新卒入社後のミスマッチ原因!早期退職し転職するには

MrダービーBoyです。

今回は転職相談で多い「新卒入社後のミスマッチ」についてなぜミスマッチが起きたのか、そして短期離職・早期退職となった場合でも転職はできるのか。

さらに「もうミスマッチしたくない」と切に願っていると思います。よく転職エージェントだけ紹介しているサイトを拝見しますが、それだけでは転職はうまくいきません。

転職エージェントは確かに必要ですが、登録すべき転職エージェントを間違えていると残念ながら転職は失敗してしまいます。

新卒入社のミスマッチの理由・原因

なぜミスマッチしてしまったのか?

そのメカニズムと言えば大げさですが、新卒の転職をサポートしていて多い事例もありますので解説していきたいと思います。

新卒時の就職活動というのは、

内定取れるかな
どんな会社なのかな

と「内定が取れるかどうかの不安」と「社会人として世の中に出ていく期待感」で胸膨らませ、企業の規模やブランド、福利厚生など「企業の外側」しか見ていません。

ですが実際に入社してから、

あれ、想像していたのと違うな
もしかしてブラック?

というように今度は社内での人間関係、仕事の内容、残業の実態など「企業の内側」を見ることになりますよね。すると期待を裏切られた感があるからこそ一気に冷めてしまいます。

自分だけがそうなのかな。と思われるかもしれませんが、意外とミスマッチが原因で退職・転職をする方は非常に多いです。

という私もミスマッチで転職をした側の人間でした。

<経験者が語る>

新卒で大手ハウスメーカーにインターンシップも受け入社。早く一線で活躍したいと思っていましたし、言うても大手という優越感もあったのかもしれません。

そして3ヶ月の研修後、展示場へ営業として配属。ここまでは順調でした。しかし現実は4ヶ月目くらいから見え始めてきました。

早朝出勤(7時)は当たり前、お客様を持つと見積作成・簡易図面・CADや先輩方の雑務と気づけば24時を回ることが当たりまえでした。

そして週の残業時間は10時間までと決められていました。当時は特に気にしていなかったですが、今となると恐ろしいと感じます。

仕事も残業も「私だけがたまたま」ならよかったのですが、周りの同期、そして2~3年上の先輩を見ていてもみんな同じ状況でした。

体力的にも将来の不安も同時にあり、大手という肩書など気にする余地もなく、約半年で退職し、今の職に就いています。

意外にも研修3ヶ月後あるいは3ヶ月未満で見切りをつける方も今の転職市場では多いんです。

さて新卒がミスマッチを起こした原因をまとめておきます。

ミスマッチの理由・原因まとめ
新卒時の就活のゴールは内定。それゆえに「企業の外側」しか見ていない。しかし入社してから「企業の内側」を知ることになる。すると「企業の外側」だけで判断して、想像していた現実と異なり、結果ミスマッチを引き起こす。よくこのミスマッチは男女関係と表わされたりもしています。例えば美女をGETしたが内面が・・・というような感じです。

確かに上述の様に新卒時には内定がゴールだったと思います。

<勘違いしないで欲しい点>

しかし転職というのは、内定がゴールではありません内定はあくまで前提であって、転職の成功というのは「あなたに合う企業に入社すること」、つまりミスマッチがないということを以て転職成功と言えます。

実際には「完全にミスマッチがない」というのは難しいのはなんとなくお分かり頂けると思いますが、「あなた」に合う企業の求人を見つけるためには「第二新卒特化の転職エージェント」が必要なんです。

簡単に言うと、「あなた」の事情を理解している第二新卒特化型エージェントのプロと第二新卒特化の転職エージェントに求人を出している企業がミスマッチを極力減らすための企業努力を行っている転職エージェントが私が紹介する第二新卒特化型転職エージェントだからです。

この点は裏側やぶっちゃけを交えながら後述に解説していきますので、ご安心ください。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
入社3年未満で退職した理由をランキング形式で10選、理由や対策も合わせて解説。ブラック企業の診断方法や企業の調べ方、さらに退職を決意した方のために第二新卒として転職を成功させる方法を現役プロが紹介しています。新卒時と違い内定がゴールではなく、内定は前提で、「あなた」の要望に合う会社に転職する事が第二新卒における転職の成功と言えます。その方法を具体的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!
新卒で会社を辞めたいなら辞めてもOK。その前に一度本当に辞めるべきか確認してみてください。その上で転職をする・しないに関わらず転職エージェントに相談してみてください!実際に当時私が活用しキャリアアドバイザーとなった転職エージェントですので自信を持ってご紹介できます。プロとなってからも改めて相談して良かったと思える転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください!

