無期雇用派遣と登録型派遣の違いをプロが解説!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

一昔前とは雇用形態がだいぶ変化してきており、こと派遣においても同様です。

第二新卒と言えど、正社員ではなく、派遣社員を目指す方も当然いらっしゃいます。

そこで、2018年問題の背景(割愛しますが)から大手派遣会社が続々と導入している

◆「無期雇用派遣」になるためのプロセス

◆「無期雇用派遣」の対象者

◆「登録型派遣」との違い

について解説していきます!

派遣社員を目指している方のためにおすすめの就職エージェントを「対象年齢」「特徴」「イチ押しポイント」も合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

<20代・第二新卒の方へ>

ちなみに、20代・あるいは第二新卒(23~25歳程度)で正社員も考えられている方は、わざわざ派遣社員から正社員を目指す(正社員登用制度)必要はありません

最初から正社員を目指すことが可能です。ただし、登録する転職エージェント、しかも第二新卒・20代に特化した転職エージェントへの登録が必要ですので、気になる方はぜひその理由と合わせて参考にしてみてくださいね!

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

「無期雇用派遣」とは??

派遣社員というのは、通常最長3年の期限が定められています。

派遣社員は「抵触日」を気にしないといけないし、仕事が決まらない間の待機期間も不安。そんな悩みを解決できる働き方ってないのかな?
MrダービーBoy
それが「無期雇用派遣」なんです。既に派遣会社から紹介されたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし条件があるんです。

まさにそれが2018年問題と関係しているのですが、2018年問題というのは「労働契約法」「労働派遣法」が改正された年なんです。

詳しく解説していきましょう!!

<無期雇用派遣とは>

「無期雇用派遣社員」として派遣会社と雇用契約を結び、登録型派遣社員と同様に派遣先で派遣就業するという働き方です。特に事務未経験者や若い世代のキャリア形成を支援することが目的とされています。

派遣と正社員の性質を組み合わせた制度であり、近年では注目されている制度です。派遣会社の社員として「入社」するイメージなので期間の定め(抵触日)が無くなる特徴もあります。

しかしながら条件もあり、5年以上派遣社員として同一の場所で働いている事が条件となっています。

つまり、2013年(平成25年)4月1日から派遣社員として働いていた方がちょうど5年経った2018年がまさに第一陣の対象となっているんです。

*詳しい対象者は後述で解説しています。

やることは派遣と全く同じで、登録した派遣会社の社員として雇用されるイメージです。

そのため、「抵触日」が無くなるのが最大の特徴の一つでもあります。

「抵触日の考え方」など詳しくは以下を参照ください!

【これから派遣を目指す方】まずは派遣がどういうものなのか理解しましょう!最長3年だということ、そして「抵触日の考え方」さらには、派遣会社に登録したものの、正社員になれずに、良いように使われ「塩漬け」にされることも!!そうならないために、この記事を参考に注意してください!!

<誤解しないでほしい事>

無期雇用派遣は「正社員」ではありません。

また紹介予定派遣のように、直接雇用を前提とした働き方でもありません。

また「無期雇用派遣」という働き方は全部が全部メリットになるというわけでもありません。デメリットももちろんあります。別の記事で解説していますので、参考にしてみてください。


<合わせて読まれている記事>

無期雇用派遣を検討しているなら、まずはメリット・デメリットを6つずつ紹介しているので実態を理解してください。実はメリット・デメリットは表裏一体なんです。無期雇用派遣も良いですが、特に20代・第二新卒は「正社員」を目指す方が手っ取り早いかもしれません!!それぞれの転職・就職エージェントを合わせてご紹介しています。

無期雇用派遣の対象者

上述でも書きましたが、2018年から「労働契約法」「労働派遣法」が改正された事に伴い、2018年度から「無期雇用派遣」という働き方が新たに追加されたとも言えます。

