ニートの職務経歴書で職歴なしの書き方をプロが解説

MrダービーBoyです。

ニートの増加に伴い、ニートの方を支援をすることが増えてきました。「女性ニート」というカテゴリが出来るくらい深刻な問題となってきています。

いざニートの方が就職あるいは再就職を考えた際に「職務経歴書」というハードルが出てきますよね。そもそも書類選考に通らなければ面接まで辿り着けませんから。

そこで「職務経歴書の書き方」と同時に「職歴なし」の書き方も解説していきたいと思います。

最後には年代別にニート特化型エージェントもご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

<20代ニートの方へ>

ちなみに、20代・あるいは第二新卒(23~25歳程度)の方は、書類選考なしで面接まで辿り着く方法があります

「書く事がない」「書類選考が通る気がしない」という方は書類選考をすっ飛ばして就職・再就職を目指してください。さらに「正社員」という最大のおまけ付きです。

ただし、登録する就職エージェント、つまり第二新卒・20代なおかつニートに特化した就職エージェントへの登録が必要ですので、気になる方はぜひその理由と合わせて参考にしてみてくださいね!

職務経歴書の書き方①職歴あり・なし

「過去に就職していた方」「アルバイトをしている・していた方」等とにかく様々な方がいらっしゃいます。

ちなみにニートとフリーターの違いはご存知ですか?

<ニートとフリーターの違い>

◆ニート:働く意思がない無職の方

◆フリーター:働く意思はあるが正社員ではない方

*アルバイト等も含みます。

それほど違いはないという見方をする方もいらっしゃいます。私も割とそう考えています。

というのも、私が実際にサポートしているニートの方も、この記事を読んでいるニートの方も共通しているのは、「今のままではやばい」「社会復帰したい」という既に「働く意思」をお持ちだからです。

言わば「働く意思はあるが就職できていない(あるいはその方法が分からない)」というニートの方だと思います。

さて、少し脱線しましたが職務経歴書における「職歴あり・なし」での書き方ですが、まず以下を念頭に入れておいてください。

<履歴書と職務経歴書の違い>

◆履歴書は「人生のあらすじ」

◆職務経歴書は「仕事のあらすじ」

ということです。

職務経歴書は「あなた」の仕事の経験や実績を知るための書類なので「嘘」を書かず、正直に書いてください!

<職歴なしの場合>

正直に「なし」と書いてください。

<アルバイトや派遣の経験がある場合>

◆アルバイト

平成○年○月 株式会社○○にアルバイトとして勤務

平成〇年〇月 退職

◆派遣

平成○年○月 株式会社○○に登録

平成○年○月 派遣社員として△△株式会社に就業

平成〇年〇月 退職

上記の様に書いて頂ければOKです!

よく勘違いされるのですが、アルバイトであっても立派な職歴ですよ!何も恥ずかしがることはなく、必ず書いてください。

そして本当によく聞かれる質問が、

空白期間はどうすればいいですか?

という内容です。

「職歴欄」で言えば「職歴あり・なし」の場合で書くだけでOKです!後述で空白期間における書き方については解説します。

職務経歴書の書き方②職歴以外でカバー

職歴以外でカバーと言うと、余計「書く事なんてない」と思われるかもしれませんね。

ニートの方は自分が一番わかっているとは思いますが、第二新卒や中途採用枠に比べると、圧倒的に社会経験がないために、このハンデを乗り越えなければなりません。

どう乗り越えていくか??

ぶっちゃけて言うと職歴以外でアピールをする!さらに後述でも解説しますが、空白期間について逆にアピールポイントにするという方法しか中途などと差をつけることは出来ません。

<職歴以外とは>

◆志望動機

◆自己PR

◆特記事項

この3点です。

それぞれ抑えるポイントは以下の通りです。

<志望動機で抑えるポイント>

1.会社のことを理解しているか

2.経験やスキル、知識が活かせるか

3.将来のキャリアビジョンが明確か

4.一貫性があるか

<自己PRで抑えるポイント>

1.アピール内容の「根拠」を示す

2.得意分野・成功体験を伝える

3.選考後も重要視されることを意識する

4.自己PRは複数準備しておく

<特記事項で抑えるポイント>

下記リンクに「特記事項の使い方とテクニック」を全て書いてありますのでぜひ参考にしてください。

「特記事項の使い方」は他者がほとんど出来ていません。ニートが差をつけやすいポイントでもあります。企業が書類を見るとき、真っ先に目を通すのがこの「特記事項欄」です。

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 転職活動者には必ずと言っていいほど「履歴書」と「職務経歴書」の提出が求められます。...