ミスマッチによる早期退職・短期離職

これから転職を考えている方にとって、この点はかなり気になる部分だと思います。

結論から言ってしまうと、新卒入社が会社とのミスマッチを引き起こし早期退職・短期離職をして転職をするというのは全く問題ありません

さらに言ってしまうと、企業は「あなた」の様な若手人材を求めています。

実際に不利になるのか。早期退職・短期離職でも問題ないという根拠の説明などは以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

新卒入社したが、ミスマッチがあり早期退職・短期離職となった方、なりそうな方のために再就職・転職する方法をご紹介!早期退職・短期離職は不利になるのかどうかという点にも焦点を当て徹底解説!私も早期退職した身で今は現役キャリアアドバイザーです。当時とプロの視点を交えながら成功の道をアドバイスしています!

これから転職を本気で考えている方にアドバイスしておきます。

アドバイス

まだ新卒で入社した会社を退職していないのであれば、可能な限り退職をせずに転職活動をしてください

というのも転職活動と言えど面接に行ったりと費用が掛かったりもします。新卒で入社してからの早期退職・短期離職というのは貯金がある方を除いて「お金がない」というのが一般的です。

ギリギリまで今の会社での給料をもらいつつ、転職活動をし「あなた」に合う求人を見つけ内定が出てから退職でも問題ありません。

ただし、予め今の会社の「就業規則」は確認しておいてくださいね!おそらく「退職は一ヶ月前通告」が多いと思いますが、企業によっては異なりますので。

上記の内容を踏まえ「内定が出るまでの期間」「新卒の退職時の一般的な貯金額」「失業保険」について以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【第二新卒必見】特に一度目の転職活動をされている方必見です!内定ってどのくらいで出るの?周りの第二新卒の退職時の貯金額は?実は内定と貯金額、転職活動と関連性が高いんです。最短かつ確実に内定を獲得できる転職エージェントもご紹介しています!さらに既に退職されている方に向け、失業保険についての注意点もご紹介しています!

<合わせて読まれている記事>

新卒で入社したが研修が終わり3ヶ月が経ち、既に転職を考えているという方のために、「転職ができるのか?」「3ヶ月程度の転職では印象が悪い」「職歴なんて書けない」など様々な不安があると思います。プロが実践している方法を企業の裏側やぶっちゃけも交えながら転職で失敗せず、成功するための方法をステップごとに徹底解説・ご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!
1年未満で辞めてしまうことへの抵抗ってありますよね?様々なサイトには最低3年!や1年未満で転職は不利!と書かれていますが、間違いです。プロだから知っているリアルや裏側を詳しく解説!さらに実例を挙げながら、キャリアアドバイザーとして実践している方法も再就職・転職に強いエージェントのご紹介も交え解説しています。
退職を上司に切り出すのは誰でも嫌です。上司に切り出す前の段階でしっかりと準備を万全の状態で臨んでください!円満退職を目指し、退職しましょう!たった4つの注意点を意識しておけば意外とあっさり退職できてしまいます。これから転職活動をスタートする方、あるいは既に始められている第二新卒向けに第二新卒特化型の転職エージェントをあわせてご紹介しています!

ミスマッチのない転職をするには

さてこれから「第二新卒」として転職活動をスタートしようと考えられている方のために、ミスマッチのなくす、つまり失敗しない転職活動の始め方を現役キャリアアドバイザーが解説していきます。

上述でも触れましたが、転職は内定がゴールではありません内定はあくまで転職成功の前提であり、「あなた」の希望する仕事や勤務地、想像していたのと違う、今の会社が合わない。などの不安や不満を解決することが転職成功と言えます。

だって転職はなるべく繰り返したくないですよね。

ということで本題に入ります。

結論から言ってしまうと。

転職エージェントに登録・活用する

ことです。

ここまでは様々なサイトでも書かれていますよね。

但し、注意が必要です!!

