新卒で会社を辞めたいなら相談するべき3つの転職エージェント

MrダービーBoyです。

現代の新卒の3年以内離職率ってご存知でしょうか。

実は30%を超えており、1年以内の離職率も15%近くと早期退職・短期離職という会社離れが深刻化しているんです。

裏を返せば、1社に固執するのではなく「自分に合わなければフィールドを変える」という認識に変化してきたからとも言えます。

その背景にはやはり、以前に比べて転職がしやすくなったからという理由が挙げられます。

そんな私も以前は大手ハウスメーカーに新卒で入社し約半年で転職をして今のキャリアアドバイザーの職に就いています。

プロの視点を持った私が新卒で会社を辞めたい人のためにアドバイスできればと思います。

新卒で会社を辞めたいなら辞めていい

新卒でせっかく就職できたのに、

自分が想像していたのと違う
配属先が希望の部署ではなかった
続けられる自信がない

など新卒には様々な葛藤があると思います。

新卒で入社したのに「もう辞めてしまったの?」という周りからの目もあると思います。もちろんご両親は心配するでしょう。

私も経験者なのでよくわかります。自分を棚に上げるわけではないですが、言うても大手ハウスメーカーに就職し将来は安泰だと友人から言われ、両親も喜んでくれました。

ですが、現実は超絶ブラック企業でまさに「想像していたのと違う」「続けられる自信がない」と研修後の4ヶ月目くらいから思っていました。さらになぜか「3年は勤めろ」という呪縛があり葛藤していた記憶が今でもあります。

*研修後の4ヶ月目で転職を決意する方も実はかなり多いんです。

プロのキャリアアドバイザーになった今だからこそ皆さんにお伝えできるのですが、「3年は勤めろ」というのはもはや迷信でしかありません

一昔前と現代の考え方を比較してみましょう!

<一昔前>

みなさんの両親世代あるいはそれより上の世代の時代には「3年は勤めろ」というのが当たり前でした。

愛社精神が評価され、1社に長く務めるというのが美化されていた時代だからです。

また、転職市場の側面から言うと「人材が豊富」「転職」に関する情報やツールがなかったからとも言えます。

では今の時代はどうでしょうか?

<現代>

「3年は勤めろ」というのはみなさんの両親あるいはそれ以上の世代の人たちです。

しかし実際の所「3年は勤めろ」というのはもはや迷信になりつつあります。現代はどちらかと言うと「早く決断し、新たなフィールドで活躍する」ことの方が個人としてのキャリア形成では優位だと考えらています。

と言うのも、「転職」が当たり前になった世の中で「転職を支援するツール」、いわば「転職サイト」「転職エージェント」が多く台頭してきたからと言えます。

さらに日本国内では少子高齢化が急速に進んでおり企業側は「人材の確保」が急務かつ命題となっているんです。

そこで焦点に当たっているのが、新卒で早期退職・短期離職をした、いわば「第二新卒」と呼ばれている方たちなんです。

転職サイト・エージェントの違いを徹底比較

もちろん周りの目というのも気になると思いますが、周りの目は「あなた」にとって将来的に何か影響があるでしょうか

むしろダラダラと今の会社で過ごしてやる気のないままキャリアを積むよりも「新たなフィールドで早くから活躍する」事の方が有意義だと私は相談に来る方にアドバイスしています。

ましてや、ブラック企業に入社してしまった方はこれから続けられる自信があるでしょうか。

「またブラック企業に入社してしまったらどうしよう」という不安があるのは当たり前だと思います。

ですが、新卒の転職は一人ではありません。私も当時転職エージェントを活用し二人三脚で転職活動を行い今に至ります。

転職エージェントの活用は今の転職市場において必須とも言えますが、実は転職で失敗してしまう原因もこの転職エージェントにあるんです。

<勘違いしないで欲しい事>

「転職エージェント」の登録は必要。しかし誤った転職エージェントの登録が失敗に繋がる

そのため、登録すべき転職エージェントに登録する必要がある。

入社してからでないとわからない事ももちろんありますが、転職エージェントを上手く活用することで事前にブラック企業を回避することもできますので、ぜひ前向きに転職を考えてみてください!

