第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

転職をすることを決めたが実際にどう進めていけばいいのか。

どう始めていけばいいのか。

特に第二新卒の場合には、初めての転職となることが多いのでわからないこともあると思います。

こんな疑問を解決

①自分が第二新卒なのか確認

②転職の流れは?

情報収集→応募→面接→内定→退職

③転職活動の進め方・始め方

順に解説していきますので、沿って実行していけば転職活動の進め方においては間違いありませんので、参考にしてみてください!

第二新卒として転職できるか確認

新卒入社後、すぐの転職であったり、数年経ってからの転職であったりと様々な状況の方がいらっしゃると思います。

そこで、まず「あなた」が「第二新卒」として転職できるのか。第二新卒の条件と照らし合わせて確認してみてください!

<第二新卒の条件>

一般的には、一度は正社員として就職した経験があり、卒業後1~3年(あるいは5年)以内の人の事を指します。

さらに言うと、在職中・離職中に関わらず転職活動をしている方の事を一般的には指します。

ではこんな人はどうなるのでしょうか?

新卒として入社したが、既に辞めておりアルバイトをしているんですが第二新卒になりますか?
MrダービーBoy
年齢にもよりますが、卒業後1~3年(あるいは5年)以内であれば第二新卒として就職活動ができます!

条件のポイント

「一度は正社員として」というのがとても重要なポイントで、さらに卒業後1~3年(あるいは5年)以内の短期離職・早期退職者が「第二新卒の条件」となります。

既に退職し、今はアルバイトだとしても卒業後1~3年(あるいは5年)以内であれば第二新卒になる!

関連記事

転職活動の流れ(退職まで)

基本的な転職活動の流れは以下の4STEPとなっています。

第二新卒の転職活動の進め方

それぞれ簡単に解説しておきます!

STEP1:情報収集

<自己分析>

現在の年齢やキャリアを考え同業種に行くのか、あるいは未経験職種に挑戦するのか。様々な思いがあり転職活動を始めようとされていると思います。

まずは「あなた」の状況を把握!!

<自己分析の方法>

1.過去の経験を綴る=自分史の作成

2.過去の経験を掘り下げる=頑張った経験等

3.過去の経験から長所・短所を見つける

4.やりたい事を洗い出してみる

5.それらを踏まえて自己PRを考える

また、友人などから自分を客観的に見てもらうことも大切です。(いわゆる他己分析)

例えば!

◆周りから見てどういう人間なのか

◆あなたの強みや弱みは?

などです。

社会人になるとなかなか友人に会う機会も少ないとなれば「分析ツール」を活用することで把握する事もできますので、活用してみてください!

登録しなければいけないという面倒くささはありますが、一度登録すると転職活動において役立つのでおすすめします!

グッドポイント診断LP

<求人探し>

例えば同じ職種であっても、会社が違えば社風や求める人材は大きく異なります。

転職を成功させるためには、自分の価値観とぴったりあった会社に出会うことが大切です。

できるだけたくさんの企業を調べることで、その可能性を広めておきましょう。

注意して欲しい点

求人を探す上で「転職サイト」「転職エージェント」の登録を考えられると思います。

結論から言うと。

「転職サイト」は不要です。「転職エージェント」への登録が必須です。

<転職活動の進め方>と大きく関係していますので、早速知りたい方はページ内ジャンプし必ず確認してください!理由も詳しく解説しています!

関連記事

STEP2:応募

<履歴書>

「人生のあらすじ」について記載する。

人事が履歴書で見ているポイント

1.丁寧な字で書かれているか(手書き時)

2.通勤可能な居住地か

3.学歴や職務経歴が評価でき、応募先と関係性があるか

4.転職回数がどれだけあるか

転職を繰り返すと再就職は不利?対処法

5.希望給与に差がないか

6.応募企業への思いが強いか

<職務経歴書>

「仕事のあらすじ」について記載する。

人事が職務経歴書で見ているポイント

1.転職目的が納得できるか

2.記載内容に信憑性があるか

3.求める実務能力を満たしているか

4.プレゼン能力があるか

5.仕事に意欲を持っているか

6.発揮できる強みを自覚しているか

関連記事

<応募>

応募書類(履歴書・職務経歴書)が作成できれば、応募する事になります。

「転職サイト」に登録していれば、自分で応募する事になりますが、「転職エージェント」であればエージェント(担当者)が応募してくれる上に、面接等の日程調整も行ってくれますので、在職中でも非常に楽に転職活動する事ができます。

STEP3:面接

<筆記試験・適正検査>

企業によっては、独自の筆記試験や適正検査を実施している所もありますし、適正検査だけという企業もあります。

基本的には「SPI」がメインになってきますが、応募企業がどう実施するのか確認しておく必要があります。

<基本的には>

応募→筆記試験・適正検査→面接

の流れとなります。

企業によりだいぶ変わってきますので注意しておきましょう!