「とりあえず」「なんとなく」で大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)に登録していませんか?あるいはしようとしていませんか。

「転職エージェント おすすめ」とかで調べると、まぁ「リクルートやdoda」が検索で出てきますよね。さらにCMや広告があるので、どうしても大手だからと登録してしまいがちです。

心当たりはありませんか??

それが転職失敗の一番の原因なんです。

<これだけは覚えておいて>

転職エージェントは必要ですが、「あなた」の属性に合った転職エージェントへの登録が必要!

・第二新卒なら第二新卒特化型へ

・ニートならニート特化型へ

ということです。

なぜ「リクルートやdoda等」いわゆる総合型転職エージェントでは転職に失敗してしまうのか?その理由も詳しく以下のページで解説しておりますので、私がおすすめする転職エージェントと合わせて参考にしてみてください。

「短期離職・転職を繰り返している・キャリアアップ・公務員から民間への切替・Uターン・Iターン・エンジニア・プログラマー」と悩み多い第二新卒のためにランキングでご紹介!転職を失敗するケース第一位が総合型転職エージェントの登録のため、リクナビ・DODAなどは排除しています!必ず「あなた」に適した転職エージェントが見つかること間違いなしです!

<合わせて読まれている記事>

【第二新卒として転職したい方必見】まず自分が第二新卒なのか?転職の流れは?転職をどう始めれば良いのか?という点を現役アドバイザーが実践をご紹介!第二新卒は大手転職エージェントのリクルートやDODAの登録はNG!なぜダメなのか?その理由も合わせ、登録すべき第二新卒特化型の転職エージェントをご紹介しています!

まとめ

せっかく新卒で入社したのに、ミスマッチがあり「もう転職したい」「既に辞めてしまった」という方は世の中には大勢いらっしゃいます。

という私もその内の一人です。

だからこそミスマッチしてしまった方の気持ちがわかっているつもりです。その経験を活かして今はキャリアアドバイザーをさせてもらっています。

「転職=内定がゴール」となってしまいがちですが、ゴールは内定ではなくあくまで「あなた」の希望する条件を満たせて初めて転職成功です。

ただ条件等を調整するのも個人では企業としにくかったりします。そこで活用するのが「転職エージェント」です。そういった点も踏まえて転職エージェントの登録・活用は必須と言えます。

ただし、第二新卒が登録するのは必ず第二新卒特化型の転職エージェントにしてくださいね!

でわ!「あなた」の転職成功を陰ながら応援しています!

MrダービーBoyでした。


<合わせて読まれている記事>

ブラック企業の判断基準・特徴を13個紹介、さらに「あなた」の今の会社には何個当てはまるのか。転職する際には注意しなければならない点を徹底解説!「ブラック企業はもう嫌だ!」という方のためにブラック企業を徹底排除して求人を紹介してくれる転職エージェントも合わせて3社ご紹介しています!
新卒と第二新卒ってどんな違いがあるのか。さらに新卒採用と第二新卒採用の違いについても徹底解説!勘違いしやすい応募枠や「既卒」について。そして「あなた」の状況からどんな就職・転職活動をすれば良いのかという点をプロだからこそ知っている企業の裏側をぶっちゃけながら解説しています!読んで頂ければ納得・理解間違いなしです。
新卒で会社を辞めたいなら辞めてもOK。その前に一度本当に辞めるべきか確認してみてください。その上で転職をする・しないに関わらず転職エージェントに相談してみてください!実際に当時私が活用しキャリアアドバイザーとなった転職エージェントですので自信を持ってご紹介できます。プロとなってからも改めて相談して良かったと思える転職エージェントですので、ぜひ参考にしてみてください!
新卒入社したが「もう辞めたい」という方向けに第二新卒として転職で失敗しないための方法を解説!私も新卒で転職経験者ですが、今やキャリアアドバイザーとしてサポートする側です。なぜ新卒の転職で失敗する人がいるのかということを現役のプロが転職エージェントの裏側も交えながら詳しく解説しています!ご覧頂ければ転職成功も待ったなしです!
第二新卒で転職を繰り返す、第二新卒で転職したのにまた退職してしまった。と不安をお持ちの方が大勢います。企業は転職を繰り返した人をどう見るのか?転職を繰り返すことで再就職が難しく不利になるのか?再就職に強い転職エージェントの紹介も交えながら詳しく解説しています。

MeetsAgent

▷今すぐ【第二新卒エージェントneo】をチェック!