントというのは「そもそもニート・フリーターをとりますよ!」と言っているんです。そのためニート・フリーターを抜け出し本気で就職を目指すのであればニート・フリーター特化型エージェントに登録しなければいけません。

では上記3点を満たすニート・フリーター特化型就職エージェントはどこがあるのか?

以下のページでニート・フリーターが就職するための全てを解説、就職エージェントを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

【ニート必見】社会復帰したい!今のままではヤバい!ニートの共通認識です。なぜ以前就職・転職に失敗したのか?登録を間違っている方が多いんです。現役のプロが本気で社会復帰を目指しているニート・フリーター向けにニート特化型転職エージェントをご紹介。案外簡単に正社員として社会復帰できますよ!


<合わせて読まれている記事>

【30代女性ニート必見】30代になってしまって将来が不安すぎる。「現状打破したい!でも就職なんて今更」と思われている方は必見です!30代ニートに特化した就職エージェントへの登録が必要ですが、正社員あるいは派遣社員として社会復帰を目指す事が可能です!さらになぜ今まで就職ができなかったのか、その理由も合わせてご紹介しています。
【40代女性ニート必見】気づいたら40代になっていた、、、この先どうしよう。ご安心ください!40代女性ニートでも脱ニートし社会復帰することは可能です。ただし!今のままではダメです。そして行動することが大切です。まずは家にいて出来ることから始め、エージェントを上手く活用し現状打破を目指しましょう!!

6.リクルートエージェントは使えない?まとめ

当ページのまとめをしておきます。

<リクルートエージェントは使える?>

ニート・フリーターでも利用はできる。

但し、おすすめはしない

その理由は。

①ニートが対象ではない

②ニート向け求人がない

③ニートの就職に関するノウハウがない

④登録したとしても、中途などがライバルとなり不利

<どう就職エージェントを選べばいい?>

①ニート・フリーター特化型であること

②未経験でもOKであること

③年代別で登録すべきエージェントは異なる

上記3点に注意し選ぶ。

おすすめ就職エージェント早見表

<20代ニート・フリーター>

1位:ウズキャリ

→定着率94.3%、内定率80%、書類選考なし


2位:DYM就職

→内定率96%・書類選考なし・短期離職・未経験職種・大手OK


3位:【第二新卒エージェントneo】

→ブラック企業排除・キャリアアップ・公務員からの切替


<30代以上ニート・フリーター>

1位:『ワークポート』

→未経験に強い、『東京・大阪・福岡』限定


2位:『パソナキャリア』

→女性の転職に強い、求人数30,000件以上

いかがでしたでしょうか。

ニートやフリーターに『リクルートエージェント』をおすすめできない理由はお分かり頂けたでしょうか。

失敗しないように解説したつもりです。

ぜひ参考になれば幸いです。

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
なぜハローワークで転職が難しいのか?初めての転職の場合には特に難しいです。そもそもハローワークは国の運営であり、公務員です。プロではないため、「あなた」が転職に成功しようが失敗しようが知ったこっちゃないんです。その理由も合わせて、どうすれば第二新卒は転職すればいいのか。具体的に解説しています!
プログラミングスキルを取得したいという方向けに、就職を見据えたプログラミングスクールを現役キャリアアドバイザーが厳選しご紹介!それぞれの特徴や実際の料金体系も詳しく解説!完全無料でスキル取得・就職支援付きのスクールも存在しています!人気の高いプログラミングをいち早く取得し、新たなスタートを切りませんか?
「ニートをやめたい」そんな切な思いをお持ちの方の相談をよく受けます。大勢の方が登録すべき就職エージェントを間違えています。そこで、登録してはいけない就職エージェントを実名を挙げながら、その理由も合わせて詳しく解説!そしてニート特化型おすすめエージェントをご紹介。メリットや活用方法を解説しています。
「職務経歴書になんて書けばいいかわからない」「書類選考で落とされる」といったニート・フリーターにとって多い悩みをスパっと解決!職務経歴書が書けないなら書かずに正社員で就職する方法をキャリアアドバイザーがご紹介!書類選考なしなので、最初のハードルを簡単にクリアする事ができ非常に有効で効果的です!