<面接>

さあ、いよいよ面接です。

採用担当者は「自分たちが求める人物像にどれだけ近いか」を面接でチェックします。

面接対策はこちら

用意すべき逆質問集はこちら

STEP4:内定

選考をクリアし、無事内定となった後もすることはあります。

<条件交渉>

内定が出た後、年収など「あなた」の希望をしっかりと交渉しておく必要があります。

ただ「条件交渉」というのは素人ではなかなか難しいですよね。

だからこそ「転職エージェント」を活用する必要があるんです。条件交渉を代理で行ってくれるので、これほど力強い味方はいないんです。

<退職>

在職中の方はなるべく円満退社を目指しましょう!

お世話になった方にはしっかり挨拶をすることも大切です。

退職のコツはこちら

<引継ぎ>

転職が決定してから、今の仕事の引継ぎも考えなければなりません。

後任になるべき迷惑のかからないように「引継ぎ資料」等を事前に準備しておくことでスムーズに退職する事ができます。

転職先への入社が遅れないよう出来ることは出来る限り済ましておきましょう!

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

第二新卒の転職活動の進め方

転職活動の流れ(4STEP)はある程度お分かり頂けたかと思います。

実際に第二新卒が転職活動をスタートしようと考えた時にどのように始めれば良いかということを現役キャリアアドバイザーが解説します。

大きく3つを守って頂きたいです。

<第二新卒の転職活動の方>

①新卒時同様の就職活動はNG

②エージェントの登録・活用

③エージェントと面談(適正チェック・キャリア形成等)

この3つさえ守り、方法を間違わなければ「第二新卒」の転職活動は案外楽だとお考え下さい。

順に説明しており、進め方②では第二新卒特化型転職エージェントもご紹介していますので、ぜひ登録を検討してみてください!

進め方①:新卒時同様の就職活動はNG

↓注意してもらう内容↓

「第二新卒」と言え様々な状況の方がいるとは思いますが、一般的に多いのが、新卒で就職活動をした方がほとんどだと思います。

少し思い出して頂きたいのですが。

新卒時の就職活動というのは、

求人サイト(リクナビやマイナビ)に登録し、自ら応募し、ESを書いて、SPIやWEBテストを受けて書類選考を通過して、面接して・・・

あるいは大学の就職支援センターを活用したりしたと思います。当時私も皆さんと同じように就職活動をしていました。

内定までの道のりが長いくせに「これだけやっても内定が出ない」と理不尽に思ったことも記憶に新しい事です。

ここまでは新卒時の就職活動ですよね。

ですが、これから「第二新卒」として転職活動をする方は必ず注意して頂きたい点があります。

<必ず注意すべき点>

新卒時同様の就職活動はしないでください!

ということです。

ここが非常に重要なポイントです。

新卒時に就職活動をしていた方は、以前使っていた「求人サイト」はもう不要です。活用する必要性もありません。

何が必要なのか。

「転職エージェントの登録」です。

これが第二新卒が転職活動をする上で必須となります。

ちなみに

そもそも「求人サイト」と「就職エージェント」の違いって何?という方は興味があれば以下の記事を参考にしてみてください。

すごく簡単に言うと「あなた」の状況によって使い分けしているだけです。転職する人であれば「転職サイト」「転職エージェント」と言います。

「転職サイト」と「転職エージェント」の違いは「自力」「プロ」かということです。

転職サイトと転職エージェントの違い!使うべきは?

進め方②:エージェントの登録・活用が必須

↓行動してもらう内容↓

第二新卒が転職活動をスタートする上で最も重要と言っても過言ではない点です。

今の時代、昔に比べて再就職・転職自体は非常にしやすくなりました。ですが、それと合わせて就職・転職エージェントというのも増えてきています。

数が多すぎてどのエージェントに登録すれば良いかわからない。

当然の事だと思います。

おそらくみなさんがご存知なのは大手総合型エージェントと呼ばれる「リクルート」「DODA」等ではないでしょうか。

実は新卒時の就職活動よりも改めて第二新卒が転職活動する方が圧倒的に楽で簡単なんです。

その理由は、新卒時の「求人サイト=自力」では活用できなかった「プロの力」を借りることができるからなんです。

正直言って、転職エージェントの登録は新たに就職活動をする上でMUSTだと考えておいてください。簡単に活用する理由をお伝えすると、

<活用する理由>

1.非公開求人を多数扱っている

2.「あなた」を推薦してもらえる

3.プロのアドバイス・指導を受けることができる

4.条件交渉をしてくれる

「あなた」のスケジュール管理はもちろんの事、職務経歴書の書き方なども丁寧に指導してくれます。

「転職エージェント」の登録が必要ということはなんとなくわかって頂けたかと思いますが、この「転職エージェント」が転職で失敗する原因でもあります。

勘違いしないで欲しい事

「転職エージェント」の登録は必要。しかし誤った転職エージェントの登録が失敗に繋がる

そのため、登録すべき転職エージェントに登録する必要がある。

*この点は非常に重要なポイントで転職活動で失敗しないためにも*<第二新卒は大手エージェントは使うな!>で詳しく解説していますので必ずお読みください。

*ページ内ジャンプ

ということです。

第二新卒特化型の転職エージェントは以下のページで特徴なども合わせて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

とりあえず、当ページでは上位2社を簡単に紹介しておきます!

