大企業と中小企業に転職ならどっち?メリット・デメリット比較

大企業と中小企業に転職ならどっち?メリット・デメリット比較

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。

第二新卒として転職を考えたときに

大企業を狙おうかな?それとも中小企業にしようかな?

という2つの選択肢に絞り視野を狭めてしまうということをキャリアアドバイザーを通して知りました。

こんな疑問を解決

①大企業に転職するメリット・デメリット

②中小企業に転職するメリット・デメリット

③大企業へ転職おすすめエージェント3選

*今すぐチェックする

④中小企業へ転職おすすめエージェント3選

*今すぐチェックする

*ページ内ジャンプ

もちろん、自分の中で大企業中小企業という軸を持つことは重要ですが、その軸のみで判断してしまうともったいないですし後悔してしまうかもしれませんので、ミスマッチを減らせるようにそれぞれ詳しく解説していきます。

大企業に転職するメリット

大企業に転職するメリット

大企業に勤めることでのメリットを順に解説していきましょう!

ちなみに現在中小企業で大企業を目指している方は以下のページも参考にしてみてください!

第二新卒が中小から大手企業へ転職するには?現役プロが実践解説

◆大規模プロジェクトに参加できる

企業規模がでかく、業界でシェアを獲得している会社では、業界最先端プロジェクトに参加できる可能性があります。

自分の中で大きなプロジェクト(都市開発や、今で言うリニアモーターカーなど)に参加したいという強い意志がある方は、大企業でないと実現出来ないという可能性があります。

◆充実した福利厚生

大企業ならではの福利厚生を手厚く受けられる可能性が高いです。もちろん企業ごとにその待遇は異なりますが。

例えば。

みなさん「amebaブログ」はご存知ですよね?

アメブロで有名な㈱サイバーエージェントという会社はクリエイター向けのシェアハウスを設け交流の場をつくったり。

ちょっと面白い企業で言えば「失恋休暇制度」や「サイコロの出た目で基本給+α」がもらえたりする企業もあります(笑)

みなさんが想像する家賃補助等はもちろんですが、こういう企業独特の福利厚生があるので、ぜひよく調べてみてください!

アドバイス

HPで調べるよりも元従業員などの生の声を聞いた方が信憑性があります。そこで、企業の口コミを掲載したサイトがあります。福利厚生面の実態や残業・給与なども知ることが出来ますので、参考にしてみてください!

<おすすめ口コミサイト>

《キャリコネ》転職に必ず役立つ、年収・企業口コミを公開中!

*当サイトからは登録無料

他にも「転職会議」や「VORKERS」という口コミサイトがありますが、「キャリコネ」が最も生の声を反映しており、使いやすいと評判です。

◆大企業というブランド

大企業に転職できれば「入社したこと自体がブランド」になります。ブランドがあるから何だと思うかもしれませんが、これは今後のあなたの「キャリア形成上」大きなステータスとなってきます。

例えば。

キャリアを広げるために転職を考える時が来たとします。「あなた」が入社した企業が持っているブランドの有無が大きく関わってきます。

大企業で働いている場合、第二新卒として最初の転職であれば、採用率がグッと上がります。社会的に認知されている企業のブランド力というのは大きく影響してきます。これは大企業に入社しないと受けられない恩恵の一つです。

簡単に言うと「大企業に入社するだけの能力がある」というプラスの印象が付くために採用企業側も無下に扱う事がありません。

大企業に転職するデメリット

大手企業だからこそ実現しにくいことも実はありますので、解説していきます!

◆給料は安定している?

「大企業に勤めれば給料は安定する」という認識の方もいらっしゃると思います。

たしかに収入の面では大企業ほど良くなる傾向はあります。

しかしそれが安定か?

と聞かれるとそうとも言い切れません。

最近では大企業のSHARPや、神戸製鋼の隠蔽などがあり、大企業と言えど必ずしも安定するとは言い難い世の中になってきました。

また年功序列制度の企業も少なくなっており、個人のスキルを尊重した成果制度への移行をしている企業が数多くなってきた背景もあります。

◆自分のアイデアを反映しにくい

大規模プロジェクトへの参画などチャンスはあるものの、従業員数も多く、言い方は悪いですが会社の歯車の一部となってしまうこともあります。

そのため、自身のアイデアを実現しにくい、通せたとしても、会社の経営会議での決定が必要であったりと非常に時間がかかってしまうケースが多々あります。

◆個人としての成長

確かに大企業では幅広い仕事に携わる機会もあり成長はできますが。

急速に成長できるか?

と聞かれると成長はできるが、徐々にという表現が適切かもしれません。

とにかくスキルアップをしたい!