それではその対象者について詳しく解説していきます。

<無期雇用派遣の対象者>

無期雇用契約への転換を申し込む権利(無期転換申込権)が発生した契約期間中に、申し込みをすれば、その時点で無期雇用契約が成立します。

無期転換申込権は、次の3要件が揃った時に発生します。

①有期雇用契約の通算期間が5年を超えている。

⇒同一派遣元との間で雇用契約があり、それを通算した期間が5年を超えていること。

②契約の更新回数が1回以上ある。

⇒契約更新が1回以上行われていること。

③現時点で同一派遣元との間で契約している。

⇒通算5年を超えて契約をしてきた派遣元との間で、現在も有期雇用契約を結んでいること。

つまり、現在の派遣元での雇用契約が複数回更新されており、その期間を通算して5年を超えていれば、派遣社員の申し込みにより、次の雇用契約から無期雇用派遣に切り替わります。

無期転換を申し込む権利は労働者の権利で、申し込みを実際にするかどうかは本人の意思で決めることができます

実際には、2018年(平成30年)4月以降から無期転換申込権が発生する方がでてきますので、自分が対象となるかどうかについて詳しくは、各派遣会社へ問い合わせをしてみてください!

「無期雇用派遣」になるためのプロセス

派遣社員を漠然と考えていた方の中には、「無期雇用派遣」って実はピッタリかも!という方もいらっしゃると思います。

そこで、どういうプロセスで「無期雇用派遣」になるかをご説明します。

<プロセス>

派遣会社へ無期雇用派遣の登録・申込

選考

採用となれば派遣会社と雇用契約を結ぶ

みなさん思ったかもしれませんが、派遣社員の様に派遣会社に登録して終わり!ではないんです。

*ちなみに登録して仕事を紹介してもらう派遣を「登録型派遣」と言います。

上述でも記述した通り、「派遣会社の社員」というイメージなので、派遣会社としてもちゃんとした人を取り入れたいがために書類や面接があります。

その分、採用されれば「抵触日」もなくなりますし、「待機期間」も給料が出るという点は派遣を目指している方にとっては魅力的な側面ですよね!


<合わせて読まれている記事>

ニート・フリーターが正社員になるための方法とまずするべき事について解説!どうすれば脱ニート・脱フリーターの「はじめの一歩」を踏み出せるのか、正社員になるのは無理なのか?「新卒逃したら就職無理」「ハローワークに行けばなんとかなる」なんていうのはネット情報の嘘です。いきなり正社員になってみませんか?
社会復帰を目指し現状から脱出する方法を、具体的にアルバイト・派遣社員・正社員に 分けご紹介しています。「あなた」のニート期間から「あなた」が目指すべき雇用形態を アドバイスしております。ニートが正社員に就職する確実な方法もご紹介していますので、ぜひご一読ください。
【ニート必見】ニートが年収400万なんて無理だ、なんて思っていませんか?元お荷物ニートを年収400万に導いた3つの方法をご紹介します!!もう社会のお荷物、ゴミなんて言わせない!そんな思いで現状打破したいニートの方は必見です!新たな一歩を踏み出して明るい未来を掴みましょう!

「無期雇用派遣」と「登録型派遣」の違い

この部分は派遣を目指す方にとって、絶対に知っておいてほしい部分です。

それではわかりやすく解説していきます!!

<4つの違うポイント>

「無期雇用派遣」には、

①選考がある

②年齢を見られる

③「抵触日」がない

④待機期間も給料が出る

大きな違いというのはこの4点になります。順にそれぞれ解説していきます!

選考がある

<無期雇用派遣になるためのプロセス>でも記載しましたが、「無期雇用派遣」になるためには選考があります。

基本的には派遣会社独自の採用活動(面接や書類選考)を行います。

派遣会社にもよりますが、企業によっては

◆学歴

◆職歴

◆資格

などの基準で審査するところもあります。

第二新卒や元ニートの方などの場合には、職歴は少ないかと思いますが、別に少なくても問題はありませんよ!!