1位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。


<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えています!

ブラック企業排除の徹底

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

また研修型支援サポート(ウズウズカレッジ)で内定までしっかりサポートする4週間のスクール制度も設けているのも特徴の一つです!

また当サイトからの登録で、Amazonギフト券(2,000円分)がもらえます。本人確認の電話が来たら「uz20」とキャンペーンコードをお伝え頂ければ3週間以内にゲットできますので、お得です!


2位:『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


<圧倒的なDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

DYM就職についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

DYM就職の口コミ・評判|なぜ選ばれる?

DYMとマイナビエージェント比較!

DYMとリクルートエージェント比較!

進め方③エージェントと面談

↓行動してもらう内容↓

さて「第二新卒」の転職活動の始め方の最終ステップになる点です。

まず登録後はエージェントから連絡がきます。(ここまでは仮に他の就職エージェントに登録しても面談があるところは同じように一度連絡がくるのが一般的です)

エージェントから連絡が来たら、面談日程の調整を行います。調整後は実際に面談に行き、キャリアカウンセリングを受けてください。

実は『ウズキャリ』『DYM就職』を紹介したのは、第二新卒に強いからという理由もありますが、どちらも面談という名のキャリアカウンセリングに近い内容を実施してくれるからなんです。

<他エージェントとの簡単比較>

<他のエージェント>

他の就職エージェント(特に大手総合型エージェント)は面談が非常に事務的で、例えば「希望年収は?」「希望職種は?」「勤務地は?」と簡易的な内容がほとんどで、「適正」などを判断し紹介してくれないケースが往々にしてあります。


<ウズキャリとDYM就職>

しかし『ウズキャリ』『DYM就職』は例えば、「就職で失敗した新卒」や「第二新卒での転職」「フリーター・ニートの就職支援」など悩み多き方や「途方に暮れている方」に対して親身に相談に乗り、共にキャリア形成を考えてくれます。

例えば、過去から遡ってあなたの適正を見極めてくれたり、「あなた」の希望する求人ももちろんですが、逆に「あなた」に合う求人を紹介してくれます。

とにかく何でもいいです。「あなた」が疑問に思っている事や不安な事、将来のキャリア形成も含めて相談してみてください!

アドバイス

『DYM就職』【第二新卒エージェントneo】は提携企業も異なるため、同時に登録することで求人数を確保することができ、非常に効果的に就職活動を進めることができるのでおすすめです!

関連記事

第二新卒の転職活動の進め方・流れ・始め方の全て

第二新卒は大手転職エージェントは使うな!

↓必ず理解しておいて欲しい事↓

まず「あなた」がこれから転職活動をする前に必ず注意しておいてほしい点があります。それが、上述でも触れた

転職エージェントの登録は必須だが、転職エージェントが失敗の原因の一つである」

ということです。

私がまず第二新卒のサポートをした際に聞く事があります。

大手総合型転職エージェント(リクナビやDODA等)に登録し転職活動をしていませんか??あるいはしようとしていませんか?

ということです。

<第二新卒が転職失敗するケース>

新卒同様に「リクナビ」や「DODA」など、いわゆる総合型エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、そのままニートになってしまった。という方も私は見てきました。

なぜ第二新卒が転職に失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなりますもちろん求人を出している企業はある程度「求めている人物像」はあるのですが、それが第二新卒とは限りません

確かに第二新卒を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。なんです。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒が総合型エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型エージェントではなく、元から第二新卒に特化しているエージェントをご紹介・おすすめしています。

第二新卒特化型であれば、ライバル数も激減し、なおかつエージェント側の思惑も関係なくなるんです!!

あなたの転職活動が上手くいくことを陰ながら応援しています!

でわ!MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!ホワイト企業への転職を成功させるための方法をプロだから知っている正社員求人100%かつ内定率96%の転職サイトをご紹介!
残業が多すぎる、休日出勤なんて聞いてない!と不満があり、退職・転職を考える新卒は非常に多いです。「一般的な残業時間」そして「サービス残業になっていないか」「辞める前に取るべき行動」「ミスマッチがない成功する転職方法」を現役キャリアアドバイザーがどこよりも詳しく解説しています!退職理由別に例文を解説しているページも合わせて紹介しています!
現在中小企業に勤めており、大手企業への転職を検討している第二新卒向けに「転職できるのか?」「中小企業ならではのアピールポイントは?」「学歴や職歴に自信がない」などの不安を解決し、大手企業へ転職を成功させるためのアドバイスと、第二新卒特化型の転職エージェント、なぜ特化型が良いのか?など裏側も交え解説しています!
入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!
新卒で入社したが研修が終わり3ヶ月が経ち、既に転職を考えているという方のために、「転職ができるのか?」「3ヶ月程度の転職では印象が悪い」「職歴なんて書けない」など様々な不安があると思います。プロが実践している方法を企業の裏側やぶっちゃけも交えながら転職で失敗せず、成功するための方法をステップごとに徹底解説・ご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。