実は上記はニートの方以外でも使えてしまうんですが、

<ニートの方にアドバイス>

第二新卒や中途の方は、一般的に前職の経験や知識を書きます。

そこでニートの方は、今までの人生で変わった経験ニートだからこその視点(社会の世知辛さなど)を少しオーバーにアピールしてみてください!

職務経歴書の書き方③空白期間

ニートの方が最も聞かれたくない質問ですよね。

ニートの方にしかわからない気持ちというのも仕事を通じて理解してきたつもりです。

空白期間について書きたくない。

誰だってそうです。

ですが、この点はあえて自ら進んで書いてください!

最終的に面接までたどり着いたとしても必ず聞かれますから、隠す必要はありません。とにかく空白期間について書く際には以下を注意してください。

<空白期間の書き方>

「空白期間には自分のやりたいことに専念していた」

これだけ意識して書いてください!!

例えば、

家でゲームばかりしていたとしても、ゲーム関連の仕事に興味があり応募していれば、一貫性があります。

アイドルオタクだったとしても、CD業界、またはCDジャケット制作、ライブの構成、グッズ販売を購入していた側から、転じて、グッズ制作をしたい。

というのも一貫性があります。

また「仕事をする気はなかったが、将来の事、今のままではダメになってしまうこと、両親が亡くなってからの事を冷静に考える良い期間だった」

というのも空白期間の使い方としての回答となります。

要は「ただ単に何もしていなかった」だけではダメだ!ということです。

第二新卒や中途採用の方が働いている一方で、自分のやりたいことを貫いていた、というのは一つのアピールポイントでもあるんです!!

<勘違いしないで欲しい事>

よくニートは「社会のお荷物」などと罵られる事がありますが、実際にハンデとなるのはビジネスにおける社会経験だけです。

ニートの方は第二新卒や中途採用の方に比べて違った社会経験を持っているので、その点を全面にアピールしましょう。

実際私もニートの方から様々な知らない事を教えてもらいましたし、普通と言ったら語弊がありますが、考え方など少し変わった視点を持っているので、その点を上手くアピールできれば、ビジネスにおける社会経験なんてものは入社してからいくらでも身に付きます

少子高齢化などの社会背景があるために、ニートだからと過小評価するのではなく、「人」として企業は見始めています。


<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「空白期間ってどう回答すればいいの?」 についてアドバイスできればと思います...

職務経歴書の書き方④一念発起した意欲

「職歴なし」でも「アルバイトや派遣の経験がある」場合でも

今のままではダメだ!!

と思い、就職・再就職を目指すわけです。

「ニート=仕事のやる気がない」と思われるケースもあります(最近では企業のニートに対する見方は変わってきていますが)

しかしそこをクリアしなければいけないのも事実。

<意欲を見せる書き方>

「ニートであったことは認めつつ、今ではそれを乗り越え仕事への意欲がある」

ということを全面に出してください!

例えば、以下の書き方を参考にしてみてください!

<例文>

「私はニート期間中(ここは言っても大丈夫です)、自分は必要の無い人間だ、誰の役にも立っていない人間だと考える事もありました。

だからこそ社会の、あるいは周りの人の役に立ちたいと言う気持ちが強く就職活動を始めました。

周りの社会に出ている友人たちの支えもあり今こうして御社に面接をして頂けるまでになりました。御社の仕事を通じて、今度は自分が誰かの役に立つ、誰かの支えになれる様、頑張りたいです」

職務経歴書を出し、面接までいったとして、その根底には「今のままではダメだ!だから就職活動をしているんだ!」という一貫性を意識してください

ニートだとしても、そういった意欲が伝われば書類も通過しますし、面接もクリアでき、最終的にはゴールである「内定」も獲得できますよ!