という方にはどちらかと言えば中小企業や、それこそ起業やベンチャーを目指す方が合っていると言えます。

◆出世が大変(派閥など)

出世欲やキャリアアップしたいという方も当然いらっしゃると思います。

大企業の場合、人数も多くなるため必然的にライバルが多くなります。また嫌な人は本当に面倒だと思う「派閥」が存在しているケースもあります。

例えば。

あの部長は〇〇大学卒業だから△△大学は引き上げてくれない。
あの人に付いていければOKだが、一度失敗すると・・・

というように社内営業(ゴマすり)で嫌気がさしてしまうケースもあり大企業から中小企業へ転職をする方も実は多くいらっしゃるんです。

中小企業に転職するメリット

中小企業に転職するメリット

さて次に中小企業に転職する事でのメリットについて解説していきましょう!

◆会社の成長を身近に感じられる

大手企業と異なり、中小企業では、自分の売上実績などがそのまま数字として身近に感じることができます。そのため、モチベーションという点においても非常に安定します。

◆経営者と近い距離で仕事ができる

大企業とは異なり、例えば社内会議を実施した際に社長が会議に出席したりと、自分の意見などをぶつけることも可能ですし、会社が今後どのような方針で進んでいくのかなどを実感しながら仕事ができます。

◆自分のアイデアを提案しやすい

自分のアイデアをなかなか通しにくい大企業に比べ、中小企業では自分のアイデアを再現しやすいという点が挙げられます。

経営者側と距離が近いため自分のアイデアを伝えやすく、「あなた」が企画した内容がプロジェクトとして始動しやすくなるという点もあります。

さらに自分のアイデアが秀逸なものであれば、会社からの評価も高くなり「あなた」の出世にも大きな影響を与えます。

大企業よりも、中小企業で出世をする方が実は給与面でも上回る可能性が十分にあり、周りの同僚からも評価されるので社会人として長く働く上で非常に好サイクルになりやすいんです。

◆大企業以上の成長を見込める

「自分のスキルを磨きたい!」という方にはもってこいなのが中小企業です。

中小企業の場合、一つの事に特化=スペシャリスト」というよりもオールマイティな人材=ゼネラリスト」が求められるケースが多いです。

そのため、一人当たりの「負荷」は大きいかもしれませんが「あれも」「これも」と若いうちに経験しておくと非常に個人としてのスキルが上昇していきます。

またこうした環境で実力をつけた人は大企業に勤めるよりもはるかに仕事ができる人になりやすいのです。

ただし!!

「あれも」「これも」は良いですが、中小企業にはブラック企業の可能性も高くなりますのでその点は注意し慎重に見極めて頂きたいです。

転職前にブラック企業を診断!ホワイト企業へ転職する方法

同時にホワイト企業の見分け方は以下のページをご覧ください。

ホワイト企業の見分け方と特徴13選

中小企業に転職するデメリット

中小企業で実現しにくいことと言うのは大企業で実現できる事の逆でもあります。

◆大規模プロジェクトへの参加が難しい

都市開発等の、大規模なプロジェクトへの参加はなかなか難しい可能性が高いです。また大きなお金を個人レベルで動かし、世の中に影響を与えるような仕事も難しいです。

◆充実した福利厚生を受けにくい

もちろん充実した福利厚生の中小企業も多くあるのも事実ですが、大手企業に比べ、安定した福利厚生は受けにくいです。

例えば。

家賃補助が出ない。社宅がない。という場合もあります。

アドバイス
但し、中小企業と言えど大企業のグループ会社である場合には大企業と同等の福利厚生等を受けられるケースが多いので、「大企業のグループ会社の中小企業を狙う」というのは実は非常におすすめな企業の選び方です!

◆ブランド力が大企業に比べ低い

中小企業やベンチャー企業では、大手企業ほどのブランド力はありません。そのため、中小企業からの転職時にそのブランドの恩恵を受けることが難しいと言えます。

確かに大企業のブランド力は転職において影響を与えるのは間違いありませんが、最終的には転職先の企業との「マッチング」が最も重視されるので、中小企業だからと悲観する必要は全くありません。

新卒入社したものの、企業とのミスマッチが原因で転職を考えている方は以下のページを参考にしてみてください!

新卒入社後のミスマッチ原因!早期退職し転職するには

大企業と中小企業に転職ならどっち?

大企業と中小企業に転職ならどっち?

まずは比較したそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましょう!!

大企業のメリット・デメリット

<メリット>

◆大規模プロジェクトに参加できる

◆充実した福利厚生

◆ブランド力


<デメリット>

◆給料は安定しているとは言えない

◆アイデアを反映しにくい(歯車)

◆個人としての成長がしにくい

中小企業のメリット・デメリット

<メリット>

◆会社の成長が身近に感じられる

◆経営者と近くアイデアを反映しやすい

◆大企業以上に成長できる


<デメリット>

◆大規模プロジェクトへの参加は難しい

◆福利厚生が充実していない場合もある

◆ブランド力が低い

上記の様になります。

結論から言ってしまうと。キャリアアドバイザーとしては「中小企業」への転職をおすすめしています。

さらに!!