ちなみにですが、

ふと思ったけど「登録型派遣」は選考ってないの??
MrダービーBoy
はい!「登録型派遣」には選考はありません。というのも「登録型派遣」の場合には選考というスタイルは派遣法により禁止されているんです!

登録したい人が登録できない。というのは差別にもなりますから禁止されているというのもあるんです。

また何度もお伝えしていますが、「無期雇用派遣」の場合、「派遣会社の社員」というイメージのため、派遣会社としても選考し慎重に採用活動を行うんです。

年齢を見られる

一番シビアな部分かもしれません。

ですが、第二新卒の方であれば特に問題はないかと思います。

「無期雇用派遣」の考え方として

<考え方>

若い世代のキャリア形成を支援する目的

長期的かつ安定的に派遣先に社員を派遣させる目的

もちろん派遣会社によって異なるため一概には言えませんが、上記2点が前提としてあるのもまた事実です。

直接的な表現はしないですが、「若年層に向けた事務スキルのキャリア支援」と、若い人材の募集に力を入れていることが分かります。

その一方で企業によっては「30代前後を基本線にしている」とおっしゃっていました。若手は正社員として取りたいという企業側の意志もあるそうです。

今のご時世、まさに第二新卒・20代を求めており、人材確保をしたい企業側の意図も良くわかります。だからこそ第二新卒・20代には後述でも解説しますが、正社員を目指してもらいたいと思います。

「抵触日」がない

派遣社員の縛りとも言える最長3年という期間がなくなるというのは最大の特徴かもしれませんね!

「抵触日の考え方」は以下を参照ください!

【これから派遣を目指す方】まずは派遣がどういうものなのか理解しましょう!最長3年だということ、そして「抵触日の考え方」さらには、派遣会社に登録したものの、正社員になれずに、良いように使われ「塩漬け」にされることも!!そうならないために、この記事を参考に注意してください!!

待機期間も給料が出る

「登録型派遣」と異なり安定という面では一番大きくこれから派遣社員を目指す方にとっては魅力的かもしれません。

「登録型派遣」が安定しないと言われる所以はまさにこの待期期間中の収入面です。

働いていないと収入がないのに対して、「無期雇用派遣」の場合には派遣会社と雇用契約を結ぶために「派遣会社の社員」というイメージです。

そのため、働いていない期間があったとしても収入が安定して入ってくるという点で非常にメリットとなります。


<合わせて読まれている記事>

【2018年度は無期契約が増える!?】これから契約社員を考えている方、まさに今契約社員の方は必ず知っておかなければならない無期契約への転換制度。そして企業側がどういう対応を取ってくるのか?本当に「あなた」にとって最善の選択となるのかを今一度考えてみてください!メリット・デメリットも含め、無期契約社員に向いている人・向いていない人など徹底解説しています!
契約社員とは?収入面・働き方の特徴を解説。さらに派遣社員との違いや、正社員との違いも徹底解説!契約社員を目指すなら絶対登録すべき転職サイト、そして最初から正社員を目指す方向けにも転職サイトをご紹介しています。特に20代・第二新卒は転職失敗してしまうケースが多いので必見です。

派遣向けエージェントおすすめ3選

「無期雇用派遣」となるか、改めて働き方を考えたいという方のために、以下にご紹介する3選は数ある就職エージェントの中からプロの私が厳選した会社になります。

実は他にも2社(公式サイト⇒ランスタッドの転職支援サービス/公式サイト⇒マイナビエージェントおすすめしている就職エージェントがあるのですが、興味のある方は参考にしてみてください。

【派遣必見】転職サイトが多すぎてお困りの「あなた」!派遣を考えているならば絶対登録すべき5選をプロが厳選し紹介しています。まずは「職種特化型」ではなく「総合人材派遣会社」への登録をし幅を広げてみませんか?そして20代の方には派遣ではなく正社員としての道もご用意していますのでぜひご一読ください。

何社も登録すべきなんですか??