ニート就職活動前の注意点(必見)

職務経歴書の書き方は上述で解説してきましたが、本来はニートの方に就職前に注意してもらいたいことがあります。

実は就職活動を始める前に最も大切な事と言っても過言ではありません。それは「就職エージェントの登録について」です。

ニートの方のサポートをしていて、過去も含めて失敗してしまったという方の共通点に「登録する就職エージェントが間違えている」という大きな問題がありました。

それもそのはずです。素人目にはどこに登録すればいいかなんてわからないからです。だからこそこの部分は(必見)とさせて頂きました。

就職活動をスタートしようとした際に、

大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)を想像しませんでしたか??

実は、それは危険なんです。

<ニートが就職失敗する要因>

例えば新卒時同様に「リクナビ」や「DODA」など、いわゆる総合型転職エージェントに登録し、就職活動がズルズルと長引き、気づいたら時間だけが過ぎていた。

というケースで、就職が上手くいかずニートになってしまったという方を見てきました。

なぜニートが就職に失敗してしまうかというと、大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)ではターゲットユーザーが多岐に渡ります。

つまり、同じ求人に中途であったりとライバルがとても多くなりますもちろん求人を出している企業はある程度「求めているの人物像」はあるのですが、それがニートとは限りません

むしろ、厳しいようですが大手総合型転職エージェント(DODAやリクナビ等)に求人を出している企業はニートを求めていないとも言えます。

確かにニートを採用する企業は増えてきているのも事実ですが、だからといって中途の採用を減らしているわけではありません。

<就職エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は就職活動者の年収の何%か。なんです。

つまり中途採用の方が年収は高くなりますよね?

そうするとエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれがニートが総合型転職エージェントで就職・転職を失敗する大きな要因なんです。

だからこそ、私は総合型転職エージェントではなく、元からニートに特化している就職エージェントをご紹介・おすすめしています。

ニート特化型エージェントに求人を出している企業は「そもそもニートとりますよ!」と言って求人を出しています!

そのため圧倒的有利に就職活動を進めることができるんです!

もし今まさにこの記事を読んで「あなた」に「当てはまっている」「当てはまりそうだった」という方は以下におすすめする年代別のニート特化型エージェントで就職活動を進めてみてください!

登録してはいけない就職エージェントは以下の記事で詳しく徹底解説していますので、ぜひご一読ください。

「ニートをやめたい」そんな切な思いをお持ちの方の相談をよく受けます。大勢の方が登録すべき就職エージェントを間違えています。そこで、登録してはいけない就職エージェントを実名を挙げながら、その理由も合わせて詳しく解説!そしてニート特化型おすすめエージェントをご紹介。メリットや活用方法を解説しています。

20代ニートおすすめエージェント

ここまで解説しておいて、20代ニートは書類選考を気にすることなく面接まで行ける就職エージェントがあるんです。

とにかく20代ニートの方は以下にご紹介するニート特化型エージェントへの登録をおすすめします。

なぜ年代別で分けているのか??

実はニート特化型エージェントの中にも「年齢制限」を設けているんです。さらに言うと20代ニートの場合には「第二新卒枠」として、正社員として再就職を目指すこともできるんです。

逆を言うと以下に紹介しているニート特化型エージェントは20代の内にしか活用できません

20代ニートにめちゃくちゃ強いので正直登録し本気で抜け出そうと思えば「あなた」の気持ち次第でいつだって抜け出すことができますよ!!

大手総合型エージェント(リクナビやDODA等)に登録するくらいなら断然以下のエージェントの方が可能性があります。騙すつもりはありませんが、騙されたと思ってぜひ一歩踏み出してみてください!

『DYM就職』書類選考なし!

MeetsAgent

公式サイト⇒『DYM就職』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

10代・20代

第二新卒・フリーター・ニート・中途・専門卒

<20代に強いDYM就職>

登録完了まで約60秒!経歴・学歴不問100%正社員求人さらに正社員としての内定率96%書類選考をパスして面接まで行くことができる上に、就職できるまでエージェントが二人三脚でサポート!というのを全て無料で出来るからです!

登録後は面談も用意されており、キャリア形成のお手伝いとさらにその場で企業も紹介してくれる完璧ぶりです。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

面接対策

面接

⑤内定(96%の安心感)

面接前にしっかりと面接予定企業の対策までしてくれるのでとても安心です!最短1週間で内定がでます!!