以下の記事に第二新卒向けおすすめ転職エージェントを12選紹介していますので、「あなた」の状況に合う転職エージェントを選んで登録してみてください!

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として再就職や転職活動をしている方でどうしても迷ってしまうのが、 ど...

辞める前に再度転職すべきか確認する

「辞めたいなら辞めてもいい」とお伝えしましたが、せっかく新卒で入社した会社です。本当に転職すべきなのか。今一度考えてみましょう。

以下のポイントで「YES・NO」で自分に問いただしてみて下さい。

<チェックしよう!>

1.今の自分の立場に満足しているのか。

2.年収に満足しているのか。

3.周囲とうまくできているのか。

4.出世したい人は出世ができそうなのか。

5.今の会社に将来性があるのか。

6.これからも続けられそうなのか。

7.その仕事が好きなのか。

7つのポイントの内、何個「YES」がありましたか?

<YESの数>

・0~2個 転職すべきです

・3~4個 転職をおすすめします

・5~7個 もう少し留まっても良いかもしれません。

上記はあくまで指標ですので他にも自分で思い当たる点は全て洗い出してみてください。

また今の業界ではなく、未経験職種への挑戦をしたい方は強い意志を持っていれば転職をおすすめします。

理由は明確で、未経験職種の場合は早いに越したことはないからです。

特に第二新卒・20代は基本的に未経験職種への挑戦になるケースが多いです。これが30代を超えた、いわゆる中途採用枠の場合には「仕事に染まっている」可能性があると企業側は捉えがちです。

30代を超えたから遅いというわけではないのですが、30代で未経験職種よりも20代で未経験職種の方が企業側は好んで採用するケースが多いです。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 こんな連絡を受けたことがあります。 確かにブラック企業という言葉は世...

辞める前に内定を取る

さて、本気で転職を決意した方にアドバイスです。

転職を決意したならば、辞める前に転職活動を終え、内定を取ることをおすすめします。

というのも新卒の場合、内定を取る前に退職をしてしまうと「金銭面」でもきつくなりますし、何より万が一転職に失敗してしまった場合、やる気や仕事に対する意欲がなくなってしまいそのままニートになってしまうという例も少なくないからです。

「よく失業保険があるから大丈夫でしょ!」という方もいますが、実は落とし穴があります。

<知識として知っておこう!>

自己都合退職の場合、手続きをしてから7日間の待機期間、さらに90日の給付制限があります。

そのため、実際に給付金をもらえるのは、最短で退職後4ヵ月程度経過してからになるんです。

手続きすればすぐにもらえるわけではないので、注意してください!!

そのため、自分の金銭面を把握しておくことは非常に大切なことなんです。

また、新卒が第二新卒として転職活動をした際の一般的な内定までの期間は以下の通りです。

<一般的な内定までの期間>

1ヶ月以内 ⇒ 約3割

2ヶ月未満 ⇒ 約3割

2ヶ月以上 ⇒ 約3割

3ヶ月以上 ⇒ 約1

1~2ヶ月以内に内定が出る方が全体の約6割もいらっしゃるんです。

最大3ヶ月を目途に転職スケジュールを組んでみてください。

<例えばの仮スケジュール>

◆7月から転職活動開始

◆8~9月までに内定

*内定獲得後は早急に退職意志を示す

◆9月末までに引継ぎ等

◆10月から新会社に入社

<注意点>

会社によって就業規則がありますので、何ヶ月前までに会社に通告しなければいけないのか、事前に確認しておきましょう!