という質問を良く受けます。

実際は1社でも十分です。以下にまとめます。

<3社以上は必要ない>

本来は1社で十分ですが、余裕があれば」あるいは「明らかに転職エージェントと合わない」「他の求人も見てみたい」には3社までなら登録してもOKです!!

どの就職エージェントも当サイトからは「登録無料」なので、私が紹介する3選で正直事足りると思います。

実は「3社」にも根拠があり、3社活用での転職成功率が75%以上に上り、それ以上だと逆に下がる一方なんです。

1位 『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆20代~40代前半

◆全業種対応

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<ワークポートのイチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

『ワークポート』は幅広い年齢層と未経験OK・スキル無しOKとこれから派遣社員を考えている方にとっては鉄板です。

さらに就職ノウハウも豊富なので、最もおすすめしている就職エージェントです。

登録後は面談が用意されていますが、この面談がまたミソで「あなた」の現状等を把握した上でエージェントが「あなた」に合う求人を紹介してくれたりするので、必ず面談には行くようにしてください!

派遣社員だけでなく、正社員を目指すことも可能です!

2位 『パソナキャリア』

公式サイト⇒『パソナキャリア』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆24~49歳程度

◆全業種対応

<パソナキャリアのイチ押しポイント>

対象年齢の幅が広い!女性活躍を推進している代表企業であり、「女性の転職と言えばパソナキャリア」と言われている程、女性の就職に強い!応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルサポート!

また登録時に女性エージェントを指定する事も可能!登録後のサイトにはノウハウがぎっしりと詰まっている。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

対象年齢が49歳までと幅広く、なおかつ『パソナキャリア』はパソナグループ全体とし「女性活躍を推進する代表企業」であり、女性向け転職の表彰を何度も受賞しており、実績は折り紙付きです。

また女性特有の悩み(妊娠・出産・育児休暇など)を解決すべく女性エージェントが多いというのも女性にとって魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

派遣社員だけでなく、正社員を目指すことも可能です!

3位 『リクルートスタッフィング』


公式サイト⇒リクルートスタッフィング

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆全年代

◆全業種対応

◆就業する気のある方なら誰でもOK。

<イチ押しポイント>

大手総合型転職エージェントであるリクナビの派遣特化型サイトです。そのため求人数も約10,000件と多く、希望に合う求人を見つけやすいです。

さらにオンライン登録はリクルートスタッフィングの登録会に参加しなくとも家に居ながら本登録完了が可能です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録

②求人紹介・応募

③書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

一見転職エージェントとの面談がないため、楽に感じるかもしれません。

キャリアアドバイザーである私からアドバイスさせて頂くと、「あなた」の将来像が自分で見えているのであればOKですが、まだ将来像も不透明で悩んでいるという方には、今後の事を含めてエージェントとの面談を一度してみることをおすすめします。

上述でご紹介した2社は、

1位:公式サイト⇒『ワークポート』

2位:公式サイト⇒『パソナキャリア』

面談(キャリアカウンセリング)が用意されており、なおかつサポート等も充実しているため、特に将来像が不透明な方にはおすすめです。さらに上位2社は正社員求人もありますが、リクルートスタッフィングは基本的に派遣のみとなります。

「あなた」の現状に合う転職エージェントをしっかりと見極めてみてください!