内定率96%で書類選考までパスすることができて、なぜこんなサポートと実績があるかというと、『DYM就職』は採用企業側の担当者や社長と直接交渉をし紹介するスタイルをとっているからなんです。

知らなかった方も多いのではないでしょうか。

ターゲットユーザーが「フリーター・ニート」となっており、20代にはめちゃくちゃ強いです。実は大手企業の求人・未経験職種なども問題なく紹介してくれます。

正社員としての一番の近道!内定待ったなし!

『第二新卒エージェントneo』


公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆18歳~28歳まで

◆ニート・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、公務員試験からの民間企業就職への切替、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職サポート。

<neoのイチ押しポイント>

登録はなんと30秒!正社員求人100%経歴・学歴不問!短期離職、未経験職種OK、ブラック企業排除スタッフ全員第二新卒、キャリアプラン形成と悩み多きニート・フリーターのサポートが完璧です!

求人の紹介もキャリアカウンセリング後に行ってくれます。このキャリアカウンセリングがまたミソ!!

過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から「あなた」の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人の紹介、さらに将来のキャリア形成のお手伝いもしてくれます。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約30秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

書類選考対策

面接対策

面接

内定後アフターフォロー付き

対象年齢は18歳~28歳まで!というのが一見デメリットに感じられるかもしれませんが、幅広いサポートでカバーされています!

書類選考なしで面接かつ内定率96%のDYM就職」と比較すると少し見劣りするかもしれませんが、提携企業が1万社以上あるため、「あなた」に合う求人は見つけやすいと思います!


<合わせて読まれている記事>

第二新卒・20代の転職において最強と言われているDYM就職について、おすすめする理由を徹底解説!現役のプロが第二新卒・20代が転職で失敗する理由や他社から見たDYM就職の評判も交えながら解説しています。これを読めば納得した上で転職活動を進めることができ、登録する必要性もご理解頂けると思います。
第二新卒・20代転職で力を伸ばしているDYM就職とリクルートエージェントを現役プロが徹底比較!とりあえずで転職エージェントへ登録してしまいがちですが、「あなた」に合う転職エージェントに登録しなければ転職は上手くいきません。登録でお悩みの方はぜひ必見です!使うべき転職エージェントがどちらかわかるはずです。
第二新卒・20代転職で力を伸ばしているDYM就職とマイナビエージェント、さらにマイナビジョブ20‘sを現役プロが徹底比較!とりあえずで転職エージェントへ登録してしまいがちですが、「あなた」に合う転職エージェントに登録しなければ転職は上手くいきません。登録でお悩みの方はぜひ必見です!使うべき転職エージェントがどちらかわかるはずです。

30代以上ニートおすすめエージェント

20代専門の就職エージェントが活用できないので、30代以上のニートの方には以下の転職エージェントをおすすめします。

上述でも書きましたが目次から飛んできた方のために。

以下に紹介しているのはニート特化エージェントなので、求人を出している企業側も「ニートを採用しますよ!!」と言っているので登録して損はありません。

大手総合型エージェント(リクナビやDODA等)に登録するくらいなら断然以下の転職エージェントの方が可能性があります。騙すつもりはありませんが、騙されたと思ってぜひ一歩踏み出してみてください!

『ワークポート』

公式サイト⇒『ワークポート』

*当サイトからは登録無料です。


【対象者】

◆20代~40代前半

◆フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

<イチ押しポイント>

未経験OK・スキル無しOK!独自ツールの「eコンシェル」が便利経歴・学歴も不問!手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。書類選考の添削や女性特有の悩み(結婚・出産等)の解決策、就職に関するノウハウが豊富です。

<登録後の内定までの流れ>

WEB登録(約60秒で完了)

面談(キャリアカウンセリング)

求人紹介・応募

書類選考・面接(対策付き)

⑤内定

『ワークポート』は社会人経験がなくてもサポートしてくれるというニートにとってありがたい体制があります。

<年代別で登録する理由>

他にもニート・フリーターに特化しているエージェントは存在しています。例えば『JAIC(ジェイック)』【ハタラクティブ】があります。

しかし、いずれも「対象年齢が20代まで」となっており、30代以上となると対象外になってしまうんです。20代であれば『DYM就職』【第二新卒エージェントneo】のサポート・内定率には勝てませんしね。

また年齢対象外の所に登録すること自体はできます。ですが求人数が減ったり求人を出している企業も対象年齢を20代と設定している事から内定率で言えば激減してしまうんです。