一般的には1ヶ月前通告がほとんどだと思いますが企業により様々ですので。


<合わせて読まれている記事>

転職前に何をすればいいのか?「転職すべきか7項目でチェック」「金銭的な把握」「転職エージェント選び」など5つのやるべき項目を具体的に解説!短期離職やブラック企業が嫌だ!など様々な事情があると思いますが、それを解決するための行動を注意点も合わせて現役アドバイザーが詳しく解説しています!
【第二新卒必見】特に一度目の転職活動をされている方必見です!内定ってどのくらいで出るの?周りの第二新卒の退職時の貯金額は?実は内定と貯金額、転職活動と関連性が高いんです。最短かつ確実に内定を獲得できる転職エージェントもご紹介しています!さらに既に退職されている方に向け、失業保険についての注意点もご紹介しています!
第二新卒で退職すると入社間もなく後ろめたさがあるものです。上司への転職の切り出しもしにくいですよね。そこで、上手く上司に伝えるタイミングや切り出し方、引き止められた場合の対処法などを解説しています!伝え方がいまいちピンと来ていない方はご参考までにご一読ください!またこれから転職活動をスタートされる方向けに第二新卒特化型のおすすめ転職エージェントをご紹介しています。
退職を上司に切り出すのは誰でも嫌です。上司に切り出す前の段階でしっかりと準備を万全の状態で臨んでください!円満退職を目指し、退職しましょう!たった4つの注意点を意識しておけば意外とあっさり退職できてしまいます。これから転職活動をスタートする方、あるいは既に始められている第二新卒向けに第二新卒特化型の転職エージェントをあわせてご紹介しています!

会社を辞めたい新卒が相談するべき転職エージェント3選

新卒の転職、つまり第二新卒に限った話をしているので、中途の方などはまた別なんですが。

なぜ新卒の転職は総合型転職エージェントではなく、

第二新卒特化型転職エージェントが良いのか。

<理由は明白>

第二新卒特化型にある企業の求人は、企業が第二新卒特化型転職エージェントに求人を依頼しているからです。

つまり、そもそも第二新卒を取りますよ!と言っているです。上述でも書きましたが、総合型転職エージェントは中途やその他があるためにライバル数が多くなります。なので、第二新卒特化型転職エージェントが圧倒的有利なんです!

そして、もう一つメリットでもありデメリットでもあるんですが。

<メリットでありデメリット>

第二新卒特化型転職エージェントは20代の内にしか活用できない!ということです。

そして現代の市場では第二新卒に対する企業の注目度は非常に高いです。そのため、第二新卒特化型にある求人の質もかなり高くなってきています!

1位:『ウズキャリ』ブラック排除徹底

UZUZ(ウズウズ)の就職サポート

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方

<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えています!

ブラック企業排除の徹底

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

また研修型支援サポート(ウズウズカレッジ)で内定までしっかりサポートする4週間のスクール制度も設けているのも特徴の一つです!

また当サイトからの登録で、Amazonギフト券(2,000円分)がもらえます。本人確認の電話が来たら「uz20」とキャンペーンコードをお伝え頂ければ3週間以内にゲットできますので、お得です!

2位:『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒DYM就職

*当サイトからは登録無料です。


<新卒転職に強いDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人さらに正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!というのを全て無料で出来るからです!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

内定率96%で書類選考までパスすることができて、なぜこんなサポートと実績があるかというと、『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉をし紹介するスタイルをとっているからなんです。

知らなかった方も多いのではないでしょうか。

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅を絞っており、第二新卒・20代の転職にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

これから新卒が第二新卒として転職活動をする方にとっては最もおすすめする転職エージェントです。ちなみに私が転職をした際に活用させてもらった転職エージェントになります。

何より「書類選考なし」というのは「職務経歴書で書く事がない」という悩みの多い新卒にとってはありがたいメリットですし、私も助かりました。

ぜひ登録をおすすめします。そして転職するかしないかも含めて一度ご相談してみてください!

3位:『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職サポート。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問!短期離職、未経験職種OK、ブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多きニート・フリーターのサポートが完璧です!

求人の紹介もキャリアカウンセリング後に行ってくれます。このキャリアカウンセリングがまたミソ!!

過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、さらに将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!


<合わせて読まれている記事>

第二新卒・20代の転職において最強と言われているDYM就職について、おすすめする理由を徹底解説!現役のプロが第二新卒・20代が転職で失敗する理由や他社から見たDYM就職の評判も交えながら解説しています。これを読めば納得した上で転職活動を進めることができ、登録する必要性もご理解頂けると思います。
第二新卒特化型の転職エージェントである『第二新卒エージェントneo』をおすすめする理由を徹底解説!ブラック企業排除活動をしており「次はブラック企業は勘弁」という方にとって最もおすすめできる転職エージェントの一つです!第二新卒であれば登録しておいて間違いない転職エージェントの一つですので、おすすめポイントをしっかり理解し検討してみてください!
第二新卒・20代転職で力を伸ばしているDYM就職とリクルートエージェントを現役プロが徹底比較!とりあえずで転職エージェントへ登録してしまいがちですが、「あなた」に合う転職エージェントに登録しなければ転職は上手くいきません。登録でお悩みの方はぜひ必見です!使うべき転職エージェントがどちらかわかるはずです。
第二新卒・20代転職で力を伸ばしているDYM就職とマイナビエージェント、さらにマイナビジョブ20‘sを現役プロが徹底比較!とりあえずで転職エージェントへ登録してしまいがちですが、「あなた」に合う転職エージェントに登録しなければ転職は上手くいきません。登録でお悩みの方はぜひ必見です!使うべき転職エージェントがどちらかわかるはずです。