ちなみに、IT系の派遣を考えているなら『リクルートITスタッフィング』がおすすめです。リクルート系列なので、大手人気企業の求人が豊富にあります。

選考の流れ等は全て『リクルートスタッフィング』と同様で、ITの派遣に特化している就職エージェントとなります。


<合わせて読まれている記事>

【未経験・経験者OK】アパレル・ファッション業界を目指している方の転職を成功させるためには、まず転職エージェントに登録をしなければ始まりません。約50社あるアパレル・ファッション業界の中からプロの私が5選を厳選しました。またとにかくアパレル・ファッション業界に身を投じたい方向けに派遣でもOKな転職サイトをご紹介しています!
【管理部門希望者必見】数少ない転職サイトの中で管理部門において厳選した転職サイト4選を紹介しています。第二新卒だけではなく、どの年代でも当サイトをご覧いただくメリットがあると思います。さらに第二新卒・20代向けの転職エージェントも合わせて現役キャリアアドバイザーだからこそわかる裏側を交えご紹介しています!
【ニート必見】社会復帰したい!今のままではヤバい!ニートの共通認識です。なぜ以前就職・転職に失敗したのか?登録を間違っている方が多いんです。現役のプロが本気で社会復帰を目指しているニート・フリーター向けにニート特化型転職エージェントをご紹介。案外簡単に正社員として社会復帰できますよ!

無期雇用派遣のまとめ

本記事のまとめをしておきます!!

<無期雇用派遣とは>

「無期雇用派遣社員」として派遣会社と雇用契約を結び、登録型派遣社員と同様に派遣先で派遣就業するという働き方です。

派遣と正社員の性質を組み合わせた制度で派遣会社の社員として「入社」するイメージなので期間の定め(抵触日)が無くなる特徴もあります。

<無期雇用派遣の対象者>

要件①有期雇用契約の通算期間が5年を超えている。

要件②契約の更新回数が1回以上ある。

要件③現時点で同一の派遣元との間で契約している。

つまり、2013年(平成25年)4月1日から派遣社員として働いていた方がちょうど5年経った2018年がまさに第一陣の対象となっている。

無期雇用派遣となるかどうかは本人の意思で決めることができます

<登録型派遣との4つの違い>

「無期雇用派遣」には、

①選考がある

②年齢を見られる

③「抵触日」がない

④待機期間も給料が出る

<派遣おすすめ転職エージェント3選>

1位:公式サイト⇒『ワークポート』

2位:公式サイト⇒『パソナキャリア』

3位:公式サイト⇒リクルートスタッフィング

*当サイトからは全て登録無料です。

<とにかく迷ったら>

公式サイト⇒『ワークポート』

に登録しておけば間違いないです。

対象年齢・対応業種・サポート体制・求人数とトータルで見た時に最もおすすめすることができます。さらに正社員を目指すことも可能。

とにかく「無期雇用派遣」というのは最近大手派遣会社が導入してきた制度です。

まだ未整備の点も多いですが、今後確実に増加してくる働き方の一つであることは間違いありません。

特に女性にとっては、正社員まではならなくていいかなぁという考えの方もいらっしゃると思います。

そんな時に、こういう働き方もあるんだ!と言うことを知っていてください!

でわ!MrダービーBoyでした( `ー´)ノ

<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
結婚後の働き方のお悩み多し!正社員、パート、アルバイトとその他の雇用形態別にメリットを解説!「共働き」が主流の現代で、どんな働き方が最も安定するのか?正社員になるための確実な方法と合わせてご紹介!また意外と知らないパートやアルバイトでも「産休・育休」は取得可能という事実についても解説しています!
【男女必見】結婚前と後、転職する時期はどっちが良いのか。結婚するつもりだが、転職もする予定。世帯年収の算出方法から年金・社保・住民税まで詳しく解説!大切な人生のイベントを上手くクリアしたい!そんな方に、結婚を前提にした転職の進め方・スケジュール・事前に把握しておかなければならない5つのポイントをすべてご紹介!式場探しや結婚式についてもご紹介しています。
出産や育児など将来のことを考えると、どういう目線で企業選びをすればいいのか? ワークライフバランスの視点から、企業選びとその判断方法、さらに既婚率や産休・育休の取得率の指標も交え解説しています。企業選びと同時に働き方についても考えなければなりません。まだ検討中の方向けに年代別でオススメの転職エージェントもご紹介しています!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
第二新卒で転職を繰り返す、第二新卒で転職したのにまた退職してしまった。と不安をお持ちの方が大勢います。企業は転職を繰り返した人をどう見るのか?転職を繰り返すことで再就職が難しく不利になるのか?再就職に強い転職エージェントの紹介も交えながら詳しく解説しています。