<合わせて読まれている記事>

【30代女性ニート必見】30代になってしまって将来が不安すぎる。「現状打破したい!でも就職なんて今更」と思われている方は必見です!30代ニートに特化した就職エージェントへの登録が必要ですが、正社員あるいは派遣社員として社会復帰を目指す事が可能です!さらになぜ今まで就職ができなかったのか、その理由も合わせてご紹介しています。
【40代女性ニート必見】気づいたら40代になっていた、、、この先どうしよう。ご安心ください!40代女性ニートでも脱ニートし社会復帰することは可能です。ただし!今のままではダメです。そして行動することが大切です。まずは家にいて出来ることから始め、エージェントを上手く活用し現状打破を目指しましょう!!

ニートおすすめエージェントのまとめ

<ニートのエージェントの選び方>

登録してはいけない就職エージェント及び大手総合型エージェント(DODAやリクナビ等)には登録をしない!その理由はターゲットユーザーが多岐に渡っており、ニート特化型エージェントではないから。

ニート特化型エージェントに登録する必要があり、その中でも年代別で登録するエージェントが異なる。

登録してはいけない就職エージェントは以下の記事で詳しく徹底解説していますので、ぜひご一読ください。

「ニートをやめたい」そんな切な思いをお持ちの方の相談をよく受けます。大勢の方が登録すべき就職エージェントを間違えています。そこで、登録してはいけない就職エージェントを実名を挙げながら、その理由も合わせて詳しく解説!そしてニート特化型おすすめエージェントをご紹介。メリットや活用方法を解説しています。

<エージェント側のぶっちゃけ>

エージェント側(私の様な存在)の裏側をぶっちゃけますと、インセンティブ(成果報酬)は就職活動者の年収の何%か

つまり中途採用の方が年収は高くなるためエージェントは自分のインセンティブ(成果報酬)を多くもらいたいので、必然的に中途の方を斡旋します。

まさにこれがニートが総合型エージェントで転職を失敗する大きな要因なんです。

<20代ニートおすすめエージェント>

公式サイト⇒DYM就職 内定率96%

公式サイト⇒【第二新卒エージェントneo】

*当サイトからは登録無料です。

特にDYM就職書類選考もなく進めるため圧倒的に有利!!迷ったら登録しておいて損はないです。

<迷ったらDYM就職 メリット>

100%正社員求人

正社員求人でありながら内定率脅威の96%

書類選考なしで面接へ

就職するまで転職エージェントがサポート

最短1週間で内定

面談時キャリアカウンセリング求人紹介

ニート・フリーター特化のエージェントのため、就職に関するノウハウが豊富

<30代以上ニートおすすめエージェント>

公式サイト⇒『ワークポート』

に登録しておけば、間違いないです。

対象年齢が20代~40代前半と幅広く魅力的です。またニート特化ということもありサポートが充実している。未経験OK・スキル無しOKも魅力の一つ。

いかがでしたでしょうか。

20代はとにかく書類選考なしで面接に行く方が圧倒的に有利ですし、30代以上のニートの方は上記で解説した通りの職務経歴書の書き方におけるポイントを抑えておけば書類通過率はグッと高くなります。

実際私が実践しニートの方のサポートをしアドバイスしている事なので。

ぜひ社会復帰をすることを陰ながら応援しています。

MrダービーBoyでした。

<合わせて読まれている記事>

現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 第二新卒で再就職を考えている方の中には「1年も経たずに転職を決意した!」と言う方が...
現役アドバイザーのMrダービーBoyです。 「第二新卒で転職したが、またやめてしまった」 という方も中にはいらっしゃるのではな...
契約社員とは?収入面・働き方の特徴を解説。さらに派遣社員との違いや、正社員との違いも徹底解説!契約社員を目指すなら絶対登録すべき転職サイト、そして最初から正社員を目指す方向けにも転職サイトをご紹介しています。特に20代・第二新卒は転職失敗してしまうケースが多いので必見です。
求人票でよく見かける「正社員登用制度あり」における以外と知らない落とし穴を詳しく解説!さらにメリットとデメリットも解説しています!また「正社員登用制度有り」の求人を探すなら絶対登録しておくべき転職エージェント3選も合わせてご紹介!プロの目線から洗いざらいご紹介しています!また20代は「正社員登用制度」を活用せずとも最初から正社員を目指す方法もご紹介しています。