可能であれば大企業のグループ会社である子会社を狙う!というのがベストです。例えば伊藤忠商事のグループ会社である伊藤忠建材や伊藤忠プラスチックスなど調べてみるとたくさんあります。

福利厚生面も当然の事、給与面の水準が高くなるケースが多く、何よりも単体の中小企業に比べて「安定感」があります。

グループ会社間での出向などもあったりオールマイティな仕事を経験する事もできる場合があり、個人のスキルとしての成長がしやすい傾向にあるからです。

とは言え、大企業をおすすめしない!というわけではありません。

いずれにしても第二新卒として転職を考えているのであればまずは「転職エージェント」への登録・活用が必要になります。

以下にエージェント選びの注意点等を詳しく解説しますので、読み進めてください。

大企業・中小企業へ転職!エージェント選び注意

私がまず実践で転職を考えている方に聞く質問があります。

大手総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)に登録し活動していませんか?あるいはしようとしていませんか??

転職エージェントまでは誰しもが辿り着きます。ですが、登録すべき転職エージェントを間違えているケースが若手(第二新卒・20代)は非常に多いんです。

転職エージェントの選び方!比較は不要で見分け方が重要!

それも「なんとなく」「とりあえず」で登録してしまいがちなんです。

<第二新卒が転職に失敗するケース>

新卒同様に「リクルート」や「doda」など、いわゆる総合型転職エージェントに登録し、転職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、そのままニートになってしまった。という方も私は見てきました。

なぜ第二新卒が失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなります。もちろん求人を出している企業はある程度「希望の人材」がいるのですが、それが第二新卒とは限りません

確かに第二新卒を採用する企業は増えてきていますが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<転職エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。です。

中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうすると転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれが第二新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元から第二新卒に特化している転職エージェントをご紹介・おすすめしています。

第二新卒特化型転職エージェントに求人を出している企業は「そもそも第二新卒取りますよ!」と言っているんです。そのため、総合型転職エージェント(dodaやリクルート等)に登録するくらいなら第二新卒に特化している転職エージェントに登録する方が圧倒的に有利です。

もし今まさにこの記事を読んで、「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下におすすめする第二新卒特化型の転職エージェントで転職活動を進めてみてください!

大企業へ転職おすすめエージェント3選

そもそも大企業への転職を考えた時にどうしても頭に浮かぶのが「学歴」ですよね。

学歴フィルターがあるのは間違いないのですが、実は学歴を重視されずに大企業の内定を取る方法があります。

第二新卒の転職において学歴をどう見られるのか気になる方は以下のページを参考にしてみてください!

第二新卒の転職で学歴は重視される?学歴フィルター公開!

上述でお伝えした通り第二新卒特化型の転職エージェントに登録することが最も近道になり、学歴を重視されずに転職活動を進められる転職エージェントは以下を参考にしてみてください!

MeetsAgent

公式サイト⇒DYM就職

*当サイトからは登録無料です。


『DYM就職』書類選考なし

<脅威のDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

『DYM就職』書類選考なし

ターゲットユーザーが「第二新卒・20代」と対象の幅も絞っており、20代にはめちゃくちゃ強いです。大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

関連記事

『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料。また当サイト限定で、Amazonギフト券(2,000円分)がもらえます。本人確認の電話が来たら「uz20」とキャンペーンコードをお伝え頂ければ3週間以内にゲットできますので、お得です!


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方


<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えた充実の転職エージェントです!

ブラック企業排除の徹底が最大の魅力!それを裏付けるように定着率が脅威の93%です。

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

そのため、大企業の割合も多く転職を繰り返さずに確実に定着したいという方には最もおすすめできる転職エージェントです。

「とにかくブラック企業はもう嫌だ!」「確実に定着したい」という方は登録しておいて間違いない転職エージェントの一つです!

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆20代~40代前半

◆大学中退、既卒、高卒、第二新卒

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

『ワークポート』

第二新卒としての転職サポートが充実しており、年収交渉円満退社まで徹底的にサポートしてくれるので任せられる転職エージェントの一つです!

WEB登録自体も非常に簡単で、求人数が多いので大企業の求人を探しやすいです!

登録で迷われたら

1位:『DYM就職』書類選考なし

2位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

まずは上位2つの登録を検討!

上位2つで上手く転職活動が進みそうであれば『ワークポート』への登録は特に必要はないかもしれません!