会社を辞めたい新卒のためのまとめ

本記事のまとめをしておきます!

<辞めたいなら辞めてもいい>

「3年は勤めろ」はもはや迷信。今の時代は「早く決断し、新たなフィールドで活躍する」という考え方が主流となっている。

<辞める前にチェックしよう!>

1.今の自分の立場に満足しているのか。

2.年収に満足しているのか。

3.周囲とうまくできているのか。

4.出世したい人は出世ができそうなのか。

5.今の会社に将来性があるのか。

6.これからも続けられそうなのか。

7.その仕事が好きなのか。

<YESの数>

・0~2個 転職すべきです

・3~4個 転職をおすすめします

・5~7個 もう少し留まっても良いかもしれません。

<辞める前に内定を取る>

退職後からの転職活動よりも在職中に内定を獲得する方が金銭面・モチベーションの面からも無難。

一般的には3ヶ月以内に内定が出る。そのため、転職活動のスケジュールは3ヶ月を軸に組み立てる。

<新卒が転職する方法>

転職エージェントへの登録・活用が必要!しかし、登録すべき転職エージェントを間違えては転職で失敗してしまう。

<転職エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。

つまり中途採用の方が年収は高くなるため転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因

<第二新卒特化型転職エージェントのメリット>

第二新卒特化型にある企業の求人は、企業が第二新卒特化型転職エージェントに求人を依頼しているから。

つまり、そもそも第二新卒を取りますよ!と言っている。上述でも書きましたが、総合型転職エージェントは中途やその他があるためにライバル数が多くななるので第二新卒特化型転職エージェントが圧倒的有利なんです!

さらに20代しか活用できないという点もある。

<相談すべきおすすめ転職エージェント3選>

公式サイト⇒『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒DYM就職 書類選考なし

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。

特にDYM就職書類選考もなく進めるため圧倒的に有利!!迷ったら登録しておいて損はないです。

<登録に迷ったら>

公式サイト⇒『DYM就職』

に登録しておけば間違いありません。登録後は面談がありますが、面談に行かなければ求人を紹介してもらえませんので、必ず行くようにしてください!

<DYM就職のメリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

いかがでしたでしょうか。

私自信、早期退職・短期離職をしている経験もあり、新卒が辞めたいならば辞めて転職をしてしまい新たなフィールドで活躍する方が良いと考えていますし、転職市場もそうです。

せっかく入社したのに辞めるのはもったいないと思うかもしれませんが、これから先みなさんはまだまだ長い社会人生活が待っています。

少しでも良い環境に行くためには自らが行動を起こさなければなりません。

上記で紹介した転職エージェントは必ず「あなた」の悩みに親身に対応してくれます。実際『DYM就職』に登録した私の経験からもおすすめできます。

転職するべきかどうかも含めてまずは相談してみてはいかがでしょうか。

<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職を考えた時に「どう退職を切り出すか」、そして実際に転職活動を進めていくと「退職...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で再就職を考えている方の中には「1年も経たずに転職を決意した!」と言う方が...
新卒入社したが「もう辞めたい」という方向けに第二新卒として転職で失敗しないための方法を解説!私も新卒で転職経験者ですが、今やキャリアアドバイザーとしてサポートする側です。なぜ新卒の転職で失敗する人がいるのかということを現役のプロが転職エージェントの裏側も交えながら詳しく解説しています!ご覧頂ければ転職成功も待ったなしです!
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 キャリアアドバイザーの仕事をしていると、 という方がいらっしゃいます...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒として転職を考えたときに という2つの選択肢に絞り視野を狭め...