中小企業へ転職おすすめエージェント3選

中小企業へ転職おすすめエージェント3選

第二新卒で中小企業を狙う方も基本的には第二新卒特化型の転職エージェントへの登録をおすすめします!というのも日本の企業はほぼ中小企業であり、第二新卒特化型であれば採用企業側が第二新卒をターゲットにしているため「あなた」に合う企業が見つかりやすいからです。

そして中小企業はブラック企業の可能性も必然的に高まります。そのため、最初からブラック企業の排除を徹底しており、なおかつ第二新卒特化型の転職エージェントに登録することを強くおすすめします!

『ウズキャリ』ブラック排除

公式サイト⇒『ウズキャリ』

*当サイトからは登録無料。また当サイト限定で、Amazonギフト券(2,000円分)がもらえます。本人確認の電話が来たら「uz20」とキャンペーンコードをお伝え頂ければ3週間以内にゲットできますので、お得です!


<対象者>

◆29歳まで

◆フリーター、ニート、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、中退を考えている方


<ウズキャリのイチ押しポイント>

登録完了まで30秒!内定率86%書類通過率87%以上!一人当たりのサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間

登録から正社員までの期間が一か月最短で2週間とスピード感と丁寧さを兼ね備えた充実の転職エージェントです!

ブラック企業排除の徹底が最大の魅力!それを裏付けるように定着率が脅威の93%です。

特にブラック企業排除にはかなり力を入れており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など厳しい基準を設けています。

中小企業においてはブラック企業の可能性が高くなると当ページでお伝えしましたが、『ウズキャリ』はそもそも最初からブラック企業を排除しているのでその心配をする必要がありません。

「とにかくブラック企業はもう嫌だ!」という方は登録しておいて間違いない転職エージェントの一つです!


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


<対象者>

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒、キャリアアップ。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問短期離職、未経験職種OKブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多き第二新卒のサポートが完璧です!

キャリアカウンセリングがまたミソで過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

第二新卒エージェントneoの評判・口コミ!おすすめする理由

↓WEB登録後の内定までの流れ↓

【第二新卒エージェントneo】

『ウズキャリ』と比較すると「内定率」や「定着率」という点では見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!

MeetsAgent

公式サイト⇒DYM就職

*当サイトからは登録無料です。


大企業を狙う方にとってもおすすめしている転職エージェントです。というよりも第二新卒の転職に関して言えば、まず登録・相談をして間違いない転職エージェントの一つです。

<脅威のDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!さらに最短1週間で内定が出る!というのを全て無料で出来ます!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

DYM就職の評判・口コミ!第二新卒におすすめする理由

大企業だけを狙う方は意外といません。やはり中小企業も並行して応募していくというのが第二新卒の転職活動のスタイルで、面倒な書類選考を省けるという点はメリットでしかありません。

登録で迷われたら

1位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

2位:【第二新卒エージェントneo】

3位:『DYM就職』書類選考なし

上位2社は最低でも登録しておくことです!理想で言えば3社全て登録をしておくことで求人を確保できるので、おすすめです。

大企業・中小企業へ転職・比較まとめ

大企業・中小企業へ転職・比較まとめ

長々と書きましたが結局大切なのは、みなさんが転職する際に何を基準とするのか。自分には合っているのか。

という視点が重要です。

ある程度「あなた」が目指すべき方向が決まったなら、既に転職エージェントに登録しているかもしれませんが、改めて見直し再度転職エージェントを厳選し登録してみてください!

<まとめ>

大企業狙い・中小企業狙いだとしても、大手総合型転職エージェント(リクルートやdoda等)には登録しない!

第二新卒は新卒同様に大手総合型転職エージェントに登録しがちで、これが転職失敗の一番の原因!!

第二新卒特化型転職エージェントへの登録が必須で、第二新卒特化型転職エージェントに求人を出している企業は、そもそも「第二新卒を取りますよ!」と言っている。また20代の内にしか活用できない点もポイントの一つ!

<転職エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント(担当者)のインセンティブ(成果報酬)は転職活動者の年収の何%か。

中途採用の方が年収は高くなるため転職エージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋する。

まさにこれが第二新卒が総合型転職エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

<大企業狙いおすすめ転職エージェント>

1位:『DYM就職』書類選考なし

2位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

3位:『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です

上位2つで十分!既に登録済みの方は『ワークポート』を検討してもOK!

<中小企業狙いおすすめ転職エージェント>

1位:『ウズキャリ』ブラック徹底排除

2位:【第二新卒エージェントneo】

3位:『DYM就職』書類選考なし

*当サイトからは登録無料です

中小企業はブラック企業の可能性が高まるので、初めからブラック企業を排除している転職エージェントがおすすめ!!

みなさんが転職を考えられた際に一つの参考としてご理解いただければ幸いです。

でわ!MrダービーBoyでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする